2019年10月06日

シカゴ P.D. シーズン5 #22(終)

ボイトはウッズとオーシャ検事補にビンガム
殺害を自白する直前にオリンスキーが刺された
と連絡が入り、オペ室に入るオリンスキーを
励ましたのが最期で亡くなってしまう。

悲しんでる皆にボイトはオリンスキーを
報いるために犯人を見つけると捜査開始。
ボイトは刑務所所長にオフィスを用意して
証拠を集めろと命じる。

凶器は削ったクシで、看守のディーツは
先にオリンスキーだけを監房に送り届け
他の収容者はいなかったと、途中で電話に
対応して離れて戻ると倒れてたと証言する。

監視映像を確認すると男がオリンスキーを
刺した様子が映ってたが顔が見えず
ディーツは何もせずに立っていた。

襲撃の1時間前に口座に5000ドルが振り込ま
れた証拠を突きつけられたディーツは
痛めつけると聞いたが刺すとは思わなかった
と刺した犯人を自供する。

ウッズはオーシャと今後の作戦を話し合い、
ビンガム殺害の夜に彼とボイトを見たという
女性がいると聞いたウッズは会いに行く。
ケイトはボイトがビンガムを連れ去り
口外したら殺すと脅されたと2万ドルくれたら
証言すると言われる。

ボイトは犯人のアンドレ・ゴメスを殴るが
終身刑のギャングが5000ドルを持ってると
思えずに、先週アンドレに面会に来た
偽弁護士のアルベルト・フローレスを捕まえ
カルロス・デレオンが黒幕と突き止めた。

カルロスは表向きは家具事業者でカルテルの
資金洗浄をしていて、FBIが監視していた。
オリンスキーは過去にDEAの手伝いをしていて
DEAは標的のカルロスの情報を得るために
カルロスの弟を逮捕したが弟は拘置所で
殺されていた。

オリンスキーは報復で殺されたとわかる。
カルロスの自宅に行くが逃げた後で妻は
夫がどこにいるか言わず、一緒にいた母親が
不法滞在で母親かクズ夫か選ぶように迫り
いとこのラモンと倉庫に行ったと自白する。

倉庫にいたカルロスたちが発砲してきた。
ラモンを捕まえて、逃げたカルロスを
追い詰めたボイトは持ってた40万ドルをやる
と言われるが、ボイトは銃口を向けて両手を
頭の上にひざまずけと言うが従わない
カルロスを射殺する。

銃声で駆けつけたアントニオはカルロスが
ベルトに銃を挟んでたと言われ、銃を確認。
近くにいた男たちは両手を上げてた男に
向かって平然と発砲したと叫び、ニュースで
カルロルは無抵抗だったと話した。

アントニオは本部に呼ばれ、たぶん見たままを
証言したと思うし、ボイトはカルロスが
ベルトに挟んでた銃に手を伸ばしたので
身の危険を感じ、とっさに1発撃ちました。
倒れた容疑者が再び銃を取ろうとしたため
次は心臓を狙って発砲しましたと説明した。

ウッズはカメラや録音や尾行に警戒しながら
ケイトにボイトはビンガムの頭に銃をあて
車のトランクに入れて“息子を殺した報いを
受けろ”と言ってたとウソを言えと指示して
前金として1万ドルを渡した。

ウッズはボイトを自宅に呼んで目撃者がいる
と過失致死罪にすると取引を提案すると
ボイトは信用できる女か?とケイトの名前を
出して、証人買収は重罪だと録音テープは
内務調査部にと言うと、ウッズは逮捕された。

オーシャとケイトがオリンスキーのために
協力してくれた。ボイトは1人で屋上で酒を
飲みながら泣け叫んでいた。
オリンスキーの活躍が少なくなったと思ったら
こんな形で降板とは残念です。

シカゴ P.D. シーズン4 DVD-BOX


posted by Jasmine at 12:27 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

シカゴ P.D. シーズン5 #21

アトウォーターとハルステッドはM4銃の
取引現場を押さえるために売る側と買う側の
別々のグループに潜入していた。

アトウォーターはシャバズと弟マリクと
ハルステッドとネイトたちが待つバーに
取引に行くが、ネイトとマリクが揉めて取引
は中止になってしまう。取引を渋ったのは
デクスターの手元に銃がなくて、入手が
延期になったからとわかる。

マリクはリーダーのウェスにバカにされたと
報復しようと言うが、アトウォーターは
この状況を利用して有利に交渉しようと
提案したことでウェスは報復はなしと決める。

ハルステッドはデクスターとネイトを
迎えに行くと殺されていた。
ネイトが殺害されて、取引は中止になり、
ウェスはマリクを疑うがシャバズは弟と
一日中一緒にいたとかばった。

ハルステッドはデクスターに銃の支払いも
あるので復讐するなら取引後と勧めた。
取引が再開されるが、デクスターはウェスに
遺体の数を同じにしろと条件を出して、
シャバスが弟マリクを殺すことになる。

ボイトは殺害を止めるより、市民の命を
脅かす銃を街から排除する方を優先させる。
アトウォーターはシャバスの家に行くと
銃声がして、シャバスは息を引き取る前に
弟を殺せずにウェスに撃たれたと言う。

取引現場に特捜班が張り込んでいると
ウェスはマリクとやって来て、デクスターは
金を確認すると銃を乗せたバンを呼んだ。
そこにマリクの携帯にシャバスが撃たれたと
メールが入り、マリクはデクスターに襲い
かかったので特捜班が逮捕し、銃を確保する。

オリンスキーは大陪審で起訴が決まり
ビンガム殺害容疑で逮捕された。
オリンスキーはボイトを裏切らず、保釈して
欲しいと頼み、貸しのある判事にボイトは
保釈させてほしいと頼む。

看守は警官のオリンスキーは狙われると
食事を食べるなとサンドウィッチを渡し
味方だと言う。妻メレディスと面会した
オリンスキーは説得に応じなかった。

保釈の審問はボイトが頼んだ判事のはずが
ウッズが手を回して、別の判事にされて
保釈は認められなかった。

ボイトはウッズを訪ねて自白しようとする。
その頃、オリンスキーは看守が目を離した隙に
囚人に襲われ、何度も刺されてしまう。

オリンスキーは死んでしまうの!?
次回のシーズンフィナーレが早く見たいです。

シカゴ P.D. シーズン1 バリューパック [DVD]

posted by Jasmine at 22:18 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

シカゴ P.D. シーズン5 #20

ボイトの不在中にハナが署に訪ねて来て、
持ってたボイトの名刺の裏に助けてと
住所を書いて置いて行った。

ボイトはその住所のカフェでハナと会うが
トイレに行くと姿を消し、探しに外に出ると
2人組の男がハナを車に押し込んで逃走する。

ボイトとルゼックが車を追跡していると
信用金庫で銃声が聞こえて中に入ると
強盗犯と遭遇して逃げられた。

逃走した車はハナが乗せられた車だったが
犯人の中に女性はいなかった。
ハナの法的保護者のおばはハナは16歳の時に
アディーと暮らすと出て行ったと言う。

両替所で強盗事件が発生し、閉店前で金庫の
鍵を持ってる店長は帰った後で犯人は店員や
客を殺した。犯人は3人組で女が1人いて
ハナと思われた。

ウッズは犯行映像とハナの情報をマスコミに
流すと言い、ボイトはお決まりの銃撃戦で
終わると反対するがダメだった。

空き家に住んでたアディーを発見して連行し
ボイトが司法妨害に殺人の共謀罪になると
友達を見殺しにするのか?と追及すると
強盗犯はハナの彼氏マイクとTTだと
マイクとハナは愛し合ってると言う。

TTの保釈金を4回も払ってるいとこの家に
隠れてたTTを逮捕する。いとこの家から
金と凶器の銃が見つかり、ボイトはTTを殴り
金を盗むだけの予定がマイクが発砲して
映像まで公開されたので逃げようとハナも
誘ったが奴を愛してるから裏切れないと
2人と別れたと供述。

ビンガム事件の目撃者ルーベンの麻薬所持は
不起訴になり、ルベックの州検事事務所の
知人から大陪審が招集されたとわかる。
担当検事のオーシャはボイトの知人で電話が
繋がらないので、ルゼックを使いにやるが
オーシャに時間のムダだと追い返された。

ボイトはなぜ俺を無視するとオーシャの
オフィスに行くと、ウッズは奥の部屋から
出てきたので、ボイトは俺だけを潰せば
いいだろう。オリンスキーは関係ないと
言い争いになる。どうしようもないみたい。

車販売店にマイクとハナが現れたので
向かうと店に立てこもった。ボイトは
裏から入って、投降するように説得するが
マイクはハナを連れて外に出て射殺された。

ボイトの名刺を渡したのは亡き妻カミールで
ハナはカミールの教え子で問題児だったが
お気に入りで面倒を見て、病気になった後は
ボイトが毎年ハナの様子を見に行ってたが
息子が亡くなって忘れてたと。
だからハナはマイクを頼ってこんな結末に。

シカゴ P.D. シーズン4 DVD-BOX


posted by Jasmine at 20:12 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

シカゴ P.D. シーズン5 #19

ギャングの隠れ家を狙った強盗団の事件が
立て続けに発生し、ルゼックは元警官の
レイを情報屋として調べさせていた。

また隠れ家を狙った事件が起き、流れ弾に
家にいた少年が当たって死亡する。
少年の母親はラテン系の若い男2人が
黒の車で逃げるのを目撃していた。

現場は麻薬捜査課が捜索令状を取ろうと
した部屋で先に現場に来た特捜班が事件を
担当することになり、ケニーは協力的だが
ロハスは文句を言う。

ルゼックはレイからラテン系の男2人が
ブツを動かすと聞き、特捜班が突入して
男2人を捕まえて、ヘロインを発見する。

2人から凶器も発射残渣も見つからず、
空き家で酒を飲んでたと主張し、
襲撃時刻に酒を買ってたアリバイがある。

ルゼックはレイに2人は無関係だと言うと
麻薬常習者から聞いた話でヘロインは
本物の強盗団から買ったんだろうと言う。

3つの隠れ家に麻薬捜査課が捜索令状を
取ったが執行前に襲撃された共通点が
見つかったことで内通者がいると推測。

ケニーに隠れ家の情報が入ったと部下に
話してもらい、おとり捜査をして現れた
強盗犯と銃撃戦になり、犯人たちは死亡。

ロハスが犯罪組織課にアクセスして
情報を入手したとわかるがロハスは否定。
強盗犯との共通点も見つからない。

犯人の麻薬売人のいとこから汚職警官と
ニーモズで会うと聞き出し、監視映像を
調べると犯人と会ってたのはレイだった。

ロハスはレイを情報屋に使っていて
家に泊めた時に鍵を渡していて、ロハスの
IDを使ってたと判明。

逃走しようと船にいたレイを発見すると
レイは銃を出そうとしてた人を撃ったが
正当防衛が認められずにクビになり、
ルゼックを同じ状況に追い込んで撃たせ
ようとしたが撃たなかった。

ボイトは本部の知人からオリンスキーの
目撃者ルーベンの写真を入手する。
ルーベンは遺体を移動させた夜に
オリンスキーの車をあさってた男だった。

オリンスキーは内部調査部の動きを知る
ために退職願を出すと年金が却下されて
彼らが本気だとわかる。

ボイトはルーベンの不正行為を探したが
1年以上断薬し、更生しようとしていた。
ルーベンは匿名の通報で車から薬物が
発見されて現行犯逮捕された。

シカゴ P.D. シーズン3 バリューパック [DVD]

posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

シカゴ P.D. シーズン5 #18

ギャングに潜入中のアントニオがぺレスと
液体メタンフェタミンの取引に行くので
張り込んでると、メキシコの取引相手が
銃撃され、ヤクを積んだバンが奪われる。

現場近くに撃たれたスコットを発見し
彼は息を引き取るが、スコットはかつて
アプトンが潜入したロン・ブースの
手下でブースの指示だと推測。

3年前にブースを逮捕したが2か月前に
出所していた。
アプトンは再度潜入することになるが
一緒に潜入した相棒のギャレットは
寝返ってメキシコに逃亡したとされたが
アプトンはブースに殺されたと主張。

スコットの葬儀に来たブースと再会するが
ブースは話に乗って来ない。
取引の情報を流したのはぺレスとわかり、
ぺレスがいると話に乗って来ないので
カルテルに狙われてると思わせて
町から遠ざけた。

ブースがアプトンの借りの部屋に現れ、
故郷の帰ったアプトンは失業して
シカゴに戻ったと、また一緒にやらないと
誘って、少し渋ったブースはいいだろうと
指定の場所で小包を受け取り事務所へ
届けてから検討すると言う。

アプトンは小包を受け取るとブースの甥
タイラーが尾行するのを見破って届けるが
ブースはアプトンをまだ信用できずに
両親の名前でカマをかけてくる。

ハルステッドは大みそかにアプトンと
ブースに何があったか調べると
アプトンが暴行されたとわかる。

アプトンは同じ高校に通ってた金持ちの
設定でハルステッドを紹介するが
ブースはアプトンに気があるので
ハルステッドとの関係を疑って断る。

ボイトはブースは危険だとアプトンに
撤収を命じるが、アプトンはブースが
自分に気があることを利用して取引を
約束させて捜査を続けることに。

取引現場でハルステッドは金を払うと
タイラーが麻薬を持って現れたが
用心深いブースはアプトンが盗聴器を
持ってないか調べてるとタイラーが
ハルステッドが銃を持ってると騒ぎ
アプトンはタイラーを撃つ。

逃げたブースをアプトンが追いかけて
倒したがブースはギャレットは
見つからないと笑う。

ブースに襲われた時にギャレットが
助けてくれたのに彼を見つかれなくて
アプトンの気分は晴れなかった。

シカゴ P.D. シーズン2 バリューパック [DVD]

posted by Jasmine at 11:59 | Comment(0) | シカゴ P.D. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ