2015年04月05日

ブレイキング・バッド シーズン3 #9・10

ウォルターとジェシーは新しいラボでメスの製造を始めた。
ガスの店のトラックでメスを運ばれるとは考えたな。

ジェシーはウォルターが超過分をただで出荷し、メスの売り上げに対して、
自分たちへの支払いが少ないことに不満を持っていた。

ハンクはスティーブからメスが他州にも出回ってると聞かされ、命が助かったのは、
警告の電話があったからと告げた。
病室で話を聞いてたスカイラーはウォルターに私たちは無事かと確認した。

ウォルターはガスに会い、ハンクに警告した人物がウォルターも守ってくれたが、
警告は銃撃戦を引き起こすためで、アメリカとメキシコはカルテルを警戒し、
南西部にメキシコからのブツが入らなくなり、もしこの人物は自前の生産拠点を
持ってたとしたら市場を独占し、利益は莫大だが、契約が終わったらどうなるか
気がかりだと告げる。

ガスは今の契約は3ヵ月で300万ドルだが、年契約で1500万ドルに変更可能だと
ウォルターはガスを相手によく交渉したよ。

マリーは医師からハンクが歩けるようになる保証はできないし、今の保険では
リハビリは週4日しか受けられないと言われるが、最高の医療療法士を
紹介してもらうが高額な支払いはできない。

スカイラーはマリーにウォルターは違法ギャンブルで稼いだ金を持っていて、
それが離婚の原因だったと嘘をついて、ハンクの治療費をウォルターに
支払わせるとは考えたな。あんなにお金を受け取ることを拒否してたのに、
ハンクのためなら仕方ないか。

ジェシーはソウルから税金を支払わずに豪遊してたら目をつけらえると、
資金洗浄の隠れ蓑にネイルサロンを買うように言われる。
そんなことに納得できないジェシーは自由に取引できた頃がよかったと、
新しい市場を見つけたと言うが、それが自分は参加してる依存症の会で、
そこにバッジャーも参加させた。

ウォルターは大目に作ったはずのメスの数量が合わないことに疑問を持つ。
ジェシーが数量をごまかして、持ち出してたから合わないはずだ。
残って調べてたウォルターはラボで飛んでるハエが気になって、
一晩中、ハエ退治をしていた。

翌朝、ジェシーがラボに来ると、ウォルターはラボが汚染されてると、
ハエを退治するまでメス作りはしないと言い出した。

ハエ退治をしながら、ウォルターとジェシーはいろいろ話をしていて、
ウォルターはジェーンが死んだ夜にバーで隣に座ってたジェーンの父親に
話しかけられたて、家族なら見捨てるなと言われて、そうしたと話した。

ウォルターはジェシーにジェーンを助けなかったことで謝ってたが、
ジェシーは大金を届けたことだと思ってるみたい。
やっとハエを退治するが、ウォルターは疲労で眠ってしまい、ジェシーが
1人でメスを作ったがごまかしてるのだろうな。

ウォルターもジェシーがごまかしてることに気付き、連中にバレたら
かばえないと忠告するが、ジェシーは無視するだろうな。

ブレイキング・バッド SEASON 1 - COMPLETE BOX [DVD] -

ブレイキング・バッド SEASON 1

2015年04月01日

ブレイキング・バッド シーズン3 #7・8

ハンクは妻が事故に遭ったと嘘をつかれ、キャンピングカーを処分されて、
逆上してジェシーを殴って、病院送りにしてしまう。

ジェシーは病室にきたウォルターから新しい人生を始めるように言われるが、
今まで通りに生活すると、逮捕されたらウォルターのことを切り札にして、
自由の身になると、ハンクを訴えてると告げた。

ハンクはジェシーへの暴行で警察の取調べを受け、ジェシーが訴えると告げられ、
マリーにトゥコの件からパニックに陥り、抑制が効かなくなり、エルパソで
悪化したと打ち明けた。

スカイラーはウォルターの部屋を訪ねて、ジェシーと話してくれるように頼む。
ウォルターはジェシーに新しいラボでの仕事に誘うが、あんたと関わってから
大切にしてたものを何もかも失ったと金ではないと拒絶してたのに、
すぐに思い直して、利益は折半かと確認し、パートナーに戻ることに。

ハンクは職務停止となり、銃とバッチを返したが、ジェシーが告訴しない
可能性があると聞いて、少し希望が出てきたが、2人の男が1分後にお前を
殺しに来ると警告の電話が入った。

トゥコの従兄弟から襲撃を受け、ハンクは1人を車で撥ねて、もう1人を撃つが、
防弾チョッキを着てたので反撃されたが、簡単過ぎるとハンクにとどめを刺さずに、
斧を持ってくるが、ハンクは落ちてた弾を銃に込めて、頭をブチ抜いた。

退院したジェシーは入れ違いでハンクが搬送されるのを目撃してご満悦で、
新しいラボに行き、ウォルターはハンクのことを聞いて病院に駆けつけた。

病院にはDEAの仲間たちも駆けつけて、ハンクのために献血をする。
ウォルターはハンクを襲った犯人が同じ病院にいると聞き、病室に行くと、
膝から下を切断した生き残りが、ウォルターに体を引きずりながら近づき、
ウォルターは自分も標的だったと気付く。

ウォルターはメスの納品が遅れてる言い訳にゲールが失敗したからと
ガスに言い訳するが、ガスはハンクのことを知っていて、スポンサーとして、
病院にいる関係者に食事の差し入れと懸賞金の1万ドルを出してくれた。

ホアン・ボルサはトゥコの従兄弟たちがハンクを襲撃したと聞いて、
ガスが許可したと知り、DEAが撃たれたので、アメリカ政府が騒いだので
メキシコ政府が動き出し、連邦警察に囲まれたが逮捕なんて形だけと思ったが、
ガスが手を回したらしく、襲撃されてしまう。
これでガスはカルテルで権力を持つことになるのかな?

生き残ってたトゥコの従兄弟は死亡し、ウォルターたちもひとまず安心かな?
ハンクも一命を取り留めたようで良かった。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン5 BOX(4枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン5

2015年03月28日

ブレイキング・バッド シーズン3 #5・6

ジェシーは自分で精製して売ったメスの代金の半分がウォルターに渡ったこと、
ウォルターはジェシーが勝手にレシピを使ったことで互いに怒っていた。

ウォルターはガスに会いに行くと、クリーニング工場の地下に作られた
麻薬製造用の新しいラボを見せられた。
設備が整ったラボにクリーニング工場を隠れ蓑に薬品も入手できるし、
ノルマさせ達成すれば、好きな時に仕事をすればいいと好条件だった。

スカイラーはテッドとの不倫を続けていた。
子供部屋でウォルターが隠した札束を発見したスカイラーは弁護士に話すと、
共犯になりかねないので、彼が出ていかないなら家を出るように言われた。

そして、スカイラーが自宅に戻るとウォルターは離婚書類にサインして、
家を出て行っていた。

ソウルはウォルターとジェシーを呼び出した。
ウォルターは利益の10%を渡すので、同意するように提案されると、
ガスから届いた金をジェシーに渡し、このビジネスで稼げる最後の金だと
大切に使えよと、ガスは私を引き戻すためにお前を利用したと復帰宣言する。

ソウルは3ヵ月で300万ドルの仕事を引き受けたと聞き、資金洗浄の手数料を
17%から5%に引き下げて、ウォルターの側についた。

ハンクはエルパソに行かずにキャンピングカーの手掛かりを追ってたことで、
相棒のスティーブが代わりにエルパソに行くことになった。

それでも諦めずにキャンピングカーを調べると、盗まれたのに被害届を
出してない1台を見つけ、犯人は2ヵ月前に死んだコンボとわかった。
ハンクはコンボの部屋でジェシーと撮った写真を発見する。

ウォルターはラボで大学で学士号や博士号を取得したゲイルという助手を得た。
化学オタクらしく、ガスはウォルターが死んでもゲイルでラボを運営できると
考えたのかもね。

ジェシーはハンクに見張られてるとは気付かずにスキニー・ピートと
バッジャーと仕事を再開しようとしていた。
マリーはハンクが帰って来ないので心配し、ウォルターがピンクマンのことを
知ってると教えて、ハンクはウォルターに元教え子のピンクマンの
キャンピングカーのことを尋ねた。

ウォルターはソウルにDEAの義弟にキャンピングカーのことがバレたと連絡し、
自分で何とかしろと言われ、整備工場にあったキャンピングカーを
処分しようとするが、バッジャーから連絡を受けたジェシーがハンクに
尾行されてると気付かずにキャンピングカーの在りかまで連れてきてしまう。

ウォルターとジェシーはキャンピングカーから出られず、ハンクはドアを
こじ開けようとするが、スクラップ場のオーナーが私有地で令状がないと言い、
ハンクは令状が来るまで動きそうもなく、ウォルターはソウルに電話した。

マリーが交通事故に遭ったとハンクに電話させて、追い払うことに成功し、
キャンピングカーは無事にスクラップ処分された。

ガスの店に連日、トゥコの従兄弟2人が居座っていた。
場所を移動し、ガスはウォルターとの取引が終わるまで手を出すなと言うと、
もう待てないと言われ、ガスはウォルターはトゥコを裏切ったが
殺してないと言うが、彼らはハンクが殺したと知ってるがボルサに
手を出すなと言われてたが、ガスは国境北は私の縄張りだから許可すると、
ハンクの命と引き換えに取引した。

ウォルターは何とかハンクの追跡から逃れ、メス作りも再開したが、
そのせいでハンクが命を狙われることになるとは。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン4 BOX(6枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン4

2015年03月19日

ブレイキング・バッド シーズン3 #3・4

スカイラーが仕事から帰宅すると、ウォルターが自宅に戻っていた。
ウォルターは離婚するつもりもないし、ここは私の家でもあると居座り、
スカイラーが警察を呼んでも出て行こうとしない。

ジュニアは父親が帰って来たと大喜びしてると、警察がやって来た。
法的な別居でもなく、自宅は共同名義で、ジュニアはウォルターの味方で、
警察は退去を命じることはできない。

スカイラーは弁護士にウォルターのメス作りのことを打ち明けた。
弁護士は通報を勧めるが、スカイラーは父親が犯罪者だと知られたくないし、
ウォルターは肺がんなので問題は自然に解決するかもと拒否する。

トゥコを操っていた大物黒幕ホアン・ボルサがトゥコの叔父と従兄弟2人と
ウォルターの件でガスに会いに来た。
血は血で償わせるという彼らにガスは重要な取引中なので取引が終わるまでは
ウォルターに死なれては困ると告げる。

ウォルターはメスで稼いだ金を見せて、家族が生活に困らないように稼いだと
元に戻りたいと頼むが、スカイラーからテッドと寝たと告げられた。
ウォルターはテッドに会いに会社まで乗り込むが追い出され、ソウルが雇った
マイクによって、ソウルの元に連れて行かれる。

盗聴されてると知ったウォルターはすぐに外せとソウルに迫り、マイクが
外しに行くが、家の前に印を見つけて監視されてたほうがいいこともある
と意味深な忠告をするが、ウォルターはその意味に気付いてない。

ハンクはエルパソに戻ることになり、空港に向かったが、ブルー・メスが
見つかったと聞き、相棒が止めるのも聞かずに単独で捜査をする。
そして、ジェシーがガソリン代として店番のカーラに渡したメスに
辿り着いたが、ハンクはカーラが話したキャンピングカーに乗った男が
ジェシーだと気付かなかったが、ATMのカメラから車種を割り出した。

ソウルはジェシーにウォルターを復帰させるように告げる。
ジェシーはジェーンの死から立ち直れず、何度も彼女の留守電を聞いていた。
1人でメスを作ったジェシーはウォルターにガスを紹介してほしいと頼むが、
粗悪品には私の名前は使わせないとケンカ別れになる。

マイクはガスにウォルターの病状を報告し、ジェシーが取引したいと伝えるが、
ガスはジャンキーはごめんだと断るが、2人がケンカをしてると聞いて、
ジェシーと取引すると。

しかし、ガスはジェシーに代金の半分しか渡さず、半分をウォルターに届け、
復帰させる作戦なのかな?
ウォルターを狙ってた2人組はトゥコの従兄弟で、一切話さないので不気味だ。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン3 BOX(6枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン3

2015年03月14日

ブレイキング・バッド シーズン3 #1・2

ジェーン父が飛行機事故を起こしたことで、多数の犠牲者が出て、機体や死体の
一部が住宅地にも散乱していた。

スカイラーは弁護士に離婚相談をする。
弁護士から財政状況を把握してるかと聞かれ、夫婦には隠し事があると言われた。
ウォルターは荷物をまとめて家を出て、アパートに移ったが、ジュニアは
両親がどうしてこうなったのか理由もわからずに困惑していた。

ウォルターは訪ねてきたスカイラーから離婚書類を突き付けられ、愛してるのに
あまりにもひどすぎると、私にも言い分があると告げると、スカイラーから
麻薬の売人でしょと言われ、メタンフェタミンを精製してると告白する。
スカイラーはハンクや子供たちには言わないからと離婚を迫った。

ジェシーは施設から出てきて、ウォルターは自宅に連れてくるが、お互いに
いろいろあったので足を洗わないかと告げる。
そして、ウォルターはガスに世話になったと足を洗うと告げると、3ヵ月契約で
300万ドルを出すと、あと3カ月だけと言われた。

ウォルターはフロントガラスが割れた車を運転していて、違反切符を切ろうとする
警官に文句を言ったことで逮捕され、ハンクが警察にかけあって助けてくれた。

メキシコの麻薬カルテルの刺客が施設にいるトゥコのおじに会いに来て、
トゥコを殺害した犯人がウォルターだと聞き出した。

ソウルはウォルターを捜し出し、メス作りを勧めるが犯罪者になれないと断られ、
マイクにメス作りを知ったスカイラーを見張るように依頼する。
預かってた金を取りに来たジェシーにウォルターを説得するように言うと、
ジェシーから仕事を依頼された。

ソウルはジェシーの両親が売りに出した、祖母の家をメス作りを隠してたと
脅迫して、売値の半額で買い叩いた。
ジェシーが買い手だと知った時の両親の顔ったらなかったな。

ウォルターはスカイラーから子供たちに会わせないと言われた。
ジュニアはそれに気付き、荷物をまとめてウォルターの家にやってくるが
一緒に食事をしようとピザを持って、ジュニアを送り届けるがスカイラーに
拒絶され、ピザを屋根に投げると、接近禁止命令に取ると告げられた。

マイクが家に監視装置を仕掛けてると、ウォルターが戻ろうとするが、
鍵は取りかえられてたので、床下から侵入してシャワーで汚れを落とす。
車に戻ったマイクは麻薬カルテルの殺し屋が家にはいるのを目撃し、
ガスに電話を入れたことで、ウォルターがシャワーから出た時には
殺し屋は姿を消していた。

今回は難を逃れたが、麻薬カルテルがこのまま引き下がるとは思えないし、
ガスに借りができてしまったな。

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン2 BOX(6枚組) [DVD] -

ソフトシェル ブレイキング・バッド シーズン2
海外ドラマDiary TOPへ