2015年07月19日

ブレイキング・バッド シーズン5 #11

トッドはウォルターにデクランと揉めて、仕切りが変わったと伝言を残す。
そして、叔父たちに列車強盗の完全犯罪の話を聞かせて、ラボを仕切ることに。

ジェシーは警察で取り調べを受けるが何も話さなかった。
ハンクからハイゼンベルグが義兄だと知ってると、ウォルターと組んで
どんな商売をしてきたか話したら出してやると取引を持ちかけられた。

しかし、ジェシーはハンクにボコボコにされた過去があるので断ると、
金をばら撒いたニュースを見て、ソウルがやって来た。
ウォルターはソウルに何とかしろと指示をする。

ウォルターはジュニアにメイクでアザを作ると、気を失った時に出来たアザで、
ガンが再発して治療を受けてると打ち明け、マリーの家に行こうとしてた
ジュニアを引き止めることに成功する。

ウォルターは告発映像を作成する。
そして、スカイラーとハンク、マリーにレストランで会い、ウォルターは
子供たちを巻き込むのはやめてほしいと、スカイラーは今は手を引いてると
過去のことだからと、ジュニアにもガンの再発を話し、父親を失う不安と
戦ってるので、さらに苦しみを味あわせるのかと主張する。

マリーはウォルターに自殺して罪と一緒にこの世から消えればいいと告げ、
ハンクは交渉の余地はないと、男らしく罪を認めろと告げると、ウォルターは
告白ビデオをハンクに渡して去った。

映像にはウォルターがこれが再生される頃にはハンクに殺されて死んでるだろうと
ハンクは1年以上メスビジネスを仕切り、私を科学者として利用し、ハンクは
出来上がったメスをDEAの職務を通じて築いたコネを生かして売った。

ウォルターは心身共に弱ったところをハンクにつけ込まれた。ガンを告知され、
治療費で家族が破産すると動揺し、ハンクからメスを作れば儲かると持ちかけられ、
家族のために引き受けたと。

ハンクのパートナーのフリングに売られ、強制的に働かされ、家族を殺すと脅され、
抜けられなくなり、ハンクとフリングが仲間割れをして、フリングが殺し屋を雇い、
ハンクが重傷を負い、その治療費17万7000ドルを私が負担した。

回復したハンクは復讐に乗り出し、サラマンカと組んで、フリングの暗殺を計画し、
その時、使われた爆弾は私が作った。何度も自殺を考えたが勇気ができずに
自首しようとしたが、主任に出世したハンクは私を黙らせるために子供たちを
3ヶ月も人質にして、妻は事実を知り恐怖に怯え、ハンクに辞めたいと頼んだら
殴られたとアザを見せて、もう耐えられないと殺されるかもと恐怖に怯えてると、
この告白ビデオに望みを託してると語っていた。

ハンクは治療費の出所を知らなくて、マリーはギャンブルのお金だと思って
受け取ってたと知ったハンクは共犯だと思われるとショックを受ける。
ハンクはゴメスの部下にソウルとジェシーを見張らせるが、ゴメスに説明を
求められて、部下を引きあげさせた。

ウォルターはジェシーとソウルを荒野に呼び、ハンクから何を聞かれたと聞くと、
DEAには何も話してないと聞かされる。
ウォルターはジェシーに助けたいと、ソウルのツテで街を出てすべて忘れろと
勧めるが、ジェシーはいつもみたいに丸め込もうとしてると、俺が邪魔なら
素直にそう言えと、断ったら殺すつもりなんだろうと涙ながらに訴えると、
ウォルターはジェシーをハグして慰めた。

ジェシーはソウルのツテで街を出ると決めるが、ジェシーは葉っぱを吸ったので、
ソウルは事務所で吸うなと注意してジェシーを送り出したが、指定場所で
迎えを待ってたジェシーはポケットに入れた葉っぱがないことに気づいて、
ポケットを探してるとタバコを見つけ、迎えの車に乗るのをやめた。

ジェシーはソウルの事務所に戻ると、ソウルを殴り出した。
ソウルの銃を奪うと、リシン入りのタバコを盗んだことを追及すると、
ウォルターに頼まれたと自白してしまう。

ソウルから連絡を受けたウォルターは洗車場に向かって、スカイラーに
何も問題ないと確かめると、自販機に隠してた銃を取り出した。
その頃、激怒したジェシーはウォルターの家にガソリンを撒いていた。

ウォルターの告白ビデオには驚いた。
何も知らない人があれを見たら、ハンクが黒幕だと信じてしまうよ。
ジェシーも怒り狂ってガソリンを撒いてるが、家を燃やしても復讐には
ならないと思うけど。

ブレイキング・バッド SEASON 5  COMPLETE BOX [Blu-ray] -

ブレイキング・バッド SEASON 5

2015年07月12日

ブレイキング・バッド シーズン5 #10

住宅街で札束が落ちてるのを見つけた老人が札束を辿っていくと、
公園で停車した車内に札束の入ったバッグがあり、近くの遊具の上で
寝転んでるジェシーがいた。

ウォルターはハンクと話をして車に乗ると、スカイラーに電話するが
ハンクと電話中で、洗車場に行くとスカイラーはハンクに会うため
ダイナーに行っていた。

ハンクはスカイラーがウォルターに脅されてたのではと心配して、
うちに来るように勧めて、ウォルターへの証言を録音すると言い出した。
スカイラーは弁護士と話したいと言い、ハンクはウォルターは再発したので、
時間がないと告げると、スカイラーは自分も逮捕されると取り乱して去った。

ウォルターはスカイラーが貸倉庫に隠してた大金をソウルの手下の
ヒューエルたちに持ち出させて、ソウルにジェシーを見つけろと指示する。
ウォルターは大金を積んだ車で荒野に向かうと穴を掘って、ドラム缶に
入った大金を埋めて、場所の座標を暗記した。

ハンクからウォルターの話を聞いたマリーがスカイラーを訪ねてきた。
マリーはスカイラーの様子からプールの件より前にハンクが撃たれた時から
ウォルターのことを知ってたと気付いて、スカイラーをひっぱたいて、
姪を連れ出そうとするが、ハンクに止められた。

スカイラーは自宅に戻ったウォルターが泥だらけだったのでお金を
別の場所に移したとわかり、ハンクには何も言ってないと告げると、
ウォルターは倒れた。

目覚めたウォルターにスカイラーは再発したのかと尋ねると、これで
幸せかい?と言うと、幸せがどんなだったかもう覚えてないと言われ、
ハンクと取引したんだろうと自首を勧め、金を守って子供たちに
渡して欲しいと頼む。

スカイラーはハンクの口ぶりだと証拠はないみたいと、自首をしたら
お金を取り上げられるから、このまま黙っているのが1番だと告げた。

リディアはメスの質が悪い理由をデクランの地下ラボに調べに行くと、
不潔で二級品のメスはチェコに売れないと、トッドを使うように言うが、
トッドは火事を起こしたので断られた。

上で問題が発生したとデクランがリディアを残してラボから出ていくと、
銃撃戦が始まり、トッドたちはリディアの命令で、デクランたちを殺し、
ラボの機材を運び出した。

ハンクは決定的な証拠が見つからず、DEAに報告したらキャリアは終わり、
スカイラーが話す気になっても助けられないと証拠を掴もうと思ってたが、
やっぱりボスに話す気になったが、ジェシーが大金をばら撒いた件を聞いて、
警察で取り調べ中のジェシーに会いに行った。

ジェシーはウォルターを裏切らないと信じたいが、今のジェシーには
ウォルターを守る気がないだろうし心配だな。

ブレイキング・バッド シーズン4 ブルーレイ コンプリートパック(4枚組) [Blu-ray] -

ブレイキング・バッド シーズン4 ブルーレイ コンプリートパック

2015年06月28日

ブレイキング・バッド シーズン5 #9

ウォルターが廃墟となった自宅に戻ると、壁には“ハイゼンベルグ”
と書かれいて、裏庭のプールではスケボーで遊ぶ少年たちがいた。
壁のコンセントから隠してたリシンと取り出し、車に戻ったところを
隣人に目撃されてしまう。

ハンクはウォルターがハイゼンベルクだと気付き、ショックを受けて、
動揺するハンクは帰宅途中に事故を起こしてしまう。
ウォルターの家から持ち出した本とゲイルのノートの筆跡を見比べて、
本はゲイルがウォルターに渡したと確信する。

メスから足を洗ったウォルターはスカイラーに資金洗浄を加速するために
店舗数を増やすことを提案する。
しかし、リディアが洗車場に客のフリしてやって来て、メスの純度が68%に
落ちてると、数日、指導してほしいと頼まれるが断った。

スカイラーはリディアがレンタカーで洗車に来たので知り合いかと尋ねると、
ウォルターは昔の仲間で手を組みたいと言われたが断ったと答えると、
スカイラーはリディアに2度と来るなと追い帰した。

ジェシーはウォルターが持って来た大金をマイクの孫娘のケイリーと
トッドが殺した自転車少年の両親にそれぞれ250万ドルづつ渡してくれと
ソウルに頼んだが、ソウルはウォルターに連絡した。

ウォルターは500万ドルを持って、ジェシーを訪ねて理由を尋ねると、
血で汚れた金だと言ったから言われ、それは間違ってるお前が稼いだ金だと、
ドリューには悪いことをしたが、過去は過去で取り返しはつかないと、
お前も私も抜けたのですべて終わったと、残された道は生きることだと告げた。

ジェシーはマイクの仲間を始末したのに、マイクが仕返しにこないのは
彼が死んでるからと言うが、ウォルターは殺してないとウソをついた。
マイクはどこかで生きていて、家族のことは手を打ってるはずと納得させた。

ウォルターはトイレから本が消えたことを気付き、家中を探したが見つからず、
ハンクが胃腸炎で仕事を休んでいて、家族でのボーリングは中止だと聞いて、
本を持ち出したのはハンクかもと、車を調べると発信器が見つかった。

ジェシーは駐車場の車の中で眠ってると、ホームレスから恵んでくれと言われ、
札束を渡して、住宅街を車を走らせながら、札束をばら撒き始めた。

ハンクは自宅のガレージでメス絡みの資料を調べ直していた。
ウォルターがやって来たので、慌てて資料を片づけたると、ガスと同じ追跡装置が
車についてたことを聞かれ、ハンクはガレージの扉を閉めて、ウォルターを殴った。

ハンクはお前だったのかと激怒し、ハイゼンベルグは貴様だと、絶対にお前を
ムショにブチ込むと告げると、ウォルターは胸に手を当てて考えろ、私を逮捕すれば
家族はおしまいだと、ガンは再発したと告げる。

化学療法を再開してるが、実際はお前が追ってる男は半年後にはいないと、
逮捕できたとしても刑務所に入る前に死ぬと告げるが、ハンクはスカイラーと
子供を呼んで話を聞くと言うが、そんなことはさせないと告げる。

ハンクはお前は誰だ、とてもウォルターとは思えないと言い、ウォルターは本当に
私を知らないなら、君はこのまま知らない方がいい、下手に探らないことだと告げた。

冒頭のシーンからすると、ウォルターはハイゼンベルグだとバレたみたいだし、
スカイラーたちがどうなったのか心配だな。
ジェシーも大人しくしとけばいいのに、自暴自棄になって札束ばら撒いてるし。

ブレイキング・バッド シーズン3 ブルーレイ コンプリートパック(4枚組) [Blu-ray] -

ブレイキング・バッド シーズン3 ブルーレイ コンプリートパック

2015年06月20日

ブレイキング・バッド シーズン5 #8

ウォルターはトッドにマイクの車をスクラップ場で処分させて、
マイクの遺体をいつも通りに溶かそうとしてたら、ジェシーがやって来て、
マイクが逃げたと言われて安心したジェシーは例の9人をどうするか聞くと、
ウォルターはお前はもう関係ないだろうと、残った私が対処すると告げた。

ハンクは9人の1人から取引を持ちかけられ、いい情報を聞き出そうとしていた。
ウォルターはリディアから9人の名前を聞き出そうとするが、用済みになるのを
恐れたリディアはヨーロッパでメスの需要が高いので、チェコ共和国に
ビジネスを拡大しようと提案する。

ウォルターはリディアの提案を受け入れて、9人のリストを入手して、
リディアにリシンを使うことをやめた。
トッドの叔父さんの刑務所のツテを使い、3か所の刑務所で同時に襲って、
弁護士を含めて10人を始末させた。

ウォルターは娘に会う口実でハンクの様子を探りに行き、大丈夫だとわかると、
トッドとメス作りに励み、デクランとの取引にスカイラーの資金洗浄、
チェコ共和国へのメスの輸出とビジネスは順調だった。

スカイターはマリーから笑顔が見られるようになったし、子供たちを預かって
3カ月になるし、家族の関係を修復するには元に戻ることだと言われてしまう。

自宅に帰ったスカイラーはウォルターを貸倉庫に連れて行く。
山積みの大金を見せ、保管場所に困って借りたと、数えきれない大金は
資金洗浄できない、子供たちを取り戻したいので、私に元の生活を返してと
いくら稼げば満足するのと告げた。

ウォルターはガンの定期検診を受けた後、ジェシーの家を訪ねた。
警戒するジェシーにこの間、キャンピングカーを見かけたと思い出話をして、
土産を置いて行くと言い残して帰った。
ジェシーは玄関前に置かれたバックを開けると、大金が入っていた。
家に帰ったウォルターはスカイラーに終わりにすると告げた。

以前のようにウォルターの家にマリーとハンクが遊びに来て、楽しく過ごすが、
トイレに入ったハンクはタンクの上に置いてたホイットマンの“草の葉”の
本を見つけて開くと、“もう1人のW・Wへ、共に働けて光栄です。G・Bより”
と書かれているのを見つけた。

ついにハンクはW・Wがウォルターだと気付いてしまった。
何で本を処分しなかったの?

ブレイキング・バッド シーズン2 ブルーレイ コンプリートパック(4枚組) [Blu-ray] -

ブレイキング・バッド シーズン2 ブルーレイ コンプリートパック(4枚組) [Blu-ray] -

2015年06月17日

ブレイキング・バッド シーズン5 #7

ウォルターは荒野でデクランに会い、メチルアミンを買い取るより、
自分が作ったメスの方が純度も高いので、こっちのメスの方が儲かると、
手を引くマイクの後釜になるなら、マイクに500万ドル支払えと説得する。

デクランに何者かと聞かれたウォルターは私はコックで、ガスを殺した男
だと告げると、デクランはウォルターがハイゼンベルクだと気付いて、
取引がまとまったが、ジェシーは抜けさせてもらえなかった。

マイクは負の遺産は俺が払うと、DEAの盗聴器を回収するように忠告して、
足を抜けるので会うのは最後だとジェシーに告げた。

ウォルターはメチルアミンを隠してた洗車場に取りに行くと、スカイラーは
中身は何かとか誰かに狙われてるのかと質問するが、ウォルターは何も
心配いらないと告げる。

マイクの弁護士ダンが、銀行で顔なじみの女性職員に手作りクッキーを
差し入れして、数か所の貸金庫を開けてもらい、逮捕された仲間の家族に
運んで来た金を入れて、最後の大型貸金庫には大金とマイクからの
“ケイリーへ 18歳の誕生日に”のメッセージも入れられた。

ウォルターは生産量を2倍にすると、新しいラボを立ちあげて、ジェシーに
任せると言うが、ジェシーは取り分を受け取ったら足を洗うと言うので
説得するが、ジェシーは譲らない。

マイクは荒野の井戸の中にPCと武器を捨てると、空港の駐車場に車を置き、
タクシーで自宅に戻ると、DEAが家宅捜索にやってきた。

ハンクは上司からマイクに執着せずに他の事件に予算を回せと警告されるが、
マイクは隠居生活で手下も口を割らないし、全員同じ弁護士を使ってると、
ハンクは弁護士のダンを調べるように命令する。

ウォルターはトッドを助手にして、メス作りを再開する。
食事しながらスカイラーに新入りを入れたと報告するが無視されたので、
ハンクのオフィスにまた泣きつきに行き、盗聴器を回収をする。

ダンはいつも通りに銀行に行くが、女性職員の態度はよそよそしてくて、
貸金庫に金を入れてるとDEAが現れた。

ウォルターは誰かが落ちて、DEAがマイクを逮捕すると気付いて、
マイクにDEAが向かってると警告すると、孫娘といた公園にパトカーが来て、
ブランコで遊んでる孫娘にマイクは近づくことができない。

ウォルターとジェシーはソウルの元で対応を相談してると、マイクから
ソウルに電話が入り、空港に逃走用のカバンがあるので届けてほしいと
頼まれたので、ウォルターは自分が届けに行くと言い出す。

ウォルターはマイクにカバンを渡す前に9人の名前を言うように告げるが、
名前を教えないし、礼も言わないと怒ると、ウォルターのせいで
こうなったと逆に責められる。

ウォルターはマイクのバックから抜いた銃で車に乗ったマイクに発砲すると、
車は激突して、マイクは車から逃げ出し、川のほとりに座り込んでるのを
見つけたウォルターは9人の名前はリディアから聞き出せばよかったと謝罪。
マイクはいいから黙れ、静かにしなせろと言い、息を引き取った。
マイクには隠居生活をさせてあげたかったな。

ブレイキング・バッド シーズン1 ブルーレイ コンプリートパック(2枚組) [Blu-ray] -

ブレイキング・バッド シーズン1 ブルーレイ コンプリート
海外ドラマDiary TOPへ