2018年08月07日

ブラインドスポット シーズン3 #20

ロマンのせいでタトゥーのデーターベースがめちゃくちゃになったので
ベースのアルゴリズムを作ったパターソンの父親ビル・ナイがやって来た。
ビル・ナイ本人が演じてたので、カートが興奮してるのが面白い。

エイヴリーの父親ロバート・ドラブキンの遺体が海から発見される。
自殺ではなく、胸に複数の銃創があり、遺体にはロマンが死後に描いた
ブラックライトのタトゥーが見つかった。
凝った演出が好きなロマンはらしく、ロバートの口から鍵が見つかり、
タトゥーと鍵を合わせると正体不明の殺し屋“カロン”を示していた。

鍵はニューヨーク市立大のロースクールのロッカーのものだとわかり、
ロッカーの中にカメラが仕込まれていた。カメラの通信は切られてたが
パターソンは映像の送信先がコミック店と突き止めた。
カロンはコミック店のオーナーで雇い主のクロフォードを見つけるために
殺さずに逮捕するとジェーンは言いながら、争って殺してしまう。

エイヴリーは父親が殺されたことを知らされる。
後見人のリネットから生命保険の受け取りにサインが必要と連絡が入り、
エイヴリーはジェーンと共にリネットの豪邸を訪ねる。

ジェーンはエイヴリーとリネットの息子アダムの子供の頃の写真を見る。
エイヴリーは書類にサインしようとするが、ペンがクロフォードが
社員に送るペンだったので、リネットはクロフォードの仲間と気付く。

エイヴリーはリネットにあんたが命じたの?と言うと銃を向けられて、
隠れてた男たちも現れて銃撃戦となり、ジェーンは腕を撃たれた。
エイヴリーはアダムに教えてもらったパニックルームにジェーンと逃げ込む。

カートたちはコミック店の店員を取り調べるがボスが殺し屋とは知らず、
高額のコミックをたくさん持ってたと聞き、それが殺人の報酬だと
元所有者を調べるとリネットの名前があり、ロバートの殺人を依頼したと判明。
ジェーンと連絡が取れないのでチームはリネットの家に向かう。

リネットは男たちとパニックルームをこじ開けていると、カートたちが到着。
FBIが来たのにリネットは逃げずにジェーンたちを人質にしてると時間稼ぎするが
ジェーンはチームに合図を送り、通気口から赤い煙が出るのを見たチームは
突入するがパニックルームもこじ開けられて、ジェーンは消火器で男を倒し、
エイヴリーを逃がすと、エイヴリーは男が落とした銃を拾い、リネットに
銃口を向けるとリネットはクロフォードの指示でロバートを殺したと自白する。

ところがFBIに連行されたリネットはクロフォードの関与を否定する。
パニックルームの金庫にハイスペックのPCが入ってたので解除すると、
リネットがクロフォードのHCIグローバルにマンハッタンのビルを管理してる
セキュリティ会社の秘密のアクセスコードを今朝メールで送信していて、
コードは毎日変更されるので24時間以内にどこかが攻撃されるとわかる。

パターソン親子はシステムの修復に取り掛かるがそれでも修復できなかった。
作業中にパターソンは両親が些細なことでケンカしてることを知って、
仲直りさせようとするが、逆にザパタと仲直りするようにアドバイスされて、
パターソンはザパタに歩み寄った。

メーガンが無事に帰国し、リードはザパタとのことを打ち明けた。
リードはメーガンから別れを告げられ、移民法専門の弁護士の名刺を渡しが、
メーガンはNYタイムズに不法移民だと発表する記事を載せると決意した。

ガンズマンが死亡し、音響兵器を破壊されて、キラは計画がおしまいとキレるが、
ロマンはプランBを準備中と反論して準備するがジェーンの幻覚が見え出した。
プランBをキラに見せると彼女は驚いてたのですごい計画みたい。
ジェーンたちは阻止できるかな?

ブラインドスポット 2ndシーズン DVD コンプリート・ボックス(5枚組)

ブラインドスポット 2ndシーズン
posted by Jasmine at 22:52 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

ブラインドスポット シーズン3 #19

ロマンからタトゥのヒントをもらってたが、彼が寝返ってから初めて
昆虫のタトゥーがデータベースでヒットした。
ドイツにいたロマンもFBIがタトゥーを見つけたと知り、ニューヨークへ。

“ゴールデン・ライノ”という極秘でかなり危険な軍の秘密の暴露本と
関係してると、本を書いた歴史学の元教授ダッシェル・ワトキンズに
不正があるなら一緒に調べようと持ちかける。

“ゴールデン・ライノ”は超極秘の兵器開発プログラムで飛行機の墜落死んだ
バクスター大将は予算を切ろうとして暗殺されたと、権力を握る大富豪が
自分用の兵器を開発させて成功させたと言い、それがクロフォードと思われた。

“ゴールデン・ライノ”はマインドコントロールの装置で開発者の
マイケル・ガンツマンは防衛関連企業のヴァーニュー産業の元研究員で
今は行方不明だと言うので捜索することに。

ダッシェが持ち込んだ大量の資料は彼の手書きで機密保持のために
わざと分類せずに箱に入れられていて、パターソンはイライラする。
ダッシェはバクスターが乗ってた飛行機のブラックボックスのデータを
ダークウェブで買ってたので聞くが、振動音しか聞こえなかった。

ダッシェは実行犯探しもしていて、ガンツマンはマイアミで会議中で
アリバイがあり、墜落現場から半径200キロ圏内に来ていた旅行者を
調べてたが人数が多いので、FBIのデータベースと照合すると10キロ以内に
住んでいるサージェク・フェルズが浮上する。
サージェクはドラッグ絡みで服役中だったのでFBIに移送するが途中で
ロマンに拉致されてしまう。

ガンズマンの居場所を聞き出しているとブレイクからNYの空港に着いたと
連絡が入り、慌ててホテルに戻るとバスタブでサージェクを拷問して
ガンズマンの居場所を聞き出そうとしているとブレイクがやって来た。
ロマンはシャワー中だと拷問の続きをして、オニオンタに山小屋と
ウッドストックに試験場があると聞き出すとサージェクを溺死させた。

ブレイクは父親とロマンが何か隠してると話し合いたいと言うので
ロマンはオニオンタにいいホテルがあるので行こうと提案して
サージェクの遺体の始末をメールで頼む。

FBIもオニオンタの山小屋に部隊を送るが、ヘリで近づくと無線から
ブラックボックスと同じ振動音が聞こえてきたことでパターソンは
マインドコントロールでなく、ピンポイントで狙える音響兵器だと気付き、
撤退を命じたがヘリは墜落してしまう。

ヴァーニューの幹部を取り調べるが、ガンズマンは首にしたとシラを切り、
ダッシュが持ってた通話記録からCEOのカミールがエイヴリーの父親トムと
連絡を取っていたとわかり、エイヴリーが父親が日記を残してると
芝居をしたことで、カミールはエイヴリー父の仲介で音響兵器を売ったことや
ガンズマンと連絡が取れると白状する。

オニオンタのホテルに着くと、ロマンはブレイクに正体を明かした。
身分を偽り、クロフォードを倒すために近づいたがブレイクのことを
本当に愛してるので気が変わったと打ち明けると、ブレイクは涙を流し、
ポケットからナイフを出してロマンを刺したと思ったらロマンの妄想でした。

カミールがガンズマンに電話して、ウッドストックにいると聞いて
迎えに行くと言い、ジェーンたちは軍用車に乗って試験場に向かうが
ロマンもブレイクが寝てる隙に部屋を抜け出して試験場にいた。

ガンズマンは軍用車にカミールが乗ってるのか確かめたいと車を降りて
歩いて来いと言うので断ると、音響兵器を作動させたので、ジェーンたちは
車を降りて、音響兵器を止めるために軍用車のアクセル全開にして突っ込ませた。

ガンズマンは逃げたが、ロマンがクロフォードの使いだと現れて、
クロフォードに繋がることはないと確認するとロマンはガンズマンを殺した。
ジェーンはロマンを発見して銃撃戦になるが逃げられてしまう。

エイヴリーは集めた父親に関する資料から何も手掛かりがつかめず、
クロフォードとロマンに逃げられたことで苛立っていた。
ジェーンとカートは監視下に置かれてるエイヴリーが少しでも自由になればと
エイヴリーに一緒に暮らさないかと提案した。

バクスター大将は予算を打ち切り、エイヴリー父が音響兵器のテストだと
飛行機を墜落させていて、やっぱり悪い人みたい。
ロマンは大量のタトゥー絡みの偽情報をネットに流して、自分とクロフォードの
痕跡を消し始めた。

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット(1~12話/3枚組) [DVD]

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット
posted by Jasmine at 22:45 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

ブラインドスポット シーズン3 #18

ロマンがチームに殺し屋を差し向けた。
新たに登場したクロフォードの側近らしい女から身の回りはキレイにと
ロマンは忠告される。

チームはクロフォードたちが香港に向かったことを突き止めたが
引き渡し条約はなく、ロマンがトムにすり替わった経緯も不明で
一旦解散して翌日仕切り直しすることに。

ジェーンとカートはリッチがハッキングして、カートのカードで人気店の
予約をしたので久々に外食して楽しむはずだったが、ジェーンはバーにいる
女が今朝、アパートの前にいたと気付くと女は裏口に向かったので
別れて女が尾行したのか確かめることに。

表から裏口に入ろうとしたジェーンは男女2人に襲われて電流を受け、
ジェーンは倒されて、気が付くと拘束されてトラックの荷台に入れられ、
モニターに映るロマンに凄腕の殺し屋がチームを始末してると告げられる。

リードはミリセントに目を付けられていて、FBIに居続けるミリセントに
出て行くように言うが、国務省のジョナサンに会っていて、特別な誰かの
在留資格に配慮しようとしたことを突きつけられる。

リードはミリセントとタクシーの相乗りをするが車中で揉めて
ミリセントがタクシーを降りて、リードはそのまま帰宅する。
するとミリセントがタクシーにハンドバックを忘れて降りてしまい、
財布も携帯もないと業者を呼びたいと言われて、部屋に入れた。

業者を待ってる間にミリセントはリードに辞任するように言い、
デスクにリードを停職にして捜査するべきと書いた報告書があると。
ミリセントがトイレに入り、リードは市警からザパタのSOSを受信したと
連絡が入ったところにトイレから殺し屋が現れ、ミリセントは殺されていた。

ザパタは元カレのリッキー・フローレスの追悼会で教会に行き、
リッキーの妹で警官になったアレクシスと再会する。
ザパタは警官になり街を出て、リッキーはギャングになり別々の道に進んだ。
追悼式が終わって、アレクシスと話してると殺し屋に銃撃された。

ザパタはアレクシスの無線で応援を呼び、おとりになるのでアレクシスに
バルコニーの下から犯人を撃つように指示して殺し屋を倒した。
リードは殺し屋と戦って、殺し屋が持ってた凶器で刺して殺して、
ザパタからの電話に出ると襲撃されたと言われ、パターソンはザパタがいる
教会から近いキッチンスタジオにいると聞いたザパタは向かうと爆発が起こる。

パターソンは鑑識部門のジャックと初デートでキッチンスタジオにいた。
ジャックが前の彼女と申し込んでたらしく、液体窒素でアイスを作るが
息が合わなくて失敗する。
ジャックはパターソンが開発したゲームを海賊サイトから有料コンテンツを
タダで使ってるとは最悪。

そこに殺し屋が現れて、銃を持ってるパターソンは応戦してキッチンに
立てこもるとガスと電子タバコを使って、入って来た殺し屋をふっ飛ばすが
まだ生きてた殺し屋がパターソンを狙うが駆けつけたザパタが撃った。

カートは女を追って裏口に向かう途中で毒針を持った殺し屋に襲われて、
逆に毒針で殺し屋を倒して外に出るが、ジェーンの姿はなくて
リードから襲撃されたと連絡が入る。

ジェーンはロマンから良心より新しい家族が大切だと言われる。
他のメンバーはFBIに戻り、ジェーンの行方を追うことに。
バーの女は防犯カメラに映ってなかったが、リッチが隣に座った男が
料理の写真を撮ってることに気付き、店にハッキングして男の身元を突き止め、
インスタのアカウントから女が映ってる写真を見つけた。

顔認識で女に多数の偽名があり、目撃情報から白いトラックが走り去ったと判明。
ジェーンはモニターが車の電気系統に繋がれてたので破壊して車を止めると
扉を開けた殺し屋2人を相手に手錠をしたまま戦ってるとカートたちが到着して
殺し屋を射殺した。

リッチはミリセントが亡くなる前にデスクからリードの報告書を盗んでいた。
リードには彼女が評価してたと言うが、本当は司法長官に停職処分を
進言していて、リッチは報告書をシュレッダーにかけた。
パターソンはザパタに助けてくれたお礼を言うが、まだ許せないみたい。

ロマンは殺し屋たちが失敗したので自分で手を下そうとするが、
側近の女からクロフォードの計画を進めると言われた。

ブラインドスポット 2ndシーズン DVD コンプリート・ボックス(5枚組)

ブラインドスポット 2ndシーズン DVD コンプリート・ボックス

posted by Jasmine at 22:02 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

ブラインドスポット シーズン3 #17

まさかの展開に面白くなってきた!
ロマンからのメッセージでチームはブレイクのチャリティーパーティに
クロフォードとブリュイエールが取引を行うことを突き止めた。

ブリュイエールを調べてるとエイヴリーは両親とクロフォード家と
彼の船に乗ったことがあり、愛人アリソンも一緒だったと言う。
アリソン・オースティンはテロ組織のリーダー“サーぺント”と関係があり、
サーぺントは大規模テロの黒幕と思われてるが正体不明だった。

サーぺントが消息を絶った4年前にブリュイエールは破産していて、
組織の拠点の土地はブリュイエールの名義で彼がサーベントと推測。
パーティのプランナーが結婚式のバイブルを書いたヴァネッサ・ベイカーで
PCからセキュリティー情報をハッキングするためにリードとザパタが
カップル役でヴァネッサにウェディングプランを相談している間に
パターソンがハッキングした。

ハッキングした情報からロマンはクロフォードの警備責任者になっていて、
ロマンもパーティに来るので全員捕まえることに。
パーティ会場のクロアチアの島は警備が厳重で中から手助けが必要になり、
ブレイクと交流があるエイヴリーに招待客として参加してもらい、
ジェーンたちは手引きしてもらった。

バンで待機してたエイヴリーが姿を消し、クロフォードと会っていた。
ジェーンは偽名を名乗ってクロフォードの前に姿を現し、エイヴリーを
引き離そうとするが、クロフォードは娘に紹介するとロマンに案内を頼む。

ロマンはクロフォードから離れるとジェーンとエイヴリーにこんな状況だが
娘との再会が見られて良かったと言う。クロフォードがブリュイエールの
土地を3憶ドルのダイヤで購入するので、取引現場をチームに録画させて
クロフォードを逮捕するとロマンは計画を話した。

ロマンは妙な動きをすれば電磁波シールドで撮影を妨害すると言うので
ジェーンはクロフォードとブリュイエールの次はロマンだと言うが
エイヴリーは納得せず、着けていた発信器をロマンのポケットに入れた。

ジェーンたちは取引が行われる部屋に監視カメラを設置した。
取引が始まるとロマンがブレイクと部屋に入り、電磁波シールドで妨害され
録画できなくなり、ジェーンはロマンが心変わりしたと。

ロマンはクロフォードにFBIがいると教えて、すぐに取引を終わらせた。
エイヴリーが入れた発信機を追跡するとブリュイエールで銃撃戦となり、
ブリュイエールを倒したが、発信機に気付いてたロマンはそれを利用して
クロフォードとブレイクと共にヘリで脱出した。

ロマンはブレイクに本気になり、計画をぶち壊しにしただけでなく、
ジェーンたちにそれぞれ殺し屋を雇った。

ロマンが恋を選ぶとはビックリした。
クロフォードの娘だけにブレイクも信用できないと思うけど恋は盲目だわ。

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット(1~12話/3枚組) [DVD]

ブラインドスポット 1stシーズン 前半セット
posted by Jasmine at 21:36 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

ブラインドスポット シーズン3 #16

リッチとパターソンがトンボのタトゥーを解読した。
“ドラゴンフライ164”と“アトランティック17”のハンドルネームで
チャットをしている掲示板を発見し、チャットはすぐに消去されるので
復元するとドラゴンフライ164はテロ組織のメンバーとわかる。

ザパタはドラゴンフライ164はボーデンでアトランティック17は
自分だとチームに告白する。
ボーデンが生きてたことを隠してたことにみんなショックを受ける。

爆発で生き延びたボーデンが1年後にムンバイの病院に入院してるのを
CIAが発見し、キートンは死ぬまで独房暮らしか組織に潜入するか迫ると
ボーデンは拒否したが、ザパタが彼の妻のことを持ち出して説得して
テロ組織に潜入し、ザパタがハンドラーとなる。

ボーデンは民族浄化で10万人以上を虐殺したゴラン・ゴロヴィッチの
組織に潜入してたが、連絡係のCIA捜査官が拷問の末に殺害されたので
ボーデンは寝返ったと思われた。
防犯カメラに遺体を遺棄するボーデンの姿が映っていたがザパタは
カメラ目線のボーデンに“捜してくれ”の合図だと気付く。

ザパタはボーデンとの待ち合わせ場所に行くと、ボーデンが現れるが
怪しい男2人組が銃を出したので倒して、逃げるボーデンをカートが逮捕。
ボーデンは寝返ってないとモグラだとバレたと、連絡係は尾行で見つかり
拷問される苦痛から解放しようと死なせたが怪しまれたと。

ボーデンは上着にあるUSBにアジトのパソコンをコピーしてあると
パターソンに会いたいと言うが拒否された。
死んだ追っ手の携帯情報から標的はボーデンで明日決行と判明するが
USBは破損して文字化けで意味不明だった。

追っ手のミハエルの手術が終わったが強い薬で意識が混濁してるので
ザパタはそれを利用して味方を装って、テロ計画を聞き出せると言い、
パターソンは同じグループにいたボーデンなら聞き出せるかもと提案。

ミハエルは“文章を読むのは苦手だ”“サソリとカエルの話は好きだった”
と意味不明のことを言ったのでパターソンは失敗だと荒れてるので
リッチはストレス発散させると、パターソンはUSBは破損したように
見えるが念入りに暗号化されていて、意味のない記号を消して
残った文字の並びがメッセージで、寓話ではサソリがカエルを刺して
オチに一言。“俺の性だから”とあり、それをキーフレーズで使うと
メッセージが解読された。

スタテン島の古い砦が拠点で、近くで見るためにゴロヴィッチは
貨物船で密航して仲間と合流していた。
“バンカーバスター”という地下の爆発に使われる軍の爆弾を
搭載可能にした小型機を所有し、明日5つの都市に落とす計画と判明。

今夜中に捕まえるとチームは砦に潜入し、長期滞在なので敵は家族も
連れてきていて、女子供を見つけるとジェーンとザパタは狙いは
ゴロヴィッチであなたたちは守ると爆弾まで案内してもらうが
起爆の準備が済んでいた。

カートたちはゴロヴィッチを見つけるが、起爆スイッチを持っていて、
交渉して時間稼ぎをしてる間にジェーンたちは信管を取り外し、
ゴロヴィッチの身柄を確保した。

ボーデンはCIAから取引を打ち切られ、一生刑務所に入ることに
監視カメラに向かってパターソンに会いたいと訴えるけど、
パターソンは会ったところで何の意味もないとジェーンに話す。

一方、ロマンはクロフォードからブレイクのチャリティーの招待状を
渡されて、ブリュイエールと土地の売買契約が成立することを聞く。
ロマンは招待状を暗号化してジェーンに送る。

ロマンはクロフォードからあの土地を使い、5000万人の傭兵に組織の
財力は5兆ドルの国には属さない高給の軍事組織を作ると聞くと
突然ロマンが倒れたのでクロフォードに何かされたのかと思ったが
病院で検査すると記憶を消す薬の後遺症が出てるらしい。
クロフォードはロマンに万年筆をプレゼントしたが何か仕込んでる?

リッチを起用したのはハーストなのでリッチは再評価を受けることに。
司法業務査察室のヴァンダーウォールはFBIに対して敬意もなく
モラルもないとリッチとの契約の打ち切りを進言すると言う。

チームはリッチがFBIに残れるように嘆願書をヴァンダーウォールを渡し
リードは直接、司法長官に訴えてもいいと言うと、次の年次評価まで
保留にしてくれたが、リードを昇進させたのはハーストなので
次はあなたと警告された。

ザパタはボーデンのことを隠してたので、パターソンから今は仕事以外で
付き合えないと言われてしまう。
1人で飲んでいたザパタの元にリードがやって来て慰めてると
ザパタはリードに好きだと告白し、リードは俺は婚約してる今さらと
2年前にキスしたら“ただの友達”と帰ってしまう。

パターソンはロマンからの暗号メールを解くと、チャリティーの招待状で
“ブリュイエール+クロフォード=クロフォード#”のメッセージ付で
チェスの表記でクロフォードにチェックメイトで逮捕できると推測。

ロマンはFBIにクロフォードを捕まえさせるつもりらしいけど、
そう簡単にいくのかな?

ブラインドスポット 2ndシーズン DVD コンプリート・ボックス(5枚組)

ブラインドスポット 2ndシーズン DVD コンプリート
posted by Jasmine at 00:31 | Comment(0) | ブラインドスポット(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ