2015年10月07日

Law&Order:UK シーズン3 #7

デブリンが何者かに狙撃されて亡くなった。
ブルックスは休職を命じられて、断酒会に参加した。
捜査はサム・ケイシーが担当することになり、ブルックスは目撃者として
聴取を受けるが、休暇は取らないと監房にいるエリスに会って脅して、
ケイシーの捜査に勝手についていく。

デブリンを殺害した犯人が乗ってた車が見つかり、所有者は車は叔母に売ったと
叔母は車は盗まれたと証言し、大学生の息子ジャマールがいるとわかって
大学に行くと、逃げようとしたジャマールを連行した。

ジャマールはふてぶてしい態度を取り、警官をもっと殺しておけばよかったと、
兄が撃たれた時は誰も何もしなかったと、その借りを返すためにデブリンを
殺したと弁護士を要求するが、フィリップスはジャマールの兄の件が
関係してるか捜査するまで起訴できないと。

兄の件を調べると、捜査資料は紛失していて、自殺で処理済みになっていた。
見つけた資料にエリスが3回も証人として聴取されていて、ブルックスは
ジャマールにオフレコで兄を殺したエリスに復讐しようとしたが失敗し、
デブリンが運悪く撃たれたとわかった。

ブルックスはデブリンの家に行くと、ジャムの瓶のふたは開けっぱなしで、
猫にエサをやろうとして冷蔵庫を開けるとビールがあったが我慢した。

自殺と断定した検視官からジャマールのファイルを入手した。
レントゲン写真がなかったので、遺体を掘り起こして調べようとすると、
棺に遺体が入ってなく、立ち会った母親はショックを受ける。
葬儀屋のオーナーは海外の医学校に死体を売って有罪になっていた。

裁判でケイシーが攻撃的なジャマールに黒人の容疑者を殴ればカリブ海で
遊べると言ったジョークやブルックスも捜査に参加してたことが問題となった。
エリスも証言台に立ち、ジャマールの兄を殺したと認めた。

自殺と断定した検視官は弁護側に捜査に行き詰った警察官はあなたに頼めば、
解決済みにできると追及され、エリスは後頭部を撃ったと証言してたが、
前から撃ったと偽証した。

ブルックスはジャマールの母親に憎しみは遺伝するものではなく学ぶものだと、
あなたは苦しんだ、デブリンは私にとっては息子同然だったと、デブリンの妹は
真実を求めてると心情に訴えて、母親はジャマールを諭した。

ジャマールは兄を殺した犯人に償わせたかったが、エリスはいなくて、
いたのは警官だけで殺せば気持ちが楽になるかと思ったが苦しいままだと、
デブリンの妹に謝罪した。

ブルックスはバーにいて、酒を飲もうとしたらケイシーが飲んでくれた。
これからケイシーがブルックスの新しい相棒になるみたい。
デブリンほどイケメンでないのが残念だ。

Law & Order UK: Season Two [DVD] [Import] -

Law & Order UK: Season Two
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

Law&Order:UK シーズン3 #6


デブリンのラストエピが前編。
お気に入りのデブリンが去ってしまってショックです。

自宅のベッドで寝ていたリアが射殺体で発見された。
隣で寝ていた夫は多発性硬化症で医療用マリファナを吸っていたので
リアが撃たれたことに気づかず、13歳の娘ジョディは父親が働けず、
母親は失業してたので、家賃を稼ぐためにバイトに行き、帰宅後は
ゲームをしていて気づかなかったと。

凶器はギャングに人気の陸上競技用ピストルの改造銃で、銃弾は100mは
飛んでいて、現場に到着した警官が部屋の窓を勝手に締めていた。
射撃地点は向かいにある建物で、麻薬常駐者のたまり場だった。

売春婦からシャノンの息子ケイデンと友達を目撃したとの証言を得て、
ケイデンを連行するが、チェイスとチキン店にいたと母親と帰ってしまう。
チェイスを聴取すると、ギャングを抜けようとして、マーク・エリスの
命令でケイデンが銃で僕の頭を狙ったが1発目が外れて、リアに当たり、
弾が詰まって命拾いをしたと供述した。

エリスを殺人罪で逮捕できる証拠はなく、エリスを麻薬所持で逮捕して、
監禁されたケイデンを救出した。
エリスはふてぶてしい態度で容疑を否認し、ケイデンにエリスに対して
証言すれば、減刑の可能性があると告げるが、母親はエリスとは関係ないと、
公園で見つけた銃でふざけてただけとケイデンに供述させた。

精神鑑定でケイデンは母親から精神的虐待を受けてるとわかった。
チェイスからケイデンはエリスの言うとおりにしないと母親が死ぬと、
エリスに脅されて働かされて、ERに搬送されたケイデンを連れ出したので、
誘拐罪で起訴しようとするが、シャノンから法的後見人の許可を得てると。

シャノンは麻薬欲しさに借金のかたにケイデンをエリスに渡していた。
母親はケイデンが銃を持ち込んで女性を殺したと、どこに放り込もうと
私には関係ないと言ったのを見せられて、ケイデンは取引に応じた。

ついにエリスを殺人の共謀罪で逮捕した。
ケイデンはエリスに強要されて銃を撃ったが、チェイスは友達なので
1発目は外したことや母親に借金のかたにエリスに売られたことを証言した。
エリスに有罪判決が下った。

ブルックスに初孫が産まれ、デブリンは面会に行くように勧めた。
デブリンはフィリップスと移送するケイデンと話をしてると、何者かが
車から発砲し、ケイデンをかばって、デブリンが撃たれてしまった。

Law & Order UK: Series 1 [DVD] [Import] - Law & Order: UK

Law & Order UK: Series 1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

Law&Order:UK シーズン3 #5

閑静な住宅街に住むラーナー夫妻が自宅のベットで刺殺されていた。
犯人は現場にあった彫刻刀で夫婦を何度も刺してたが、何も取られてなく、
シンクで血を洗い流していた。
監察官は犯人は先に妻を殺害し、個人的な恨みで本気で殺したかったと分析。

夫妻の娘は両親は皆に好かれていて、子守の斡旋業の事務所を手放して、
退職の記念に買った家を改装していた。
現場を見直し、見つかった犯人の部分指紋から左利きとわかり、
シンクで手を洗うと侵入したキッチンの窓から逃げていた。

キッチンのドアが二重錠なのは開けないとわからないのに、試さなかったのは
以前の持ち主が金属製の防犯用ドアを付けてたが、夫妻が取り外していたからで、
前の持ち主は投資詐欺の事件を起こしたカミラ・マロンと判明。
資産を失った投資家から脅迫されてたので、カミラと間違われた可能性が浮上。

投資家たちは民事訴訟を起こしていて、カミラは無罪になると味方だった夫を
無一文にして離婚してたが、元夫ルーカスはカミラを恨んでなかった。
夫妻が殺害される30分前に近くの街灯にルーカスの車が衝突して放置されて、
翌朝、レッカー移動されてたと判明。

ルーカスは同僚ジョシュと飲んで、車で帰る途中で事故を起こし、ジョシュは
タクシーで帰ったが、自分は酔い覚ましに歩いて帰ったと供述した。
ジョシュははルーカスが何か決心したように見えたと証言。

ルーカスが酔って、事故で頭を打ったなら前の家に行った可能性もあり、
防犯ドアを知ってたから窓から侵入したのもわかるが動機が不明だった。

離婚弁護士からルーカスは家の売却利益の半分を請求できるのに争わず、
前の家で殺された人の記事を読んで、自分が犯人だった生々しい悪夢を
見ることを聞いていた。
犯人の部分指紋がルーカスと一致するが、彼は犯行を覚えてなかった。

ルーカスを殺人罪で起訴するが、弁護人は離婚弁護士から聞いた夢の話は
秘匿特権になり、指紋採取の排除を主張するが、血痕が付いた指紋に
被害者のDNAが服から検出されてるので、指紋の誤認識はないと却下されると、
自動症による無罪を主張した。

有罪にするには殺意があったと証明しなくてはならないので、精神鑑定すると、
飲酒による記憶障害と頭部外傷により、無自覚だった可能性はあると、
症状を引き起こした要因は特定できなかった。

弁護側はルーカスの精神的虐待を主張し、地位も収入も高い元妻に従ってる
ルーカスに陪審は同情していた。
フィリップスはカミラとジョシュの口論を目撃した。

カミラは距離を置きたいと数日、ルーカスに友達の家に泊ってもらったが、
深夜に目覚めるとキッチンの窓から侵入したルーカスがナイフを持っていて、
家に戻れないなら自殺すると言われ、心配で別れなかったがジョシュと出会い、
自分を守るために離婚を決意したが、ジョシュのことは話せなかったと。

カミラとジョシュはルーカスに知られないように外では別々に行動してたが、
ジョシュは飲みに行く前にルーカスの自宅PCからメールを送った時に
ログアウトし忘れて、ルーカスは偶然、カミラが送ったメールを見てしまい、
ジョシュはメールを3年分保存してたので、何もかもバレてしまった。

ソーンは法廷でその事実をルーカスに突きつけると、ベッドにいたのが別人で
心底ホッとしたとカミラに愛してる、君を殺したら生きていけないと告げた。
ルーカスに有罪判決が下ったけど、被害者の娘がかわいそうだった。

Law & Order UK: Series 5 [DVD] [Import] - Law & Order: UK

Law & Order UK: Series 5

posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

Law&Order:UK シーズン3 #4

クラブで覆面をした男女2人組による連続殺人事件が発生。
2人が射殺され、犯人は店長のヘレンを連れ去り、酒店で店主を殺害した。
酒店の監視カメラには犯人が店主を殺害する姿は映っていた。

クラブのオーナーはヘレンの双子の兄で、ヘッド・バーテンダーの
ナパームの元にレジの金が集められて金庫に入れ、翌朝、銀行に預けていた。
手配中のヘレンの車が発見され、トランクからヘレンの遺体が発見された。

マギーと名乗る女性から彼が来たと怯えて切る電話が入った。
犯人は元軍人のアンディ・ビショップと判明する。
アンディの弟サムと妊娠中の恋人ティナからアンディがヤクを買ってる売人の
名前を聞き出し、売人からアンディが銃を持ってることを聞き出した。

ブルックスは禁煙してるサムの部屋でアンディが吸ってる紙タバコの臭いが
したことを思い出し、サムの部屋に戻り、ティナの洗濯物が干されてないので、
別のところに住んでるとわかり、ティナの部屋に行くがアンディはいなかった。

空の酒瓶があったので、近くの酒店に行ったと周囲を取り囲むが、マスコミが
生中継したことで、店内のテレビを見たアンディが気づき、警察と銃を向け合い、
ブルックスが説得してると、後ろにいたジョアンがアンディを射殺した。

アンディと一緒にいた元恋人のジョアンは誘拐されたと主張する。
出所したアンディからやり直そうと言われ、恋人がいると嘘をついたら
連れ去られたと言うが、検察は5件の殺人罪で起訴した。

ジョアンの弁護人フィリスはソーンと同期で、ジョアンは17歳の時から
ビショップに虐待され、支配されてたと主張し、検察側の精神鑑定では
クラブに同行した理由は想像と違っていて、自分を救ってくれる男に
戻そうとしてたと、命の危険か愛情かは断定できないと。

ジョアンがマギーと名乗って警告の電話をしたことは証拠として認めらなかったが、
冒頭陳述で陪審員はジョアンよりになってたが、それでもソーンは取引しない。

フィリップスはジョアンの祖母が孫がクラブで数週間働いてたと証言したことに
注目し、昔のジョアンの写真をヘレンの兄に見せると働いてたことを思い出した。

ソーンは証言台のジョアンが命令されたのでクラブについて行っただけで、
ただの強盗かと殺人は望んでなかったと言ったので、ナパームが撃たれた時は?
と質問すると、ショックだったとナパームをバーテンダーだと知ってたので、
法廷で彼をパーマー氏と呼んでるのになぜニックネームを知ってるのかと、
クラブで働いてて、現金の保管場所を知ってたと追及すると認めた。

ジョアンはナパームと付き合ってたが関係を持つと捨てられ、つきまとうなら
店長に年をバラすと言われ、アンディは自分が最初の男だと思ってたので、
彼を傷つけたくて、ナパームのことを事件前夜に話したと。

ソーンはナパームのことを話せば、自分を捨てた男に復讐できるし、
暴力男も傷つけられると分かってたと告げた。
陪審はジョアンに有罪判決を下したが、弁護人はまだ諦めてなく
控訴しようとしてるので、ソーンは阻止するとまた戦うつもりらしい。

Law & Order UK: Season Two [DVD] [Import] - Law & Order UK

Law & Order UK: Season Two
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

Law&Order:UK シーズン3 #3

高級マンションの部屋から娼婦のカテリーナの刺殺体が発見された。
部屋から4000ポンドが見つかり、誰かをゆすって殺害されたと推測し、
ブルックスとデブリンは顧客を調べることに。

カテリーナの爪から本を出版してる著名な教授のウィリアムズの
DNAが検出され、彼は事件の夜にカテリーナと寝たことを認めたが、
エージェントと会ってたとアリバイを主張し、エージェントは
ウィリアムズは妻と脳性マヒの息子がいて、家族思いだと擁護する。

ウィリアムズの銀行口座を調べると、8か所で現金を500ポンドずつ
引き出してたとわかり、ウィリアムズは室内装飾を手掛けている妻が
現金を引き出したと主張し、妻ジェインもそれを認めた。

デブリンは妻と会った時に、キッチンのナイフセットの1本がないと気づき、
なくなったナイフは凶器と一致したので、ウィリアムズを逮捕した。

カテリーナの娼婦仲間から彼女に熱を上げてた男がメッセージ付きの本を
プレゼントしたが、彼女はリサイクル店に寄付したことを聞き出して、
ウィリアムズがプレゼントした自分の本を発見する。
骨董品店でジェインが購入した商品は3500ポンドで残り500ポンドは不明。

ウィリアムズの裁判が始まるがソーンが私用でロンドンを離れることになり、
フィリップスがカツラを着けて裁判を引き継ぐことになった。
押し付けられたとフィリップは思ってたが、ソーンの母親の容体が
思わしくなく、会いに行ったのだった。

フィリップスはジェインに残り500ポンドについて質問するが、ジェインは
答えることができなかった。
フィリップは答え方を練習してたのに、ジェインは法廷で口ごもって
検察を有利にしたと疑うが、ウィリアムズに有罪判決が下った。

フィリップはジェインの証言が引っ掛かり、真相を探りたいと主張し、
量刑は2週間後なので、シャープは時間外での調査を認めた。

ジェインの共同経営者ヴァネッサは事件の日に一日中、彼女がうわの空で、
夜に息子の子守するから気晴らしするように勧めたとわかった。
ジェインが夫の浮気を知って、罠にハメた可能性が浮上する。

ソーンはウィリアムズと妻に死亡時刻に疑問が生じた可能性があると言うと、
ジェインが母の家に置いてあった陶器を昨日、取りに行き、なくしたナイフも
見つけたと検察に告げるが、フィリップは刑事があなたを尾行していて、
ヴァネッサの家に行き、帰宅した後は今朝まで外に出なかったと証言すると、
ナイフの先端が欠けてるので、確実に凶器だと断定されるのが狙いだと告げた。

ジェインは夫が被害者との連絡用に使ってた携帯を見つけ、妊娠中に娼婦から
移された病気をうつされてたが症状が出なかったから治療しなかったことで、
息子の脳にウィルスが侵入し、脳性マヒになったことで夫に復讐しようと
計画を立てたと自白した。

ウィリアムズは自分のせいで息子が障害を持ったことを知らされた。
ジェインは夫を許せない気持ちもわかるが、息子のためを考えて、莫大な
慰謝料を請求するとか他の方法を取ってほしかったな。

Law & Order UK: Season One [DVD] [Import] - Law & Order UK

Law & Order UK: Season One
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:UK(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ