2010年10月12日

ダメージ シーズン3 #12・13

やっとシーズンファイナルとなり、パティの交通事故、トムを殺した犯人になどに
シーズン1から引きずってた事件も明らかになってスッキリ。

テッサとマルコムが殺されてしまったが、パティはそれこそが隠し財産に近づいてる
とライリー判事を納得させて、管財人を続けることになったが、パティは判事から
トムもルイスの被害者だったと聞かされて、トムは退職届を提出することに。
トムが勝手に退職し、家を売りに出したりと相談なしで財産処分したことに怒った妻は
トムを家から追い出してしまう。

レニーは父親から脅迫され、お金を渡すが、バーで暴行事件を起こして逮捕された父親の
身元引受人になるが、ジョシュは知り合いの女性警官にトビン家のマークを頼んでたので
ジョシュはそのことをエレンに教えた。

レニーの正体はやっぱり詐欺師のレスターだと判明。
父親もあちこちの州で犯罪歴がある人物で、本物のレスターはロースクールを出てて
交通事故で亡くなってたので、レニーは彼の身分を使ってたのだ。

ゲイツから謹慎を言い渡されたエレンはパティのおかげで検事局に復帰することに。
でもトムのことを黙っていて、2人で画策してたことでパティから怒られてしまうが
パティが財産のありかを探るには、トビン家に亀裂を入れることだと言ったことから
エレンはジョーにレニーが80年代に逮捕された写真を渡した。

ジョーはレニーと手を切ろうとルイスが残した“パティに渡せ”の封筒を持って来させ
エレンから渡された写真を見せて、レニーを切り捨てたが、レニーは30年もトビン家に
尽くしてきたのに捨てられたので復讐に出た。

レニーはトムを殺害現場となるアパートに呼び出すと、財産を取り戻すのと引換えに
免責特権を要求し、免責の手配が出来たのでレニーはトムに大金入りのバッグを渡した。
家を追い出されたトムはそのアパートで寝泊まりし、ホームレスのバリーがやって来て
外は寒いからと一緒に寝泊まりすることに。

レニーはどうやってお金を手に入れるのかと思ったら、父親をゼデックに仕立てて
慈善団体の金を引き出させるとは、さすが詐欺師親子。
エレンはトムとの計画をパティに話すが、判事にトムも被害者だとリークしたのは
トム本人で、パティとの関係がきれたとレニーに思わせるためだったらしい。

トムはパティの車に追突してきたあの車を購入し、トムとエレンはレニーに免責特権の
書類を渡し、レニーは証拠を後から渡すと出て行くが、レニーはパティとトムは
信用できないから、エレンにだけ証拠を渡すと話して、エレンのバッグを盗む。

その他の動きはジルはパティにマイケルと別れると50万ドルの手切れ金を要求するが、
その金でマイケルに高級車を買い、マイケルと子供と暮らすためのアパート代に使う。
パティはジルを未成年者(マイケル)と関係を持ったことで逮捕させ、産まれた子供は
マイケルが引き取るからとジルに通告した。
ジルもおとなしくマイケルと暮らせばいいのに、欲を出すからそうなるんだよ。

フロビシャーの方は、テリーはフロビシャーから聞いた話から汚れ仕事のために
警官を雇ってた話を聞いて、殺人事件に関わるのではとパティに尋ねたことから
パティはエレンにデービッド殺害に、フロビシャーが関わってるのではと話して
警察関係者を調べると、シーズン2でエレンが付き合ってたウェスにたどり着いた。

エレンはウェスを呼び出し、デービッド殺人事件の真相を聞かされ、ウェスは自首し
フロビシャーが黒幕だったと証言すると言うが、エレンはウェスがデービッドを殺した
メッシーを殺してくれたのだし、ウェスの自首を止めたけど、彼も苦しんでたらしく
フロビシャーを捕まえると、警察に2人で自供すると電話を入れた。

レニーは残りの金をトムに渡したが、ジョーとゼデックはレニーに金を奪われたと気付き
手下のベンがトムが居候中のレニーのアパートに来るが、そこにエレンが金を取りに来て
トムは大金入りのバッグをエレンに渡して帰すと、ベンはトムの脚を刺して、這いずって
逃げようとするトムを部屋に連れ戻して、口を割らせようとトムの腹を刺したところに
戻って来たレニーがベンを撃った。

しかし、急所を外したらしく、トムを助けようとしたレニーはベンに首を絞められて
トムがレンチでベンを殴って、外に出たトムはバリーがエレンのバッグを持ってたので
返すように言って、死体の始末を頼む。
バリーが部屋に行くとベンは死んでたがレニーは生きてたので、警察が部屋に来た時は
死体はなかったので、バリーが処理したのかな?

レニーはエレンがお金を取りに行ってる間に、エレンが乗って来たトムが買った中古車に
盗んだエレンのバッグを戻してたが、それを見てたバリーが車からカバンを盗んだ。
そうとは知らないエレンは車で走り去ったが、途中でバッグの中を確認すると、札束は
上下だけが本物で中は偽物で、レニーからの証拠もなかった。

トムは家族に愛してると言い、自宅を出るように忠告の留守電を残して、自宅に戻ったが
家族はいなくて、そこにジョーが現れた。
ジョーはトムから終わりだと家族を批判されるが、母親から父親がネズミ講を始めたのは
ジョーが投資家たちに損害を与えた、その補てんに始めたと聞かされたばかりだったので
キレてしまったジョーはトムを殴って、トイレに顔を突っ込ませたのが溺死だった理由で
ジョーはトムの遺体を毛布に包んで、遺体発見現場に捨てた。

マリリンはジョーにテッサが娘だと言えず、ジョーを守るためにパティに会いに行き、
テッサを殺したと告白するが相手にされずにマリリンは橋から飛び降り自殺する。

証拠がないと知ったエレンはパティの所に向かうが、その間にマイケルはエレンが
乗ってた中古車を盗んで、パティの車に突っ込んで、パティは逃げ去るマイケルの
姿を見てたが、警察に誰も見てないといったのは息子を守るためだったんだ。

そしてパティに追突した車からアパート、トムの死体、バリーへと繋がっていき
バリーがエレンのバッグを持ってたことで、エレンは警察に呼び出された後に
レニーからバッグに証拠を入れたと電話が入った。

大金と高跳びするレニーは、あの大金は偽札とすり替えたトムのお金なんだろうな。
エレンがバリーを訪ねると、バリーはレニーの証拠をちゃんと保管してくれてたので
ジョーは逮捕された。
パティはジョーに母親の死体写真を見せ、テッサが娘だと教えて、トム殺害を自供する。

最後はバタバタっと解決したけど、ゼデックはどうなったかわからなかった。
トムはパティに尽くし、家族を守ろうとして殺されて、トムとエレンの活躍が目立ち
パティが死産した経緯も描かれてたりと、パティの弱さが垣間見られるシーズンだった。
エレンはパティの元へ戻るのか、また別の道を行くのかはシーズン4に続く。

ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)
posted by Jasmine at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

ダメージ シーズン3 #9〜11

テリーはフロビシャーの本を映画化しようと共同制作者のゲイルをフロビシャーに会わせ
報道は真実を伝えてなかったと、パティこそ悪人だとけなしたことに、フロビシャーは
パティのことを認めてるらしく、テリーとゲイルをパティと会わせて誤解を解こうとするが
作品のテーマは贖罪だと聞いたパティが怒るのも当然で、卑怯な悪党と呼ばれたことで
フロビシャーは元の彼に戻ってしまった。

パティたちはキャロルの居場所を突き止めるが、見張りを付いてるので接触できない。
キャロルが自殺未遂をしたので、レニーが精神科医のカウンセリングを受けさせたが
ダニエルの話はするなと口止めされたので、カウンセリングの効果は全くなくて
追い込まれたキャロルはカウンセリングに行くと、そこにはパティが待っていて
ついにキャロルは感謝祭に何があったのかパティに話してしまう。

キャロルは感謝祭に父親からの告白後に、レニーに送ってもらう途中でダニエルの家に寄ると
レニーがテッサから携帯電話とブーツが入ったバッグを受け取ったことを聞いたことで
テッサが感謝祭に母親と会ってないとウソを付いてることが判明。

しかし、詐欺事件の被害者たちは、パティが成果を上げないことに不満で解任要求する。
パティは感謝祭からテッサがアンティグアに飛んでたことから、お金はアンティグラにあり
財産をアンディグアに運んでたのではなく、運び出していたとわかる。

ジョーはパティがテッサに目を付けたので、手なずけようとお金を渡して取り入るが
トムは管財人を降ろされたら、お金を取り戻せないと、テッサに母親はトビン家に
殺されたと言ったことで、テッサは検事局に確かめに行くが詳細は明かされない。

しかし、エレンはテッサに接触し、母親の死にトビン家が関わってると安全のためにと
パティの電話番号を渡したことで、テッサはパティと会うことになったが、エレンの同僚が
エレンがパティと組んでることをゲイツに報告したことで、テッサは逮捕されてしまう。

テッサが逮捕されたので、ジョーはレニーにテッサを始末する相談するが、実はテッサは
ジョーの娘で、ルイスはジョーの子を妊娠したダニエルの面倒を見てたと知ってるレニーは
マリリンにジョーにテッサは娘だと話すように告げたが、マリリンは金のために話さない。

パティはゲイツにキャロルがダニエルを殺した証拠を渡して、テッサを保釈した。
ゼデックが理事を務め、マリリンは寄付してたタンザニアへの慈善団体が財産のありかで
テッサは感謝祭にアンティグアに飛ぶように指示されたことをパティに打ち明けた。
そして、パティはテッサに護衛としてマルコムを付け、アンディグアでサインする書類の
入手を頼んだが、それを知ったジョーはテッサとマルコムを殺害させた。

その他の動きとしては
エレンの姉 キャリーが逮捕されるが、大量のドラッグ所持だったので流通目的と見なされ
重罪になるらしく、エレンはキャリーや母親に泣き疲れて、ゲイツに相談するが
関わるなと言われてしまい、パティに相談することに。

マルコムにキャリーのドラッグ事件を調べてもらうが、友達のタレ込みで逮捕されていて
売人なのは間違いないので、この状況を変えるにはかなりヤバいことをしないとダメで
エレンはキャリーに自分のやったことだから、自分で責任取ってと見放した。

エレンは幼い頃にある女性といた夢を見るが、その女性の写真を見つけて母親に尋ねると
ベビーシッターのアンだと言われ、キャリーに養子かと尋ねると否定されたので
マルコムにアンの所在を調べてもらって、会いに行くことに。

しかし、アンはベビーシッターでエレン母は夫の暴力と娘の育児に疲れて、エレンをアンの
養子に出そうとしてたが、やっぱり出来なかったらしい。
エレンは養女だったら、この家族関係にも納得できたんだろうね。

パティはジルを脅したことを知ったマイケルから、就職してないし、絵を描いて暮らしていて
ジルには子供が生まれるからと家系に遺伝性の病歴がないか書類に目を通してと頼まれる。
その態度にキレてたパティだったがグッと堪えて、マイケルが帰った後に壁に置物をぶつけてた。

2ヶ月後、トムはパティに辞表を提出して、事務所を去っていくがその理由は謎のままで
トムが誰に殺されたのかもまだわからない。
ラスト2話でどう決着をつけるのか面白くなってきた。

ソフトシェル ダメージ シーズン1(4枚組) [DVD]

2010年09月30日

ダメージ シーズン3 #6〜8

ダニエルの死因はルイスと同じ心不全だった。
ジョーはゼデックとやっと会うことが出来て、ゼデックはクリーニング店を持っていて
ルイスとは幼馴染らしいが、ジョーは信用できる証拠を要求する。
ジョーはマリリンへの毛皮コートを渡されるがジョーが欲しかったのはお金なので
コートをゼデックに送り返して、ゼデックから札束入りのかばんを受け取った。

資産を失ったトムは破産を避けるために、ロジャーのアドバイスで資産整理を始めるが
トム妻には生活レベルは下げたくないし、投資を勧めた娘 メーガンの同級生の父親
エリックに責任を問えないことが悔しいらしい。

メーガンの学校行事に参加したトムは、何事もなかったように振舞うエリックにキレて
殴り合いのケンカになってしまい、資産は売却せず、お金を取り戻すことを決意する。
トムは両方の親を援助し、舅から妻のガン治療費に困ってると泣きつかれて大変そう。

パティは刑務所にいるスターリング・ビドルに会いに行き、トビンが財産を隠した方法を
教えてもらおうとするが、交換条件に若い女性の面会を要求されて、エレンの後任候補の
アレックスを送り込んだが、面会室で何をしてたかはよくわからなかった。

パティはスターリングから金を隠すならカリブのアンティグアだと教えてもらってたが
「ザ・ワイヤー」でマルロもジョーからカリブに金を隠す方法を教えてもらってたよな。
FBIの監視が厳しいらしく、現地の人しか口座は開設できないが、トムはエリックとのケンカで
ダニエルの娘 テッサがプライベートジェットの客室乗務員だったことに気付き
彼女を追って、カリブの島に飛んだ。

トムはテッサに接触すると、彼女はアンティグア生れでアメリカとの二重国籍だったので
銀行へは給料小切手の換金に来てたが、それなら書類は2枚なのに、テッサは3枚提出してて
テッサは自分が資産隠しに利用されてるとは知らないみたい。
そして、トムは銀行員の男から、病気の娘を海外で治療させたいのでビザを用意してくれたら
テッサの調査に協力すると、願ってもない取引を持ちかけられる。

ゼデックは現地にいる手先のホレイショからトムがアンティグアで調べてると報告を受け
ジョー側からパティに情報が漏れたと疑うが、ジョーは情報漏れは母親だと気付いて
母親に毛皮のコートを渡し、ルイスが財産を残してくれたことを告げた。
パティはトムからの報告を受け、テッサの口座を調べるためにライリー判事に協力を求めると
紹介されたのはホレイショだったので、何も情報が得られず、銀行員の男にも口封じされた。

エレンたち検事局もルイスとダニエルの死因が同じなので疑問に持ち、ブラント医師を呼び出す。
2人のカリウム値が高いことを追及され、ルイスにカリウムの話はしたが渡してないと否定するが
これはルイスが自殺だったことを認めたようなもの。

エレンはダニエルのアパートのドアマンから、キャロルを訪ねてきたことを聞いて
ゲイツではなくパティに報告して、協力することに。
しかし、キャロルは行方不明で、心配する母 マリリンはレニーに捜索を依頼する。
レニーはジョーを監視させた女性にキャロル捜索を命じると、レニーがジョーに貸した
アパートにキャロルはいて、ジョーがキャロルをかくまっていた。

ダニエルを殺したのはキャロルらしく、カリウムはジョーがキャロルに渡してたとは。
ゼデックから受け取った金もすぐに使うなと警告されたのに、妻 レイチェルに渡すとは
ジョーは悪党なのか間抜けなのかわからない。

トムとエレンは、キャロルのカード利用歴から潜伏する地域を特定し、トムはそこに
ホームレスのバリーがいたことを思い出し、エレンにも紹介して、キャロル捜索を依頼。
バリーはダニエルの携帯とルイスのブーツをゴミ箱に捨てに来たレニーを目撃していた。

ビックリしたのはシーズン1でパティの宿敵だったアーサー・フロビシャーの登場。
フロビシャーは地球に優しい代替エネルギーを推奨する財団を立ち上げて
息子 オーウェンと暮らしていた。
財団のイメージキャラに選ばれた有名俳優のテリー・ブルックはフロビシャーの本を読み
感化されたようで、映画化の権利を買いたいと提案。

3ヶ月後、トムの殺人事件は遺体発見は死後3時間後で、パティの事故はその2時間前なので
あの車はトムが運転することも可能らしく、トムの車から札束入りのバッグが見つかる。
そのバックには80年代に逮捕された詐欺師 レスターの指紋が検出されたが、付着した血痕は
当時はDNAデーターはなかったので、レスターなのかは不明。

バッグにエレンの免許証があったので、エレンも事情聴取を受けるが、バッグは盗まれたと。
担当刑事はエレンにトムとの関係を追及すると、2人で法律事務所を立ち上げようとしてたと。
エレンとトムはいいコンビだなと思ったし、トムのパティの下にいるのは嫌だったのだろうね。
トムはあのアパートで大金入りのバッグをレニーから受け取っていたが、バッグには
レスターの指紋があったので、レニーはレスターなのかな?

その他の動きは、パティはスターリングから建築家を紹介してもらうが、その建築家は冒頭で
パティを誘ってたジュリアン・デッカーだった。
アレックスはパティに採用されたけど、その知らせを聞いたエレンは悔しいのか嫉妬なのか
ジョシュにアレックスを取材させて、アレックスはパティからお叱りを受けることに。

エレンは偶然、マイケルとジルに出会って、ジルが妊娠中と知り、マイケルはエレンがパティと
繋がってないと思って、展覧会の招待状を渡したことで、パティに知られてしまう。
そして、パティはジルを呼び出し、過去に母親不適格者とされてたことを暴露すると脅し
金を渡すから消えろと告げた。

レニーは施設に入ってた母親が亡くなってたのを、父親が施設に口止めしてたので
知らされてなかったが、これは母親への仕送りを目当てだったようだけど
レニーは仕送りを止めると父親に告げると、トビン家に何か秘密にしてることがあるらしく
バラされたくなかったら、2倍送金しろと言われたけど、一体なんだろう?

ダメージ シーズン1 ブルーレイ BOX (4枚組)(全13話) [Blu-ray]
posted by Jasmine at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ダメージ シーズン3 #3〜5

ダニエルを撥ねてしまったジョーは彼女を自宅に運んで、弁護士のレニーに連絡する。
トムもエレンに教えてもらったダニエルの情報から、彼女の自宅にたどり着いて訪ねるが
応答がなく、隣人だという男に声を掛けられたので帰ったが、その隣人はレニーが呼んだ
トビン家の親しい医師 ブラントで、意識が戻ったダニエルを診察してもらったが
ビックリしたのはダニエルはジョーの昔の恋人だったとは。

不安になったダニエルは、以前に取調べを受けた検事局のクリスに電話したが留守電で
ジョーはブラント医師からダニエルに変化が見られたら飛行機は無理だと言われたのに
意識が朦朧としてて脳出血の疑いがあるのに、ダニエルを出国させようと空港に向かう。

パティはゲイツ検事にダニエルが逃亡するので身柄の拘束を頼むが出来ないと言われ
レニーにダニエルがルイスの愛人だと公表すると電話して、会いに来たレニーは
ダニエルは関係ないと否定したけど、パティの目的はレニーを尾行することだった。

そして、トムは妻の両親との会食の席で、氷の入ったグラスを見て、ダニエルの部屋に
同じように氷入りのグラスがあったことを思い出し、彼女はまだ自宅にいたと気付き
パティに家の前にテールランプが壊れた車が駐車してたと連絡する。

途中でテールランプが壊れてたことで警官に止められて、ぐったりしてるダニエルを
病院に連れて行く途中だったと言ったことから、ダニエルは病院に搬送されてしまう。
空港でダニエルを待っていたレニーの元にパティが現れて、ダニエルは病院だと告げた。

その頃、エレンは姉 キャリーの娘の誕生日祝いのために、久々に実家に戻っていた。
義兄 エディが家を出て、生活に困ってる姉のために小切手を切ろうとしたが
偶然、キャリーのバッグにドラッグを見つけてしまった。

ダニエルは助かったが、話が聞けるまで時間がかかり、その間にルイスに判決が下ると
パティは隠し財産が見つけられなくなるので、ゲイツに判決の延期を頼む一方で
レニーにルイスが証言するなら検事局は判決を延期すると伝えた。

ルイスは息子が会いに来るのを待つために証言に応じて、ゲイツ、エレン、パティに
ダニエルに電話したのは別れ話をして自宅に戻ったが発作が起こり、薬を彼女に家に忘れ
持ってきてもらうためと話すが、パティはレニーは他人で、ジョーはアルコール依存症
娘 キャロルも2回離婚と家族には財産を任せられないと痛いところを突かれてしまう。

ルイスは服役したら、家族のことをジョーに託すつもりだったが、アルコール依存症が
再発したと聞き、レナードはジョーに監視役を手配。
ルイスはジョーがまたお酒を飲んでると報告され、ブラントからもらった毒で自殺するが
ジョーは父親の判決のことが書いてる新聞を見て、お酒を飲むことを思い止まって
父親を訪ねたら死んでいて、“パティに渡せ”と書かれた封筒を発見する。

ルイスの死亡は心臓発作と断定されたが、パティは判決前夜の死亡に自殺ではと疑う。
パティはダニエルへの事情聴取を共同で行おうとゲイツに提案して、先にダニエルと
接触しようとするが、エレンに見抜かれて、接近禁止の先手を打たれてしまう。

ルイスはパティに隠し財産のことを告白し、ジョーが関与してないと証明したかったが
ジョーはパティへの書類をレニーに見せ、隠し財産を託されてるゼデックとの面会を
セッティングしてもらう。
ゼデックの代理人にダニエルのことがバレたから、取引できないと言われてしまい
ジョーはダニエルに証言する内容を指示する。

ルイスの自宅にあった品々は競売にかけられることになり、マリリンは思い出の品を
手元に置くことが出来なかった。
パティはその品を買い取って、マリリンにプレゼントし、ダニエルに電話した理由を聞くと
ルイスが薬のことで電話したことから、ダニエルとの不倫関係や娘がいることを知ったと。

パティはダニエルに接触し、娘との生活への資金援助をすると提案し、黙秘権を使って
何も言わないように指示したので、検察側は証言を得られなかった。
ルイスの娘 キャロルがダニエルに会いに行き、、ゼデックの代理人もダニエルを監視し
不穏な動きがありそうと思ったら、トムが訪ねたらダニエルは死んでいた。
一体、誰がダニエルを殺したのかは謎のまま。

5ヶ月後、トムの事件の担当刑事はパティに事情聴取すると、パティが最後に電話で話した時に
様子が変だったことを話す。
その電話の時、トムは刑事がパティの事故の件で訪ねたアパートにいて、訪ねてきた誰かに
トムは刺されるが、誰かに公衆電話から電話をしていた。電話の前か後かはわからないけど
何者かがトムをアパートに引きずり込み、殺されたトムは毛布に包まれて運び出された。

その他の展開として、パティの息子 マイケルは就職し、ジルとは別れたとパティに報告するが
実はジルは妊娠中でマイケルは絵を描いて暮らしていた。
パティはエレンの後任候補のアレックスを面接するが、あまり気に入ってないみたい。
エレンはシーズン2に登場した記者のジョシュと再会し、関係を持ってしまう。
ジョシュもトビンの件を追っているらしいので、今後、ストーリーに絡んでくるのかな?

ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)
posted by Jasmine at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

ダメージ シーズン3 #1・2


「ダメージ」シーズン3の連続がスタート。
パティはウェール街史上最大のネズミ講詐欺事件の管財人に任命され、被害者のために
首謀者 ルイス・トビンの隠し財産を探していた。
一方で、パティの元を去ったエレンは検事局で働いていて、麻薬組織を追っていた。

半年前、パティーはパーティで建築家だというジュリアン・デッカーに誘われるが断った。
パティは浮気してた夫と離婚協議中で、財産分与でもめていた。
トムはパティに11年も仕えてきた功績が認められ、パティから看板に名前を入れてもらう。
しかし、調査でトムの投資先がルイスのネズミ講に投資してたことから、全財産を失ったが
まだその事実をパティに告げてない。

エレンは逮捕されたドラッグ売人のドニーから、追っている元締めの名前を聞き出そうと
取引を持ちかけられるが拒否される。
エレンはトムと再会し、売人が元締めの名前を言わないことを話すと、売人のバイクを
誰かが壊したことで、売人は元締めの仕業だと思って、エレンに協力することに。

エレンはパティの仕業だと気付き、“おめでとう”のカード付きのバッグまで
検事局に送られて来たので、パティにこういうやり方は嫌だし、会いたいなら
電話してくればいいと文句を言いに行った。

トビンの妻 マリリンや息子 ジョーにも詐欺事件の関与が疑われるが、トビン家の弁護士
レナードは家族の関与を否定する。
ジョーは父親から詐欺を打ち明けられ、警察に通報していたので、パティはその正義感を
利用しようとジョーを追い込むために資産を差し押さえ、ジョーに被害者を殴らせて
彼を追い込んでいく。

ジョーは母親に会い、父親が事件を告白した夜に、誰かに電話してたのを見たと告げて
その電話番号を入手し、父親から隠し財産があることを知らされ、家族を守るように
説得されたが、電話番号はパティに渡した後だった。

パティが入した番号にかけるとホームレスの男が出て、トムはそのホームレスを発見し
一緒に捨てられてたオーダーブーツを見つけるが、それはトビンが購入したもので
他にも“D・M・M”のイニシャル入り女性用コートも購入したので、その女性を探すが
見つけられずに、トムはエレンに財産を失ったと打ち明けて、協力を頼む。

ジョーは差し押さえで追い込まれ、、妻子との生活を守るために、父親から隠し財産を
受け取ることにしたが、パティから父親の愛人の存在を知らされ、父親を追及すると
妹が住んでた家にいると聞く。
禁酒してたのにお酒を飲んで、その勢いで愛人のダニエルに会いに行き、帰ろうとして
誤って車をバックさせてしまい、猫を探しに出てきたダニエルを撥ねてしまった。

半年後、パティは車を運転中に、車に追突されるが、その車には誰も乗ってなかった。
パティは警察で事情聴取され、警察は車の持ち主を突き止めるがそれはトムだった。
登録された住所に行くと部屋は荒れていて、トムの死体が発見される。

窓からのぞいてたホームレスを聴取するが、そのホームレスはパティがジョーから
入手した番号にかけた時に出たホームレスで、拾ったと言うカバンはエレンが
パティにプレゼントしたものだった。

トムは脚や腹部を刺されてたが死因は溺死で、エレンとトムは何か関係があるみたいで
どんな関係なのかは不明で、相変わらず半年前と半年後を行き来してて謎だらけ。
トムはいつもパティから大変な役回りをさせられてたけど、やっとパートナーに
なれたと思ったら、亡くなってしまうとは。

ソフトシェル ダメージ シーズン1(4枚組) [DVD]
海外ドラマDiary TOPへ