2014年03月02日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #8

今回は妊婦のシャーロットを支えるクーパーの妊娠ライフを描いていた。
クーパーらしく明るく楽しくエピだと思ってたら、最後に大変なことになるとは。

妊娠8週目、シャーロットから三つ子を妊娠したと知らされたクーパーは大喜び。
妊娠12週目、アディソンの超音波検査を受けると、三つ子たちは元気で、
多胎児が淘汰される危険性もあるし、シャーロットはピリピリしてた。

妊娠14週目にシャーロットはクリニックのみんなに三つ子の妊娠を報告したが、
シェルダン以外は全員知っていたとは、ちょっとシェルダンがかわいそう。

ヴァイオレットはクーパーにピートのことで相談してたが、クーパーは頭の中は、
三つ子のことでいっぱいで話を聞いてなかったが、ヴァイオレットは話をして
スッキリしてたのでまあいいか。

アディソンはシャーロットに多胎児出産のリスクを説明するが聞いてくれず、
クーパーから減胎手術でリスクが減らせると話してもらったが、シャーロットは
中絶しないと言い、クーパーも受け入れることに。

妊娠16週目となり、三つ子のバギーを見に行くが、店員のささいな一言で、
シャーロットはケンカ腰になり、クーパー、メイソンがハグしたのは良かったな。

アメリアはシャーロットにベビーシャワーを提案すると、そういうことする女は
大っ嫌いだと言ったが、ベビーシャワーをすれば必要な物が揃うと聞いて、
乗り気になるとは現実的なシャーロットらしい。

妊娠18週目の超音波検査で三つ子は三人娘だとわかり、クーパーは大喜びするが、
シャーロットにはちょっとショックだったみたい。

妊娠19週目、クーパーはメイソンと家族6人で暮らせる家を探していたが、
ロスでは高くて見つからない。
メイソンは三つ子を産まれたら、僕より好きになると心配するが、クーパーは
家で男は僕たちだけだから団結しなきゃと安心させた。

ヴァイオレットはサポートグループで知り合ったギャビーと病院で偶然出会う。
ギャビーの脳死状態の恋人アリーが聖アンブローズ病院に入院してると知り、
アメリアにコンサルを頼むが、目覚める可能性はなかった。

妊娠24週目、シャーロットはキリスト教でクーパーはユダヤ教なので、子供たちの
宗教に関して、クーパーは三つ子に洗礼を受けさせることに反対で、両方の宗教を
子供たちに見せて、決めさせると押し切られる。

妊娠26週目、シャーロットは予定日より6週間も早く、破水してしまった。
アディソンは1人が逆子だったので、その子を取り上げて、残りの2人の羊膜は
無傷なので胎内にできるだけ残すことに。

ギャビーはヴァイオレットが勝手にコンサルを頼んだことを怒っていたが、
やっと気持ちの整理ができて、アリーの呼吸器を止めた。

産まれた赤ちゃんは心臓逸脱症で、サムがオペを行ったが、しばらくは保育器の中で
容態を見守ることになり、シャーロットもトレンデレンブルグ体位で絶対安静となり、
産まれた赤ちゃんとこれから産まれる赤ちゃんが無事だと信じたいな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン3 コンパクト BOX [DVD]

2014年02月24日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #7

今回はアディソンからプロポーズされたジェイクのメインエピ。
ジェイクはアディソンからのプロポーズに答えられなく、アディソンはバスルームに
閉じこもってしまうが、出てくるまでドアの外で待ってるなんてジェイクらしい。

プロポーズのことに触れずにジェイクとの同棲は続けることになるが、ジェイクは
亡き妻リリーの幻覚と会話をしたりと忘れられないみたい。
アディソンとジェイクは映画館でジェイクの娘アンジェラに偶然会うが、アンジェラは
親子ほど年の離れた大学教授のイーライと付き合っていた。

ジェイクはアンジェラがイーライと付き合うことに反対するが、反対すれば
アンジェラはイーライと結婚しかねないと受け入れるようにアディソンに諭される。
アディソンとジェイクはアンジェラとイーライをディナーに招待するが、
ジェイクはイーライに別れるように通告して、

ジェイクはアディソンと暮らしてるので、ヘンリーの養子の件でソーシャルワーカーの
ミルドレッドと面談するが、ミルドレッドは厳しい人で、経歴を調べるために
指紋採取されるが、リリーにドラッグを売ってた売人を殴って逮捕された過去があり、
アディソンの養子縁組に影響があるのではと不安になる。

ジェイクの流産を繰り返してる患者ミーガンが5回目の妊娠をした。
夫は出張中でまた流産するかもと過敏になってるミーガンはジェイクを呼び出すと
すぐに来てくれたが、アディソンは行き過ぎだとジェイクに忠告する。

そして、夜に不調を訴えるミーガンに呼ばれて、ジェイクは駆けつけたけど、
ミーガンはジェイクに特別な絆を感じたとキスしたことで、ジェイクは医師として
ベストを尽くしてるけど立ち去った。

翌日、ジェイクはミーガンに別の担当医のリストを渡すと、ミーガンはアディソンに
ジェイクに口説かれたとウソをつくが、アディソンは力になってくれた人をウソで
陥れるなんてあるまじきことだと動じなかったのは素敵だった。

イーライを脅したことをアンジェラに責められてケンカしてるのをミルドレッドに
目撃されたが、アディソンはきっと上手くいくと信じていて、あなたは運命の人と
信じていると告げた。

ヴァイオレットは行方不明のサラの両親のカウンセリングを続けていた。
母親デイナは薬がないとダメな状態で、父親ロンは彼女を支え続けていた。
サラはいつ戻るのかわからないし、安否がわかる保障もないし、つらいだろうな。

アメリアはジェームズからの誘いをやりすごしていたが、ジェイクからみすみす
機会を逃さなくていい、君は幸せになるべきだとアドバイスされて、アメリアは
ジェイクとついにデートした。
アメリアにはつらいことが多かったので、幸せになってほしいな。

ジェイクはリリーの幻覚から私は必要ないと別れを告げられ、アディソンから
プロポーズされたことを気にしないでと、ジェイクはプロポーズは男からするべきと
気にしてたらしい。

アディソンが帰宅すると床に花びらが散りばめられていて、アディソンが結婚しようと
ジェイクに言うと、ジェイクはアディソンの指に指輪をはめて、結婚しようと答えた。
あとはヘンリーと正式に養子縁組が出来るといいね。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン2 コンパクト BOX [DVD]

2014年02月17日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #6

今回はアディソンがメインのエピソード。
アディソンが養子にしたヘンリーの生みの親ジュディは8か月間連絡もなかったのに、
突然、ヘンリーに会いに来ると連絡があった。
ジュディにヘンリーを会わせると、明日も会いに来てもいいかと言われて、
連続で会いに来ることにアディソンは動揺する。

そして、ジェイクと共にヘンリーと公園で遊んでると、ジュディが母親を連れてきた。
ジュディ母は孫が産まれたことも知らず、アディソンはヘンリーを失うかもと不安になり、
また突然にジュディがクリニックにやって来たので、こういうことはやめて、
不意打ちはしないでと怒鳴ってしまうが、ジュディはもう会えないと言いにきたのだった。

病院で二分脊椎症と診断した胎児を子宮内手術した元患者ショーンと再会する。
しかし、ショーンは産まれた7歳になる娘グウェンは歩行困難で、リハビリ中に転倒し、
ERに搬送され、偶然、再会したアディソンに中絶するように言うべきだったと告げて、
ショーンはアディソンに対して訴えを起こした。

調停でアディソンは自分は間違ってないと主張し、ショーンと決裂した。
しかし、ジェイクの一言でアディソンはショーンと話をすると、彼女は夫が出て行って、
ソーシャルワーカーの仕事を失い、娘の介護と生活にお金が必要で訴えたとわかり、
アディソンはグウェンがお金の出所をしったら傷つくはずと告げた。

次の調停でアディソンはショーンの希望額を支払うと告げると、ショーンは
アディソンの言う通りだからお金は受け取れないと断った。
そして、アディソンはショーンを聖アンブローズで働けないかとシャーロットに相談し、
多額の寄付まで病院にするとはすごいね。

ジュディとショーンの件で気苦労の多いアディソンは聖アンブローズに恩師の
ヴィヴィアンが入院し、彼女が末期の胃ガンだと知る。
担当するジェームズはヴィヴィアンの痛みから解放してあげたいと努力する。

アディソンはヴィヴィアンから15歳の時に娘を産んで、手放した話を聞いて、
ヴィヴィアンの代わりに娘への手紙を代筆した。
産みの親の気持ちを知ったアディソンはジュディを訪ねて、ヘンリーのイニシャル
“h”のペンダントをプレゼントして、またヘンリーに会いに来てと家族がいつでも
我が家で待ってると告げた。

調停に出廷中にヴィヴィアンは息を引き取り、アディソンはヴィヴィアンの娘に
手紙を届けに行き、彼女は幸せな人生を送っていた。
自宅に戻ったアディソンはジェイクに愛してると告げ、これを言うのはあなたを
最後にしたいと逆プロポーズした。
いきなりのプロポーズにはビックリだけど、ジェイクはOKしなさそうだな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

2014年02月07日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #5

サムはリアリティ・ショーのパイロット版に出演することなったが、撮影中に
驚くべき出生の秘密が明らかに!

サムには朝からリアイティ・ショーの撮影クルーが密着していた。
そんな中、サムの母親ディーが職場の上司で友人のレイモンドと妻ジリアンを連れてきた。
レイモンドの体調が悪くて検査すると、レイモンドは肺高血圧症と判明。
サムはオペの必要があることを告げて後、母親とレイモンドがキス現場を目撃する。

もちろん目撃した瞬間をカメラに撮られていて、サムは自宅で夕食中に母親を責めるが、
私の問題だと言われてしまう。

サムはバーベキュー・パーティーを開き、レイモンドから母親のことを愛してると
言われるが受け入れられず、レイモンドが倒れて、病院に搬送された。

サムが救命処置を行い、オペで一命を取り留めたが、早急に肺移植が必要だった。
待機リストは期待できないので、親近者からの移植を勧めるが、子供も親族いないと
レイモンドが答えると、ジリアンはサムは息子なので、検査を受けてと言い出した。

サムとコリーヌは母親とレイモンドの間に産まれた兄弟だった!
ジリアンは40年前からの夫の不倫を知っていて、別れずに夫婦でいることを選んでいた。
サムは父親は家族を捨てたし、どこにいるか知らないと教えられてたので、
母親を責めると、母親はレイモンドがサムが医者になるために援助してくれたと告げるが、
納得できないサムはカメラを振り払おうとして壊してしまった。

サムはインタビューで最初の1年は母親が学費を出してくれ、あとは奨学金をもらったと、
努力して全米で指折りの黒人の心臓外科医になったと誇らしげに話してたのに。

サムはアディソンに相談して慰められると、母親と話し合うことに。
翌日、サムは適合検査を受けて、サムはドナーになれることがわかったが、
レイモンドは自宅に帰ることを選んでいた。

病院ではヴァイオレット、クーパー、ジェームズがサラの両親と支援者と共に
サラの捜索を訴えてた。
ヴァイオレットは撮影クルーにサラの捜索を全国放送で呼び掛けてと頼んだ。

インタビューでヴァイオレットがピートのオフィスで朝食を食べたりしていて、
死を受け入れてるが、サラの両親は生死がわからずに前に進めないと訴えた。
ジェームズはシェルダンの患者ニックを疑ってるみたいだな。

レイモンドはジリアンとディーと帰ることになり、見送る様子をカメラはとらえてた。
サムが子供の頃、おもちゃの聴診器で遊んでたが、それはレイモンドからの
プレゼントで、そのお礼を言ってサムは見送った。

いきなり父親が現れて、ドナーになるかの選択を迫られたサムの相談相手は
やっぱりアディソンでこれで友人関係に戻れるといいな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン4 コンパクト BOX [DVD]

2014年02月04日

プライベート・プラクティス S6 フィナーレ #4

ピートの後任の医師ジェームズ・ピーターソンが登場!
今回は聖アンブローズのERにメンバー全員が集まって、治療を行ってたけど、
飛んでもない事件が起きて、どうなってしまうの!

LAでは珍しい雨で自動車事故が多発し、夜の聖アンブローズのERに患者が
多数搬送されて、ERは混乱の中、ジェームズは初日を迎えた。

臨月のパムは夫トッドの脚が動かなくなったと隣同士のベッドで診察を受ける。
トッドはパムの出産のたびに精神的ストレスが出てたので、今回も同じだと
思われたが、ジェームズは何かあると、アメリアにコンサルを頼んだ。

陣痛が始まったパムはステファニーがいる前でアディソンにサムのことを聞き、
ステファニーはアディソンがサムの元カノだったと知ってしまった。
アディソンはステファニーの誤解を解こうとするが、メディカル・スクールからの
友人で家の隣同士だと言ってしまい、聞いてないステファニーはショックを受けた。

サムはアディソンから聞いて、説明しようとするが、アディソンと別れた理由を聞かれ、
プロポーズを断られたからと正直に言ってしまった。
ステファニーは自分はつなぎだったと去ってしまった。

アメリアはトッドの脚が動いたので退院の許可を出すが、納得できないジェームズは
CTを撮り、トッドは硬膜外膿腫だとわかり、アメリアが緊急オペして助かった。
ジェームズはシャーロットにアメリアのお手柄だと報告するが、アメリアは人の手柄を
横取りするつもりはないとジェームズに言った。

ジェームズはアメリアを飲みに誘ったが、アメリアは無脳症の赤ちゃんを産んで、
その子の臓器を提供したので、お酒を飲むと止まらなくなると断ったけど、
ジェームズはアメリアを気に入ったかも。

クーパーの患者の少女サラが手首の骨折でERで治療を受けるが、ジェームズは
過去にも骨折があるので親の虐待を疑った。
クーパーは両親のことを知ってるので虐待を否定するが、ジェームズが納得せず、
ヴァイオレットにカウンセリングを依頼した。

サラの父親の浮気が原因で両親は別居中で、ケンカばかりする両親にサラは
傷ついていて、ヴァイオレットは娘の前でケンカしないように諭した。
そして、サラがいなくなってしまい、シャーロットは病院を封鎖し、警備員に
捜索させたが、病院の外でレインコートだけ見つかった。

その時、シェルダンは小児性愛者のニックが処方された薬の副作用にERにいたので、
ニックがサラを連れ去ったのかと疑ったが、彼はまだERのベッドにいた。
シェルダンは疑ったことを謝り、ニックと疑われた当然だと病院を出て行った。

結局、サラは見つからず、警察に捜査を任せることになった。
ニックが連れ去ったとは思いたくないけど、サラは両親がケンカするのが嫌で
1人で外に出ていき、偶然、病院を出てきたニックがなんてこともあるかも。
たぶん、この件は続きがありそうだな。

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン3 コンパクト BOX [DVD]
海外ドラマDiary TOPへ