2009年09月12日

ダメージ 2 #4・5

出国しようとしてダニエルが逮捕されたことで状況は不利になる。
パティは質屋から見つかったクリスティーンの指輪と防犯カメラに映ったケビンの
写真を警察に提出すると、別件の強盗で逮捕されたケビンの所持品に質札があり
ダニエルは面通しで犯人を確認したことで保釈になる。
クリスティーンの殺人は、パティが疑っていたとおり、UNRが絡んでいたが
ケビンは口封じに刑務所で殺害されてしまう。

エレンとトムはUNRの環境汚染を調べている新聞記者 ジョシュに会うために
ウエストバージニアに向う。
ジョシュによると、UNRの処理施設に近づくにつれ、家畜の死亡率は上がり
白血病の発生率も全国平均の1.5倍になると。
トムとジョシュがUNRの手下をかく乱している間に、エレンは水のサンプルを持ち帰り
ダニエルに分析してもらい、パティはUNRに対する訴訟を起こす。

ところが、ダニエルは分析結果の改ざんはなかったと証言し、申し立ては却下。
ダニエルは、パティに助けてもらって、マイケルとの親子の対面まで果たしたのに
あっさりと裏切って、ケンドリックから報酬を受け取っていた。

法廷でダニエルに恥をかかされたパティは本当の敵はUNRだと、合併計画のために
汚染問題をもみ消そうとしていたとわかりパティたちは合併を阻止することに。
ケンドリックと関係があり、パティの夫 フィルとも面識があるデイブはパティのことを
よく思っていないCEOが廃業に追い込もうと、圧力をかけて連邦機関が調べていると忠告。

パティは、連邦エネルギー規制委員会のダグラスに環境破壊のレポートを見せて
協力してもらうが、デイブがダグラスに圧力をかけたことで合併の認可が下りた。
ダニエルはケンドリックからスカウトされるが、役目は終わったと断る。

トムの勤続10年を祝って、パティ宅でパーティを開くことに。
エレンにとっては、殺されそうになった場所だったので、FBIも強制はしなかったけど
録音装置持参で、パーティーに参加するが収穫なし。

調べられてると知ったパティは乳幼児の依頼人が偽物だと知り、エレンを疑い始める。
エレンは、FBIからバレたなら計画は中止だと言われて、FBIから協力しろと言われたが
断ったとパティと嘘を付いて、ひとまず回避できたかな。

回想シーンでは、ダニエルはクリスティーンに身を守るために環境汚染のことを
告発しないと言うと、クリスティーンは私が告発すると宣言。
手に負えなくなったダニエルは、クリスティーンの始末をウェインの手下に頼み
ケビンは娘の薬代欲しさに、犯人になったみたい。

パティはフィルにUNRの会計報告を見てもらうと、今回の合併で採算は取れてないと
何か裏がありそうだと。
パティは、ロンドンに出張するフィルが浮気していることに気付いてるのかな?
ピートはパトリックにしばらく旅に出ろと金を渡すが、そのパトリックこそが
エレンを襲った犯人で、パティはそのことを知らないみたい。

エレンはウェスから射撃を習い始める。
エレンを尾行していた男はウェスが雇った男で、ウェスはエレンがFBIと接触していると
メッサー刑事に報告していたので、おとり捜査かと思ったら、ウェスは誰かを殺していた。
ウェスは一体、何者なんだ?

デイブ役で「ザ・ワイヤー」のフリーマン役でお馴染みのクラーク・ピータースが登場。
そして第4話をFBI ハリソン役のマリオ・ヴァン・ピーブルズ、第5話をトム役の
テイト・ドノヴァンが監督していたのも注目。

ダメージ シーズン1 DVD BOX
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

ダメージ 2 #2・3

パティはダニエルからの呼び出しで自宅に駆け付けると、警察が捜索していた。
ダニエルは警察に知らない男に襲われたと、脅迫のことは話さなかった。
警察は侵入された形跡がないので、ダニエルを容疑者だと思っていたことから
パティは専門外の刑事弁護をすることになり、乳幼児の件はトムが担当することに。

FBIは長年、パティの下で働くトムにも利用価値があると、トムに罠を仕掛けるが
直前、パティから乳幼児の件は辞めてダニエルに専念すると連絡が入って失敗。
FBIは、エレンのことがバレていないか確認する必要があると慎重だが、早くパティに
復讐したいエレンは、パティとダニエルが過去に何があったのか探り始める。

フロビシャーが退院したと新聞で知ったエレンは、ウェスに話を聞いてもらうと
ウェスはエレンに恋人を殺したのはフロビシャーだろ?と関わらないように忠告するが
彼の部屋にはフロビシャーの切り抜きや銃があって、彼の狙いもフロビシャーらしい。
エレンはトムから銃を手に入れてもらうが、それは冒頭で見せている銃だった。
そして、半年後にはエレンとウェスは関係を持っていたとは。

ダニエルがパティに送ったのは、彼の会社で分析した化合物“アラサイト”が猛毒で
会社は依頼主から指示されてデーターの改ざんをした資料だった。
パティはエネルギー会社と繋がる官僚に依頼すると、彼からウェインに情報が流れ
ウェインから世界第3位のエネルギー会社 UNR(アルティマ・ナショナル・リソーズ)の
首席顧問弁護士 クレア・マドックス(マーシャ・ゲイ・ハーデン)に依頼が入り
事務所に警察の捜査が入ったことで、検査の依頼主が判明。

クレアとダニエルが不倫関係にあることは、パティウェインもまだ知らなかった。
UNRは3年間で200件以上の集団訴訟を起こされていて、CEOのウォルター・ケンドリックは
ウェインからクレアがダニエルのことを嗅ぎまわっていると報告を受ける。

ウェインが向かおうとしていたウエストバージニア州では、家畜が相次いで死んでいて
発電所で汚染された水が原因ではと、調べていたジョシュはダニエルに報告していた。
やっぱりダニエルは何か隠しているみたい。

エレンはダニエルが17年前にパティの証人として、10年前は敵の証人だったことから
弁護団の一員だったナイから、ダニエルはパティに買収された可能性を聞き出す。
エレンはパティからダニエルとの出会いを尋ねて、優等生に戻った息子 マイケルの
父親がダニエルだと気付いて、FBIに報告する。

警察の聴取でダニエルが過去に妻から暴行で訴えられたことや、現場写真を見た
ダニエルが今になって、遺体からルビーの指輪が消えていると言い出したことで
不信感を抱いたパティは、ダニエルを嘘発見器にかけるが判定不可能だった。

パティはダニエルの弁護を降りたが、クレアから娘と国外に出国するように忠告された
ダニエルが出国しようとして空港で逮捕されるが、それはパティがマルコムに監視させて
警察にリークして、追い込まれたダニエルからすべてを聞き出すためだった。

ダニエルはパティに会って欲しいと言っていた記者はジョシュらしい。
そして、挙動不審な男がダニエル妻のルビーの指輪を質に入れていたので
指輪が盗まれたことは間違いないみたい。

ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)

posted by Jasmine at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

ダメージ 2 #1

「ダメージ」シーズン2がスタート。
シーズン1でみんな一気に観た方が面白いと書いてたからか、シーズン2は一挙放送。
エレンが誰かに語りかけて、銃をチラつかせたシーンから6か月前と、このパターンは健在。

エレンは、パティを逮捕したいFBIに協力しながら復讐する機会を待っていた。
フロビシャーとの訴訟に勝ったパティはTV出演し、新しい訴訟よりも飢餓撲滅のための
財団設立に力を注ぐと宣言する。

FBIのワーナーとハリソンはそうはさせないと、パティが好きそうな案件を用意するが
財団の協力者でもあるサム・アーセナルが政界進出すると財団から手を引くことになり
計画が狂ってしまったパティは訴訟どころではない。

サムの娘がドラッグで逮捕され、検察に頼んで欲しいとパティに助けを求めてくるが
パティが協力するはずもなく、政界進出が絶たれてしまったサムから財団への復帰条件に
倍の資金を提供させるなんて、さすがパティだわ。
財団の件が解決したので、パティはFBIが仕掛けた乳幼児死亡率の案件に乗ってきそう。

エレンは悪夢に悩まされていて、カウンセリングに通っていた。
フロビシャーは死んだのかと思ったら生き延びていて、エレンは入院先を突き止めて
妻のフリをして病室に侵入するが、何も出来なくて退散。
カウンセリング先で、同じように恋人を失ったウェス(ティモシー・オリファント)
と知り合うが、何か目的があってエレンに近づいているみたい。

パティはエレンを信用できないと監視させる一方で、フィクスの亡霊に怯えたりと
追いつめられているみたいで、エレンに話があると言ったので罪の告白かと思ったら
エレンが自分の家で襲われた時に、パティは死産した娘 ジュリアのお墓参りに
行っていて、自分と間違われたのではと、単なる言い訳だった。

パティの元へ10年ぶりにダニエル・パーセルから突然、預かって欲しいと資料が届く。
その資料を公開すれが、企業が潰れることになるらしく、自宅に男が侵入したり
ついにはダニエルの妻が殺害されてしまった。
パティは1度はダニエルの助けを断ったけど、今度は妻殺しの容疑者になった
ダニエルの弁護をすることになるのかな?

ウィリアム・ハート、マーシャ・ゲイ・ハーデンがゲスト出演となると
グレン・クローズとの演技対決も必見。
FBI捜査官のワーナー(グレン・ケスラー)とハリソン(マリオ・ヴァン・ピーブルズ)は
どこかで観た俳優だなと思ったら、今回は出演だけでなく、グレンは制作総指揮に脚本
マリオは演出も手掛けているとはビックリ。

ダメージ シーズン1 DVD BOX

posted by Jasmine at 21:27 | Comment(6) | TrackBack(2) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ダメージ #13

やっと最終回。
エレンはエレン宅でデービッドからの留守電でグレッグのテープの存在を知った時
何者かが侵入し、テラスに出した犬の吠える声で気付いたエレンは乱闘の末に
血まみれでアパートから出てきた所を、パティ宅にテープを探しにやって来た
フロビシャーに雇われてデービッドを殺したリックたちが目撃する。

エレンからグレッグのテープと交換に弁護を頼まれたパティは再選を狙っている
地区検事に詰めより、デービッドの事件を再捜査させる。
エレンがパティ立会いの元に刑事たちと部屋を検証していると、リックが部屋に入り
棚にあったライトをポケットに入れたのでえっ!と思ったらリックは刑事だった。

フロビシャーはマーシャルにグレッグのテープの存在を話したことで、マーシャルがパティに
探りを入れてきたので、エレンにテープを渡してと頼むが容疑を晴らすのが先と言われて
地区検事に起訴を取り下げる。
エレンがテープは安全だと言っていたのは、テープはあの凶器の中に入っていて
警察で証拠品として保管されているからだったのね。

テープを手に入れたパティはフロビシャーにそのテープを見せて、連邦検事局に提出して
延々と訴訟に時間をかけるか和解するかの選択を迫る。
フロビシャーはこれから開発予定の土地以外のすべての資産を現金化して和解することを決断。
原告団は勝利を祝ってパーティをするが、ラリーはみんなを裏切っていたので
他の原告たちから和解金を辞退しろと迫られる。

エレンはデービッドの葬儀に出席する。
ケイティはフロビシャーの仕事を請けた自分をどうしても許せないと自分を責めて
エレンも被害者だと意外にも優しいケイティだった。

パティはグレッグのテープを地区検事に次の選挙まで使わないことを条件に渡す。
それで地区検事はエレンへの起訴を取り下げたのね。
しかし、全てを失ったラリーがフロビシャーを撃ってしまったのでテープはゴミかな?
シーズン2でウィリアム・ハートがキャスティングされたのでフロビシャーは消えるだろうと
予測してたけど、呆気ないフロビシャーの最期だった。

パティはエレンにものすごく後悔していると言い、いつの日か許してもらえたらと戻ってきて
もう1度チャンスをちょうだいと告げる。
エレンはしばらくどこか遠くに行きたかったけど、デービッドがいないとどこにいても同じと
フロビシャーがデービッドを殺したと証明するのを手伝うことを条件として事務所に戻ることに。

FBIはパティを詐欺・共謀罪・司法妨害で事件の前からマークしていた。
だからホリスはエレンにパティのところに行くなと忠告してたんだ。
エレンはパティが自分を殺そうとしたので、FBIに協力するために事務所に戻ることに。

パティが別荘で震えながら泣いたのはフィクスの自殺を目撃したからでなく、ピートの手引きで
侵入した男にエレンを始末させようとしていたからだった。(すっかり騙された)
そしてパティが35年ぶりにお墓参りした相手は死産した娘のジュリアだった。
父親の姿が見えなかったけど、これはこれからの展開に絡んでくるのかな?

とりあえず、新たなる戦いが始まる感じで終わり。
デービッドとエレンを狙ったのがどちら側なのかだいだいわかったのでよかった。
シーズン2はキャスティングが発表になり、来年初めの放送予定らしいけど
またストがありそうだし、いつになるのやら。

ダメージ シーズン1 ブルーレイ BOX (4枚組)(全13話)
posted by Jasmine at 21:35 | Comment(4) | TrackBack(2) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

ダメージ #12

フィクスに目前で自殺されてパティは警察を呼ぶ前にエレンを事務所に呼んで
ジョージが持っていた資料の保管を頼む。
そして警察を呼んだパティは夫に付き添われて、事情聴取を受けて、現場の状況と
パティに硝煙反応がなかったことから警察はフィクスが自殺だと断定する。

ショックを受けたパティは事務所をしばらく閉鎖にして、1人で別荘に行くことに。
フィクスが自殺したことで後任 マーシャルは訴訟の件を半年延期して欲しいと判事に頼むが
原告団にも生活があるので、1か月が精一杯と。

フロビシャーはグレッグがフィクスの送った手紙からグレッグの告白ビデオの存在を知る。
そしてフロビシャー側はグレッグとケイティが会っていたことを掴んでいた。

エレンはデービッドに姉に会いに行くと嘘を付いて、パティに会いに行ったことがバレて
怒ったデービッドは結婚を取るのか仕事を取るのか迫り、答えられないエレンに別れを告げる。
デービッドにライラから電話が入るが怒って切ると、怪しい男が何かあったのかと部屋に確認に来た。

デービッドはエレンの留守電に謝りのメッセージを入れてると、ケイティがグレッグのテープを
エレンに渡してとやって来て、そのグレッグのテープを見たデービッドは隠し場所に入れておくと
エレンにメッセージを残す。
デービッドが寝ていると、ライラがアパートに侵入したので追い返したが、2人組の男たちも侵入して
デービッドは殴られて、ジョージの書類は見つけるがテープは見つからずにデービッドはバスタブで…。

デービッドとケンカ別れしたエレンはパティのアパートへ。
パティは別荘へ行き、エレンがパティのアパートに1人でいると、そこへ荷物を取りに戻った
マイケルがここに来たことは誰にも言わないでと口止めしたのは怪しい。

ニューヨーク州を出たパティは誰かの墓地らしき所にいた。
トムからエレンがパティが自分を殺そうとしたと言っていると連絡を受けてニューヨークに戻り
エレンの保釈金を支払って保釈させる。

アパートに戻ったエレンにパティが会いに来て、エレンが襲われたことと自分は関係ないと。
エレンは拘置所に入っている間におりこうさんになったようで、パティに人は信じなれないと告げて
グレッグのテープと交換に自分の弁護をパティに要求。

ホルトはエレンが保釈されたことを誰かに連絡してたけど、FBIかな?
FBIのターゲットは誰なんだろう?
デービッドを襲った男はジョージの資料をフロビシャーに届けて、テープは見つからなかったので
パティの家を探すと言ってたけど、パティの家でエレンを襲ったのは同じ人なのかな?
マイケルの行動も怪しかったので、そっち関係かもしれないな。
次回、シーズンエンドで事件が解決することを願います。

ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)
posted by Jasmine at 22:00 | Comment(4) | TrackBack(2) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ