2017年11月18日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #2

テリーの妻の葬儀にヒルディたち殺人課の刑事たちも参列する。
その頃、バーンサイド検視官はシンディの遺体を解剖して殺人と断定し、
彼女は妊娠2か月だったことが判明する。

テリーはナイヤースとシンディの両方がブラント絡みなのでブラントを
調べたいと言うが、ヒルディはナイヤース殺害でウォルトンを逮捕して
解決し、ブラントにはアリバイがあると言う。

ウォルトンは公選弁護人グロフからナイヤースには遺族がいないので
世間に注目もされてないので、検察から撃ったと認めれば、故殺になり
刑期6年ですぐに仮釈放になるいい取引を提示されたと言われて取引した。

シンディの事件は別居中の夫マークにDVで接近禁止令を出されていたが
事件前夜に車が目撃されて、マークは家にも会社にもいなかった。
毎月20日にチャイナタウンの薬局に処方薬を取りに来ていたので
待ち伏せしてマークを捕まえた。
マーク役が「シカゴ・メッド」のウィルだったのでビックリ。

マークはシンディから解雇されて泣きわめく電話があり、来てほしいと
言われて行って、酔った彼女に平手打ちされてやり返したと認めたが、
事件当夜はバーで飲んでいたとアリバイを主張する。
ヒルディはマークに水のペットボトルを渡し、味方のフリをして話を聞き、
飲んだDNA付のペットボトルを回収。

次にシンディの遺体を発見したパイロットの自宅を訪ねた。
シンディがブラントと機内で揉めてクビにされたが、その後彼女から
仲直りしたとメールが届いたことや2人が関係を持っていたと証言し、
帰り際に風邪をひいていたパイロットが鼻をかんで捨てたティッシュを回収。

ブラントはハーツバーグの勧めで刑事弁護士ウォーレン・ダニエルズと会うが、
シンディはすてきな女性だった。大事に思ってたし、誰より犯人逮捕を望んでる。
あなたを雇うつもりはない。時期尚早だし、誤解を招くと断った。

そして、ブラントはハーツバークと共に自ら警察にやって来た。
協力したいと言い、シンディと付き合ってると認めた。
僕は犯人じゃないと言い、弁護士が退席すると機内で揉めたが仲直りしたこと、
犯行の夜は自宅にCTOのイヴァナが来て、深夜2時頃まで仕事をしていたと言う。

テリーが退席し、残ったヒルディがブラントがあなたの周りの人が次々に
死んでることが偶然と思えない。犯人はあなたでしょと言うと、ブラントは僕を
人として見てない“チャンス”だと、僕をダシにして昇進して有名になりたい?
と金に物を言わせて、この建物内の人物を全員告発してやると、僕は無実だと
冷静に言うと、目を覚ませと出て行き、ペットボトルには手を付けなかった。

シンディのお腹の子の父親が犯人の可能性があり、さらなる検視によって
行為から45分以内に殺されたとわかり、ジャッキー・ぺレス検事は
ブラントのDNAを何としても手に入れてと。

テリーは葬儀に参列した妻の妹を自宅に泊めたが、彼女は姉が恋しいと
バスローブを脱いで全裸になったが、テリーはバスローブを義妹にかけて
優しくハグをして慰めた。
この妹の行動には驚いたが、テリーはそれに乗らなかったのは良かった。

ヒルディはブラントからデートに誘われた。
娘を元夫に預けて、ミニスカに真っ赤な口紅を付けたヒルディは食事後に
ブラントから盗聴器があると疑われたので、チェックしてと彼の手を取り、
自分の胸にあてて、腰まで触らせると、ブラントと濃厚なキスをして別れた。
もしかしてこれはと思ったら、やっぱりキスしてDNAサンプルを入手した。

これで父親と判明しても、DNAの入手方法が問題にならないのかな?
ビバヒルメンバーは劣化している人が多いが、キャスリーン・ロバートソンは
40過ぎてもミニスカ履いて、スタイル維持しているのはプロだね。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 21:18 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #1

このドラマが日本で観られる日が来るなんて嬉しい!
久々のスティーブン・ボチコ作品にどっぷりハマりたいと思います。
キャストも懐かしい「ビバヒル」のクレアに「プラプラ」のサムに
「ハリポタ」のドラコと知っている顔がいるのもいいな。

サンフランシスコ市警のシングルマザーの刑事ヒルディ・モリガンと
相棒で末期ガンの妻がいるテリー・イングリッシュは安ホテルで
発見された薬物中毒者のケヴィン・ナイヤースの射殺事件を担当する。

被害者ナイヤースは亡くなる前に若きシリコンバレーの天才で
アプルソン社CEOのエリック・ブラントに脅迫メールを送っていた。
ヒルディとテリーは元上司ソルターがブラントの警護係をしてたので、
ブラントに会わせてもらうが、ロスに行ってたので未読メールが山積みで、
被害者と面識はないと言う。

ナイヤースは22年前に薬物の過剰摂取で死んだ娼婦のサラ・ハーバック
と組んでいたので、サラの両親を訪ねると、ブラントはサラと
ナイヤースの息子だとわかり、再度ブラントを訪ねると実父だと認めた。

養子だったブラントは両親を探して、ナイヤースに会ったがあの有様で
金を渡して別れたが僕の正体に気づいて公にすると脅してたが、
公表されても誰も気にしないと、言わなかったのは聞かれなかったからと。

事件現場で窃盗をしていた少年Dホップとフランクリンは首に鳥の
タトゥーの男が現場にいたと証言し、密売人のクリス・ウォルトンを
容疑者として逮捕する。

ブラントはレナードからコードを盗んだと、2億ドルと共同経営者を要求され、
和解交渉が決裂してイライラしていたブラントはプライベートジェット機の
乗務員シンディが服にワインをこぼしたので彼女に激怒してクビを告げる。
顧問弁護士のデヴィッド・ハーツバーグはブラントにシンディと寝てたし、
内情を知り過ぎてるので解雇はマズいと言うと、ブラントはなんとかすると。

ブラントと和解したシンディが出勤しないのでパイロットが自宅に行き、
大家に鍵を開けてもらうと、全裸で階段から転落死しているシンディを発見。
ヒルディは部屋でシンディとブラントの写真を発見するが、その時テリーは
妻が亡くなったと連絡を受けていた。

ドラマは1話完結でなく、1シーズン10話で事件が解決するそうで、
長さもちょうどいいし、容疑者が増えたり、予想できない展開もありそうで
サスペンス好きには楽しめる作品になりそう。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season



posted by Jasmine at 00:40 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ