2013年11月13日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #70

ピーターは協力を拒み、ボストンのFBIの取調室に移送された。
ウォルターの息子ピーター・ビショップと名乗り、ウォルターとなら話すと言い、
DNAで血縁だと確認されたのでウォルターと会わせることに。

ピーターは誰も自分のことを知らない理由を知りたいと、世界は2つあって、
ウォルターが装置を作って、双方の世界をつないで救おうとして、装置の動力源が
自分だったと言うが、ウォルターは装置を作ってないし、向こうのピーターを
助けようとしたが、湖の氷が割れて、ピーターは溺れてたことになり、監視人に
助けてもらってなく、ウォルターはピーターを信じられずに帰ってしまう。

ヒルズデールの住宅でシェイプシフターが女性になりすまし、帰って来た恋人に
研究ファイルの在りかを聞こうする。
透けた肌の女性と拷問された男の死体が発見され、リンカーンは警察の報告書から
シェイプシフターの犯行だと気付き、フリンジチームが捜査することに。

元マッシブ社のトラス博士の自宅だったが、男は博士の元妻の恋人で離婚後も
博士名義の家に住んでたので、シェイプシフターに狙いは博士だと捜索するこに。
その頃、博士はシェイプシフターに捕まり、協力を迫っていた。

博士はマッシブ社で細胞複製を研究してたが、ベルが倫理的問題で中断させてた。
シェイプシフターは博士に皮膚ガンだったが細胞複製でガン細胞は消えたが、
技術が未完成なので、細胞は不安定でガンが消えても死は免れないと協力を求めた。

オリビアたちがブロイルズに報告し、シェイプシフターの欠陥はウォルターが
取り出した装置との関係を疑うが、技術部も何の装置か分からないと話してると、
ピーターは記憶装置で前に見たことがあると言うが、今のシェイプシフターは
新型の人間タイプの試作品だったが、協力するのでウォルターと会わせて欲しいと。

ピーターは記憶装置から6人分の遺伝子データーを見つけ、これを使えば複数の
人間に変身できて、追跡は不可能で外見だけでなく分子レベルまで複製するので、
完成すれば潜入活動も可能で、ここも危なくなり、真偽を見分ける手段は装置の
有無だけと解明した。

博士の車が発見され、1人でガソリン代を支払ってたので、協力者のようだった。
用意されたラボで博士は細胞劣化の原因が遺伝子情報が十分に伝わってないと
治療すると、シェイプシフターの顔が元妻の顔に変わったので逃げ出すが捕まる。

説得された博士は従ったフリをして、DNAを破壊しようとするがバレてしまい、
血清を作ってると、ピーターがキャッチした信号からオリビアたちが突入するが、
シェイプシフターは血清を持って逃走してしまう。

追跡してたウォリック捜査官が負傷して搬送されるが、透けた肌のウォリックが
海中から発見され、シェイプシフターに逃げられてしまった。
そして、シェイプシフターはタイプライターで血清は完成し、効果があると打つと、
“他の者たちを送る”と返事がきた。

博士を救出したオリビアはリーを食事に誘ったが断られ、ピーターもウォルターから
協力できないと拒絶されてしまった。
ニーナはこの前、オリビアのプロムの話をしてたので、何でだろうと思ったら、
母親の死後、姉妹でニーナに引き取られて、ニーナは育ての親だったとは。
今週の監視人はオリビアが博士の元妻の現場に到着した時にバックにいました。

FRINGE / フリンジ 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #69

オリビアの部屋に金属を引き寄せる謎の青いエネルギー体が出現した。
相談されたウォルターはオリビアのジャケットにセントクレア病院からの
封筒を見つけて開けてみると、医師から再入院が望ましいとの所見が書かれ、
まだ入院を勧めるかの返事は書かれていなかった。

アストリッドがオリビアの部屋のサンプルを採取してると、バスルームで
オリビアが青いエネルギーと遭遇するのを事前に録画されていた。
ウォルターは25年前のベリーとの実験での似たような現象を思い出した。

幽体離脱の能力を示した少年が幽体離脱するたびに磁場の歪みを発生させて、
金属を引き寄せたいたので、ベリーの理論では被験者の子供たちは精神的に
つながってるので、オリビアとの接触を望んでいると、少年を探すことに。

マッシブ社の残されてたファイルで少年はキャメロン・ジェイムズと判明。
ウォルターはオリビアに同行すると、3年ぶりにラボから外に出た。
キャメロンはマーク・リトルの名前で部屋を借りていて、仕事で翌朝まで
帰らないと聞き、オリビアたちはホテルに泊まることに。

ウォルターは部屋が不潔だと取り乱し、オリビアは妄想だと落ちつかせて、
ルートビア・フロートを飲みに出かけた。
店内で青いエネルギー体が出現し、オリビアを追ってきたが、走って来た車に
エネルギーは衝突して消えた。

キャメロンを訪ねると、彼はオリビアに会うまで彼女のことを忘れていて、
注射を打たれなくなってから幽体離脱はできずに不安になると金属が飛ぶ
副作用だけが残ったとウォルターを責めた。

キャメロン・ジェイムズは父親の名前で報酬の信託基金を使うために
父親は自分の名前で実験に参加させて、麻薬を買っていたのだった。
そこへ青いエネルギーが現れ、キャメロンがやめろと叫ぶと消えた。

ウォルターは時間のゆがみで電磁気が起こると、膨大な量のエネルギーを集め、
電磁気を中和させれば破壊できると、キャメロンと共に変電所に向かった。
そして、青いエネルギーが現れ、それが夢に出てきた男だとわかったオリビアは
実験を止めさせると、遠く離れた湖にピーターが出現した。
その様子を監視人は目撃していた。

オリビアはブロイルズからレイデンレイクで発見された男がフリンジ・チームの
機密情報を持っていて、我々全員を知ってると連絡が入り、オリビアの話ばかり
してると医師から聞いて会いに行くが、ピーターのことは覚えてなかった。

ウォルターはオリビアがピーターと面会してる間にセントクレアへの返事に
入院を勧めないにチェックしてたのを見た。
やっとピーターが戻って来たけど、ピーターの記憶はどこまで残ってるのかな?

FRINGE/フリンジ〈サード・シーズン〉 コンプリート・セット [Blu-ray]
posted by Jasmine at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #68

少年2人に追われたアーロンは廃墟のトンネルで追いつかれると少年たちの体は
何かにつかまって動けなくなり、アーロンは逃げ出した。
そして、1日も経ってないのに腐敗した少年2人の遺体が発見され、リーが3人目の
足跡を見つけ、オリビアたちはその行方を捜索し、アーロンへとたどり着いた。

アーロンは暗くて何も見えなかったと、ウォルターが検査することに。
アストリッドが遺体の異変に気付き、ウォルターは培養ケースで密閉すると、
遺体から胞子が飛び出し、死因は菌で、オリビアとリーが安置所に別の遺体を
引き取りに行ったので知らせ、安置所にも電話したが胞子が爆発した後だった。

ウォルターによると、神経毒で宿主をマヒさせる冬虫夏草菌が突然変異で成長と
栄養吸収を高速化したと、強力なUVライトか熱を当てれば根絶できると。
アーロンは菌に感染してなかったが、父親はいなくて、母親は海外出張中で
近所の人に預けられて孤独だったので、ウォルターのラボで預かることに。

アーロンはウォルターとアルミの帽子をかぶってシェイクを飲みながら、
亡くなった幼いピーターの話をしてると、アーロンがまぶしいと言って、
突然、高熱を出して倒れた。

オリビアたちがトンネルの菌にUVライトで照らして火炎放射器を使おうとしてると、
ウォルターから中止しないとアーロンが死ぬと連絡が入った。
アーロンは時々、トンネルに行っていて、悲しい気持ちに共感してくれてると感じ、
守ってくれてると思っていた。

ウォルターは菌は集合体ではなく、1つの生命体で脳のような神経ネットワークが
発達していて、安置所の菌はネットワークに未接続だったので根絶できたのだった。
次の犠牲者が出て、菌はトンネルの下の下水道を伝って、離れた場所まで来てるが、
トンネルの菌はアーロンとのつながりを断つ方法が見つからなかった。

菌は地下鉄まで達して、多数の命を犠牲に出来ないとブロイルズはマッシブ社から
提供された毒素を使うことにしたが、技術者は菌に捕まり、リーも動けなくなる。
ウォルターはアーロンが菌を手放さないと気付き、エピネフリンを投与して、
意識が戻ったアーロンに手放すように説得した。

アーロンが手放したことで毒素が効いて、菌が死んだ。
ウォルターはピーターのおもちゃをアーロンにプレゼントすると、やることがあると
目元に釘を打ちこんでるのをオリビアが発見した。

ウォルターはオリビアに知らない男がおかしなことを言ってくる幻覚を見ると話すと、
似顔絵を見せられ、オリビアはここ数週間、夢で見た男だったので、正常だとわかり、
2人とも見たので実在する人物だと捜すことになるみたい。

今回の監視人はオリビアがアーロンを学校で見つけた後、ハーバード大学の文字の下を
歩いてましたが、なかなか難しかったです。

FRINGE/フリンジ <セカンド・シーズン> コンプリート・セット (5枚組) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #67


向こうの世界で23件の連続殺人事件が発生し、被害者は後頭部から脳まで穴を
開けられて、組織は削られ電流の跡もあったが死因は脳の低温症だった。
オリビアたちは捜査協力を依頼された。

23件目で初めて毛髪が見つかり、ジョン・マクレナンが容疑者として浮上するが、
IQ220の天才の彼はすでに姿を消していた。
ボリビアはこちらの世界のジョン・マクレナンなら容疑者のことがわかるはずと、
犯罪心理学教授のジョン・マクレナンの専門が連続殺人なので、極秘の事件だと
睡眠薬で眠らせて、向こうの世界のジョン・マクレナンの家に連れて行くことに。

ブロンドのカツラを被ったボリビアがオリビアになりすまして教授を案内するが、
壁一面に貼られてた幸せそうな人たちの写真の中に父親の写真を発見したことで、
うちにあった椅子もあると怒った教授が家から飛び出し、異変に気付く。

オリビアは2つの世界の説明をして協力を求めると、教授は同じものを抱えていると、
物心がついた頃から父親が私の中にある闇に気付いて、暴力で治そうとしたと、
オリビアも義父から虐待を受けてたと告白し、自分を理解するためにこの職業を選び、
衝動はあったが、マージェリーと出会い、安らぎの瞬間を見つけることができたと。

マクレナンが女性を拉致し、教授は姿を消してしまい、犯行を止めに行ったと
父親の写真を持ち出したので、働いてた農場に向かったと推測。
その頃、教授はマクレナンにマージェリーのように私が助けると説得するが、
マクレナンに殴られて、マージェリーとの記憶を奪われたが、マクレナンは
罪の意識を感じてしまい自殺してしまった。

教授は助かったが、この数週間とマージェリーの記憶を失い、もう戻らないので
衝動に負けるかもしれないと監視することになるが、教授は暗闇にいるなら
光へ踏み出せばいいと彼女の言葉は覚えていた。

ウォルターはピーターの姿だけでなく、俺はここにいると声まで聞こえたので、
幻聴だと怯えてたが現実だと早く気付いてほしい。

今回の監視人はオリビアが教授の病室から出て、ブロイルズと話しながら歩いてた
バックに立ってました。

FRINGE/フリンジ <ファースト・シーズン> コンプリート・セット (6枚組) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #66

シーズン4はピーターがこちらと向こうの二つの世界に橋をかけたことで
時間軸が書き換えられて、存在が消えたその後からスタート。

オリビアはボリビアたちを信用できなかったが、お互いの捜査資料を交換する。
監視人セプテンバーは存在が消えたはずのピーターの痕跡が存在するので、
元通りにするように命じられる。

こちらの世界のリンカーン・リー捜査官が相棒ロバートと男を追跡して捕まえたが、
ロバートの側に顔が透明な男がいて、倒れていたロバートの顔も透き通っていた。
現場でオリビアとアストリッドが捜査するのをセプテンバーと若い監視人が見ていた。

ロバートの遺体をウォルターに調べさせるためにラボに運んだが、リンカーンは
所属を言わないオリビアに不信感を持ち、彼女の車のナンバーからラボに辿り着く。
次の事件が発生し、リンカーンもオリビアたちについて現場に行くことに。

リンカーンが現場で透明な顔の男の写真を撮った女性に気付いたことで、オリビアは
フリンジチームで捜査させようと、ブロイルズが書類にサインさせて、3日前から
原因不明の遺体が多数見つかったと見せて、犯人の目的は不明で、被害者の共通点が
つかめないことを告げると、リンカーンはロバートはクローン病で鉄剤を飲んでたと。

ラボに戻るとウォルターは男が鏡に映っていたと取り乱し、オリビアが落ち着かせた。
ウォルターが鉄剤ではなかったが、被害者は重金属中毒だったが金属値が正常に
戻っていたので、犯人が金属を抜いた可能性が浮上する。

犯人は駅を中心して犯行を行ってるとわかり、張り込みしてると、別の駅から
工業地帯に逃げ込んだと連絡が入り、オリビアたちも向かい、リンカーンは
負傷した捜査官の手当てをして、オリビアが1人で追跡して射殺した。

意識が戻った捜査官から犯人は2人だと聞いたリンカーンがもう1人を射殺したが、
もう1人女が生き残っていた。
ウォルターが犯人の遺体を解剖すると、ハイブリッドだが機能してなく人間で、
あの男は信用ならんと、ここの技術でないと。

オリビアはリンカーンを連れて、ボリビアに犯人の遺体から見つけた物を見せると、
新型シェイプシフターの動力源だと、オリビアはこれだから信用できないと言い、
ボリビアは調べておくと言ったが信用できないよね。

ウォルターはラボから外出することなく、そこで寝泊まりしていて、寝ようと
テレビを消すとブラウン管にはピーターの姿が映っていた。
セプテンバーは入手した電子銃などで作った装置を作動させたの?

FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ