2020年01月18日

ハンドメイズ・テイル シーズン2 #3

廃墟のビルで2ヶ月過ごしたジューンはニックから
ここを出られるが行き先はわからないが探ると
ハンナも捜してると言われ、行けないと言うが
皆とハンナのために逃げるべきだと説得される。

突然、迎えの男が現れて、ジューンはトラックで
別の場所に移動するとそこに置いて行かれた。
次に迎えに来たオマーンはジューンの名前と
母親の旧姓を尋ねて確認すると、ウースターの
飛行場から明日の夜カナダから闇市場の荷物を
運んでる男がいると協力者の家に送ると言われる。

ところがオマーンの携帯に協力者の家がバレたと
電話が入り、ジューンを置いていこうとするが
ジューンは車の前に立って置いてかないでと懇願。

オマーンは仕方なくジューンを車に乗せると自宅
アパートに連れて帰ると妻と幼い息子がいた。
妻は反対したがジューンを家に匿うことに。

カナダに逃げたモイラはルークと一緒に暮らし
移住者のセンターで働いていた。
過去のシーンでジューンの母親が登場した。
母親は女性の人権活動をしていた。
センターで侍女の教育を受けてたジューンは
コロニーの写真に母親の姿を発見する。

オマーンたちは教会に出かけ、ジューンは1人で
部屋にいると誰かが訪ねてきたのでジューンは
ベッドの下に隠れる。ベッドの下に隠してた
イスラム教の本と礼拝マットを見つける。

2時に戻るはずのオマーンたちが5時を過ぎても
戻らないので、ジューンは洋服を借りて外に出て
電車に乗って終点で降りて森に入ると
ハンナと生き別れた時のことを思い出す。

飛行場に着いたジューンが待っていると夜になり
飛行機が到着し、司令官の運転手の男も現れて
2人は飛行機に乗ったが銃撃されて操縦士は撃たれ
運転手とジューンは飛行機から引きずり出された。

あともうちょっとだったのに。
そう簡単には逃げられないのがドラマです。
オマーンは妻子と暮らす“便利者”と呼ばれる
庶民のようで、ジューンたちも逃げなければ
家族で暮らすことが出来たのかな?

The Handmaid’s Tale: Season Three [Blu-ray] - Elisabeth Moss

posted by Jasmine at 21:27 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

ハンドメイズ・テイル シーズン2 #2

ジューンは廃墟のボストングローブの建物に
移動して隠れていた。建物内を見ていると
首つり縄や壁に銃弾の痕を見つける。

ニックが建物にやってきた。動揺するジューンは
ここを出ようと言うが妊婦のジューンは徹底的に
捜される。数週間で出て行けると言われると
ジューンはハンナを取り返すと鍵を渡してと
ニックは止めるが聞かないので仕方なく鍵を渡すと
ジューンは車に乗るがエンジンをかけなかった。
車から降りたジューンはニックと激しく愛し合う。

オブグレンことエミリーはコロニー送りとなり
汚染物質の除去作業をさせられていた。
コロニーで働く体調が悪い女性たちに入手した
薬を配っていた。

かつてエミリーは大学で講義を受け持っていた。
同性婚のエミリーは学生に悪影響を与えると
講義をから外される。同僚男性も同性愛者で
彼の写真を隠していることを告げられる。
それでもエミリーは講義を続けると言う。

ところが同僚男性が大学内で首吊りにされて
その下には“ホモ”と書かれていた。
エミリーは妻シルビアと子供を連れてカナダに
行こうと大混乱の空港にやってくる。

妻と子供はカナダ国籍でエミリーは結婚証明書が
あるので一緒にカナダに入国できるはずだったが
空港にいる間に法律が変わって認められないと
エミリーは抗議するがダメで妻と子供だけを
カナダに先に行かせた。

バスが到着し、新しい女性たちが降りてくるが
その中に夫人のコートを来た女性がいた。
エミリーは夫人にも優しく接して、薬を飲ませるが
夫人は苦しみ出し、エミリーは毎月あなたは夫が
女をレイプするのに協力したと告げる。

そして夫人の遺体が木の十字架に縛られた。
またバスが到着し、ジャニーンを見つけた
エミリーは声をかけるが引き離される。

ジューンは新聞社の社員たちのデスクから
写真などを集めて祭壇を作った。

皆が恐れるコロニーの実態が明らかになった。
マスクや防護服もなしで作業をさせられていた。
エミリーとジャニーンがここで再会するとは。
何とか2人にここから脱出してほしい。

The Handmaid’s Tale: Season Two [Blu-ray]

posted by Jasmine at 21:23 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

ハンドメイズ・テイル シーズン2 #1

目に連行されたオブフレッドは廃墟となった
フェンウェイ・パークに連れて行かれる。
他の侍女たちと共に絞首台に並ばされると
合図で処刑が執行されるのかと思ったら
絞首台の床が落ちなかった。

リディアおばが現れて、心を尽くし神である
主を愛しなさい。主と共に歩み、主をおそれ敬い
主に付き従いなさい。主の言葉にそして地上に
いる僕の言葉に従いなさい。さもなくば痛みと
共に主の裁きが下るでしょう。それが主の愛
だからです。これを戒めにしなさいと告げる。

侍女たちの首の縄は外され、雨が降る中で石を
持たされる罰を受けていた。リディアおばは
オブフレッドが妊娠してると知らされると
涙を流しながら鐘を鳴らす。

オブフレッドだけ室内に連れて行かれて
乾いた服に食事を用意される。食事を拒否する
オブフレッドは鎖につながれた妊婦のところに
連れて行かれ、洗浄液を飲んでお腹の子を危険に
さらしたと、リディアおばはオブフレッドに
頑なな態度をとるならこちらも考えがある。
9か月は長いわよと言われる。

オブフレッドが食事をしている前にずぶ濡れの
侍女たちが連れてこられ、1人ずつ厨房のコンロで
手を焼かれる。叫び声がする中、オブフレッドは
食事してるし。

検診を受けるオブフレッドの元にセリーナが来て
もう反抗は許さない。二度とこざかしいマネは
させないと言うと、興奮しないで、セリーナ。
お腹の子に悪いとオブフレッドは言い返した。

ウォーターフォードも到着し、検診が始まると
モニターに映る胎児の姿に夫妻は感動する。
夫妻たちが部屋を出て、最後に部屋を出た男に
“幸運を祈る、ジューン。”と言われた。

オブフレッドはブーツの中に入れられた鍵を見つけ
出入口とは別のドアをその鍵で開けて出ると
壁にある赤い印を進んで冷凍トラックに乗り込む。

トラックは建物に到着し、運転手にここで
待ってろ。人が来ると言われ、建物に入った
オブフレッドはニックと再会する。

ニックはオブフレッドに服を着替えて髪を切れと
今は街の外に逃がすのは難しい。迎えが来るので
安全な場所があるからそこにいろと言われる。

オブフレッドは服を脱いで髪も切ると焼却炉に
入れて燃やすと、ハサミで耳を切ると入れられた
チップを取り出して、ジューンに戻った。

耳をハサミで切るシーンは血がダラダラ流れて
痛々しかった。
ニックはジューンと一緒に逃げるのかな?
ジューンは娘を置いては逃げないと思うけど。

The Handmaid's Tale: Season 1 [Regions 2,4]

posted by Jasmine at 16:38 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

ハンドメイズ・テイル シーズン1 #10(終)

過去、センターに連れて来られたジューンは
耳にチップを埋め込まれた。

オブフレッドは肉屋で受け取った小包を
浴室に隠して、部屋に戻ると突然セリーナに
殴られて額から出血する。
ウォーターフォードとの事がバレてしまった。

セリーナは妊娠検査薬をオブブレッドに渡し
目の前で検査をさせると陽性だった。
ウォーターフォードにオブフレッドとの事を
知ってると忠告し、オブフレッドが妊娠したが
あなたの子じゃないと言う。

リタはオブフレッドの妊娠を喜んでいた。
ニックはオブフレッドから妊娠したと聞いて
お腹を触っているのをセリーナは見ていた。

セリーナはオブフレッドと車で出かけると
オブフレッドを車に残して、建物に入ると
ピンクの服を来た娘のハンナと出てきた。
ハンナの姿を見たオブフレッドは車の窓を叩き
降ろしてと叫ぶが運転手は無視する。

戻って来たセリーナに娘に会わせてと頼むと
私の子が無事なら娘さんも無事よと言われる。
キレたオブフレッドは血も涙もない残酷で
悪魔のような女だと暴言を吐きまくる。

パットナム司令官は夫人が厳罰を望んだことで
腕を切断された。ウォーターフォードは夫人を
怒らせるとマズイと思ったのか帰宅すると
セリーナに謝ってるし。

オブフレッドはニックの部屋に行くがいなくて
書斎にいたウォーターフォードに力を貸して
私の娘を夫人から守ってと懇願する。

部屋に戻ったオブフレッドは小包を開けると
自分と同じような境遇の女性たちが助けを
求める手紙がたくさん入っていた。

救済の儀に参加した侍女たちの前に現れたのは
ジャニーンだった。子供を危険にさらした罪で
石打ちによる死刑だとリディアおばは告げる。
堅物なオブグレンは前に出るとできません
と言うと傭兵に殴られて連行された。

リディアおばが笛を吹いたが誰も石を投げず
オブフレッドは前に出ると傭兵が銃を向けて
リディアおばは手出しは許さないと止めた。

オブフレッドは持っていた石を捨てると
リディアおばにすいませんと謝る。
すると他の侍女たちも石を捨てて謝ったので
リディアおばは全員に反省しなさいと帰らせる。

逃走したモイラはカナダのオンタリオ州に着く。
難民として受け入れられたモイラには様々な
支援品が与えられる。

カナダに家族がいないモイラだったがルークが
家族としてモイラを登録してたことで再会する。
ルークは本当にいい人だね。
2人が協力してジューンとハンナを助けてほしい。

オブフレッドの元に目がやってきた。
ニックはついていけ、俺を信じてと耳打ちし
オブフレッドはリタに浴槽にと耳打ちして
リタは例の手紙を見つけた。
セリーナとウォーターフォードは止められず
オブフレッドはスッキリした様子で車に乗る。

あのオブグレンが真っ先に行動すると意外だった。
侍女たちは仲間意識が強いって証明したね。
ジャニーンは処刑されるのにいつものように
無邪気に痛くしないでねと泣けてくるわ。
連行されたオブフレッドが気になりますが
WOWOWはシーズン2も連続放送で良かった。

The Handmaid's Tale: Season 1 [Regions 2,4]

posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

ハンドメイズ・テイル シーズン1 #9

ジャニーンは赤ちゃんをパットナム夫妻に
引き渡す儀式をして、侍女仲間に見送られて
パットナム家を出ることに。

ジャニーンはご機嫌でオブフレッドに彼が
迎えに来るのと言う。心配したオブフレッドは
リディアおばに彼女は大丈夫?と聞くと
たくましい子です。彼女を見習いなさいと言う。

ジャニーンはオブダニエルとなり、儀式中に
ウォーレンはどこ?と嫌がって取り乱した。
ジャニーンはウォーレンを信じて待っていた。

オブフレッドは情報通の侍女アルマにメーデーを
手伝わせてと言うと何の話かわからないと
言われたが、買い物中にアルマから手伝いたい
なら今夜イゼベルの店でバーのレイチェルから
小包を受け取ってと言われる。

オブフレッドはセリーナが家にいるのに
ウォーターフォードにイゼベルの店に行きたいと
おねだりして連れて行ってもらう。

イゼベルの店でウォーターフォードに抱かれた
オブフレッドはバーに行きたいと言うと
来たがった訳はわかってる。人に会うんだろと
手配しておいたと言われる。

ウォーターフォードはオブフレッドとモイラが
知り合いだと気付いていて会わせてくれた。
オブフレッドはモイラに小包を受け取って来て
ほしいと頼むが、モイラはヤバいものだったら
と怒って断られてしまう。

早朝にオブフレッドはセリーナに起こされて
車で連れて行かれる。そこではジャニーンが
パットナム家から連れ去った赤ちゃんを抱いて
橋の上に立っていた。
リディアおばはオブフレッドに説得を頼む。

オブフレッドはジャニーンに元の世界に戻ったら
一緒に飲みに行こうと話しかけるとジャニーンは
モイラも?アルマも?カラオケする?と喜んだ。

オブフレッドは一緒に来てと言われるが娘が
いるから無理とその子のことを考えてと言い
ジャニーンはオブフレッドに赤ちゃんを渡すと
じゃあねと橋から飛び降りてしまった。

ジャニーンは死んだのかと思ったら意識不明で
病室にいて、リディアおばが付き添っていた。
パットナムはジャニーンと深入りしすぎて
連行されてしまう。

夫人は夫が連行され、赤ちゃんは泣き止まず
セリーナが手伝おうとするとパットナム夫人から
あなたのご主人は大丈夫?と言われたことで
オブフレッドに疑いの目を向けそう。

オブフレッドは肉屋で司令官用にいい肉があると
小包を渡される。誰もいないところで開けると
“主に感謝を、お望みの小包よ”とモイラからの
メッセージがあった。

モイラはイゼベルの店を出て、国外脱出するの?
次回のシーズンフィナーレが楽しみです。

The Handmaid’s Tale: Season Three [DVD]


posted by Jasmine at 21:25 | Comment(0) | ハンドメイズ・テイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする