2013年03月27日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #14

今回はニコルズはロンドンで友人らしき女性に事件の話を語りながら展開していった。
古い屋敷で家主の古書収集家のパーマーと美術商のディランが剣で刺し違えたように
倒れているのを発見された。

パーマーと友人だったニコルズは彼が剣を握れる状態でないと指摘する。
執事のセレステはパーマーから何かあったらとビデオテープを託されていて、
娘は悪くないと、本を売ってもいいから施設にいれずに、家にいれるように頼み、
ディランに脅迫されて、金を払い続けた上に娘までも差し出したと、私が死んだなら
犯人はディランだと言い残してたが、ロジャースによるとディランは犯人ではなく、
2人とも最初に頭を殴られ、それから刺殺されたと判明。

ニコルズはパーマーの娘レノアは付き合ってたこともあり、神経疾患を持つレノアは
父親が亡くなったことを理解できず、パーマーは希少な古代ローマの歴史書の
“幻のリキニアヌス”を所有してる噂があり、友人によるとディランはパーマーに
古書の仲介で本を売った後に盗難品だったと告げ、世間にバラすと脅してたと。

資産を管理する甥のメリルは警察の許可なく、屋敷の物を持ち出そうとして、
メリルは恐喝犯のディランを紹介した疑いで顧客たちから告訴されていた。
パーマーの友人は彼の生活費のためにと内緒で価値のない本を売っていた。
レノアはメリルが帰った後にディランと真夜中の来訪者がいたと。

レノアからパーマーを偲ぶ夕食会に招待され、容疑者たちと共に参加することに。
するとレノアは幻のリキニアヌスを父親が持っていて、何度も目にしたらしいけど
記憶にないと言い出し、みんなで書斎で本を探すことに。

パーマの部屋で物音がしたので入ると執事のセレステがいて、部屋の整理をしてたと
屋根裏への階段は知らないと答えたが、部屋を捜索すると、神父が臨終の儀式をする
道具が出てきたのでセレステの身元を調べると、コンクラーヴェという組織に
所属してた神父だったが、ユダヤ人追放に関する教会資料を燃やして破門されていた。

ニコルズたちは隠し扉を見つけ、屋根裏に大量の本とパリンプセストを読むための
ライトを発見し、誰かが夜中にここで幻のリキニアヌスを探してたとわかった。
レノアはカトゥルスの詩集をいつも持っていて、ニコルズは本を見せてもらう。

セレステに犯人がわかったとレノア以外の3人を集めてもらって、メリルに犯人だと
詰め寄ってるところに、セレステが飲み物を持って来たので、スティーヴンスが
証拠品のメモがあるので気をつけてと言い、パーマーからチェス盤を相続した
ニコルズは相続人は遺言執行人を選ぶ権利があると恐喝を仕組んだ罪で告訴してやる
と屋敷から追い出した。

そして、ニコルズはセレステに君は一体誰だ?と告げ、犯人を挙げると言った時、
表情が凍りついてたが飲み物を運んだ時はほほ笑んでたと、偽の証拠品のメモの
ギリシャ文字の名前が目に入ったからと、メモに書かれてたのは知人の名前だった。

セレステは本を焼却しようとずっと探してたが、本はレノアがずっと持っていた。
本にはキリスト裁判に関する記述が書かれていて、本を探してることを知られて
パーマーたちを殺害したのだった。

パーマーのコレクションに想像以上の高値がついたことで、レノアは死ぬまで
屋敷の住めるようになり、知人が面倒を見てくれるらしい。
事件が解決し、レノアのことを過去のすると決意したらしいが、ロンドンまで行き、
話をしてた女性は友人なのかセラピストなのかわからなかった。

Law & Order: Criminal Intent - The Sixth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #13

医療監査局のターニーがトライベッカ病院に監査を行うと、確実に告発されるだろうと
300万ドルの賄賂を要求し、その夜に自宅で死体で発見された。
第一発見者の婚約者のジュリアが殺人だと訴えて、ニコルズたちが捜査することに。

ターニーは食事中に窒息死したように見えたが、ステーキの皿が反対を向いていて、
廊下には被害者のものではない錠剤が落ちていて、体内からインデラルが検出された。
看護師のジュリアはターナーにインデラルを渡したことを認めた。
ターニーの最後の予定はトライベッカ病院のシルバースターンとの会合だった。

ニコルズはターニーは背後から首を絞められ、反対側からステーキにナイフを入れて、
ターニーの口に切った肉を入れ、歯型をつけた後、気管の奥に落ち込んだと、
トライベッカの医師が関係してると推測するが、公判審理部長のデルゲティ検事は
ジュリアが犯人だと連行を命じた。

ジュリアは犯行を否認し、ニコルズたちもジュリアはシロだとアリバイを確認したが、
故殺と規制薬物所持で告発されたジュリアは保釈後に帰宅し、身投げして死亡する。
シルバースプリングは投資会社と提携し、その投資会社の発起人の中にいるヘンリーが
服役中のマフィアのマグの息子だとニコルズは気付いた。

マグと面会すると、疎遠のヘンリーが病院に投資したことを知っていて、発起人にいる
ドムに仕事に戻って倒れて、ヘンリーが無茶をさせたと話した。
ヘンリーは犯行時刻に自宅でバーベキューをしてたと言い、心臓発作で入院中のドムは
ターニーの家で見つけたジゴキシンを持ち歩いてたが、今回の発作では飲めなかったと。

シルバースターンと共同経営者のシェリーは部屋から盗聴器を発見するが、ヘンリーは
仕掛けてないと否定し、シルバースターンは権利をシェリーに売って、辞めると言うが、
ヘンリーは認めず、その夜、シルバースターンは2人組の男に襲われ、保護を求めて来た。

マグの事件の証人が食べ物を詰まらせ死亡してたことから、ターニーも同じ手口で
ドムが殺害したと推測し、ヘンリーに盗聴器からターニーの指紋が検出されて、
ターニーがシルバースターンたちを脅迫し、ドムを使って事故に見せかけ殺害したと、
嫌ってる父親と同じ過ちを繰り返そうとしてると、息子が殺人を犯して、逃げ延びたと
知れば喜ぶだろうなと告げると、ヘンリーはドムを服役させないことが、すべてを
証言することの条件だと約束させた。

ヘンリーはシェリーから脅迫のことを聞き、ターニーの家に行くと食事前で、
ターニーに値下げ交渉するが聞き入れないので、羽交い絞めにすると、ドムが止めたが
発作を起こし、自分が止めを刺して、部屋に細工したと供述。
犯行手口は父親から教わったと供述し、ドムを守るとはやっぱりマフィアだね。

Law & Order: Criminal Intent - The Fifth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #12

カルデラ上院議員の義娘アンジェラは姉のお見舞いとウソを付き、ライアンと不倫旅行へ。
仕事のトラブルでライアンは先に帰り、アンジェラが空港でライアンからのメッセージを
受け取り、用意された車に向かうとトランクにライアンの死体を発見し、その場を去った。

駐車場に放置された車から物色癖のある牽引係が死体を発見し、重犯課が捜査することに。
凶器の銃は残され、防犯カメラはペイント弾で映ってなく、プロの犯行と推測。
マイアミ行きの飛行機に乗ったライアンは搭乗後にアンジェラの隣の席に移動してたので、
アンジェラを訪ねると、飲食業を経営するライアンにカルデラ上院議員の選挙事務所の
ランチを依頼していて、偶然、ライアンと一緒になったと説明。

ゴミ箱から発見されたライアンの車のキーとトランクにアンジェラの指紋が見つかり、
スティーヴンスが会いに行くと、ライアンは商売敵とのトラブルで先に帰り、空港で彼の
伝言を受け取り、駐車場に行き、ライアンの死体を見つけて、キーを捨てたことを認めた。
夫のリックは浮気のことを知らないし、弁護士に離婚の相談をしたが、カルデラ家が
敵になると知って、諦めろと言われたと。

ラテン系のカルデラ議員の一人息子リックは親の期待通りには育たず、白人のアンジェラが
両親を亡くし、里親の家を転々として育った苦労人だったことで、白人の票を獲得しようと
アンジェラを利用していた。

リックがアンジェラの浮気を知ってるか確認すると、知らなかったようで動揺していた。
ライアンの従業員から商売敵から浮気の件で脅迫があったとわかり、議員にも浮気の件を
話して、仕事を横取りしたと推測。

カルデラ議員はブロンクスの中流下層の出身で、コロンビア大で富裕層のマルタと出会い、
マルタの父親は革命が成功すれば一国の主だったので、政治術はマルタが握ってると推測。
ニコルズたちはカルデラ夫妻に会いに行き、マルタの兄ナンドがしてた金のロレックスが、
ライアンの車を運転していた人物の時計と同じだったことを見逃さなかった。

ナンドは撲殺殺害で起訴されたが、議員が検事局にいた時に正当防衛で不起訴となり、
家族の問題の解決役をしてると推測。
リックがアンジェラへのDVで逮捕され、アンジェラに証人保護を条件に証言を求めたが
拒否されたので、ライアン以前にも同じことがあったのではと遊説の記録を調べると、
アンジェラは夫の付き添いなしで、海外で息子のボビーを出産していた。

議員はアンジェラを双極性障害に仕立てて、リックのDV問題を解決した。
アンジェラは旧姓を使って、議員にいつも同行してたとわかり、リックに父親に妻を
寝とられた告げるが、母親が補償したので潔白だというが、浮気の証拠を突き付けた。

リックは母親に50万ドルを渡さないとボビーと引き離すと要求し、ナンドがリックの
始末に来るが、待機してた警察によって逮捕され、マルタを首謀者として逮捕した。
マルタにとってはボビーは希望の息子で、アンジェラが母親なので追い出すこともせず、
自分で子供を産めないので、夫にアンジェラを誘惑させたとは怖い女。

Law & Order: Criminal Intent - The Fourth Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #11

心理学者ユングを崇拝する女子大生のサラは、恋人のカイルとあるクラブへ行く。
そこでサラは自分を“吸血鬼”だというアントンと関係を持った翌朝、サラは寮の
ベッドで血まみれの死体となって発見される。

サラはイニシャルKからユングの“赤の書”を贈られて、通信記録からカイルが浮上し、
彼を聴取すると、サラとはクラブで会ったが、帰りは別々だったと。
DNA鑑定でサラは死亡の数時間前に前歴のあるジェレミーと関係を持ったとわかり、
サラはすべての血を抜かれていて、現場にあったのは別人の血だったと判明。

カイルはアパートのカメラに帰宅する姿が映っていて、アリバイが成立。
現場の血は希少なダフィー式血液型陰性で西アフリカに多い血液型で、血液バンクから
セネガル出身のカマラとわかり、カマラはアントンと名乗ってるジェレミーに
クラブで血を売ったと認めた。

クラブの店主からアントンが住むロフトを聞き出すと、アントンは信者たちに
血入りのワインを飲ます儀式を行っていた。
アントンは殺害を否認し、サラとは合意の上の関係だったと認め、サラの後に
セレブ夫人と会ってたとアリバイが証明された。

夫人は友人と後見人をしてる前衛詩人のバージルにアントンを紹介されていて、
バージルはアントンの子飼いだと言うが、実際は逆だった。
バージルの本名はジョナサンで葬儀社で遺体処理の仕事をしている彼と会った
ニコルズは教本どおりの精神異常者だと、バージルこど支配者だと気付く。

その頃、バージルはカイルを調教して、カイルにカメラにこれは自分の意思だと
メッセージを残させて、アントンのロフトで彼の血をすべて抜いて殺害した。
カイルの血を採血した注射針、チューブ、袋からサラの血も検出されたことで、
アントンに容疑がかかるが、ニコルズたちはハメられたとわかってるが、検察が
無視すれば、バージルの計画通り、お前が罪を着ることになると告げる。

アントンを説得し、バージルを殺人容疑で逮捕した。
バージルに減刑請願の権利があると、罪を認め、裁判を省けば経費も浮くし、
刑務所暮らしも少しは楽になると告げるが、裁判で闘うと、僕は不死身で恐れる
ものなどないと強気な発言をするが、狭い独房に入れられ、人との接触を断たれ、
保釈の望みもなく、時間はゆっくりと流れ、そこで生涯を終えると言われると、
バージルはビビってたし。

Law & Order: Criminal Intent - The Third Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

Law&Order:クリミナル・インテント シーズン9 #10

スティーヴンスはシカゴ市警で担当した強姦殺人犯の死刑囚のエルビス・ハウエルの
死刑執行に立ち会うが、ハウエルは被害者のコートニーに家族がいるにもかかわらず、
コートニーを殺したのは自分でないと、真犯人は自由の身だと言い残した。

約半年後、ニューヨークの建設現場で殺人事件が発生し、被害者のディエゴは
娼婦と一緒にいたところを襲われていたが、娼婦のマリセラは行方不明で携帯の
電波をたどって、離れたハンター島でマリセラの遺体を発見した。

犯人は何かの棒を使って首を絞めて、腹部にキスマークが残されていた手口から、
スティーヴンスはハウエルの模倣犯だと、ニコルズはコートニー以外の被害者は
娼婦だったことから真犯人がいると疑いを持ち、スティーヴンスが一緒に事件を
担当したマーカスもニューヨークにやって来た。

コートニーとそれ以前の被害者のキスマークは別人で、マリセラのキスマークと
似ていたことから、コートニーとマリセラは同一犯だと仲間がいた可能性を捜査。
ハウエルの死刑に立ち会ってた牧師は、彼からデール宛ての手紙を託されていて、
その手紙には“俺の手柄になってしまったが、最後の女はお前の獲物”だと、
後は任せたと書かれていた。

麻薬中毒患者のレイアンの捜索願が出され、消えた付近を捜索するが見つからない。
デールは消息不明で、恩師の名前を使ってる可能性があり、ハウエルは牧師に
野菜の育て方を教えてたので、デールにも教えてたはずと、ディエゴの殺害現場に
出入する造園業者から、エルビス造園が浮上し、所在地はゴミ廃棄場の近くだった。

造園には悪臭がする鍵のかかった冷凍庫があり、障害を持つ従業員のアーニーから
鍵の番号を聞き出して開けると血痕だけが残っていて、遺体は堆肥にしたと。
妻子と帰宅したデールを逮捕した。

スティーヴンスはコートニーを誰が殺したいか知りたいと言い出し、ニコルズは
再捜査したら権力者を敵に回すことになると反対するが、解明しないと天の権力者に
とがめられると言われて、協力することに。

教師のコートニーを襲った理由をデールに追及するニコルズは、15歳だったデールは
ハウエルがデールの好みのタイプだったコートニーの写真を使って、デールを洗脳し、
彼にコートニーを襲わせたが、殺害することが出来ずにハウエルが殺したと判明。
スティーヴンスとマーカスも事件の真相が明らかになって、スッキリしたみたい。

Law & Order: Criminal Intent - The Second Year [DVD] [Import]
posted by Jasmine at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:CI(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする