2018年01月26日

MURDER IN THE FIRST シーズン2 #2

アルフィの捜索中に三合会が使う地下溝で警官ウォルトが撃たれて死亡する。
ヒルディが現場に到着すると戦術部隊の弟ジュニアからルイーズは
マイクに?と聞かれ、友達に預けてきたと答えた。

テリーは撃たれたコトー警部補が入院で離脱するので昇進して
警部補代理として捜査を指揮することに。
地下講には14ヵ所の出口があるとわかり、手分けして調べるが
アルフィは見つからなかった。

戦術部隊ジュニアとラフィは音楽が聞こえてくる方の壁をぶち破ると
アルフィの隠れ家を発見する。
手紙が残されていて“人生は美しいだが意味はあるか?”と書かれていた。

署に戻ったテリーは署長から正式に警部補としての任命書を用意され、
コトーのオフィスを使うことに。
食事と睡眠を取るように言われたテリーはダイナーで食事をしていると
ラフィがやってきて、テリーの食事を横取りしながらアピールし
倉庫で2人はセックスする。

アルフィが自宅に戻った形跡があり、両親は離婚協議中で1階に母親、
2階はアルフィ、3階に父親が別々に暮らしていた。
母親のPCに同級生の名前リストがあり、父親は殺しのリストだと言う。

テリーたちは学校に向かうが校内には誰もいなかったが、外で生徒たちが
哀悼に集まっていて、そこにアルフィの母親が来て、ちょっとした騒動に。
生徒たちに自宅に戻るように言い、アルフィ母に殺しのリストを見せると
母親が作った息子の友達リストで人騒がせな両親だった。

アルフィは耳をケガしているので、バーンサイドに写真を見てもらうと
傷が化膿して痛いはずだと言うので医療機関に立ち寄ると推測する。

ゴミを捨てに来た女性がケガをしているアルフィを見つけて自宅に入れると、
ゲームを見つけたアルフィはゲームをすると言う。
次にシャワーを浴びるが、女性はテレビで事件の容疑者として報道されてる
アルフィの写真を見て彼だと気付き、シャワーを終えたアルフィは銃を置き、
女性は撃たないでと懇願する。

アルフィは女性を殺さず、彼女は警察にアルフィのことを話す。
ゲームに勝つまで食べなかったり、“いい指摘だね”が口癖みたいで
心の病気があるのか誰かの声が聞こえるみたいで1人でしゃべってたと。

アルフィはすご腕のハッカーで暗号化されたPCをキーファーが解析すると、
一人称視点のゲーム“ベイ・シティ・ブレッツ”のシュミレーション映像で
サンフランシスコ中で人を殺して回り、民家に入れてもらって体力を
回復したり、人を殺したり娼婦とヤッたりすると主人公の能力値が上がる。

倉庫ライブのシーンもあり、女性がアルフィは夢うつつだったと言ってたので
キーファーは解離性遁走に似てると言い、現実がゲームに置換されて、
行動はゲーム内と同じでゲームの世界を生きてると推測。

ゲームの最後は灯台で手紙の美しい意味はビューティフル・ポイントで
彼の口癖もビューティフル・ポイント(いい指摘だね)なので
“ポイント・ボニータ”の灯台に行くとわかる。

アルフィは灯台にいて、ジュニアは狙撃しようと焦点を合わせるが
警察に気付いたアルフィは中に入ると人質の女の子を連れて出てきた。

テリーの携帯にアルフィから電話が入り、投降するが投降する相手は
ヒルディがいいと、彼女と僕の手紙をよこして、僕の姫はヒルディだと
ルールは“手紙を持つ人とだけ話す”と言うのでヒルディは手紙と人質を
交換だと橋の中央に来てと言う。

橋の中央でヒルディは人質に銃を突きつけたアルフィに手紙をと言われ
人質が先と言うと、君は勝ちたくないのか?終わらせたい。
勝つのは君だけだと言われて手紙を渡すと英雄が姫を救えばゲームは終わる
と言うので、姫は手に入ったでしょ終わりよと言うと、アルフィは
“いい指摘だね”バービーこそ僕の姫だと思ったけど違ったんだ。
ゲームを終わらせてくれ、姫を怪物から救うんだと言う。

ヒルディは怪物じゃない。あなたを助けたいと言うと、俺は敵役だ!
君にはそれだけが解けなかったと言うので、銃を降ろすように言うと
君は勝つ。結末はいつもそう。他の結末があると言うと“いい指摘だね”
と人質を解放するとアルフィは射殺された。

アルフィは精神疾患があるのでゲームの世界を現実で再現した犯行だったが、
逮捕されたダスティンの動機は不明でこの後は地方検事代理となった
シレッティが裁判で戦うことになるのかな?

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season



posted by Jasmine at 00:47 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

MURDER IN THE FIRST シーズン2 #1

シーズン2は番宣でショッキングな事件が起こると知ってたけど、
これほどまでに凄まじいとは思わなかった。

闇の売春斡旋組織に潜入捜査中のサラ・トランが失踪したので、
ヒルディとテリーは通りで聞き込みを行っていた。
近くを通った校外学習に向かうスクールバス内で突然、生徒2人が
銃を乱射し始めて、すぐそばにいたヒルディたちは応援を呼ぶ。

非常ドアから逃げようとした生徒たちは射殺され、運転手も撃たれて、
車内にいた生徒たちも撃たれたが犯人は生徒の1人をわざと逃した。

ヒルディは逃げた生徒メイソンから容疑者はダスティンとアルフィ
と名前を聞いて、バスに接近したテリーに犯人への発砲許可が出るが、
煙幕で見えないようにしてバスから降りるとアルフィは逃げ延びて
伝説になると言い、ダスティンは約束と違うと言う。

戦術部隊が到着し、テリーはダスティンを発見し、人質を取った
ダスティンに投降か死か?と聞くと、自決だと自分の銃口を向けるが
弾切れでテリーたちは発砲して逮捕した。
するとコトーがアルフィに脚を撃たれ、アルフィは現場から逃走した。

シレッティは裁判中の判事に犯人宅の捜索令状にサインをもらいに行くと、
判事は今起きてる?と聞く。
そして、警察が犯人宅に入るがどちらの家にも親はいなかった。

バーンサイド検視官が現場にやってくると、10人の遺体が並べられて、
マスコミのヘリが飛んでるので遺体を覆うように配慮してくれと指示する。
車内の血痕から犯人が座っていた場所を特定し、メイソンは証人として
語らせるために逃がしたと推測。

署には被害者家族が来ていて、アルフィの両親は息子も被害者と思ってたが
ヒルディたちから銃撃犯と言われると、母親は夫にあなたのせいだと取り乱し、
止めようとしたヒルディはビンタされた。

父親はアルフィに統合失調症型の行動と反社会性パーソナリティ障害の
特徴があると、父親は神経科学者で専門は社会病室で息子は病気だと言う。
その頃、アルフィは別の通りに逃げて、タクシーに乗り込んだ。

ダスティンは防弾ベストで命拾いし、テリーはアルフィが死んだと嘘を言う。
アルフィがタクシーでソーマ地区に行ったとわかり、テリーは現場に向かい、
ヒルディはダスティンにソーマの倉庫街で撃たれたと言うと、ダスティンは
だからライブはやめろと言ったのにと言う。

倉庫街のライブ会場にテリーたち20名程の私服警官が入って捜索すると、
テリーはアルフィを発見して追跡すると、地下講を発見して降りて行くが
姿が見えず、無線から“地下講で銃声。警察官が負傷!5H4が負傷だ!”
と聞こえてきた。

襲撃中にヒルディは元夫マイクに娘ルイーズを迎えを頼むが、夜になって
娘に電話すると父親が迎えに来なくて先生といると言うのですぐに
マイクに迎えに行くように留守電を残す。
しかし、父親が迎えに来ないと先生から連絡が入り、断酒したはずのマイクは
ラスベガスで酔っ払っていた。

ペレス地方検事が辞任し、コトーとは終わったみたい。
モルクとナバロのコンビも健在だが、女性刑事のラフィとヒルディの弟が
登場してたので新メンバーになるみたい。
銃撃犯の目的がわからず、サラ・トランの失踪ものちのち絡んでくるのかな?
とこの後の展開が楽しみです。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 00:45 | Comment(2) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #10(終)

シーズンフィナーレ。
ブラントはハーツバーグと共に祖母に自殺した祖父が50万ドルが入った
口座を残したことを話す。これはナイヤーズ殺害の報酬らしい。

ヒルディとテリーは弾道検査室で凶器の銃について説明を受ける。
銃は未登録で分解するとグリップの内側に“1970”と書いてあって、
製造開始が1975年なのでヒルディは警官だった父親が同じ銃を持ってて
バッジ番号を彫ってたと言い、ベテラン鑑識官は登録開始は1980年からだと
登録開始前の銃の可能性が浮上する。

ソルターの銃かと思ったがバッジ番号は“1900”だったので一致せず、
“1970”は飲酒問題でクビになった元警官トゥーミーだった。
トゥーミーは更生して社会復帰施設のカウンセラーをしていた。
凶器の銃は当時持っていた銃とは違うと、バッジ番号は父親の番号を
交換して手に入れたと、お気に入りの番号“1900”を彼に渡したと
ソルターとバッチ番号を交換していた。

ソルターに銃のことを聞くとやっぱり彼の銃で心当たりがある様子だった。
そして、ソルターはブラントに辞めると告げて、渡した銃のことを聞くと
銃なんてもらってないとブラントはソルターが盗聴器をつけてると疑う。

ブラント祖父の遺書の筆圧痕を調べてもらうと、遺書の前に書かれた内容が
“これを読んだらハーツバーグ氏に連絡を。すべて彼に任せてある”
と妻に書いていた。

ヒルディとテリーはブラント祖母に会いに行くと防犯システムを設置中で
警察と話すなと弁護士に言われてると言われたが、令状を持ってくると言い、
家に入れてもらい、ジェームズが自殺に使った銃がナイヤーズ殺しの銃と
一致したことを話すと夫が50万ドルのお金を残してくれたと書類を見せる。

ジェームズは50万ドルの口座から1300ドルを引き出してたのでテリーは
ウォルトンに会いに行くと、家族がいるサクラメントでやり直すと言い、
ナイヤーズから薬代の前払いに1300ドルをもらったことを聞く。

証拠が揃ったがペレスとシレッティはブラント逮捕に確実な証拠がいると
確実に勝てると分かるまで起訴しないと言う。

ブラント祖父は予定表を残していて、口座開設の日にドルマークがあり、
祖母は睡眠薬を飲んで寝るので夫が家を抜け出しても気づかないと言う。
ナイヤース事件の1週間前に夫が留守の時に赤いスポーツカーに乗った
生命保険のセールスマンが訪ねてきたと聞いて、それはビルだと気付く。

ビルはブラントに警察が祖父にソルターの銃を届けたと知ってると言うと
ブラントはビルが盗聴器を付けてると疑って素っ裸にさせて、
自分がプレゼントした時計を潰すと中から盗聴器が出てきた。

ブラントは裏切ったと怒るとビルは俺に何をしてくれた?シンディを奪い、
妻に動画を送り付け結婚を破綻させた。あんたが仕組んだ殺人に共犯として
巻き込んだ。俺とシンディは新しい人生を始める予定だったと言うと、
ブラントは愚かな夢だな。僕が彼女を殺して正解だった。堕ろせと言ったが
拒否されたと雑だったわりにはうまくいった。父を殺した時は完璧だった。
直接的な証拠はまったく残してないと言う。

ブラントは父の死の真相を昨夜知ったと署に1人でやってきた。
ソルターとビルがナイヤースが会社の上場を脅かしてると知って
邪魔者を排除したと言う。

ヒルディとテリーはNSAは遠隔操作で会話をスマホに録音させることが
できるかと尋ねると令状があればできるとブラントが答えたので
逮捕令状を見せて、録音したビルとの会話を聞かせて逮捕した。

ブラントが逮捕されて会社の株価は暴落し、ハーツバーグはダニエルズに
弁護を頼むが一文無しだと拒否されて、ダニエルズはウソ発見器で
ブラントがシンディを殺害したと知ってたと告げる。

ハーツバーグはブラントと面会するとダニエルズに弁護を断られたと聞き、
ブラントはハーツバーグに弁護しろと言うが彼は辞めると告げた。
一文無しとなり皆に見捨てられたブラントは監房で首つり自殺した。

ジワジワと展開するドラマだったがスッキリと終わってくれて面白かった。
次週からシーズン2が始まるのでこのまま一気にファイナルまで放送かな?

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 22:32 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #9

無罪となったブラントは“ラリー・キング・ショー”に出演して
裁判中も会社を取り仕切っていて、真のリーダーは僕だけですと
アピールするのを実際に取り仕切ってたイヴァナは快く思ってない。

ぺレス検事に対しては“知事も夢じゃない”と側近に話してたと、
実の両親の話もして同情を買っていた。
ヒルディは駐車場でコトーとぺレスがキスしてる現場を目撃する。
ぺレスには夫がいるので不倫関係らしい。

テリーはDポップたちからウォルトンが無実なのに刑務所に入ってると
目撃証言が嘘だったと話すと、2人は男に銃を突きつけて脅されたので
ウソをついたと認めて、男は年を取ってたと言う。

ブラントの側近としてソルターに8か月前のアリバイを聞くと怒るが、
判決後にブラントがシンディを殺害したと言ったことを話すと
ナイヤース殺害に殺し屋探しを手伝ったかの質問を否定した。

コトーからナイヤースの件は解決したので蒸し返すなと全員閑職に
回される警告される。
それでも殺人犯を野放しにできないとテリーは雇われた側にも
動機があったかもとブラントの祖父母を訪ねると、祖父は余命わずかで
事件の夜のアリバイなどを聞くと祖父は激怒した。

テリーはヒルディの家で祖父を訪ねたことを話していると事件の電話が入り、
寝ていたルイーズはお泊りセットを持って、現場に連れて行かれて
モルクが父親のところに送り届けるとは刑事の娘も大変だね。

ヒルディとテリーは資産家の跡取り娘で夫とともに薬物依存症だっだ
アリーダ・インガルスが自宅の浴槽で死んでいた事件を担当することに。
テリーが捜査を離れて、ナイヤースの件を調べに行ったのでコトーが
ヒルディに注意すると出世と正義のどっちが大事なのかと聞かれた
コトーは答えられなかった。

その頃、テリーはウォルトンに面会し、ナイヤースに最後に会った時に
フェンタニルを渡したと医療用鎮痛剤は安くないし、前払いじゃないと
手に入らないが金を持ってたので代理で買ったかもと聞いて、
ブラント祖父の写真を見せるが知らないと。
ヒルディはDポップにブラント祖父の写真を見せると脅した男だと言う。

アリーダの死因は薬物の過剰摂取で注射痕や道具も見つかったが
肩甲骨の間に注射痕が複数あるが自分では打てない場所なので
失踪中の夫が打った可能性が浮上する。

ブラント祖父のジェームズが娘が死んだ場所で頭を撃って自殺した。
遺書にはナイヤース殺しは1人でやったと書かれていた。

その頃、アプルソン社ではイヴァナがレナードと手を組んで会社を設立し
2000万ドルの投資契約を結んだと挨拶に来て、ブラントは潰してやると
キレてたが、これでブラントの帝国も終わりそうだね。

テリーはブラントにジェームズが頭を撃って自殺して、遺書には
ナイヤースを殺したと知らないフリをするなと祖父に父を殺させた。
いずれ全容を明らかにしてやる。そうしたらお前は終わりだと告げた。

署にダニエルズ弁護士がアイーダの夫エイドリアンと現れた。
エイドリアンはユタ州の依存症治療施設に入ってたとアリバイを
証明する書類を持って現れたが、妻を亡くして悲しんでる様子はない。

ジェームズが自殺に使った銃がナイヤース殺しの凶器と判明し、
ウォルトンは釈放された。コトーはウォルトンの釈放で我慢しろと言うが
次回のシーズンフィナーレがどう決着するのか楽しみ。

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 16:44 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

MURDER IN THE FIRST シーズン1 #8

テリーはウォルトンにまた面会した。
ウォルトンはナイヤースを殺したならドラッグを置いてかないし、
凶器を持ってる姿は目撃されてないし、去った時に奴は生きてたが、
俺みたいな奴は無実を立証しなきゃいけないので取引したと言う。

裁判ではイヴァナが証言台に立ち、ブラントと寝ていることやシンディは
それを知らなかったと話すが、ブラントが有罪になったらイヴァナが
CEOになるので彼に有利な証言をしても得はないと崩せなかった。

ブラントはダニエルズにこのままだと有罪になると証言させろと迫り、
証言台に立つと、事件当夜にシンディと会ったが殺してないと、
大切な人と我が子を亡くして今でも辛いと言う。

ハンナの件は会社の売却を知ったハンナが失業を恐れ、作り話をして
僕からお金を取ろうとしたので手っ取り早いし、彼女を傷つけずに済むから
示談にしたとハンナの証言が嘘だと言う。

シレッティはブラントにシンディに酒と薬を与えたことを認めさせて、
ハンナと同じだと言い、保釈条件を破った嘘つきだと次々と質問して、
キレさせようとするがブラントは作戦はお見通しだと言いながら
シレッティが笑うと“その笑いをやめろ”と言ってしまい作戦に乗らされる。

ビルは妻バーバラと別れたくなかったが、バーバラは許してくれず、
消したはずのシンディとの動画が匿名でバーバラに届いたことを知る。
ビルはブラントからおかげで愛してない妻と別れられると彼が送ったと知る。

最終弁論はシレッティも悪くなかったが、ダニエルズはシンディの妊娠を
ブラントは検視結果まで知らなかったと言った証言に対する反証をできず、
殺人ではなく事故だったと動機はないと推測ばかりと主張する。

陪審員はブラントに無罪判決を下した。
ブラントが有名人でなければ有罪になってただろうな。
無罪と聞いてショックなヒルディとテリーに近づいてきたブラントは
まだ僕がやったと?と言うと、ヒルディは思ってるわと答えた。

ブラントは“一事不再理”でもう僕を裁けないと言い、テリーは女性が死んだ。
あんたの子供もだ。満足そうにするなと言うと、ブラントはなんで?
だって本当に僕が殺したんだとウィンクして去った。

やっぱりブラントが犯人だった。
無罪判決が出てしまったので、彼をシンディ殺害で裁くことができない。
でもナイヤースを殺害してる可能性が残ってるが再捜査はできるのかな?

Murder in the First: Complete First Season [DVD] [Import] -

Murder in the First: Complete First Season
posted by Jasmine at 16:12 | Comment(0) | MURDER IN THE FIRST(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ