2015年10月04日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #15

リグスビーはジェーンたちと飲み、チョウにモーテルまで送ってもらうと、
部屋のドアが開いたままで、部屋からヴァンペルトの姿は消えていた。
携帯や財布も置いたままだったので、何者かに連れ去られたと推測。

ハイバックも姿を消したので、アボットは容疑者として捜索を命じると、
FBIにハイバックが現れた。
ジェーンはハイバックから上手く聞き出そうとするが、無実を証明に来たと言い、
取調べを見てたフィッシャーがここに来たなら、すでに死んでるのはと言ったのを
聞いてしまったリグスビーが乱入して、ハイバックに襲い掛かった。

ハイバックはアリバイ証明を提示し、犯人だという証拠もなくて、
弁護士がやって来たので釈放するしかない。
ジェーンはハイバックを脅して動揺させて、ミスを犯すように追い込んだ。

その頃、地下室に閉じ込められてたヴァンペルトは何とか鍵を外して脱出し、
小屋には誰もいなくて、外に出ると一面雪だった。
ヴァンペルトが歩いてると、車がやって来て運転手の女性から携帯を借りるが
圏外だったので、彼女の家で電話を借りようと車に乗り込んだ。

ヴァンペルトは電話を借りようと彼女の家に入るが、ライフルを向けられて、
腕に結束バンドをつけさせられてしまう。女性はハイバックの姉だった。
姉は幼い頃、弟が父親から酷い目に遭わされてたが守れなかったことから
協力してるらしく、弟を苦しめたCBIを憎んでいた。

ハイバックは釈放され、弁護士と車に乗り、途中でリグスビーが乗り込み、
運転してたのはジェーンだった。
ジェーンたちは弁護士を降ろして、ハイバックを連れ去り、リグスビーは
ヴァンペルトが居場所を吐かせようと走ってる車からハイバックを落とした。

リグスビーは車から降りてくると、ハイバックに暴行し、威嚇射撃までして、
トランクからガソリンらしきものを出して、ハイバックにかけると発煙筒を点火し、
ジェーンが止めに入ると、ハイバックが落ちてた銃を手に入れてしまう。

FBIではジェーンとリグスビーの計画を誰も聞いてなく、行方を追っていた。
ワイリーはハイバックの祖父母がニューメキシコ州にいたことや姉ヘイゼルの
転居先がサンタフェで、山小屋にいることを突き止めた。

ハイバックはジェーンたちを銃で脅して、ヴァンペルトがいた小屋に行くが
脱出した後で、リグスビーはさすがだと褒めてたが、ハイバックは
どうせ見つけられると、ヘイゼルの小屋に連れて行くが、リグスビーは
車から降りないと抵抗するので、撃ったが銃に弾は入っていなかった。

リグスビーはダッシュボートに隠してた銃をハイバックに向けた。
ハイバックにヴァンペルトの元へ誘導させる作戦だった。

ハイバックは銃を突き付けられて小屋に入り、リグスビーはヴァンペルトに
駆け寄っていくが、隠れてたヘイゼルに撃たれてしまう。

ジェーンとヴァンペルトは外に連れて行かれ、ハイバックはジェーンの手を
まき割台の上に置かせ、斧を振ろうとしたとき、撃たれたリグスビーが頑張って、
ヘイゼルを殴って銃を奪い、ハイバックを射殺した。

そこへFBIのヘリが到着して、ジェーンたちは助かった。
アボットはリグスビーとヴァンペルトをFBIに誘ったが、民間人がいいと断った。
残念だけど、2人には幸せに暮らしてほしいな。

THE MENTALIST/メンタリスト <フィフス・シーズン> コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン5 コンプリート・ボックス

2015年09月27日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #14

リズボンはSFPDからアルディレス、ラローシュが殺害された件をFBIに引き取る。
リグスビーとヴァンペルトが自宅でショットガンを持った覆面男に襲われた。
娘を抱いたままリグスビーは物置に隠れるが、犯人はドアを撃って迫ってくるが、
ヴァンペルトが後ろから狙撃すると、犯人は逃げ出した。

リグスビーたちもFBIのコンサルタントとして、一緒に捜査することになり、
こんな形でまたみんなで捜査するとは。

CBIに恨みを持つ12人をリストアップするが、ジェーンは時間がかかると、
直感で誰だと思うかと聞き、ハットン、カルペッパー、ヴォルカー、
ハイバック、ワグナーの5人の名前が挙がった。

5人を調べてる間、ジェーンはフィッシャーに別の事件を手伝わされることに。
石油の掘削現場で農場主のダン・ベッカーの遺体が発見された。
ダンは地下水汚染で掘削してるミルマン石油を訴えてた。

被害者の家で妻や友人から話を聞くと、水道水はメタンに汚染されていて、
家畜もたくさん死んだが、ミルマン石油を訴えても、石油会社のおかげで
皆金が入るから爪はじきにされていて、訴訟を取り下げろと背中をケガされて、
ダンは首謀者が石油会社の重役だと気づいてたと。
ジェーンはダンの妻から水道水が燃えるのを見せられてビックリ。

ワグナーはここ5か月間は独房にいて、カルペッパーは結婚してベネズエラで
戻ってないので除外され、ハットンはヒューストンにいたのでリグスビーと
チョウが話を聞きに行くと、外へ出たかったとFBIに喜んで行こうとすると、
FBIのミラー捜査官がやって来て、ハットンはFBIの捜査に協力していて
発信器があるのでアリバイが証明された。

リズボンは天敵のハイバックの勤務先にアリバイ確認したことで、ハイバックは
FBIに弁護士を送り、ビデオチャットでリズボンに謝罪を求めた。
リズボンはアボットに捜査を続けたいと頼むと、アボットは奴は何か怪しいと
油断させてから監視チームをつけると協力的で良かった。
ヴォルカーは連邦拘置所にいて、半年間怪しい動きはないらしいが怪しそうだけど。

掘削現場の責任者カーンは政治的ハッカー集団“協同体”が前日に抗議デモを行い、
ハッキングして作業を妨害してると、彼らの犯行だろうと。
“協同体”はミルマン石油がダンを殺害したと、ロンドン橋落ちたの曲を
バックにハッキング映像を送りつけてきた。

ワイリーが“協同体”の投稿元を探ってたが、70のサーバーを経由していて、
行き詰っていると、ヴァンペルトンのアドバイスでいつ投稿されたか判明。

ジェーンとフィッシャーは大学の図書館に行き、怪しい男を捕まえた。
捕まえたイーサン・ゾーイはアボットからネット犯罪は重罪で10年の禁固刑で
コンピューターがあれば強いが刑務所ではどうだ?と脅されて自白する。

協同体の告発者が連絡できるアドレスにダンが訴訟で困ってると助けを求め、
ミルマン石油の重役が持ってる買収相手の載った帳簿を入手しようと、
協同体が抗議デモをしてる隙にダンがオフィスから盗み出す計画だったが、
その後、ダンから連絡はなかったと。

ジェーンとフィッシャーはカーンのオフィスに行き、ジェーンは飾ってる
絵の裏に隠し金庫を見つけ、ダンはここから帳簿を盗んだと告げた。
ジェーンはカーンの反応から帳簿以外にも盗まれた物があると見抜き、
金庫以外に書類棚を動かした跡を見つけた。

ジェーンはダンの妻や友人たちにロンドン橋落ちたの曲を聞かせて反応を見た。
ダンの友人ブライスの車からガスを抜き取って、ガス欠にしてスタンドに行かせ、
そこへロンドン橋落ちたの曲をかけたアボットたち捜査官の車もスタンドに行き、
ジェーンは“協同体”のフリをして、ブライスにダンを殺して、カーンの裏金を
奪ったが、金は頂いたよと話しかけ、隠してる裏金の元に誘導させて逮捕した。

ダンを手伝ってカーンのオフィスに侵入し、裏金を盗んだが、ダンはそれを知り
返してくると言い争いになり、ブライスはダンを石で殴って殺してしまい、
石油会社を巻き込もうと、掘削現場に遺体を捨てていた。
FBIは帳簿を手に入れて、カーンも逮捕された。

リグスビーはハットンが14時間も家にいるのに電話にも出ないのは変だと、
チョウと担当捜査官も一緒にハットンの家に行くと、携帯から発信器と
同じ信号を出して“ザマミ見ろ!”と書かれたメモが残されていた。

監視映像からハットンを追うと、女と浮気中だった。
アルディレスが殺害された日も浮気中だと証明されて、犯人ではなかった。

リグスビーはチョウと飲みに行き、ヴァンペルトはモーテルで1人で寝ていると、
誰かが部屋に侵入して、ヴァンペルトに近づいた。
ヴァンペルトは大丈夫かな?

THE MENTALIST/メンタリスト <フォース・シーズン> コンプリート・ボックス (12枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト フォース・シーズン コンプリート・ボックス

2015年09月19日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #13


メキシコのフアレスでアメリカの公選弁護人イーディスの遺体が発見された。
イーディスはナッツと乳製品のアレルギーを示す医療用の腕輪をつけてたので、
すぐに身元が判明し、処刑スタイルで後頭部を撃たれてたが、血痕がないので、
別の場所で殺害されたと推測。

地元警察はカルテルの犯行を疑ってたが、ジェーンは公選弁護人のイーディスが
ヒッピーみたいな服装をしてたので、潜入してたと疑うが、入国記録もないので、
どうやってテキサス州からメキシコに来たのか謎だった。

ジェーンはフィッシャーとチョウにランチまで用意し、チョウには昔好きだった
メキシコトビマメをプレゼントして、フィッシャーにもうまくいったら
プレゼントすると。

カルテルは死体遺棄に使う場所があるので、彼らの犯行ではないとわかり、
フィッシャーたちはオースティンに戻るが、ジェーンはもう1回現場を見てから
帰ると残り、現場近くの小屋に入ったジェーンは姿を消してしまう。

車で戻る途中のフィッシャーにジェーンから電話が入り、被害者がメキシコへ
どう行ったか分かったと、場所がわからないから電話で追跡してと切れてしまう。
チョウとフィッシャーはGPSからテキサス州ジェントリーの私有地にたどり着く。

チョウたちが敷地に入ると所有者の男がやってきて、ライフルを向けてきて、
FBIと名乗るがバッチを見せろと銃を下さずに緊迫する状況で、携帯から
ジェーンの何があっても撃たないでと声が聞こえてきて、ジェーンが現れた。

ジェーンはメキシコとアメリカを繋ぐトンネルを見つけた。
土地の所有者はカルテルに脅されて、トンネルを作ったことを認めた。
血痕が見つかったと追及すると、ハゲタカが見えたので行くと女性の遺体があり、
捜査されないように遺体を動かしたと自供する。

ジェーンはワイリーに子供の頃、大好きだったたまごっちをプレゼント。
リズボンは被害者の写真共有サイトで、事件前夜に見てた写真を見てると、
ジェーンはジェントリーの青空市場の写真を見つけ、そこに何かあると推測し、
フィッシャーとFBIからもらったキャンピングカーで5時間もかけて向かった。

ジェーンは到着すると昼寝すると横になり、フィッシャーは聞き込みをするが
FBIだと名乗ると誰も答えてくれないので、名乗らずにイーディスのことを
ピーナッツバター売りの男に尋ねたことで揉めてしまう。

それを見て笑ってたジェーンはイーディスがアレルギーがあるのに
ピーナッツバターの試食をもらってたと聞いて、キャンピングカーで
旅行してるフリをして、ピーナッツバター売りに近づき、いつかは農場で
暮らしたいと言うと、俺らの農場に来ないかと誘われて、フィッシャーを
置き去りにしてついていく。

“ギャズデン・グローヴ”と呼ばれる農場では権力を嫌ってる人たちが
自給自足の生活をしていた。
ジェーンはアレックスに農場での暮らしに誘われ、試しに一泊することに。
翌朝、ジェーンはリズボンに電話し、イーディスは農場の誰かに会いに来たと、
黒いヘリコプターと戦車を用意してと頼む。

フィッシャーはジェーンに置き去りにされたことでアボットに苦情を言うが、
アボットはジェーンから子供の頃に大好きだったロボットをもらってご機嫌で、
ジェーンは周りに溶け込もうと努力してるとかばってるし。

黒いヘリコプターが農場の上空を飛んだことで、みんなは偵察に来たと警戒し、
そこへFBIがやって来たので、アレックスたちは銃を手にして出迎えるが、
アボットは捜索令状があると協力するように告げ、1時間の猶予を与えた。

ジェーンはアレックスに力になりたいので話をさせて欲しいと頼むと、
みんなに僕は一市民でもありFBIの契約社員でもあると告げ、この中に
イーディスを殺害した犯人がいて、僕はFBIを踏む込ませないで犯人を見つけて
外へ連れ出せると犯人を絞り込み始めた。

イーディスは左翼の弁護士時代の知人に会いに来たと、45歳未満の人を下がらせ、
犯人は逃亡中でここを隠れ家にしてると、犯人は銃を持ってると銃を持ってない
人を下がらせると、犯人は焦って汗をかき始めてると精神的に追い詰めると、
やめてと中年女性のマーシャが怒り出して、ジェーンに銃を向けた。

仲間たちが説得し、マーシャは銃を下した。
FBIに連行されたマーシャの本名はレイチェルで27年前に環境保護のテロで捕まり、
イーディスが弁護してたが逃走した。

ネットの写真でイーディスはレイチェルを見つけて、自首するように説得しに
メキシコまで行くが、レイチェルは自首する気はなく殺害されたのだった。

ジェーンはフィッシャーに魔法の杖をプレゼントした。
子供の頃、これで願いが叶うと思ってたが、母親に買ってもらえなかったと、
魔法の杖を使ってるのをジェーンはソファーから眺めていた。

一方、リズボンはアルディレスの殺害を調べるが、捜索令状が下りなくて
困っていると、ジェーンからサンフランシスコ市警にいるラローシュに
貸しがあるから助けてもらうといいと言われ、リグスビーとヴァンペントが
ラローシュにジェーンが借りをチャラにすると言ってると伝えて協力してもらう。

ラローシュから捜索令状が取れたと連絡が入り、リグスビーも現場に向かい、
真っ暗な倉庫に2人で入っていくと、仕掛けられてた罠にラローシュが引っかかり、
仕掛けの銃で撃たれて死んでしまった。

ラローシュまで殺されるなんて、敵は一体、誰なんだろう?
それにジェーンはみんなが昔、好きだった物をどうやって調べたの?

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット2(6枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット2

2015年09月12日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #12

地図作成のコンピューター・エンジニアのチャールズ・ウィテカーが
ドラッグの過剰摂取で死亡する。
自宅から薬物は見つからず、勤務先は国防総省から軍事関係の仕事を
請け負ってたので、殺人の可能性もあるとFBIが捜査することに。

ジェーンたちはチャールズの自宅で彼の弟でカーティスと会うが、
実家は資産家で銀行に勤めるリッチそうな弟を容疑者だとからかうと、
机にあった新聞を見つけ、お茶を飲みながら新聞を読むと出ていく。

リズボンとフィッシャーはチャールズの会社で社長から話を聞くと、
チャールズは大きな子供のようなで、みんなにあだ名を付けたりと
周りから好かれてたと言うが、社員の話からチャールズは社内に
データ窃盗犯がいると疑いを持ってたことがわかった。

ジェーンはダイナーで新聞に印が付けられたアルファベットを見つけ、
暗号だと解読を始めたが、解読できないジェーンはチョウを呼んだ。

チャールズはこの新聞を見てスパイに気付いたと、ワイリーに
監視カメラの映像を調べてもらい、チャールズが昼食から戻った時に、
新聞を隠して、社内に入ったとわかり、ジェーンとチョウは
チャールズが来た方角に歩いていくことに。

ジェーンは新聞の汚れからイチジクの木の下のベンチで新聞を拾ったと、
その場所を発見すると、明日の午後2時頃、この事件は解決だと告げた。
翌日、ジェーンはリズボンと公園のベンチに新聞を置くと、リズボンは
誰も来ないとコーヒーを買いに行ってしまう。

その間にベンチに座った男が新聞を持って歩き出したので、ジェーンは
男に時間を教えてもらうと、携帯がないと男に携帯を盗んだと言うと、
近くにいた警官を呼び、男のポケットから自分の携帯を発見させて、
FBIに男を連行した。

男は情報売買の仲介をしてるザリフで、依頼人が手引きをしてるので、
情報を売った人物は知らないと、金になる取引だから問題は起こさないと
殺人の関与を否定する。

ジェーンは社内に情報を売った人物がいると、警戒してるから動かないと、
警戒を解くために、誰かを逮捕し“殺人犯”にすると、カーティスを怒らせ、
彼が軽く押したのをチョウに暴行罪だと逮捕させる。

逮捕されて怒ってるカーティスにフィッシャーはチャールズはスパイに
気付いて殺されたので、国の安全とお兄さんのために逮捕したように
見せかけたと協力を求めた。

チャールズの会社に犯人は遺産相続で揉めてた弟だったと報告して、
公園で張り込みしてると、現れたのは社長秘書のシュルツだった。
シュルツは情報を得た金は母親の薬代と自分のドラッグ代に使ってたと
悪びれた様子もなく、チャールズに気付かれたので、馬でも殺せる量の
薬を盛ったと自白した。

リズボンは元検事補で今は弁護士をしてるアルディレスから連絡を受ける。
シカゴからヒューストンまでやってきたアルディレスは携帯が熱くなるので、
誰かに盗聴されてるのではないかと相談され、リグスビーの連絡先を教えた。

アルディレスはリグスビーとヴァンペルトに会いに行き、調査を依頼する。
リグスビーたちはアルディレスが被害妄想じゃないかと疑ってたが、
盗聴されてるとわかり、アルディレスと連絡が取れないので、ヴァンペルトが
GPSでアルディレスの居場所を見つけ、リグスビーがそこに向かう。

ヴァンペルトは盗聴されてたのは、自分たち元CBIメンバーもだと気付いて、
リグスビーに電話するが、リグスビーはアルディレスの死体を発見していた。

リグスビーとヴァンペルトの赤ちゃんが見れたなんて喜んでたら、
とんでもない事件に巻き込まれてるみたい。

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット2 (5枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト セカンド・シーズン セット2

2015年09月05日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #11

ジェーンとリズボンが正式にFBIで働くことになった最初の事件としては、
彼らしさがあって、なかなか面白かったです。

DEAの事務所が襲撃され、捜査官5人が射殺された。
隠しカメラが壊されてたが、ジェーンは鏡の位置が高すぎると気付き、
チョウが鏡を外すと隠しカメラが見つかった。

DEAのヒギンズ捜査官から先月、100キロの麻薬を押収し、カルテルの幹部を
射殺したので、湾岸カルテルからの報復だろうと、カルテルは2年程前から台頭
麻薬取引を牛耳ってたがボスはわからないと、ボス候補の写真を見せてもらうと、
ジェーンはDEAが射殺したヴァルガスの隣に写る恋人のクリスタルに興味を持つ。

ジェーンはフィッシャーとクリスタルに会いに行き、DEAの襲撃がヴァルガスの
報復かもと告げるが、クリスタルはヴァルガスは恋人でなく友人だったと言われ、
彼女をナンパして、電話番号を教えてもらった。

隠しカメラの映像からワイリーが襲撃犯3人を特定し、チョウは映像のバックに
車のエンジン音が聞こえたと、ワイリーにエンジン音から車の特定をしてもらい、
ジェーンは襲撃犯と同じ車種が登録されてる3か所をクリスタルがいる前で聞き、
彼女の反応から倉庫街だと向かうと、襲撃犯たちは始末されていた。

犯人の携帯からコロンビア国籍でカルテルに深く関わるパコが浮上した。
ヒギンズはパコが湾岸カルテルのボスの可能性があると、湾岸カルテルと
エスペデス・カルテルの仲介人だと聞く。

ジェーンはクリスタルとデートして、FBIに話してくれるように口説き落とした。
クリスタルからヴァルガスと一緒にパコが海辺に持ってる部屋に行ったと聞いて、
FBIが向かうが、パコは慌てて逃げた後だった。

ジェーンはクリスタルを自宅まで送り、次のデートの約束をした。
そして、家に入ったクリスタルをパコが待ち伏せしていた。
FBIに売ったとパコは激怒し、クリスタルは私を脅すとはいい度胸ねと、
パコを引っぱたくと、私はこの町を牛耳ってるのを忘れたの?とバックから
銃を取り出し、パコの護衛を撃ち殺した。

クリスタルは手下と共にパコを空き家に連れて行くと、指名手配中のパコを
目撃したと警察に通報すると、パコを射殺して、警官が駆けつけると手下は
裏から発砲して、警察との銃撃戦で死んだように見せかけた。
しかし、チョウは裏から誰かが撃ったことに気付いた。

リズボンとフィッシャーはクリスタルがDEAの隠しカメラに気付いてたので、
彼女が関与してると気付き、ジェーンに電話するが切られた。

その頃、ジェーンはクリスタルと船上デートを楽しんでたが、ジェーンは
またリズボンから電話がかかると、携帯をテーブルに置いた。
クリスタルに襲撃犯は3つ目のカメラを知らされてなく、首謀者は襲撃犯を
逮捕させたかったと、ボスの人物像を推測し、女性ではないかと思ったと。

クリスタルからその女性は誰だと思うと聞かれて、君だと理由を答えると
ジェーンは銃を向けられ、携帯をリズボンと通話状態にしていて、
一部始終聞いてたので、もうすぐFBIがここに来ると告げると
FBIのヘリが上空に現れた。

その隙にジェーンは海に飛び込んで、クリスタルは逮捕された。
毛布にくるまって震えてるジェーンにリズボンとフィッシャーは
いい教訓だと、今後は事前に計画を話すことだと言われ、チョウにも
お前は協調性がなさすぎると言われてしまうとは。

THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット2 [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット2