2012年02月11日

NUMBERS シーズン6 #1


ファイナルシーズンがスタート。
ドンのチームは政治一家の反逆児で活動家のベンジャミン・ポークが開く集会で
護衛を担当することになり、会場の公園を下見してると突然、何者かに狙撃された。
ドンは狙撃手が現場に置いた携帯に出ると、ポークを撃つから邪魔するなと警告され
ポークに敵は多いらしく、集会を中止にするつもりはなかった。

チャーリーは狙撃された時に、ドンは何かに気を取られて、狙撃手を車で追う時に
ためらいがあり、苦しそうだったと、刺されたことが影響してるのかとパパに話すが
逆にみんなはチャーリーとアミタがお互いを避けてることに気付いていた。

ポークがパーティでスピーチしてると、調理室で爆竹が鳴り響き、また携帯電話があり
シンクレアが出ると、警告は2回した3回目は本当にやると告げられる。
爆竹はロケット発射装置とつながり、遠隔操作されていて、プロファイルでも狙撃手は
西ヨーロッパ系の男性で“アフリカ系”という表現から大学卒としかわからない。

調理場の監視カメラに注文のなり備品を配達する男が映ってたが、顔を隠していたが
チャーリーは静止画をつなぐと犯人の立体像が見えると提案すると、ラリーは
アミタが手伝えば早いと言うと、チャーリーはちょっと失礼と逃げ出してしまう。

ドンはポークに場所を変えるように神様ジョークまで使って説得するがダメで
チャーリーはコルビーと装置を使って、“暗殺マップ”を作成してる時に、コルビーが
ダブルエージェントだったのを隠し通したほど口が堅いのを知ってるので
アミタの件で相談に乗って欲しいと言うが、パスされてしまった。

アミタとラリーは犯人の立体像を作成し、高校教師のシェパード・クレーターが浮上し
逮捕歴はないが、78〜81年に“レジストファースト”の爆弾テロで捜査対象に
なっていたがシロで、それから地味な暮らしをして、独身で家族もいなかったが
3週間、無断欠勤してるとわかった。

コルビーとシンクレアは“暗殺マップ”の候補地を調べてると、あるビルの地下で
犯人の物と思われる銃などを発見するが、後ろからクレーターに銃を向けられてしまう。
クレーターはポークは口だけだと、例えばポートランドと自分に協力した者たちを
使い捨てにしてきたと言い、シンクレアはコルビーに合図を送って、反撃に出たが
クレーターに逃げられてしまう。

クレーターにはリチャードという息子がいたが、ポークが主導した通商会議への
抗議デモで逮捕され、獄中の争いで死亡していた。
やらせを疑われたポークは記者会見で、仲間の行き過ぎを非難し、以来、メディアよりの
現在のポークに変わった。

リズは抗議デモの映像から、やらせだったと気付き、ニッキーと集会の中止を説得するが
すべて本気だったと中止しようとしない。
ドンたちはポークを車で会場まで護衛するが、途中で撤去したはずのゴミ箱を発見し
避難しようとすると、ゴミ箱が爆発し、集会を中止にしてホテルに戻った。

アミタは犯人はFBIに発砲したり、警告してたので、ウォーゲームのシナリオで分析し
筋の通らないところが、この作戦のキモで“不完全情報ゲーム”だとわかった。
ドミノと同じで、見えるのは自分の駒だけと見せて、クレーターは敵の弱点を暴き
弱点が暴かれるたびに、こっちは対策を立てたが、彼の狙いは集会ではなくて
ホテルだと気付き、ポーターの部屋に照準を合わせてるクレーターを発見した。

シンクレアは説得したが、クレーターは銃口を向けたので発砲し、クレーターは
息子を忘れないでくれと言い残して、亡くなった。
映像だけで会話はわからないが、リズとニッキーの様子から、ポーターは自分の
都合のいいように会見をして、コルビーとシンクレアはリチャードがポークに
利用されたことを話したみたい。

チャーリーは新しい教官室で、教授たちが次の教授に残してきた手紙を見つけたが
自分も手紙を残そうと書き始めた。
そして、チャーリーとアミタはドンとチャーリーに結婚すると報告した。
アミタの国では、男性が女性の両親に申し込むのが伝統で、チャーリーは国際電話で
許しをもらうのに4日もかかり、みんなにバレないように、はぐらかしてたが
ドンとパパは気付いてたみたい。

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル ファイナル・シーズン コンプリートDVD-BOX Part 1
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

NUMBERS シーズン5 #23

シーズンファイナルはアミタが何者かに誘拐されたその後からスタート。
殴られたチャーリーはドンに電話して“青いジープ、黒い窓ガラス、ナンバーはA33”と
科学大で誘拐されたとだけ伝えて意識を失った。
FBIにいたドンは市警とヘリを出動させて、すぐに車の捜索にあたり、逃走する車は
駐車場に逃げ込んで事故を起こして、チャーリーの目の前で炎上してしまった。

車に爆薬が積まれ、車内にいた女性2名はアミタではなく、1人はイルマ・ライデルと判明し
アミタは車を発見するまでの90分間にどこかで降ろされてたが、チャーリーは動揺して
分析することができないので、ラリーが担当することに。

コルビーとシンクレアが科学大の花壇で地味に手掛かりを捜してると、エジャートンが現れて
犯人がここで3日間も監視してたと、アミタが誘拐されたので追跡のプロが登場かと思ったら
反社会的なメイソン・デュリエを追っていて、ライデルは夫を殺したメイソンと逃亡していて
もう1人の焼死体はメイソンの子を身ごもってるケイティで、他にも6人の女性たちが“部族”
と名乗って、くだらない革命論で殺人、放火、強盗を正当化していた。

アミタはメイソンらのアジトに連れて行かれ、メイソンはアミタのことをウェブサイトや
雑誌で知り、人工知能の事件のことを知っていて、どこかにハッキングさせられるが
作業に時間がかかると、自分のオフィスにあるPCが必要だと言い、ディリエの目を盗んで
チャーリーのカードを不正使用して、チャーリーに無事だと伝えてきた。

チャーリーは買ったとされてる物はアミタのオフィスにすべてあるので見張って欲しいと頼み
コルビーとシンクレアは半信半疑だったが、メイソンの女 パイパーがオフィスからPCを
持ち出すのを発見して捕まえたが、運転手の女が発砲してきたので射殺した。

アミタがハッキングしてチャーリーのカードで商品を買ってることにしてたことからチャーりは
商品の金額がプライベートネットワークのアドレスだと気付き、ミラーIPアドレスでアミタは
作業を見せていたので、カード会社へのサイバー攻撃が狙いだと判明する。

ラリーはリズとニッキーとアミタが降ろされた場所を探してると、突然にエジャートンが
タイヤ痕を追って来たと現れたことで、車を乗り換えた倉庫を発見するが、胴体だけない
マネキンが見つかり、エジャートンはガザでマネキンを仕掛け爆弾として使ってると。

そして、ラリーはデュリエが現場に残したのはイガというパズルだと気付き、ピースが1本でも
抜けるとバラバラになることから、ドンは黙秘を続けるパイパーにメイソンが言っていた
“弱点を取り除けば、構造が崩れ落ちる”は君が弱点でアミタに取って代わられた告げると
興奮するパイパーに奴の元に案内することでパズルのピースになるとアジトへの地図を書かせた。

アジトにはマネキン爆弾が仕掛けられていて、ドンたちは踏み込むことが出来ないが
エジャートンはメイソンを狙える位置に付いたが、アミタが側にいるので発砲できない。
チャーリーはアミタのPCに伏せろとメッセージを送って、アミタが伏せるとエジャートンは
すかさずメイソンを射殺して、無事にアミタを救出した。

パパの言う通りでシーズン5はドンが刺され、チャーリーも狙われて仕事を失いかけたり
列車事故、脱獄犯、連続殺人、銀行強盗と波乱のシーズンだった。
アミタの事件解決のきっかけを作ったのはパパがカード会社と話してくれたからで
やっぱりパパの支えが重要だと思った。
エジャートンはニッキーとデートに出かけ、チャーリーは膝を付いて、アミタに指輪を差し出し
プロポーズとハッピーエンドで終わってくれたので良かった。

NUMB3RS 天才数学者の事件ファイル シーズン5 コンプリートDVD-BOX Part 2
posted by Jasmine at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

NUMBERS シーズン5 #22

銀行強盗が発生し、ニッキーは同じだ手口だと気付いて、隠してた犯人の死体を発見した。
殺された犯人の1人は強盗の常習犯だと判明するが、ニッキーは2002年に発生した新人時代の
未解決事件とそっくりで犯人から他の3人には結びつかないと断言する。
捜査担当者から話を聞こうとすると、担当はシーズン5の4話で盗難が発覚してクビになった
ロジャー・ブルームだった。

コルビーは面識がないニッキーを連れて、ブルームに会いに行くが容疑者は別の強盗で
死んでるので今回の事件とは無関係と言われると、ニッキーは容疑者も無関係ではと
ブルームを悪徳捜査官だと思ってるので口出ししたことに、コルビーは事件解決のために
過ちを犯したけど、優秀な捜査官だと思ってるコルビーは怒ってしまう。

チャーリーは探索アルゴリズムで2ヵ月前に1994年の強盗と、5ヵ月間に1989年の強盗と
そっくりな事件が発生してるとわかり、犯人はバラバラだったので、今回の犯人は未解決の
完全犯罪を模倣してると判明する。

捜査資料をブルームが借りてることがわかり、銀行の映像をチェックするとブルームが
下見をしてるとわかり、コルビーはニッキーとブルームの自宅を捜索することになり
コルビーは父親が車で崖から転落死したが、20年も働いてた部品工場でミス1つでクビになり
自殺かもと思ってることを打ち明け、ブルームに肩入れしてる理由がわかった。

ブルームの自宅から銀行の見取り図や経路パターンと未解決事件の資料が見つかったが
証拠がないので釈放することにして、ドンたちが資料の銀行を張り込んでるとブルームが来て
やって来た犯人たちに銃を向けたことで銃撃戦となり、犯人の一人が撃たれたが逃亡した。
ブルームは自分で事件を解決して汚名返上しようと5ヵ月前から追ってたが、ドンは犯行を
知りながら通報しなかったのは共犯だと逮捕した。

チャーリーは犯人は捜査資料から事件の詳細を知ったと思ってたが、ブルームが無関係なら
刑務所で昔の強盗犯から話を聞いたと思われるが犯人の情報がないので分析できないでいると
コルビーがブルームに非公式の容疑者がいるので協力すると連れてきた。
チャーリーとブルームの意見は一致せず、パパが間に入って大変だったが、犯人がロンポックに
服役して、最後に儲けが多い場所を選ことで意見は一致する。

そして、被弾した犯人 デヴァロが死体で見つかり、彼の兄 テディがロンポックに服役してたが
テディはすでに逃亡した後で、チャーリーとブルームは次は1981年のように連邦準備銀行を
襲うと分析するが、その事件では毒ガスを使って、銀行にいた目撃者たちを殺していた。

化学兵器の処理施設で警備員が加担し、ガスが盗まれる事件があり、報酬のために黙秘してた
警備員を追及して聞き出して、ドンたちは隣の店から避難させてるのを犯人に見つかって
毒ガスと銃を持ったテディが人質を取って、逃げようとしたところにブルームが隙を付いて
テディを取り押さえたことで、毒ガスを回収してテディも逮捕した。
ニッキーもブルームを見直して、ピザを食べに行こうと誘い、ブルームはFBIに人生を捧げて
結婚もしなかったが、コルビーみたいな息子がいたらなと思ったみたい。

アミタがチャーリーのオフィスを片づけてると棚から歴代の有名教授たちの手紙を発見。
1922年からこのオフィスを使ってた数学界の巨匠たちが、駆け出しの頃に目標なのを書いて
オフィスに残していた伝統だった。

チャーリーは手紙を書こうとしないので、アミタはペンをプレゼントするが、チャーリーも
書くべきとは思ってるけど、8歳の頃から学術的な偉業を達成する宿命があるが、もし宿命を
全うできなくなっても、アミタは自分を愛してくれるか心配だったらしい。

アミタはチャーリーにオフィスにふさわしいと答えたが、後からちゃんと答えてなかったと
どんなことがあってもチャーリーを愛してるとキスしてると、突然、チャーリーは殴られて
アミタが連れ去られてしまった。
ハッピーエンドで終わりかと思ったら、アミタが大学校内で拉致されるなんてビックリで
次回のシーズンエンドはどうなるのか早く見たいな。

NUMB3RS 天才数学者の事件ファイル シーズン5 コンプリートDVD-BOX Part 1
posted by Jasmine at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

NUMBERS シーズン5 #21

今回は記念すべき100話目エピソード。
チャーリーはドンの負傷を残り超えるために、犯罪はすべて分析できると未解決殺人の
時系列パターンを分析して、連続殺人犯を見つけた。
その頃、主婦が自宅で殺害され、犯人を目撃した郵便配達員が射殺される事件が発生するが
2つの事件が関連してると誰も気付いてなかった。

チャーリーはシンクレアに今ある事件がいっぱいで確証もない捜査は出来ないと却下されて
連続殺人を調べてる素人を紹介されたが、シーズン5の9話で登場したロイ・マッギルだった。
チャーリーはマッギルからからジーン・エバンスを紹介してもらうことに。

エバンスはリタイヤしてから失踪事件や未解決殺人を調べて、4件もの事件を解決したが
妻が脅迫を怖がったことで今は辞めていたが、チャーリーはベーカーズフィールドの事件の
時系列パターンが似ていて、犯人は被害者を“固め結び”で縛って、他の5件も同じだと
ドリスコル刑事に話したことを聞く。

チャーリーの分析はFBI内で噂になってたが、チャーリーの考えに賛成する捜査官から
地理的プロファイルングを確立したカナダの刑事 キム・ロスモの方法論の資料をもらった。
徹夜で分析したチャーリーは犯人が3つの地域で活動していて、殺人集中しないように移動し
18年間で北カリフォルニアからベーカーズフィールド、今はロスにいることがわかった。

チャーリーはマッギルと必要なデーターを持ってるエバンスを訪ねると、妻と共に殺害されていた。
近隣の男性がフードをかぶった男を目撃していて、元会計士のジーンを税金のことで恨んでる
ホーンが犯人に似てると証言して、ホーンが事件近くにいたことがわかった。

マッギルは“犠牲者ゼロ号”の1988年に殺害された女子高生 ナンシーの事件を発見。
ナンシーは固め結びされて、ナンシーの彼氏は犯人と名乗る男から脅迫電話を受けていたが
チャーリーは関連性を否定するが、ラリーはマッギルの意見に賛成だった。

自宅療養中のドンはアミタから事件の説明を受けて、ホーンの様子と状況からからシロと判断し
主婦殺害犯が3時間遅れで配達してた郵便配達員に見られたので、念のために殺害して
2日前に捜査を再開するとブログで発表したエバンスも殺害したと推測して捜査を命じた。

チャーリーは次の犯行は48時間以内で、犠牲者をストーキングして行動を把握しているので
殺害前に不審者の通報があるはずと、犠牲者候補を絞り込むことになり、チャーリーが犯人の
居場所を絞り込んだことで、犠牲者候補の自宅を張込みして犯人を発見するが逃げられてしまう。

エバンスが事件のことを話してたドリスコル刑事が去年、プールで溺死していたと判明し
亡くなる前に被疑者として取り調べてたのが、エバンス殺害の目撃者 ポスナーだった。
犯人が活動してた3つの地域から共通する住民を捜してると、それぞれ名前は違っていたが
ポスナーと同一人物だった。

連続殺人で捕まえるには証拠がないので、泳がせて監視することになるが、マッギルが
ナンシー事件を調べて、被疑者がナンシーのストーカーのトーマス・パークだと判明して
ポスナーと名前の1つだった。

ナンシーの恋人 スティーブはパークを追い払ってから、1週間後に自動車事故で殺されかけて
脅迫電話で犯人の声を聞いてたので、マッギルはツテを使って、スティーブをロスに呼んだ。
アミタが犯人の声を18歳の時の音声に加工して、スティーブに聞かせると犯人だと証言して
ポスナーを逮捕して、凶器が被害者から奪った戦利品を発見した。

チャーリーがドンのことを乗り越えるために始めた分析から、長年、野放しになっていた
連続殺人犯を逮捕に至るとはね。

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル  シーズン4 コンプリートDVD-BOX Part 2
posted by Jasmine at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

NUMBERS シーズン5 #20

チャーリーは有名教授たちが座った新しいオフィスに移ることになってご機嫌で
前から考えてた神経回路網を思い付いたので書き止めると、引っ越しの荷物をアミタと
パパに運ばせて、徹夜で計算に取り組んでいたことで、ドンから頼まれてた押し込み強盗の
分析を忘れてたので、急いで分析することに。

チャーリーの予測では犯人は若い4人組で、ターゲットの地域も絞られたのでドンたちが
まだ犯人たちがいる家に到着して銃撃戦となるが、犯人たちに逃げられて後に離れ家から
5人目の男が出てきて、ドンを刺して逃亡した。

病院に搬送されたドンは緊急手術を受けることになり、シンクレアを中心に捜査開始。
被害者夫婦は犯人の顔を見てなくて、チャーリーは自分の仕事に夢中になっていて
ドンの依頼に時間をかけなかった自分を責めるが、アミタに励まされて、現場に残された
不完全な指紋を再現することに。

指紋は化学教師のカーダムと一致するが、最優秀教師に選ばれ、駐車違反もなかったが
通行止めの高速出口を利用したと嘘を付いたので、逃げるカーダムと追跡して逮捕した。
カーダムは行方不明の投資顧問 アレッシについて取調べを受けていて、強盗の被害者8組は
アレッシの顧客で、カーダムの自宅から自動拳銃、防弾チョッキに血の付いた靴が発見され
追及したが弁護士を要求したので、コルビーは拷問しようとするがシンクレアが止めた。
コルビーはドンなら見逃してくれたと主張するが、シンクレアは俺は違うと意見が対立。

ニッキーはアレッシの秘書からHDに入れて、金庫に保管された資料を借りるが、金庫にあった
特別な客の貸金庫の鍵が消えていて、アレッシは資金洗浄をしてたことが判明。
チャーリーはアレッシの資料から次の被害者を予測して、残りの強盗犯3人を逮捕した。
強盗犯3人はエンジニア、検査技師、消防士で前科もないが、クロアチアのブレツコ出身で
12年前に移住していた。

今回の事件の特徴がプロ集団や愉快犯と一致しないので、アミタは強盗じゃないかもと
先入観を捨てて見直すことを提案し、5人目の男がいた離れ家は改築されて要塞になっていて
他の被害者たちも18か月以内にパニックルームを作り、アレッシが資金洗浄を始めた頃で
ドンを刺した男は強盗犯ではなく、逃亡者だと判明。

被害者は破産寸前だったのに、アレッシのおかげで好転し、国税庁が調べ始めてるので
協力するかしないかで今後が決まると迫ったことで、アレッシの客のために資金洗浄に協力し
隠れ家が欲しいと言われたと、その客はセルビアで民族浄化を指揮したラドビッチだった。
カーダムたちの故郷の村も民族浄化されてたので、狙いは復讐だとわかった。

カーダムはバーでラドビッチの資金洗浄をするアレッシを見つけ、アレッシは宝石問屋の
貸金庫にある200万ドルのダイヤを譲ると命乞いをしてたと自供したが、鍵は渡さない。
ラドビッチはアレッシが死んだとは知らず、裏切ったと思ってると鍵を保管してる金庫が
危ないと駆けつけると、アレッシの秘書が拷問されて殺されていた。

ラドビッチがアレッシに鍵を渡してる映像から、ガラスキ博士に鍵を作成してもらい
チャーリーは貸金庫の場所を特定し、おとりとなって金庫からダイヤを持ち出すと
現れたラドビッチをシンクレアたちが逮捕した。

ドンはオペで肺や動脈を修復し、心停止に陥って、一時は予断を許さない状態だったが
意識を取り戻して、事件を解決したみんなはお見舞いにやって来るが、それぞれが持って来た
風船はキティちゃんだったのが笑えた。

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン4 コンプリートDVD-BOXPart 1
posted by Jasmine at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ