2014年02月25日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #85

ウォルターは両方の世界のフリンジ・チームにウォルターネイトを集めて、
ジョーンズの真の目的がビックバンを起こして、両方の世界を破滅させて、
新しい宇宙を作ることだと説明した。

両方の世界の同じ場所で同時に地震が発生した。
マンハッタンの震源地から回収した品の周波数を調べると、どちらの世界の
周波数ではなく、ジョーンズの仕業だと推測。

向こうの世界にいたリーの元にリンカーンの知り合いのニック・レーンが
こちらの地震の光景を見たと訪ねてきた。
オリビアはニックの話を聞いて、シドニーの震源地に立ってた女性が
ニックと同じコーテキシファンの被験者だったサリー・クラークだと気付く。

アムフィリサイトが地震に使われたと思ったが、被験者自身が装置だった。
ジョーンズは被験者を集めて、向こう側との霊的なリンクを作り、もう1人の
自分と同調させて、ニックたちは別世界の周波数を引き寄せ、こちら側の
振動の性質を変えて、世界を融合させて、崩壊する計画だと判明。

2つの世界をつなぐ装置がリンクを容易にしてるが、装置を停止すれば、
再稼働は不可能で、2つの世界は永遠に離れ離れになり、向こう側の世界は
装置で改善してたが、それが止まってしまう。

オリビアはニックをこちらの世界に連れてきてもらい、コーテキシファンを使い、
ニックとつながって、こちらの世界のニックを捜し出すことに。

ボリビアはオリビアに雨の後のこちらの世界に来るのは好きと、向こうの世界は
この20年、虹は出なくなり、世界が改善したら虹をもう1度見られるかもと、
雨の後は空を見上げてしまうと話した。

ニックが大学内にいるとわかり、ピーターとリーたちが地震を起こす寸前に
確保したが、他の場所では地震が発生した。

オリビアはニックにジョーンズに居場所を聞くが、ニックは戦争が始まって、
ジョーンズは味方で、向こうの世界は降服すると信じていたが、オリビアは
すべて作り話で、向こうの世界とは協定を結んで、復興を手伝っていて、
ジョーンズは双方を破壊する気だと説得した。

ニックが持ってたタイマーが作動して、ニックはジョーンズと会った倉庫に
オリビアたちを案内するが何もなく、車で待ってたニックは捜査官の心を
操って自分で刺させると逃亡した。

他に地震を止める方法は見つからず、装置を停止させることに。
ウォルターは装置を止めれば、ピーターが消えるかもと不安になってるのを
ウォルターネイトが気付いて慰めるのも変な感じ。

リーはピーターに“愛のある場所が故郷だ”と言われ、故郷を見つけたと
向こうの世界に残ることを決意した。
オリビアはボリビアにあきらめないで、雨の後に空を見てと告げて、
アルト・アストリッドはアストリッドに手を振って別れを惜しんで、
ついに装置は停止したが、ピーターは消えなかった。

両方の世界が協定を結んで、仲良くなれたのに残念だな。
今週の監視人はオーストラリアのシドニーでオペラハウスをバックにして
歩いてました。

FRINGE / フリンジ 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #84

2015年に歴史を見守るだけの存在だった監視人は人類を掌握し、抵抗運動は
制圧され、生存者は“ネイティブ”と呼ばれ、中でも監視人に使える物は
“ロイヤリスト”となり、フリンジ・チームはネイティブの取り締まりが
主な任務となり、抵抗運動は終息したかに思われた。

2036年のボストンでフリンジ捜査官のエッタはレジスタンスとして活動し、
昔のフリンジ・チームのメンバーを捜していて、アンバーに閉じ込められた
ウォルターを入手し、レジスタンス仲間の同僚サイモンに見せた。

ウォルターは自らアンバーに入ったので、彼を出せば他のメンバーの居場所も
わかるはずとアンバーから出したが、脳損傷を受けて記録に問題があった。

ブルックリンの科学省にいるニーナにウォルターを会わせたが、ウォルターは
ニーナを覚えてなく、マッシブ社にウォルターの脳の一部が保管されてるので、
それで自然治癒する方法を提案されたが、それは監視人の本部になっている
マンハッタンの旧社屋にあった。

ウォルターはニーナの動かなくなった義手を治したりと科学者の本能は
失われてなかったが、通行証を入手して、マンハッタンに入るとあちこちに
監視人がいたので混乱するが、なんとか旧社屋に入った。

ウォルターの自然治癒は成功し、味方だった監視人のセプテンバーによると、
2609年に監視人が空気中や水を毒で汚染し、この星を滅ぼし、居住が不可能に
なると過去に戻り、我々から地球を奪ったと、監視人を倒す装置を作れると。

しかし、監視装置が作動し、フリンジチームのブロイルズに侵入が報告され、
監視人のウィンドマーク大尉に報告することに。
追っ手がやって来たので、ウォルターはベルと用意してた抜け道から部屋を
出たけど、監視人は心が読めるのですぐに見破られた。

ウォルターたちはビルから脱出し、仕掛けた反物質で旧社屋ごと消した。
そして、ウォルターは他のメンバーの居場所に連れて行くが、ブロイルズが
エッタたちがマンハッタンに入ったと報告を受けて、発信器を起動させた。

アンバーからアストリッドを出したが、装置が壊れてしまい、発信器が
起動されたと気付き、1度だけなら気化させられると、サイモンは身代わりで
アンバーの中に入った。

2015年の粛清の時、サイモンはスタンフォードの学生で、レジスタンスだった
両親はで息子を守るために遠くの大学に入れたが、サイモンは両親を殺されて、
監視人を倒そうとしていた。

ブロイルズはアンバーにいるサイモンを見つけ、そばにリコリスがあったので
ウォルターが気付いただろうな。
ベルもアンバーにいたが、ウォルターはベルはオリビアに何かしたらしくて、
彼の手だけを切り取って置き去りにした。

サイモンが身代わりで出したのはピーターでエッタは私を知ってる?と尋ねると、
ピーターは娘のヘンリエッタだと気付いた。
ヘンリエッタはブロンドだったので、オリビアと関係があるのかと思ったけど、
ピーターとオリビアの娘だってことだよね。

シーズン3で2026年が出てきたけど、その時とは状況が違ってるみたい。
監視人が地球を乗っ取るなんて、その時を待って監視してたとはショックだな。

FRINGE/フリンジ〈サード・シーズン〉 コンプリート・セット [Blu-ray]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #83

リンカーンの葬儀が行われ、ボリビアは彼の両親に犯人を捕まえると約束した。
ニーナにジョーンズの内通者が国防総省にいると取引を提案するが、ニーナは
私は長居しないから、世界はもっとひどくなると強気だった。

こちらの世界ではマンハッタンのビルで同時刻に別の場所にいた2人が宙に浮き、
叩きつけられて死亡する事件が発生し、フリンジチームが捜査することに。
遺体にはシートベルトの痕があり、向こうの世界の飛行機事故の死亡者が
こちらの世界で亡くなったとわかり、ウォルターが向こうの世界に行くことに。

両世界は周波数が違うのに、ウォルターが持って来た遺体の手の周波数は同じで、
同調していて、事故がリンクしたとわかった。

ブロイルズ大佐が自宅に戻ると、ジョーンズが息子クリスと話していた。
クリスは目が見えずに余命わずかのはずが元気に暮らしてたのはジョーンズに
協力して手に入れた薬のおかげだった。

ジョーンズの手下がタクシーに置いたスーツケースで、次の女性が乗ったタクシーが
橋から転落する事故を起こし、向こう世界の女性も突然、体を後ろに引っ張られて
激突死する事件が発生した。

アストリッドはアルト・アストリッドと一緒に2つの現場と通信するために、
向こうの世界に行き、コーヒーをプレゼントするとアルト・アストリッドは大喜び。
ピーターはタクシー内からアムフィリサイトを発見し、ジョーンズの仕業と判明。

ウォルターはジョーンズの行為は自分が2つの世界の接点を作ったとイラついて、
ブロイルズ大佐はもしやり直せるなら同じ選択をしますか?と質問すると、
数か月前ならノーと答えたが、大人になった息子と知り合った今は違う選択をする
自信がないと答えた。

ブロイルズ大佐はジョーンズから装置を渡され、リバティ島にある装置の元へ行き、
制御盤に付けるように指示される。

ウォルターはボリビアに部屋に泊めてもらうと、リンカーン殺害の件で眠れずに
お酒を飲んでるボリビアから内通者を捜してると聞いて、迎え酒より卵料理と
スクランブルエッグを作り、ホームズの話から証拠がないこと自体証拠だと、
内通者は証拠を消せるほど高い地位の者ならブロイルズ大佐はどうだ?と聞くと、
ボリビアが信頼してたので、内通者捜しでは信頼は禁物だとアドバイスされた。

ボリビアはニーナにブロイルズ大佐を逮捕したとカモをかけると、彼は歩兵に
過ぎないと、ジョーンズは必ず私を助けると言うのであなたも歩兵かもと告げた。
ブロイルズ大佐と連絡が取れず、大佐のIDがリバティ島で使用されたので、
ボリビアとリーがリバティ島に駆けつけると、大佐とブロイルズがいた。

ブロイルズは大佐はすべて話して自首したと告げ、大佐は拘束された。
その様子を見たニーナも少し焦ってるみたい。

こちらに戻ったウォルターはオリビアとピーターにジョーンズの意図が読めたと、
2回の事件は単なる測定で、2つの世界を同調させる周波数を探し、大佐が装置に
機械を仕掛けたら、ジョーンズによって2つの世界が崩壊させられてたと告げた。
今週の監視人はジョーンズがブロイルズ大佐と会う時に並んで階段を上ってました。

FRINGE/フリンジ <セカンド・シーズン> コンプリート・セット (5枚組) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #82

ラボでは牛のジーンがうつ状態なので、牧草地で放牧させることに。
リーはオリビアからプレゼントした亡くなった相棒からのブレスレットを
自宅で見つけたと返されてしまう。

アストリッドは父親と約束があるのに、ジョーンズの情報を向こうの世界に
届けに行くことになり、リーは何もないので代わりに行くことを志願する。

向こうの世界では隔離された一部が居住区域として解除されていた。
通り魔に襲われそうになった女性が何者かに助けられたと通報が入った。
この数カ月、犯罪者や麻薬常用者が消え、被害者は救世主が現れたと証言するが。
今回は通り魔の死体が残されて、それはシェイプシフターの抜け殻だった。

隔離地域の調査で有機組織の反応が強い教会の中で多数の遺体が発見され、
リーはボリビアとリンカーンの捜査を手伝うことに。
監視カメラの映像に死んだはずの被害者が映ってたことで、リーは犯人は
シェイプシフターだと気付いた。

しかし、ブロイルズ大佐はそれを認めようとせずにリーを帰そうとするが、
次の犯行を起こり、リーは被害者の顔を顔認識するように提案した。
被害者に変身したシェイプシフターと争ったリーは銃口を向けられたが、
彼はリーを撃たずに逃げようとしたがリンカーンが捕まえた。

ブロイルズ大佐はシェイプシフターが拘留されたとニーナに連絡した。
リーは死んだ相棒のために、ジョーンズに繋がる情報を聞き出したいと頼み、
彼はジョーンズに新しい人類の第1号にしてもらったが不良品だったらしく、
ジョーンズが迎えに来ると約束したので治してくれると信じてたが、
移送車へ移動中に狙撃され、リンカーンが撃たれてしまった。

リーはシェイプシフターにジョーンズが君を殺そうとした、現実を見ろと、
手を差し伸べられるのを待ち続けるか、自分の手で人生を切り開くか選べと
選択を迫り、ボリビアが仕留めたケイナンに変身して、ニーナは拘束された。
ニーナがいたラボに他のシェイプシフターの情報が残されてた。

リンカーンの死亡の知らせに泣かない女のボリビアがは泣いていた。
リーはケイナンをこっちの世界に連れて行き、フォルターとピーターに託すと、
道を見失うなと死んだ相棒からもらったブレスレットを渡した。

リーはボリビアの力になるために無効の世界に戻った。
リンカーンと生まれも育ちも一緒なのに、対照的な性格なり―はどこで違ったのか
興味を持ってたが、相棒思いの優しさは同じだな。
今週の監視人はシェイプシフターを移送しようとした時に通りの向うにいました。

FRINGE/フリンジ <ファースト・シーズン> コンプリート・セット (6枚組) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

FRINGE/フリンジ シーズン4 #81

今回はシーズン1の13話と同じような出来事が今の世界でも起きた。
飛行機の乗客マーシャル・ボウマンが体の異変を感じて、乗務員に鎮静剤を
集めるように指示してトイレに行くが、落ち着いてトイレから出てきた。

到着後、ボウマンは保安局員に飛行機が苦手でパニックになったと説明し、
荷物を調べられ、隠し持ってた注射器と謎の液体が入った小瓶を見つけられる。
そして、ボウマンはヤマアラシに変身して、保安局員を襲った。

オリビアはカウンセリングを受けるが、妹レイチェルは離婚はしていないし、
エラとエディの子供がいるのに、離婚してエラと2人でシカゴにいると答えた。
人生に関する記憶の4割が謝りだったので、ブロイルズに休暇を命じられる。

ピーターの時間軸でボウマンは機内でヤマアラシに変身して墜落してたが、
今回は飛行機は到着してから事件が起こっていた。
ピーターはボウマンの妹を聴取するが、いつもの兄らしくなかったが
仕事のストレスだと思ってたと無関係と判断された。

ボウマンには相棒がいたが、ピーターは名前が思い出せずにオリビアから
ダニエル・ヒックスだと聞いて、彼の自宅に向かうとオリビアが待ってた。
ヒックスの部屋は真っ暗で、ヤマアラシに変身した彼にリーは襲われた。

ウィルスのブローカーだったコンラッドは5年前に事故死していて、
ボウマンも死んでないので、ピーターたちの時間軸とは少し違っていた。
ヤマアラシに注射痕とシュメール語のタトゥがあったので、ピーターは
古本屋のエドに会いに行くが、この時間軸のエドはピーターを知らないので、
オリビアと小芝居をして、タトゥの意味が“再生”や“復興”だとわかった。

マッシブ社の古いプロジェクトが関係してたが、ファイルは削除されていて、
デビッド・ロバート・ジョーンズの仕業だとわかった。
ケガをしたリーはウィルスに感染し、ウォルターは脂肪分が高い食べ物を
欲しがったので、脂肪はエネルギーを蓄え、エネルギーは変身に必要とわかった。

美容整形外科は大量の脂肪を捨ててるので、盗まれた病院を突き止めたが、
警備員が殺害されたので現場は封鎖されていた。
リーの血液を使って、変身の過程を再現するとヤマアラシに翼ができたので、
高層ビルにある美容外科に突入し、ヤマアラシのヒックスを射殺した。

上層部はオリビアの6割が以前のままなら、他の9割の捜査官より優秀だと
フリンジ・チームに必要な人材だと復帰を認めた。
その頃、ボウマンの妹は男に2人一緒に生まれ変わり、新しい世界の子供に
なろうと持ちかけて、注射を打った。

ヤマアラシとなって檻に入れられ、他の変異したらしい動物と共に
船でどこかに移送されてたが、これにジョーンズはどう関係してるのかな?
今週の監視人はピーターがヒックスの自宅に着いた時に歩いてました。

FRINGE/フリンジ <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス [DVD]
posted by Jasmine at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | FRINGE/フリンジ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ