2012年04月21日

NUMBERS シーズン6 #11

スクラッチの宝くじだけを狙った、4人組の連続強盗事件が発生。
店主が隙を狙ってライフルで反撃し、犯人の1人が射殺された。
ドンは帰って来たロビンとイチャついてると、呼び出しが入って、9件の強盗を
FBIが捜査することになり、宝くじ委員会のボイド・キーンも立ち会うことに。

射殺された犯人のウェインは、去年、宝くじで15万ドル当てていたのに
家賃は滞納し、毎週“当せん者の会”に参加してたことが判明。
宝くじ委員会からからハケット捜査官がやってきて、彼女は次の標的に
なりそうな店を計算で出し、チャーリーとは話が合うみたい。
宝くじは1万枚ほど盗まれ、1〜5ドルの当たりくじだけで12万5000ドル以上で
まだ換金がされてなかった。

当せん者の会のスコットも1500万ドルの当選者で、ウェインは1万5000ドルしか
残ってなくて、資産アドバイザーのサラを紹介したが、サラはウェインとの
2回目の相談の時にはほぼゼロだったと。

犯人たちが偽名で借りた逃走車が見つかり、中から1万枚の削られた宝くじが
見つかったが、シリアル番号を照合すると、店で換金できる600ドル以下の
7枚の当たりくじだけが持ち去られていたが、たった4200ドルのために
9件も襲った理由が謎だった。

チャーリーはパパがスクラッチのシリアル番号は関係ないと削ってないのに、
犯人は外れくじまで全て削ってたことから、狙いは情報ではと指摘すると、
ハケットは当たりかどうかはシリアル番号で分かると、コードを解読しないと
当選金額は分からないので、盗んだ1万枚で情報を入手し、犯人は当たりくじの
シリアル番号を突き止めて、その番号を買うことが狙いだとわかった。

消えた7枚のくじが換金されてると通報が入り、逃げる犯人を捕まえると
スコットの息子ザックで、くじは見つけたと、父親は1500万ドルを使い果たし、
犯人の疑いがあり、当せん者の会で他にカールとレイモンドが破産してると判明。

スコットをザックを対面させて、ドンはザックにくじは強盗犯が奪ったもので
9件の重罪で成年扱いになると告げると、スコットは自分が隠してたくじで
ウェインたちにコネがあり、どの店をいつ襲うかだけ知らされたが、彼が死んで
自分は降りたと、次の犯行を行ってたカールとレイモンドを逮捕した。

カールとレイモンドはコネの正体を知らなかったが、ボイドが宝くじ委員会の
極秘情報へのアクセス許可で、くじの納入先を調べられてたと報告が入り、
ハケットが犯人だと逮捕したが、チャーリーはハケットは内部の犯行だと
話してたので、誤認逮捕だと主張し、ドンはパパとの会話から、ハケットが
ログインしてたとされる時刻に、飛行機に乗ってたことを突き止めた。

ドンはボイドに内部犯だろうと突き付け、数学ができるものが陰にいると追及し、
店でスクラッチを買い占めて500万ドルを当てて出てきたサラを逮捕した。
サラは破産した顧客たちを使って、クジを強盗させていたとは。

ドンはロビンから遠距離の方が上手くいくかもと、どうするの?と聞かれて、
どうにかするさとドンはキスしたけど、それでいいのかな?
チャーリーは容疑が晴れたハケットを自宅に招いて、パパと3人でディナーをして、
くじの話しで盛り上がったところで、パパが差し出したスクラッチを削ると、
1万ドルが当たったとはすごいと思ったら、偽くじだったの?

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル ファイナル・シーズン コンプリートDVD-BOX Part 1
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

NUMBERS シーズン6 #10

今回はコルビーが尊敬するロジャー・ブルーム元捜査官が登場。
ドンたちは連邦準備銀行を狙った強盗団を銃撃戦のすえに制圧に成功した。
処分のため輸送される古札を狙った強盗だったが、その中に1960年代の20ドル札が
多数見つかり、20ドル札の寿命は2年なのに変だとチャーリーが番号を調べると
アメリカ史上最大の未解決事件で、ハイジャックした飛行機から20万ドルを奪って
飛行機から消えたD・B・クーパーが強奪した紙幣だと判明。

強盗団はクーパーと関わりはなく、紙幣は乾燥した熱風にさわされたとようで、
石膏粉も検出され、当時の担当者はブルームだったので、コルビーが訪ねたけど、
卵の焼き加減も知ってるとは、ブルームの家によく訪ねてるみたい。

ブルームはコンサルタントの仕事を始めたところで時期が悪いと言いながらも
本当は20万ドルではなく、100万ドル近かったが、偽証を見抜くために数字を変えて、
森で窃盗のプロでベトナムの落下傘部隊だったソーヤーの遺体を発見したが、
乗客は顔を見てないし、パラシュートは2つだったので、相棒が殺して、飛行機から
捨てた可能性もあるので、チャーリーと調べてると、生存してる可能性が出た。

襲われた輸送車の運転手ウェズリーが札を持ちこんだ可能性があると訪ねると、
殺害されていて、シンクレアは洗濯室の壁に塞いだあとを発見してこじ開けると
大金が見つかるが、男に銃口を向けられてしまうが、ニッキーのおかげで助かり、
男はウェズリーのおじのレイで元ベトナムの落下傘部隊だった。

ウェズリーは多発性骨髄腫で余命4カ月で、廃棄紙幣の輸送係になり、クーパーの
紙幣をポケットマネーとして持ち込み、安全な紙幣とすり替えていて、その額は
6万3000ドルで、壁から16万ドルが発見され、80年のコロンビアで5880ドル洗浄され。
残り約77万1000ドルが行方不明で、ニッキーはレイがクーパーだと言うが、
コルビーとシンクレアは信じず、ブリトーを賭けることに。

ニッキーはブルームとコンビを組み、レイがベトナム人の生花店に毎月送金した累計が
6万2580ドルだったので、すり替えた金だと推測し、レイが訓練した落下傘部隊が、
ベトナムのヌバク村での戦争犯罪で起訴されて、その中にソーヤーがいたことが判明。
生花店を訪ねると、店主のティナは送り主がわからず、国税庁に申し立てたと。

コルビーとシンクレアがレイを尾行すると、図書館で古新聞の資料を見た後に
西海岸最大の宝石泥棒のアンテルを訪ねると、彼の右腕のルッソを射殺した。
ルッソの車からウェズリーと同じ型の血液と彼の書類が見つかったが、レイは
向こうから撃ってきたと、バーテンダーも同じ証言をしたので拘留はできない。

チャーリーはクーパーの紙幣は国内では使えないが、71年のベトナムならドルの価値は
高くて使えるが、レイはリスクに敏感なはずで、それでも送金したのは娘だからではと。
ティナはヌバク村生まれで、父親はアメリカ兵で幼い時にアメリカ兵が村に来て、
渡航費用を残して行ったとわかるが、ティナはアンテルに連れ去られてしまった。

レイが見ていた古新聞からアンテルはソーヤーの息子だとわかり、強奪事件のニュースで
ウェズリーが父親を殺したレイとの関係に気付き、ウェズリーを殺害したが、標的は
ティナだとわかり、アンテルはレイを図書館に呼び出したところに、ドンたちも侵入。

レイはアンテルにハイジャックはお前の父親の案だったが、ソーヤーは利用した後に
自分を殺すつもりだったので先手を撃ったと、ベトナムでも武器の闇商売とレイプで
有名だったと、ティナはアンテルの妹だと告げた。

そして、ドンたちとの銃撃戦の末にアンテルを捕まえ、ティナも保護した。
ブルームはクーパーの逮捕で報奨金5万ドルがもらえるのに、レイを逃がしてあげた。
レイは残りの約77万ドルをヌバク村を直すために使っていた。

シンクレアはデートでクラシックを聴きに行くので、アミタにスーツの見立てを頼むが、
任せると言いながら、あれこれと注文は多く、パパの70年代の服はたしかに似合いそう。
パパとブルームは60年代の話で対立したけど、ドンの仲裁で仲直りできて良かった。

NUMB3RS 天才数学者の事件ファイル シーズン5 コンプリートDVD-BOX Part 2
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

NUMBERS シーズン6 #9

シーズン5の12話で登場したバスジャック事件のバックリーが再登場。
バックリーと同じ手口のバスジャック事件がフェニックスで発生し、3人組の犯人は
1600万ドルの身代金をケイマン諸島へ送り、警察はダミーのバスを4時間も追跡。

服役中のバックリーが共犯ではと面会に行くと、犯人を知りたいなら減刑しろと
取引を持ち出したので、ドンは拒否すると、バックリーは次は宝石店かもの
予言通りに貴金属取引所に強盗が入り、人質を取って、立てこもる事件が発生。

3人組の犯人は人質たちに自分たちと同じつなぎと帽子を着用させて判別不能にして、
監視カメラをハッキングして、アニメに変えて、電波妨害で傍受できないようにと
バックリーと同じ手口だったが、1つ違ったのは、犯人は無音警報を押した
マネージャーを暴行していた。

刑務所図書館からバックリーのウェブコールが入り、ドアに爆弾が仕掛けてあるかも
と警告したとおりに爆弾が仕掛けてあり、バックリーに協力させるために刑務所から
現場に連れてくることになった。

犯人から小型ジェットの要求が入り、病気の人質を解放する代わりに、飲み物と
温かいピザを要求してきた。
チャーリーとアミタがハッキングから監視カメラの映像を取り戻すことに成功し、
中の様子がわかるようになった。

バックリーによると、主犯は6週間、同房だったマダックスで、バックリーの話から
計画を実行したと判明。
取引所の電源を止めたことで、マダックスは人質を殺すと言い出し、バックリーは
懲役はあと2年で、残りは保護観察に減刑に取引して、捜査に協力することに。

バックリーはマダックスが取引所のことを知り過ぎてるので、女スパイがいると
取引所の職員か警備の関係者で、小型ジェットは目くらましで、正面から人質を
送り出して、地下の下水道から逃げる気で、どこかにダミーの爆弾があるはずと。

バックリーが言った通りにジェット機が遅れるとマダックスに告げたら応じたので、
下水道の抜け道探しにパパまで借り出されることに。
チャーリーはバックリーのゲーム理論の説明に感心すると、バックリーはMITから
奨学金をもらったのに、入学直前のコスタリカ旅行でドラッグ密輸に関わって、
転落人生に陥ってたとは。

警官が宅配スタッフに変装して、犯人たちに食事を運び、下水道のルートも判明し、
ダミー爆弾も見つかったので、バックリーは刑務所に戻ることになった。
そして、ドンたちは突入すると、人質が犯人役をさせられていて、宅配スタッフの
警官とすり替わったマダックスたちが、バックリーを連れて逃走してしまった。

マダックスたちはつなぎの下に制服を着ていて、入口に仕掛けた鏡で錯覚させて、
その隙に食事を運んだ警官を気絶させて入れ代わり、すべて計算されていた。
取引所の在庫は手つかずで、ドンはすべてバックリーの計画だったと疑うが、
チャーリーはバックリーは協力的で、残る刑期は2年なのに危険は犯さないと。

警備会社のIPカメラ担当のローラがマダックスとやり取りしてるとわかるが、
ローラの同僚ギルがマダックスに脅迫されて、ハッキングに手を貸したと判明。
そして、車のトランクに閉じ込められてるバックリーから助けを求める電話が入り、
のぞき穴からバレーを走行中だと言うが、携帯がバッテリー切れとなりそうで
白旗の出た車を探してくれと告げると電話が切れてしまった。

そして、バックリーが乗ってた車を発見すると、トランクにはマダックスの手下が
閉じ込められていて、トランク内には誰かの血が散乱していた。
手下によると、目的は口座への侵入で、バスジャックの1600万はケイマン諸島で、
取引所を使って資金洗浄して、プログラムに侵入するためにスパイがいると供述。

チャーリーがIPカメラから、パスワードと口座番号を読みとれる仕掛けを見つけ、
解析ソフトの保存先も資金洗浄プログラムと同じなので、資金を追跡すると
取引所に戻ってるとわかり、受取人はローラだと判明。
ローラが取引所から出てくるのを確認すると、そこにマダックスが現れてので、
2人一緒に逮捕することに成功し、ダイヤも確保できた。

マダックスがバックリーの脚を撃ったのは演出で、黒幕はバックリーだったが、
バックリーはローラとマダックスを信用してなくて、現金をダイヤに替える時の
手数料の24万ドルを自分の海外口座に入るように仕組んでいた。

裏切られたと知ったローラはバックリーが潜伏してるホテルを供述するが、
部屋にあったノートPCに“エプス家の皆さん、ディナーをどうぞ”とメッセージと
フライドポテトが残されていて、バックリーは逃亡した後だった。

ドンが落ち込んでると、チャーリーがいじってたバックリーが残したノートPCに
ウェブコールが入り、スイスらしきスキー場でバックリーはくつろいでいた。
24万ドルだけじゃ、足りないだろうけど、また何かして稼ぐんだろうな。
バックリーはチャーリーとオンライン授業の約束をしてたが、実現したら面白いな。

NUMB3RS 天才数学者の事件ファイル シーズン5 コンプリートDVD-BOX Part 1
posted by Jasmine at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

NUMBERS シーズン6 #8

シーズン6に、ルー・ダイアモンド・フィリップスが演じるエジャートン捜査官が
やっと登場したと思ったら、コステロの殺人容疑で逮捕され、ドンも現場にいた。
逮捕した連邦捜査官のトンプソンは拘置所がいっぱいだからと、連邦刑務所に収監。

そこにはエジャートンがコロンビアで捕まえたドラッグ密売組織のボスの
サラザールもいて、彼の会社から50万ドルがエジャートンの口座に入金されて、
手下のコステロに自白されそうで殺害したと容疑をかけられ、近くの排水溝から
見つかった凶器は、盗まれたエジャートンのナイフだった。

エジャートンはハメられたと主張し、コステロは脱走したガルシアの居場所を
明かそうとして、サラザールの指示で殺害されたと、コステロが車の窓に“B17”
と書き残してたが、トンプソンは刑務所内にはガルシアはいないと聞き入れず、
エジャートンは隙を付き、刑務所から脱走を図った。

逃亡犯捕獲チームのガルビンもやって来て、エジャートンの追跡をすることになり、
エジャートンは屋上の通風孔を通ったとわかり、通風孔のある部屋を捜索してた
コルビーはエジャートンに人質にされ、ドンは撃てずに部屋からの退却を命じた。

エジャートンはチャーリーとのテレビ電話を要求し、サラザールはガルシアの
証言を恐れて、奴を消そうとしたが、供述まで刑務所は身を守る最適の場所なので、
ガルシアは受刑者用のIDバンドをすりかえて、ここにいるので捜して欲しいと。

チャーリーがガルシアと結託した人物を選び、ドンが7人まで絞り込んで
所内にいるか確認すると、裁判所にいた1人が1000ドルでIDバンドをすり替えて、
ガルシアの消息は不明だった。

ガルシアは司法妨害で刑期は2人だったので、警備が手薄で身の危険を感じて
矯正局に訴えて、何度も移送を承認されたのに、その都度、取り消してたのが
トンプソンだとわかるが、彼はガルビンと部屋を爆発に向かった。

チャーリーはガルシアは重警備棟の囚人になりすましてると突き止め、
ガルシアはサラザールの協力者が捜査官だと気付き、24時間警備の独房に
身を隠していたのだった。

シンクレアはエジャートンに電話し、コルビーに替わらせて、“メキシカン”と
壁を爆破すると暗号を言い、トンプソンが強行突破するのは、保身のために
エジャートンを殺すつもりだとわかり、トンプソンたちが突入してきたが、
コルビーがエジャートンを取り押さえたことにして、トンプソンを止めた。

その頃、ガルビンは独房の鍵をサラザールに渡して、ガルシアは殺害寸前に
ドンがサラザールを射殺したので助かった。
ガルビンは2年前からサラザールに協力していて、手先と思われたトンプソンは
ガルビンを信用してただけで、手先ではなかった。
エジャートンは裁判にかけられるみたいだけど、捜査官に復帰できるのかな?

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル  シーズン4 コンプリートDVD-BOX Part 2
posted by Jasmine at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

NUMBERS シーズン6 #7

今回はコルビーがお休みで、さびしいな。
ドンたちは大規模な個人情報窃盗やカード詐欺を繰り返す謎のハッカー“フィスト”の
正体を突き止めるために、大掛かりなおとり捜査を計画。
アミタまでプレゼンのスピーチを任されてるところに、パパはおとり捜査と知らずに
美人上司のキャスと来場。

計画は順調に進み、ある男を“フィスト”を特定するが、ハッカーのオーギーが
会場にFBIが潜入してると、シンクレアたちの写真を公開したことで騒然となって、
フィストは殺害して車を奪って、逃走してしまった。

オーギーはFBIデーターベースから顔写真を入手し、FBIのおとり捜査用のサイトに
東欧の組織、フィリピンの組織、フィストが運営するイスラエルの組織まで
同時に乗っ取ったと自慢し、巨大な闇組織を敵に回したので、安全のためにFBIに
逮捕してもらったと、FBIやNSAやCIAで働きたいと言い出した。

ニッキーはゲーム感覚でいるオーギーに、おとり捜査のきっかけになった老婦人に会わせ、
何者かが彼女の夫の社会保障番号と口座情報を手に入れ、老夫婦の家を売り、預金口座を
空っぽにしたと聞き、オーギーは全部取り戻せると言うが、ショックを受けて心臓発作で
亡くなった夫はハッキングでは取り戻せる?と言われてしまう。

オーギーは金儲けではなく、腕試しにハッキングしてただけと主張するが、取調べ中に
火災が発生したと警報が鳴り、ニッキーがオーギーを連れて避難すると、救命士に
変装した暗殺者がやって来て、シンクレアが気付いて、オーギーは助かった。
戦闘術からイスラエル国防軍で、モサドの暗殺スタイルだったので、オーギーを
連邦拘置所に偽名で預けた。

襲撃犯は元モサドと判明し、フィストはイスラエルの天才ハッカーで、ハマスや
アルカイダにハイテク兵器を売ってる男と判明。
アミタがオーギーのサイトを調べると、東欧、フィリピン、中国、韓国からサイトを
奪還しようと攻撃を受けてるが、フィストは攻撃しないで、オーギーの命を狙うのには
何か理由があると調べると、オーギーはフィストの武器や機密情報の取引データーが
いっぱい入ってるファイルを奪ってたとわかった。

ところがオーギーは古い携帯を使って、釈放通知を偽造して、勝手に出て行ってしまい、
ハッキングで夫を亡くした老婦人の口座に10万ドルが入金した。
NSAがオーギーを欲しがっていて、西海岸での知り合いはおばだけなので訪ねると、
もめごとを解決すると、おばからパソコンとお金をもらって出て行った後だった。

オーギーとフィストがチャットしてるとわかり、フィストがおばに銃を突き付けてる
写真を送ったので、ニッキーとシンクレアがおばの家に向かった。
オーギーはおばの家に行くと、おばは殺されていて、フィストたちから銃撃されたが、
ニッキーに助けてもらい、フィストは窓を突き破ろうとしたが割れずに、シンクレアに
逮捕されるとはマヌケだな。
オーギーはおばが殺されて、やっと事の重大に気付いたみたい。

パパはドンに“中年の危機”に赤いスポーツカーを買うんだろうと言ってたが、
ドンが買ったのはカッコイイ、バイクだった。
キャスはドンやチャーリーにも色目を使ってたけど、アミタに週末、ソノマに行く?
と誘ってたけど、どういうこと?

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン4 コンプリートDVD-BOXPart 1
posted by Jasmine at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | NUMBERS(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ