2022年08月27日

FBI:インターナショナル #6

核関連の最高機密を知るエネルギー省の
職員ブリジットがパリで行われるイラン
との核合意交渉を前に部屋に血痕を残し
行方不明になる。

フライチームは陸軍少将フィンリーの
指示でブリジットを捜索することに。
ブリジットはヨーロッパでアメリカが
ひそかに核兵器を保管してる場所を
知ってるので彼女に発砲許可が出た。

ブリジットは失踪前にバーで出会った
男性と飲んでたが、男性は酔った彼女を
部屋に送るとしらふに戻り、追い出され
彼女とは何もなかったと言う。

部屋にあった血痕は数時間経ってるのに
凝固せず、ブリジットは事前に採取した
血液を部屋に撒き、逃走資金を引き出し
自作自演だったと判明する。

ブリジットは2015年のイランとの核合意
成立でイラン側の交渉役アリと関係を
持ったとアリを追及すると関係を認めた。

ブリジットはイランにアリとの関係を
知られ、スパイになることを迫られて
断ったが、アメリカ側のスパイ2人が
処刑されたのはブリジットの情報だと
アメリカに知らせると脅されていた。

ブリジットが引き出した金はアリが
用意した金だった。その金を使って
ブリジットは警備会社にアリとの
国境越えを依頼したとわかる。
アリの部屋を訪ねると後任者がいて
イランにバレて始末されたと思われた。

それを知ったブリジットは失意の末に
橋から飛び降りようとしてたのを発見し
フォレスターとケレットが説得したが
フィンリー少将に連行された。

フォレスターはCIAからもらった母親の
写真を元に場所を突き止めたが
フィンリー少将から母親に関する情報の
閲覧を禁止され、母親の写真や調査結果
を焼却しろと言われた。何かありそう。

posted by Jasmine at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月19日

FBI:インターナショナル #5

ポーランドのクラクフの路上でアメリカ人
ジャーナリストのブレイクが毒殺された。
人が集まる中、男がブレイクのカバンから
USBを盗み出した。

ロシアが絡む毒殺事件と推測する。
ブレイクが最後に話したポーランド人記者
アリーナに話を聞くとブレイクは情報源に
会いに来たが内容は知らないと言う。

滞在先のホテルのレストランで予約は
2名なのにずっと1人で部屋から放射性
物質が検出され、仕込まれたと判明する。

放射能反応が出た他の部屋にロシア人の
男2人が泊ってたとわかる。
フォレスターとレインズは尾行してきた
男を捕まえるとCIA捜査官のラファティで
ブレイクから回収したUSBを渡されるが
捜査内容は明かさない。

USBからロシアの新ミサイル技術の証拠
が見つかり、ブレイクは情報源と会い
確証を得ようとしたと推測する。

ブレイクの妻からポーランド人の女性
記者から持ち込まれたネタと聞いて
アリーナを訪ねると自分も殺されると
話してるとタンクが近づく暗殺者に
気付いて、アリーナをバスタブに隠した。

フォレスターとヴォーが応戦してると
窓から入った男がバスタブのドアを
開けるとタンクが襲い掛かった。

アリーナによるとブレイクの情報源は
ロシア国防省の高官でコードネームは
“ダーシャ”でCIAの狙いは彼だった。

アリーナをダーシャに接触させようと
するが怯える彼女には無理と判断して
ケレットがなりすますことに。

ロシア側もその情報をキャッチして
ケレットを消そうと毒針を持って
襲い掛かるが反撃されて毒殺された。
騒ぎを見たダーシャに逃げられたが
謎解きのメールが届き、ダーシャから
USBを入手できた。

この証拠からロシアと取引して
外国人ジャーナリストの身の安全を
保証させたが信用できるの?

フォレスターはラファティから情報の
お返しに2週間前にモスクワで撮られた
母親の写真を渡される。
そのうち母親が登場しそうだね。

posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月12日

FBI:インターナショナル #4

マドリードに留学中のエドモンソンは
恋人のラファエルの遺体を発見して
通報したが疑われるとパニックになり
アメリカ大使館に保護を求めた。

マドリード警察のディアス警部は
エドモンソンを犯人と決めて付けて
ラファエルは旧家の息子なので
ちゃんと検視せずに遺体を家族に
引き渡したりと特別扱いをする。

エドモンソンはラファエルの部屋の前に
男がいたと証言し、隣人はラファエルが
お金のことで男と口論するのを聞いてた。

アメリカ大使館では新任大使主催の
舞踏会が開かれるのでエドモンソンを
言いくるめて、警察に引き渡した。

ラファエルは家族にカミングアウトした
と聞いて、ラファエルの兄に会うと
真実を知るにはあなたの力が必要と
ラファエルの職場に協力を頼んでもらう。

ラファエルは会社から横領していて
送金先はアメリカのエドモンソンの
口座と判明する。

エドモンソンはラファエルからビザの
書類と言われ、サインしたと口座開設と
知らなかった。犯行時に店でケーキを
買ったアリバイが証明された。

マドリード警察はラファエル母の圧力で
FBIの協力は必要ないと追い出した。
内勤で居残りのケレットが金融犯罪取締
ネットワーク局に照合し、口座から金を
引き出した男を突き止めた。

フォレスターは大使を説得し、警察との
捜査に戻り、エドモンソンは金を引き出
した男が部屋の前にいた男と確認した。

男はムニョスで彼が犯人と警察も確信し
一緒にムニョスを逮捕した。
ムニョスは出会ったラファエルにゲイだと
家族にバラすと脅し、横領させてたが
カミングアウトしたので協力を拒否され
口論の末に殺害した。

ラファエルの兄はエドモンソンにたとえ
1週間でも自分らしく生きられ、兄として
嬉しかった。君が弟に勇気をくれた。
大切な人を失ってつらいのは同じだと
言ってくれたのが救いかな。

今回はタンクの活躍がなくて残念でした。
フォレスターとケレットは付き合ってると
チームにバレてると気付いてないし。

posted by Jasmine at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月05日

FBI:インターナショナル #3

スイスのアルプスの峠でアメリカ人の
男女が強盗に襲われた。銀行へ運搬中の
仮想通貨ウォレットを奪われ、男性は
射殺されて女性は抵抗して崖から
飛び降りて助かった。

ウォレットの所有者は大富豪のウェッブ
で追跡装置はないがパスワードがないと
取り出すことはできないと。

ケレットは地元の情報源に会いに行くと
強盗犯の1人と鉢合わせして撃たれた。
搬送されたケレットは手術を受ける。

手術が成功したケレットに面会した
フォレスターは彼女の手に数字が
書かれてると気付く。それは情報源の
アパートの前に駐車した車のナンバーで
車は燃やされていたがレンタカーで
行き先を調べると銀行の警備担当者の
シュミットの家に寄っていた。

シュミットは情報源に搬送の情報を
流したと供述し、強盗犯の主犯を特定。
シュミットに分け前をよこせと主犯に
電話させるとウォレットにパスワード
が必要でウェッブと取引すると言う。

取引現場でタンクが主犯の男を追跡し
捕まえたがケレットを撃った男には
逃げられてしまう。主犯と取引して
ケレットを撃った男を捕まえた。

フォレスターは傲慢なウェッブを殴り
ウェッヴは警察に逮捕しろと言うが
スイスは中立国だと言われた。

死の淵から生還したケレットは
キャリアより大事な人たちが頭に
浮かぶとNYへの異動をやめると
チームに残ることに。

posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月29日

FBI:インターナショナル #2

ハンガリー人のカティアは元夫ゲイリー
と共同親権になっているアメリカ国籍の
息子デヴィッドを無断でハンガリーに
連れ去ったと誘拐の容疑がかかる。

フォレスターとケレットはカティアを
逮捕に行くとデヴィッドが男たちに
誘拐されるのを目撃する。

カティアは元夫からのDVで離婚したが
息子にも暴力をふるったので逃げたと
主張し、ヴォーとレインズは信じたが
フォレスターは芝居かもと慎重だった。

誘拐犯の車が駅で発見された。
ホームで2人組の男といたデヴィッドを
発見するが気付かれて発砲してきた。
逃げた1人はタンクが追跡して捕まえた
がデヴィッドを人質にした男は車を
奪って逃走してしまう。

誘拐したのは“父のプライド”という
組織のメンバーで母親から子供を
奪い返すことを目的にしていた。

ニューヨーク支局のジュバルにゲイリー
のことを調べてもらうと従業員への
ハラスメントで接近禁止命令が出て
経営状態が悪化していると。

ブタペストに到着したゲイリーを逮捕し
ユーロポートのイェーガーと一芝居を
してゲイリーを泳がせて追跡する。

誘拐犯がゲイリーに息子を引き渡し
そこに突入して誘拐犯は逮捕したが
ゲイリーは息子を連れて逃走する。

追い詰めたフォレスターはデヴィッドが
発作を起こしてると説得するがゲイリー
は息子を道ずれに崖に車を走らせるが
ケレットが車で体当たりして阻止した。

デヴィッドは薬を投与して助かった。
フォレスターはデヴィッドから父親から
暴力を振るわれたことを聞き出した。
ゲイリーは子供を誘拐させ心中未遂を
したのでカティアの逮捕状は却下された。

フォレスターの両親は外交官で父親は
現役で母親のアンジェラ・キャシディは
国務省の外交官だったが機密情報を
ロシアに売ったスパイ容疑をかけられて
姿を消していた。いずれ登場するかな?

ケレットは希望してたニューヨーク支局
への異動が決まった。
フォレスターには自分から話したけど
もういなくなってしまうの?

posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ