2016年06月10日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン7 #3

ジェーンたちはテロに加担するスロバキア人のヤン・ネメックを逮捕するため
CIAのキャスに協力していくことに。
ネメックがパスポートを偽造し、密入国を可能にするICチップをアメリカに送り、
それをフィリピンのイスラム過激派が150万ユーロで買ったとの情報があった。

ネメックの恋人は夫殺しで逮捕され、脱獄したエリカ・フリンだった。
エリカはCIAに協力する代わりに減刑とジェーンと組むことを条件にした。
テレビ電話でエリカはネメックはメッセージを暗号化して伝達人に覚えさせるが
伝達人が事故で死んだので、記憶力がいいジェーンが伝達人になることに。
リズボンも同行することになりジェーンは困った顔。

ジェーンはリズボンと共にレバノンのホテルに入ると部屋にエリカがいた。
エリカはお金に困って、ネメックの援助の申し出を受けて付き合うことなり、
家に帰りたいのでCIAに協力すると。

ジェーンだけネメックに会わせると言われ、部屋から出ると2人の男に連れられ
部屋に入ると風呂場に連れて行かれ、1人が単語を言うと、もう1人がジェーンの
頭をバスタブで水責めを繰り返し、それが終わるとネメックの元に連れて行かれた。

ネメックはさっき聞いた単語を順番通りに復唱しろと言うが、ジェーンはタオルを
先に要求し、拭きながら復唱すると、全部正解したのはジェーンが初めてだと、
81個の数字を記憶し、書き留めずにその数字を先方に順番通りに伝えろと言われ、
報酬の交渉をすると、ジェーンが捜査機関にいたことを持ち出されたが、
目的を果たしたからやめたと答えた。

するとリズボンが連れて来られて、なぜ一緒にいると聞かれ、恋人だと言うが、
FBIに名前があると言われるが、ワイリーが別の女性の顔写真と変えていた。

ホテルに戻るとエリカがやって来て、ネメックが下にいると言われた。
ジェーンはネメックから手付金を受け取り、アメリカのアトランタに明日出発し、
到着後電話すると“ジョン・ポール”が出るので名乗ったら“父から愛を”と言い、
向こうが“恋しい”と答えたら会う約束をして、メッセージを伝えるようにと
81個の数字が書いたメモを渡されて暗記した。

エリカはリズボンと部屋で待ってると、ジェーンとカップルになって嬉しいと
言いながら、ジェーンと過去に何かあったかのように匂わせる。
ジェーンは数字をFBIに伝えると、リズボンと食事に行くが、エリカとのことを
聞かれて、彼女とキスしたことを打ち明ける。
リズボンがやきもちを焼くなんて、やっぱり女性だな。

チョウはアボットにジェーンの外見を知らないなら接触しようと提案し、
CIAと作戦会議を行うチョウを見て、ヴェガは参加したそうなのをワイリーが
察して行かせると、ヴェガはチョウにボスの許可を取ったとウソをつく。

チョウはジョン・ポールに指定された店で待ってると男が入って来たが、
客になりすました捜査員の銃を見て逃げ出してしまう。
車で逃げようとしたので、外で待機してたヴェガは車で体当たりして止めたが、
男は銃弾を受けて死亡してしまう。

男はフィリピンのイスラム過激派とつながるジョン・ポール・ナバーロと判明。
ICチップはアトランタのどこにあるか不明で、暗号解読にはキーが必要で、
ジェーンはネメックは本を読まないのに家に本棚があったのでキーが本だと気付く。

ジェーンはどの本か特定するためにエリカに連絡し、彼の部屋に入れてもらう。
本を探してるとネメックが戻って来たので、ネメックがバスルームに入った隙に
ジェーンたちは本を持って脱出した。
ワイリーは暗号を解読し、チョウたちはICチップの隠し場所に向って、
空き家のブラインドに隠してたICチップを発見した。

ネメックは逮捕され、リズボンが到着するとジェーンはエリカを慰めていて、
リズボンはエリカに本国への移送手続きが済むまで警官が保護してくれると告げ、
ジェーンを連れ出すと、あなたは今も引きずってると怒って行ってしまう。

ジェーンはエリカに君はいつも抜け目がないと、自由以外に狙ってるネメックが
チップを売って得た150万ユーロがこの部屋にあると言うと、エリカは隠してた
スーツケースを出した。

エリカはCIAからの接触をチャンスだと伝達人を殺させて、ネメックを逮捕させ
金を奪うためにジェーンを利用したのだった。
ジェーンはアメリカに戻る気はなく、望みは奴の金と自由と言うとエリカは
ジェーンを誘惑するが、リズボンを愛してる、君を警察に引き渡すと言われ、
エリカはスタンガンでジェーンを倒し、金を持って出て行こうとするが、
買収された警官は逮捕され、銃を持ったリズボンがいた。

エリカは刑期満了まで服役することになり、チョウは嘘をついたヴェガに
信用できない奴とは働けないと告げた。
ジェーンはホテルの屋上でリズボンとオレンジブロッサム・アイスを食べながら
ラマダン明けの祝いの花火を見るなんてロマンティックだね。

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット1(6枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト〈サード〉セット1

2016年06月03日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン7 #2

高級車を盗んだマリーが逃走中に警察に逮捕された。
マリーの恋人コールは窃盗団のリーダーで、州をまたいで車を盗んでたので、
FBIが捜査することになるが、マリーはコールの居場所を自供しない。

アボットはCIAのキャスから協力を求められる。
コールの取引相手は国際的な密輸業者で、車の密輸できるなら麻薬や現金や
爆弾も密輸できると、アメリカでテロ計画の情報があり、コールから情報を
聞き出すために、リズボンはマリーがいる拘置所に潜入捜査することに。

ジェーンはアボットがローションを替えたので何かあるのかと尋ねると、
妻が商務省の重要ポストの候補になったとデートするなんて優しいね。

リズボンはマリーと同房になるがなかなか近づけず、ジェーンは以前に
そういう女性がいたなと(リズボンのことで)、自分の壁を取っ払ったと
アドバイスされ、リズボンは彼氏に会いたいと話しかけ、恋バナになると
マリーはコールと倉庫に住んでいると聞き出し、コールの仲間を逮捕。

仲間はコールは町のどこかに隠れてるが、連絡先を知らなかった。
ジェーンはコールが町を出ないのはマリーだと、彼女を引き渡そうと
リズボンと一緒に脱獄させることをアボットに提案する。

アボットはマリーに面会すると、重警備の施設に移すと追い込んだ。
マリーは行きたくないとリズボンに言い、リズボンも25年の刑になりそうだと
話を合わせて、脱獄しようってことになるが、州外に逃がしてくれる人が要る
と言うと、マリーはコールに頼むと電話を掛けた。

ワイリーは通話を盗聴し、コールが迎えにくることを突き止めた。
ジェーンたちは脱獄計画を立て、リズボンはマリーは職員の交代に紛れて、
堂々と正面から脱獄すると、コールの仲間のヘンドリックスが迎えに来ていた。
チョウとアボットが車を追跡するが、立体駐車場に入って車を乗り換えたので、
リズボンたちを見失ってしまう。

リズボンたちは途中でガソリンスタンドに寄り、コールと合流した。
ヘリで逃げると聞いたリズボンは店内のメモ帳に手掛かりを残そうとするが、
コールが店員に怒って射殺してしまい、リズボンは血に自分の足跡をつけた。

ジェーンとヴェガは店に到着し、リズボンの書きかけのメモを見つけ、
足跡の方向に行こうとするが、ヴェガはアボットに状況報告を入れるが、
ジェーンは待ってられずに店のボトル飲料を車に積んで、行先をわかるように
ボトルを落としながらリズボンの元に向かう。

リズボンはヘリの整備をしてるヘンドリックスが置いた銃を取ろうとするが、
コールに気付かれて銃口を向けられ、そこに到着したジェーンは携帯が圏外なので、
車のバックミラーで狙撃手がいるように見せかけて、FBIだと出て行ったが、
狙撃手なんていないとバレて、撃たれそうになったところにアボットたちが
到着してコールたちは逮捕された。

コールは密輸業者の情報の見返りを要求し、チョウはマリーは殺人の共犯に
ならないと言うと、コールはあんな女のために唯一の切り札を使わないと言うが、
捜査官の前で理由もなく人を殺した見返りは死刑なしで無期懲役になると
イヤなら取引なしと言われ、死にたくないので取引した。

コールが吐いた密輸業者の恋人が逃走中のエリカ・フリンだった!
これは面白くなってきたな。

THE MENTALIST/メンタリスト<セカンド・シーズン>セット1 (6枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン2 セット1

2016年05月23日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン7 #1

ファイナルシーズンの先行放送を視聴しました。
13話しかないので、ハッピーエンドで完結させてくれると期待したい。

ジェーンを選んだリズボンはFBIに残ることになり、2人のことはしばらく
内緒にするらしいが、現場に現れたジェーンはチョウにハグしてと
ご機嫌でバレバレだと思うけど。

フィッシャーは母親が倒れて看病のためにシアトルに転勤となり、
新人のミシェル・ヴェガが配属された。

FBI潜入捜査官ジェレミー・ガイストが何者かに銃殺される事件が発生。
ATFとの合同捜査の班長スパックマンはギャングが軍から盗んだ銃器を
ボウリング場で密売してるとの情報でガイストに潜入捜査させていたが、
2週間後に別の捜査官を送り込むので、ガイストの正体を公表するなと。

ジェーンたちはガイストが事件直前までいたボウリング場で経営者の
ハンツトン、バーテンダーのティッシュとスカイ、警備員のアモン、
シューズ担当のアンディから聞き込みをすることに。

スカイから2日前の夜は来店時は普通だったが、少したってから無口になり、
驚いて怖がってた様子だったと聞くが、ガイストの正体を明かさないと
何もわからないとジェーンはFBI捜査官で銃器密売を捜査してたと告げ、
表情からティッシュが売人だと見破ったが逃げられてしまう。

スパックマンは売人を見つけても証拠がないと逮捕できないと苦情を言い、
ジェーンは君に償いをしようと、この件が済んだら君の誕生日が来ると。

ジェーンはガイストの様子が変だった理由を探ろうとアパートを調べて、
ヴェガにガイストのプロファイルの入手を頼んだ。

ティッシュの目撃情報が入り、チョウはヴェガを見学として連れていくが、
人質を取って逃走しようとしたティッシュをヴェガが捕まえた。
証拠がないのでティッシュは否認し、弁護士は釈放を要求すると。

ジェーンはガイストが床にマットを敷いて、ライトをつけて寝てたので、
心理評価から16年前に12歳の友人ジャスティンが2人組に誘拐されたと知る。
家族は300万ドルを払ったがジャスティンが殺害された事件で、
誘拐された時、ガイストは二段ベッドの上で寝ていて、犯人の罵声を
聞いていて、4か月後に犯人の1人の遺体と身代金の一部が発見された。

ガイストが驚いてたのは犯人と出くわして、殺害されたと推測し、
ジェーンは2つの事件を一度に解決すると、チョウに夜勤を頼む。

ジェーンはティッシュを連れて、ボーリング場に行くと、銃器の捜索をして
シートの下に仕込んでた銃器を発見すると、知らないと怒るティッシュを
チョウが外に連れ出した。

次に関連する2つの事件を解決すると、12歳の少年の誘拐と殺害に
ガイスト殺害の犯人がここにいると告げると、外から銃声が聞こえて、
銃を奪われたので外に出るなの芝居に、みんなは厨房に隠れたが、
ハンツトンはトロフィー棚に隠してた銃を取り出して逮捕された。

ガイストはハンツトンがティッシュを怒鳴った時の言葉と口調で疑いを持ち、
出身や昔何をしてたのか聞かれたハンツトンはガイストを監視すると、
証拠捜しに事務所に侵入され、不安になってガイストを殺害したと自供。

ティッシュはジェーンが地図を出して、本当の銃のありか見つけられると
場所を絞り込み始めたので取引した。ここは降参したほうが賢いよ。
スパックマンは誕生日が来たと言われて、口を開けたまま唖然としてるし。

ジェーンはヴェガの動作から元軍人かと聞くと、彼女は父親が職業軍人と
否定したが、再度聞かれて、陸軍士官学校中退だと言うと、父親が病気で
中退したと見抜かれて、チョウにジェーンの能力がどのくらいか聞いてたが、
何か見抜かれたくないことがあるのかな?

パイクは潜入捜査に入ることになり、リズボンがジェーンを選んだけど、
計画はあるのかと尋ねるが、ジェーンにはそこまで覚悟はできてないみたい。
あまりリズボンを待たせない方がいいと思うな。

THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット1 [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト〈ファースト・シーズン〉 セット1


2015年11月22日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #22(終)

シーズンファイナルはいつもと違い、ジェーンとリズボンの恋の行方がメイン!
学生寮の庭にあるプールでアメフト部の学生が背中を刺されて遺体で発見される。
ジェーンはチョウと現場に行くと、リズボンがDCに行くと聞いて動揺する。

事件のことより、リズボンのことが気になるジェーンは簡単に寮生たちが
カードゲームで金を巻き上げられ、全員で殺したと見抜くと忙しいと去った。

数日後、リズボンは明日DCに出発することになるが、FBIの支局長宛に
支局長がマイアミで5年前に捜査した未解決殺人事件の犯人から、
また人を殺すと暗号文の手紙が届いた。

アボットは総動員で捜査すると、休暇も異動も解決するまで延期だと告げて、
リズボンはジェーンとマイアミの被害者グレタの夫を訪ねることに。
グレタの夫ドンは再婚し、娘クリスティと弁護士ランドルフも同席して
話を聞くと、ドンは隣に住んでたウェス・バクスターがグレタのストーカーで
彼が犯人だと言うが、クリスティはバクスターはいい人だと口論になる。

トレーラー暮らしになったバクスターを訪ね、ジェーンは犯人からの手紙を見せ、
彼は送ってないと、グレタでなくクリスティが好きだったとわかった。
その頃、フィッシャーとチョウはグレタの仕事仲間だったモニカを訪ねると、
グレタに不倫相手がいたことを聞き出した。

ジェーンはリズボンをビーチでの散歩に連れ出し、歩きながら暗号を解くと、
リズボンは“アイラモラーダのブルーバードホテルに満月に現れる”と解読し、
明日は満月だったので、ブルーバードホテルに泊まることになった。

ジェーンはフロントにグレタ宛に電話があったら、僕の部屋番号を伝えてと頼む。
フロントで夕食は正装でと言われたリズボンは服を持ってないので
ルームサービスにすると言うが、部屋には3着のドレスが用意されていた。

リズボンはジェーンに電話して、ディナーで会おうと言われて電話を切り、
ジェーンはすぐに電話がかかってきたので、リズボンかと思って出たら、
アボットとチョウがホテルにやって来たとの電話だった。

ジェーンはリズボンとディナーのはずが、チョウはお腹が減ったと言い、
3人でテーブルに座ってると、ドレスを着たリズボンが階段を降りてきた。

リズボンはフロントでジェーンにお礼のバスローブを用意したいと頼むと、
先週予約したプランに含まれてると言われ、手紙が届く2日前に予約してたと
怒ったリズボンにジェーン手紙は自分が書いたと認めた。
リズボンはジェーンに水をぶっかけて去ってしまった。

ジェーンはリズボンに謝罪に行くが、放っておいてと言われて部屋に戻り、
リズボンは電話して、パイクに結婚すると、今からDCに行くと空港に向かう。

ジェーンは部屋で酒を飲んでると、銃を持ったランドルフがやって来て、
彼は犯人ではなくグレタの浮気相手で犯人を殺そうとやって来たとわかり、
一緒に酒を飲もうとすると、窓から銃を持ったバクスターが入って来たが、
彼も犯人ではなく、犯人に人生を奪われた復讐をしたかっただけだった。

3人で一緒に酒を飲んでると、ジェーンはランドルフの臆病で何も見えてなく、
一番大切なものを手放してしまったの言葉で、空港に行こうとしたら、
銃を持ったモニカと友人ターニャがやって来た。

モニカはグレタ殺しの犯人で、ジェーンはFBIだとバッチを見せてる隙に
アボットに“SOZ”のメールを送ると、チョウは“SOS”だと気付いて、
部屋に向かうと銃声が聞こえた。
バクスターがターニャと撃ち合ったがどちらも命に別状はなかった。

ジェーンは簡単に動機は横領だとアボットに説明すると空港へ向かった。
飛行機に何とか乗せてもらいリズボンを見つけると、愛してると告白する。
伝えられてすっきりしたが怖いのが正直な気持ちと告げるが、リズボンは
もう遅いのと答え、お互いに涙ぐみながらジェーンは警備員に連行された。

アボットはジェーンの釈放に行くと事件の後始末をフィッシャーに任せるが、
釈放にやって来たのはリズボンだった。
リズボンはDC行きをやめたと、あの言葉は本気?とジェーンに尋ねると、
ジェーンは本心だと答え、リズボンも私の気持ちも同じよと告げた。
リズボンがまた言ってと頼むと、ジェーンはリズボンにキスをした。

ハッピーエンドに終わって良かった!
ジェーンはリズボンをすぐに引き止めず、何をしてたのかと思ったら、
リズボンを引き止めるために未解決事件を利用するとは手が込んでる。

ハッピーエンドで終わったので、このままフィナーレでも良かったけど、
ファイナルシーズンがあるんだよね。
ラブラブなジェーンとリズボンに興味ないけど、チョウにも幸せが来るといいな。

THE MENTALIST/メンタリスト 〈シックス・シーズン〉 コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト 〈シックス・シーズン〉

2015年11月15日

THE MENTALIST/メンタリスト シーズン6 #21

医療センターで臓器がない3人の女性の遺体が見つかった。
ダニエラと同じ手にハートが描かれ、人身売買組織が臓器売買も行っていた。
カシミ兄弟が使ってたトラックの所有者を調べてると、カシミ兄弟が監房で
刺されて口封じされてしまった。

トラックの会社のオーナーで医療センターを売った会社の共同経営者の
マイケル・リドリーが浮上する。
ジェーンとリズボンはリドリーに会いに行くが、何も聞き出せなかった。

リドリーはジェーンたちが帰ると、アンソニーにFBIが医療センターの
遺体を見つけたので、医療センターの責任者を片づけろと命令した。

医療センターから16人のDNAが検出され、1人だけ男性のDNAが見つかった。
7年前に免許を失った元外科医のアレグザンダー・ラークとわかり、
ラークが臓器を摘出したと推測。

フィッシャーとチョウはラークの娘エイプリルに会いに行くと、父親とは
不仲だったがつらい時に行く場所を教えてもらい、ラークを発見した。
近くにいたアンソニーはリドリーにFBIがラークを逮捕してると報告すると
阻止しろと言われたアンソニーはラークの車に仕掛けた爆弾を爆破した。
チョウたちはふっとばされたがケガはなかった。

FBIに連行したラークは女性たちの多くはそのまま売られるが移植が必要な
客と適合した場合は手にハートが描かれて連れて来られ、摘出した臓器は
男が取りに来て、買い手に届け、リドリーは書類を偽装して合法に見せるが、
届ける男の名前はわからないが腕にタトゥーをしてたと供述する。

リドリーを逮捕したがすぐに保釈されてしまった。
ラークは移植者の名簿はリドリーがPCにパスワードをかけて保存してたので
知らないが、先週リドリーの家での打ち合わせに早く着くと石油事業の会議で
アメリカに来てた顧客のナイジェリア人がすぐに移植したいと頼んでいて、
金の高級腕時計をしてたと供述する。

アンソニーは眠ってるエイプリルの部屋に侵入し、翌朝、ラークは監房で
首を吊って死んでるのが見つかり、エイプリルが寝ている時につけてた
ペンダントがベッドにあり、娘を守るために自殺した。

ナイジェリア人の顧客はジョナス・ディオプと判明するが、ディオプは
リドリーに警告され、自家用機で帰国してしまう。

ジェーンはリズボンに2時間後に医療センターに来てと言うと、
リドリーの家を訪ねて、彼と酒を飲み、隙を見て薬を入れて眠られた。
ジェーンはリドリーを医療センターへ運び、リズボンと手術着を着て、
タトゥーのある男から臓器を取り出す芝居をした。

朦朧としてるリドリーはそれを見て、アンソニーだと思い込んで、
メスが向けられると、PCに客の名簿を保管してると自白した。
取り調べで弁護士は拷問したと主張するが、ジェーンとリズボンは
アボットにやってないと嘘をつく。
リドリーは留置場にいるアンソニーのライブ映像を見せられる。

チョウはエイミーが乗せられた船がコロンビアに向かってると特定したが、
港の職員はカルテルに買収されていて協力しないので、大使に買収容疑の
強制捜査をすると脅して、捜索令状を用意させた。
エイミーたちを救出し、ダニエラは妹と再会できた。

リズボンにDCの重大犯罪課からオファーが入る。
パイクがリズボンのために仕事まで用意して、リズボンがDC行きを決めると
突然、パイクはプロポーズした。

リズボンはすぐに返事はできず、ソファーで本を読んでるジェーンに
DC行きを告げられず、何も知らないジェーンは“僕らはいいコンビだ”と言い
リズボンは“そうね”と言うと帰った。

次回はシーズンファイナル、来週は大事件を捜査するみたいだけど、
リズボンは本当にDCに行くのか、ジェーンは引き止めるか気になる。

THE MENTALIST/メンタリスト 〈シックス・シーズン〉 コンプリート・ボックス (11枚組) [DVD] -

THE MENTALIST/メンタリスト 〈シックス・シーズン〉