2007年11月16日

魔王 #12

スンハのことを“チョン・テソン弁護士”と呼んだソ記者はスンハとテフンが
入れ替わっていることを知ってどうするのかと思ったら、一緒にカン家に
復讐しようと持ちかけて、断ったらスンハの事を記事にするって脅迫しているし。

正義感を振りかざしてオスに偉そうなことを言っておきながら、自分だって
卑怯なことしてるじゃないの!
記者ならスクープにでもすればいいのに、この人最低だわ!!
ソ記者はオスの高校時代の先生にまで会いに行ってたけど、先生がソ記者に
はっきりと言ってくれてスッキリした。

スンハはテソンだと認めるはずもなく、逆に脅して証拠を渡せと迫り
黄色の封筒を送ったがソ記者だと見抜いていた。
そしてスンハは黄色の封筒が送られてきたと警察に届けるとその中はタロットのはずが
ソクジンとオス父がヤクザに依頼している現場写真だった。(スンハが入れたのか?)
オスは父親がソ記者に何かするのではとソ記者の行方を追う。

ヘインは追い込まれてお酒に走っているオスを心配して、ソラのぬいぐるみから
ソラとヨンチョルの約束のビジョンを見て、ヨンチョルに会いに行く。
ヨンチョルは両親にこっそり会いに行くと、両親は男の人に頭を下げていた。
あの男はオス父の手先みたいだから、スンギが言ってたのはこのことかな?

オス父が監視させていたのはソ記者で、雑誌社にも圧力をかけてスクープを潰す。
尾行や盗聴、圧力にビビってしまったソ記者はオス父に連絡して取引することになり
オスにも取引に立ち会ってもらおうと待ち合わせ場所に向かう途中で暗がりを
ヤクザに追われていて、トラックに轢かれる。

そして意識が薄れ行く中、ソ記者が録音データを警察に渡してほしいと託すけど
渡した相手はスンハだった。
事故の現場に通りかかったオスは現場から立ち去る男を追うが見失ってしまうが
落ちていたライターを拾う。

例のコインロッカーからお金を受け取っていたヤクザはスンハが雇っていて
オス父の雇ったヤクザと両方から追われて、ソ記者がビビるのもわかるけど
証拠を犯人に渡してしまうなんて。
スンハに送った録音データーはコピーだったのかな?他にコピーはないのかな?

昔、スンハは雨の日にヘインに傘を貸してあげたことがあった。
その時、傘を貸したスンハが“こっちこそありがとう”と言ったのはヘインが
目撃者だと知ったからかな?これはスンハにとっては初恋だったのかな?

魔王 コレクターズ・ボックス [DVD]

posted by Jasmine at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

魔王 #11

ソ記者はオスに挑発的な態度を取り、宅配は来たけど中は空だったと
タロットカードのことは認めない。
“1度人を殺せば、2度目は簡単と”と言われて、オスはソ記者を殴ってしまう。

12年前、オスは父親に事件の真相を話そうとするが聞いてもらえずに
橋から飛び降り自殺を考えるけど出来なかったことを思い出していた。
その頃、スンハも1テフンが死んだ場所で兄との思い出や母親が目の前で交通事故で
死んだことを思い出していた。

オス父はソクジンに運転させて、誰かにヤツの動きを探れと命令していた。
ヤツとはソ記者のことかな?

オスはヘインから「神曲」の本を透視して、写真の入った宅配がコンビニから
発送されたと知らされて、そのコンビニを見つけ出し、スンギ宛てに宅配が
送られていたことを突き止める。
オスはソクジンとスンギを呼び出すが、スンギは写真のことをすぐに認めずに
出て行った所をヘインをすれ違う。

ヘインはビジョンに出てきたスンギの跡を付けて、彼がヨンチョルと会っていて
脅迫していたみたいだったとオスに報告。
スンギはヨンチョルに“俺たちのことを黙っていた理由を知っている”
と言っていたが、ナイフがヨンチョルの物だったと知っているのかな?

スンハにも宅配が届き、黄色封筒にタロットカードが入っていた。
今までは赤か青の封筒なのに黄色とは?

スンハはヘインを昼食に誘って食堂で食べるけど、帰りに道に“また行きましょう”
と言うヘインに“一緒には行かない”とスンハは答えた。
スンハはヘインに救いを求めていたのかと思ったけど、これは決別するってことかな?

ソ記者はテソンの写真を入手しようと学校を当たるがどこにもなかった。
そしてソ記者はスンハの自宅を訪ねて、チョン・テソン弁護士と呼ぶ。
記者だけあって、写真はなくてもスンハがテソンだとわかったのだろう。
でも肝心のオスがそれに早く気づいてくれないと。

魔王 MAKING FILM DVD プレミアムBOX

posted by Jasmine at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

魔王 #10

ついにスンハの正体が、そして12年前の事件に隠された真相が…。

オスへ送られた“月”のタロットカードの意味は“待つこと”という意味で
ヘインはその「神曲」の本を透視するけど何もビジョンが現われない。
これは本を置いた人物が透視を拒んでいるのか、ヘインのパワーが限界なのか?

オスとミンジェはヘインのビジョンに出てきたコインロッカーを張り込んでいると
ヨンチョルがロッカーから何かを取り出すのを見て、オスが取り上げるが
ただの原稿で、そんなオスに対してヨンチョルは“お前は何も変わっていない”
とキツイ一言にショックを受けるオス。

12年前にオスがテフンを刺したところが曖昧だったけど、テフンはナイフを避けたけど
バランスを崩してオスに倒れ込んできて、ナイフが刺さってしまったのだ。
オスは刺そうとしたのは悪いけど、これは事故だったってことだけど
この真実はオスしか知らないのかな?

スンギにまた宅配が届いて、その中にはオスの兄 ヒスとソクジンの彼女の写真があった。
スンギがヒス宅に向かい、ソクジンの彼女がヒスの妻だと知る。
ヘインは図書館で再度、「神曲」の本を透視していて倒れてしまう。
そこへ来たスンハはヘインを病院へと運ぶ。

ソ記者はテフン弟が死んだ件を調べ出して、事故現場で当時のことを知っている
おじいさんからテフン弟と友達はいつも一緒にいたが、友達がトラックにひき逃げされて
テフン弟は姿を消したが、姿を消す前におじいさんがテソン(スンハ弟)を呼ぶと
自分はスンハだと死んだスンハの名前を名乗っていた。
こうやってテソンとスンハが入れ替わったということ。
スンハが姉さんと呼んでいたのは本物のスンハの姉なのかな?

ヘインはタロットを透視にするとコンビニの前でピエロの姿が見えた。
オスは最近、開店したコンビニを当たると、そこからソ記者宛てに宅配を発送していた。
オスは帰宅したソ記者に宅配の件を聞こうとすると、ソ記者が先に話があると。
ソ記者はテソンが生きていることをオスに教えると思えないし、次のターゲットは
彼だと思うので真相がまた闇の中に葬られそう。

ソクジンとスンギは敵対関係になってきて、これも復讐者の狙いかな?
スンハはソラ母が“ガス銃を送ってきた人のせいで人殺しになった。”と言われて
教会で懺悔しようとしたりとちょっと後悔との葛藤が始まったかも。

「魔王」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)

posted by Jasmine at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

魔王 #9

ヨンチョルの職場を訪ねたオスは話を聞こうとするがヨンチョルは逃げるように
去ろうとして車に撥ねられそうに。
事件への関与は否定していたけど、オドオドしているヨンチョルがオスが怖いのと
事件のことを聞かれての両方入り混じっていてますます挙動不審。

12年前、イジメられていたヨンチョルはナイフでオスたちを殺そうとしたのをテフンが止めて
テフンにナイフを預けるが、そのナイフで死んでしまってヨンチョルは真実を
打ち明けなかったことを後悔しているのだろうか。

スンハはヘインに付きまとっているソ記者を警告する。
グァンドゥ事務長はテフン弟の消息を調べると母親はオスの無罪判決が出た日に
交通事故で弟はその3ヶ月後に死亡していた。それを聞かされたオスはショックを受ける。
グァンドゥ事務長はオスのことを許せないけど、事件後に転勤になりテフン弟を
忘れていたのを悔やんでいたけど、死んだ誰かを身代わりにしてるだけだと思うけど。

スンギに宅配が届き、中にソクジンとオス兄嫁が抱き合っている写真が入っていた。
それを見せられたソクジンは慌てて写真をトイレに流した所にオスが部屋に入ってきて
宅配のことを知って、ソクジンに写真のことを問いただすが彼女は留学したと嘘を付く。
スンギとソクジンはお互いを疑い始めて、送り主の狙いは仲間割れなのかな?

オスはソラに連れ去った男がヨンチョルか確認させるが、ソラは知らないと言うが
連れ去ったのはヨンチョルでソラは誰にも言わないという約束を守っていた。
横断歩道を渡りながら、ヨンチョルに指切りの合図を送っていたソラがかわいい。

オスは送られてきたダンテの「神曲」の一説が書かれた手紙と高校時代の写真を
ヘインに透視してもらうと「333」の数字が浮かんだ。
「333」はヘインの働く図書館の分類番号でオスはそのコーナーで「神曲」の本を見つけ
中から自分宛ての封筒に入ったメッセージと月のタロットカードを発見する。
同じ頃、ソ記者の元にも宅配が届いていた。次のターゲットはソ記者かな?

スンハは病院いる盲目女性を訪ねて、彼女を姉さんと呼んでいたけど彼女は誰?
オス父はテフン弟を調べるように命令を出すが、12年前、テフン弟がオス父の訪ねて
“いつかまた会いに来る”と言い残していた。
テフン弟のターゲットにはオス父も入っているのかな?
というか勝手に復讐者はテフン弟と思っております。

魔王 コレクターズ・ボックス [DVD]

posted by Jasmine at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

魔王 #8

オスは本棚を挟んで12年前の事件をヘインに告白する。
ショックを受けたヘインだけど、オスが父親から愛情をもらえない苦悩を知って
信じた道を進めばいい自分を救えるのは自分だけとアドバイス。
オスはチーム長にもう逃げないと告げて、捜査に復帰して、ソラ母が待ち合わせ場所に
現れたところを逮捕する。

その頃、スンハはソラをヘイン母に預けようとヘインを訪ねる。
ソラを見たヘインはビジョンに出てきた子だとオスに電話して、オスが駆けつける。
スンハはソラ母がデシク殺害容疑で逮捕された事を聞き、12年前の事件を持ち出して
オスに対してトゲのある言い方で挑発的。
3人の様子を誰かが観察していたけど、ソ記者かな?

ソラ母を取り調べるとデシクの机の上にソラが持っていたぬいぐるみがあったので
デシクが誘拐したと思い、ガス銃を発射した。
その銃は自分で買ったと嘘を付くが、それはソラの夫の名前で送られていた。
住所が山というのはスンハの母兄が眠る場所かな?

ソラにぬいぐるみをプレゼントした人物とデシクに宅配を送った人物は同じだと
ヘインはソラのぬいぐるみを透視すると、12年前のヨンチョル、出版社
グァンドゥ事務長とソラの出会い、お金を数えてるスンギが出てきた。

オスはぬいぐるみをあげたのはヨンチョルだと思って、卒業アルバムから写真を
切り取ってヘインに見せるけど、確認出来ない。
ヨンチョルの消息を捜索すると勤めている出版社はジュンピョの雑誌と同じ出版社。

こうなると容疑者はテフンの弟とヨンチョルに絞られてきて、12年前の事件が発端と
チーム長はオスに席を外させて、チームのみんなに12年前の事件を話して
とりあえず、このままオスは捜査に参加することになる。
オスはひとりで残業をしていたヨンチョルを訪ねて行き、ヨンチョルはすごく驚いていた。

グァンドゥ事務長も事件について単独で調べ始めたけど、スンハが事件に絡むことで
少しは変だと思っているのかな?
オス兄嫁はスンギに声を掛けられて、夫にバレると慌ててトイレに逃げたけど
これでオス兄はソクジンと妻の関係を確信しただろう。
ヘインのビジョンにスンギが出てくるのが気になるな。

魔王 MAKING FILM DVD プレミアムBOX

posted by Jasmine at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ