2022年11月27日

FBI:インターナショナル #19

ベルギーにある研究ラボが銃撃される。
新型コロナウイルス感染症対策の権威
ミショー博士らが研究を行っていて
メッセンジャーRNAの研究をしている
ステイトン博士が死亡する。

パンデミックで注目されたミショー博士
に脅迫メールが届いていた。
狙撃場所から見つかった薬きょうなど
から空軍基地から狙撃兵ヤンスと共に
武器が消えたと判明する。

ヤンスはEUのコロナ対策を批判し
反科学や反政府を掲げた声明文と
標的リストを残していた。
ミショー博士と妻子の名前もあり
一家を保護する。

ヤンスは危険人物なのに軍は何もせず
母親は息子は無実だと政府批判するが
ケレットが諭し、キャンプ道具を持ち
ミューズ川付近に向かったと聞き出す。
土地勘がある国立公園でヤンスの車が
発見されたが罠で襲撃を受ける。

標的リストにヤンスが知るはずもない
無名の科学者の名前があり、文体も
一致せず、ミショーへの脅迫メール
から助手のクラースが浮上する。

クラースを逮捕するがミショー博士の
隠れ家がヤンスにバレていた。
こんな大変な時にユーロポールの副長官
はイェーガーが気に入らなくて外した。

フォレスターとケレットはヤンスが
近くにいると潜伏場所を探してると
副長官は博士と家族を新しい隠れ家に
移動すると言う。

フォレスターは危険だと反対するが
副長官は移送を強行し、車に乗ろうとする
博士が撃たれた。

ケレットはヤンスがいる屋上に向かうが
ヤンスに銃を突き付けられる。ヤンスを
説得するが彼は屋上から飛び降りた。

撃たれたミショー博士は助かったが
副長官は責任をイェーガーに押し付け
彼女を解任するなんて酷すぎる。

イェーガーのおかげでフライチームは
どの国に行っても捜査することができたし
ここは抗議するべきだと思う。

posted by Jasmine at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月20日

FBI:インターナショナル #18

ドナウ川でクルーズ船が2人組に襲撃され
犯人に飛び掛かった乗客1人が死亡し
子供を含む4人が負傷する事件が発生する。
アメリカの船だったのでフライチームが
捜査をすることに。

乗客が犯人に飛び掛かったことで計画が
狂って逃走したが、乗組員のロッカーが
荒らされてたので何かを探してたと推測し
タンクが久々に出動する。タンクはすぐに
貯蔵室にある大量の豆の缶詰に反応して
缶詰からヘロインが発見される。

ヘロインはドナウ川を流通経路にしてる
バルカン・カルテルのドラッグで死亡した
乗客はドラッグの見張り役で乗船してた。

会社は乗組員の身元調査をしてなくて
船長は離婚して金銭問題を抱えていた。
貯蔵室を管理してたのは船長の弟の
セバスチャンで姿を消していた。

セバスチャンが何度も訪れたパブの
店員はセバスチャンが借金取りに
船でドラッグを運んでいてロッカーに
してると話してるのを聞いていた。

弟から船長に山の写真が送信された。
兄弟で暗号みたいに写真を送っていて
船長に安全だと山の写真を返信させると
どこに行けばいい?と返事が来たので
船長は自分に自宅に呼び出した。

フライチームは外から部屋を監視するが
死角で兄弟の姿が見えず、音声から
揉めて銃声が聞こえたので駆けつけると
船長がもみ合って弟を射殺したと言う。

フォレスターは納得できずに音声を
処理すると撃たれる前に弟はどうして?
と言っていた。船長もドラッグの密輸に
関与し、それを隠すために弟を殺した。

捜査中にフォレスターが語学を習ってる
サラがブダペストで乗船してたとわかり
フォレスターは目的があって近づいたと
彼女を責めたが観光ガイドの客を
迎えに行っただけだった。

フォレスターはサラに謝罪に行くが
許してもらえずにケレットを訪ねた。
サラは何かあると疑ってたがただの
先生だった。結局ケレットとヨリを
戻すために登場しただけ?
posted by Jasmine at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月11日

FBI:インターナショナル #17

フランスのオクシタニに夫婦で移住して
ワイナリーを経営するアメリカ人の
ダニエルが射殺される事件が発生する。

地域にCRAVという過激なワイン生産者
団体があり、ダニエルたちは嫌がらせを
受けていたが地元警察はCRAVを擁護する。

ワイナリーの共同経営者ヘンリーは
CRAVのリーダーのギヨームの幅寄せで
ワイン出荷用のタンカーが横転して
ヘンリーがCRAVに取り囲まれてるところ
を通りかかったフォレスターが助けた。

レストランを経営してるアメリカ人に
話を聞きに行くと、従業員が会話を
録音してるのを発見したフォレスター
にナイフで襲い掛かり逮捕した。
男はギョームに雇われていた。

ヘンリーとギョームはそれぞれCRAVから
追放されたモローと電話していた。
モローの携帯を追跡するとダニエルの
家に向かってるとわかる。

ケレットは妊娠中のダニエルの妻から
心細くて連絡が入ったので会いに行くと
そこにモローが現れた。ケレットは
モローと争いの末に彼を倒した。

モローのスマホからヘンリーに連絡を
入れると現れたのはヘンリー妻だった。
ヘンリーも連行して取り調べるが
関与を否定し、フォレスターは妻に
椅子取りゲームの椅子は1つだと言う。

ダニエルがヘンリーを従業員扱いして
不満だったのでワイナリーから手を
引かせようとモローに脅させてたが
モローから大金を要求され、払わない
と殺すと脅されたとダニエルを殺す
つもりはなかったと妻は供述する。

ギョームは事件と無関係とわかり
会いに来たギョームは和解のつもりか
フォレスターにワインを渡した。

支局に戻ったフォレスターはケレットに
貰ったワインを飲もうと言われるが
予定があると断り、ハンガリー語を
習ってる女性に会いに行く。

遅刻したお詫びに食事に行くことになり
彼女の様子から何かありそう。
フォレスターは任務で会ってるのかな?
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月04日

FBI:インターナショナル #16

ヴォーは見学に行ったジムで幼馴染の
ソープと再会し、飲みに行くが急用が
できたとソープを店を出て、彼を追って
店を出た男が射殺された。

被害者は賭博取締官トゥルクと判明する。
ソープはヴォーにFBIを辞めたと話したが
宣誓供述書を偽造して解雇されていた。
第一発見者のヴォーはソープが容疑者
となり、自宅待機を命じられる。

ヴォーが家に戻るとソープがいて
トゥルクを殺してないとベガスのカジノ
で働いていて、トゥルクがボスから
金を盗んで命を狙われてたと言う。

ボスのコヴァッチュがベガスでカジノを
作るためにロシアマフィアから金を借り
ブダペストのカジノで金を洗浄すると
話してるとケレットが訪ねてきて
ソープは逃げたがヴォーに電話が入り
保護と免責を条件に彼を捕まえた。

ソープはコヴァッチュの用心棒の
ベンコがトゥルクを殺害したと言う。
ソープがヴォーを資金洗浄したい客と
コヴァッチュに紹介しておとり捜査を
するが金の受け渡しで、コヴァッチュは
ロシアマフィアの金の穴埋めのため
ヴォーたちを殺して金を奪おうとする。

現場を離れたコヴァッチュは逮捕され
ヴォーたちは抵抗し、ベンコと銃撃戦に
なるが監視してた仲間が射殺した。
ソープはコヴァッチュの計画は知らな
かったと言う。ベンコの銃がトゥルク
殺害の凶器と判明した。

カジノに荷物を取りに行くソープを
ヴォーが送るとフォレスターから
ソープをすぐ連れ戻せと電話が入る。
その隙にソープはエレベーターに乗り
姿を消してしまう。

カジノから金を盗んでたのはソープで
ヴォーは騙されていたと判明。
ソープに逃げられたと思ったがヴォーは
彼が偽造パスポートを使うと思いつき
レインズがマラケシュ行きの便を予約
してると突き止め、ソープを逮捕した。

幼なじみに裏切られるなんてヴォーは
辛いよな。フォレスターはソープとの
関係を疑ってたが、ヴォーは同僚とは
付き合わないと言い切ったのは良かった。
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月29日

FBI:インターナショナル #15

レインズの妹ジョーダンは恋人イーサンと
友達グレイスとベオグラードに行くはずが
イーサンがコソボにいる友人レオンに会う
と駅前で待ってると突然男たちに襲われ
ジョーダンとグレイスが拉致された。

レインズの携帯電話に妹ジョーダンから
留守電が残されたが通りの音のみで
伝言が入ってないので不審に思って
位置情報を調べるとコソボにいた。

そんな時に司法業務査察室のポーターが
また支局へ調査にやって来た。
ユーロポールはコソボと協定を結んだ
ところでイェーガーが現地の同僚に
連絡を取るまで待つように言われたが
レインズは単独でコソボに向かった。

コソボでイーサンからドラッグを買う
ためレオンに会いに来たと話を聞いてた
レインズは地元警察に連行された。

身元確認が取れてレインズは釈放となり
刑事のトルカがレインズにメモを渡した。
そのメモからレオンの住所を突き止めて
会いに行くとイーサンがいた。

レオンが探偵のアルコットと戻ってきて
別の男にレインズは襲われて争いになり
窓を破って外に出るとトルカが現れて
彼の車に乗り込んで逃げた。

イーサンの遺体が発見された。
レオンの兄といとこが誘拐の実行犯で
アルコットも誘拐ビジネスの仲間だと
レインズたちが追求し、ジョーダンは
郊外の工場にいるとわかる。

レインズとトルカが侵入するとレオンが
グレイスを連れ出したのでレインズが
捕まえてグレイスを助けた。レインズは
レオンにイーサンもグルだったのか
尋ねると、彼を騙したと言う。

トルカが射殺され、彼が呼んだ警察が
到着し、犯人たちは捕まったが
レインズはジョーダンを救出に行くと
突入した警官に連行された。

地元警察はレインズを犯人扱いするが
トルカの相棒に彼の助けで妹を救えた
命の恩人だと言うと、トルカの妻子は
NYに移住したので一緒に暮らすために
ビザが必要で協力したのだろうと言う。

そこにイェーガーが乗り込んできて
レインズと妹たちは釈放された。
グレイスの親はプライベートジェット
で迎えに来たので、彼女の親から
身代金を得るのが目的だったらしい。

ポーターはフォレスターがケレットと
付合ってることや母親のことを追求する。
ケレットはポーターを尾行すると
売春婦に会う口実に調査に来てたと
わかって追い払うことに成功した。
posted by Jasmine at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ