2010年03月26日

24 シーズン7 #23・24

6:00am-8:00am

やっとシーズン7の視聴終了。
今回はトニーやキムの復帰もあって観ていたけど、前に比べるとパワーダウンしてるし
クロエの活躍も少しなので、ちょっと飽きてきてしまった。

キムを人質にされたジャックは、護送中のトニーを逃がすことに。
ジャックはルネに事情を話すとトニーに連れ去られてしまい、どうしてかと思ったら
生物兵器はもうないので、ジャックの体内にある菌を使って、作ろうってことらしい。

ルネは空港でキャンセル待ちをしているキムに、監視役にバレないように連絡を取って
事情を説明していると、監視役の男はバレたと気付いて発砲し、警備員と銃撃戦となり
監視役の女は射殺されたが、男は逃亡してしまい、ルネたちがまだ到着しないので
ジャックの娘だけに血が騒ぐのかキムは男を追跡し始める。

キムの知らせで、駐車場から車で逃走しようとする男は発砲されて、車は横転し炎上。
燃える車内からキムは手掛かりとなる男のPCを奪うとはお手柄。
その頃、ジャックは麻酔から目が覚めてたのか効いてなかったのか、トニーがいない隙に
敵のアジトから逃げ出そうとするが、トニーに捕まってしまう。

ホワイトハウスではピアースとケニンが会話記録をオリヴィアの部屋から持ち出し
オリヴィアがホッジス暗殺を依頼する会話を聞いてしまう。
ケニンを証拠をオリヴィアに突き付けるが、処分はテイラー大統領に委ねることに。

オリヴィアは父親に打ち明けて、妻である大統領にこれ以上、子供を失いたくないと
証拠隠滅を頼んだけど、大統領はピアースにオリヴィアを司法省まで送らせた。
オリヴィアはいろいろ悪いことをしてるから、罪を償ってもらわないとね。

トニーの目的は、ミシェルを殺した首謀者に復讐を遂げることだった。
そして、カーラを通して、組織の黒幕 アラン・ウィルソンに幹部になりたいと頼み
ウィルソンと会うことになるが、そこへPCから手掛かりを掴んだルネたちFBIが突入。

銃撃戦の中、トニーはウィルソンを追いつめるが、追って来たジャックに撃たれてしまい
トニーとウィルソンは拘束されてしまう。
ルネはこのままウィルソンを引き渡しても、事件の解明はされないと感じたのか
制止するジャニスに手錠をかけて、監視カメラを切って、取調室に入って行った。

余命2、3時間のジャックは、医療施設に搬送されて、死を間近にしてゴハールを呼んだ。
苦痛を和らげるために薬で眠らされている所へやって来たキムは、このままジャックを
死なせられないと危険を覚悟で臨床試験を受けると決めて、エンド。

シーズン8があるので、ジャックは臨床試験は成功して助かったのだろうね。
テイラー大統領はオリヴィアの件が公になったら、地位が危なくなりそうだし
ウィルソンはミシェルの殺害だけでなく、パーマー大統領暗殺やローガン大統領を
操っていた黒幕の1人だろうし、すべて解決したことにはならないだろう。
それよりも1番気になるのは、トニーはどうなってしまうの?

24 -TWENTY FOUR- シーズンVII DVDコレクターズ・ボックス〔初回生産限定版〕
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

24 シーズン7 #21・22

4:00am-6:00am

トニーたちはジブラーンのアパートを襲撃し、弟 ハミッドを人質にして、テロの首謀者に
仕立てあげるために声明文を読ませて録画していると、物音を聞いた近所からの通報で
警察がやって来たが、ジブラーンが上手く言い訳をして追い返した。

FBIではクロエが不審な銀行口座の取引を発見し、トニーの狙いがジブラーンだと判明するが
住所がわからないので、身元保証人のイスラムの聖職者 ゴハールの元へ行くが
聴聞会でジャックを見たゴハールは非協力的で、警察が通報でジブラーンの家に行ったことから
住所が判明し、ジブラーンに連絡させないためにゴハールも連れて行く。

その途中でクロエがジブラーンの口座取引に不審な点を発見したことから、ジブラーンは
利用されているとジャックが見抜き、具合の悪そうなジャックが、生物兵器に感染されながらも
テロを阻止するために闘っている姿を見て、ゴハールもジャックに対する不信感が消えた。

ジャックたちがジブラーンのアパートに到着すると、ハミッドと見張り役だけでトニーたちは
立ち去った後だったので、情報を得るために見張り役を生きたまま捕獲するはずだったが
ハミッドが見張りを刺して、重傷を負わせてしまった。

オリヴィアは兄を殺したホッジスが証人保護を受けることに納得できず、知り合いのコリアーに
連絡を取って、ホッジスの暗殺を依頼する。
いざとなって、思い止まったオリヴィアは入金せずにコリアーに連絡を取るがすでに遅くて
ホッジスが乗り込んだ護送車が爆破されて死んでしまう。

トニーたちはジブラーンに無線探知機を付けて、地下鉄でワシントンセンターへ行かせ
カーラが改良した生物兵器を持って、同じ地下鉄に乗り込んで途中下車。
ジャックは見張り役を尋問し、トニーへの緊急番号に電話させて、クロエに逆探知させ
トニーの居場所を見つけさせて、トニーを確保する。

トニーは捕まる前に小型PCを破壊し、クロエは修復できなかったのにジャニスが修復して
ジブラーンが地下鉄に乗っていると判明し、ジャックは無線を使ってジブラーンに
ハミッドは救出したので、地下鉄内にあった生物兵器を探してもらって、回収したけど
爆弾処理車に生物兵器を運んだジャックは、また生物兵器を浴びてるし。

ホッジスが暗殺されたことで司法省は情報漏れを調べることになり、オリヴィアは
コリアーと会うが、彼が殺し屋に暗殺を指示したと聞かされて、上手く言いくるめられ
お金を払うことになってしまう。

護衛官 ピアースはオリヴィアの様子が変だと気付いて、オリヴィアが使っている部屋は
元はケニンの部屋なので、ケニンに連絡を取って部屋に設置されてる録音装置で
オリヴィアが関与してないか調べることに。

キムはLAに帰ろうと空港にいたが、男に監視されてると気付いて、あるカップルに
男が監視してないか聞いていたが、監視していたのは心配したジャックの指示で
助けを求めたカップルは敵の監視役で、キムを護衛してた男は殺されしまう。

生物兵器も回収したし、これで終わりかと思ったら、ジャックの元にカーラーから
トニーを逃がさないとキムを殺すと空港にいるキムの画像が送られて来て
まだジャックの仕事は終わらない。

24 -TWENTY FOUR- シーズン7 ブルーレイBOX [Blu-ray]
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

24 シーズン7 #18〜20

テイラー大統領が、なぜスタークウッドへの空爆を中止したのか理由がわからない
統合参謀本部とFBIだったが、スタークウッドにいたトニーはミサイルを発見したことで
ホッジスからの脅迫があったと気付いたジャックは、大統領にミサイルの破壊を提案し
トニーはミサイルを破壊することになり、爆発をきっかけにFBIが突入して鎮圧した。

その頃、ホワイトハウスでは、ホッジスが大統領に要求書類にサインさせようとしていたが
トニーとFBIの作戦が成功を知った大統領はホッジスを拘束するが、自分は歯車でしかないと
ホッジスは意味深な言葉を残していく。

ジャックは容態が悪化し、記憶力が低下し始めたところにキムがFBIにやって来た。
キムは今朝の聴聞会にも出席し、ジャックのことを心配してずっと探していて
自分の幹細胞を使って治療して欲しいとジャックに言うが、見込みが低いからと
治療を拒否し、キムはLAに帰ることに。

スタークウッドの傭兵が生物兵器を持って、FBIの封鎖を突破してしまう。
ラリーとトニーはヘリで容疑者を追跡し、追い込んだ傭兵と銃撃戦となりラリーは被弾。
トニーは撃たれたラリーを窒息死させてしまい、兵器を持った傭兵はトニーの仲間!
傭兵を逃がしたトニーは、自分の腕を撃ってカモフラージュする。

ジャックは記憶を失う前にこれまでのことを捜査官に報告していたが、ラリーが亡くなり
指揮を執ることになったルネが動揺しているので、一緒に現場に行くことに。
トニーからの説明を聞いたジャックはラリーとトニーが別の銃で撃たれたことに疑問を抱き
傭兵がガルヴェスとバレたので、トニーはFBIをかく乱しようと廃墟のアパートに行かせる。

しかし、ジャックはガルヴェスの行動が陽動作戦でトニーが裏切り者だと気付いたが
ジャックは発作を起こして、倒れてしまいトニーを取り逃がしてしまう。
ホッジスは尋問のためにFBIに護送されることになるが、組織がよこした偽弁護士から
渡された薬を飲んで、心臓発作してしまう。

発作が治まったジャックによって、トニーは共犯者とわかり緊急手配されることになるが
トニーはガルヴェスと合流していて、生物兵器を受け取ろうとするが、ガルヴェスが
何に使うのかと詮索するので、仕方なく始末する。
ホッジスに薬を渡した女 カーラが合流し、トニーは半年後ではなく、今すぐに生物兵器を
使うべきだとカーラに組織を説得させ、テロ犯人に仕立て上げるためにジブラーンの自宅へ。

ホッジスは一命を取り留めて、ジャックは大統領からホッジスの裏にいる組織の存在を知り
証人保護と死亡証明書をチラつかせて、ホッジスを尋問すると、半年後に生物兵器を使う
組織の計画を話すが、黒幕は知らないと言う。
ジャックは半年後ではなく、すぐ攻撃があると大統領に進言し、標的を突き止めるために
CTUのサーバーの復活を頼んで、クロエがFBIに呼ばれ、トニーが裏切りものだと告げられる。

トニーとカーラのこと以外に手掛かりがないので、ジャックは誰かをテロの首謀者に
仕立てあげるのではと推測するが、ジャニーンはCTU方式に不満タラタラで
ジャックは亡きパーマー大統領の決断だと大激怒するが、テイラーとパーマーを
言い間違えたので、かなり感染が進行しているみたい。

24-TWENTY FOUR- トリロジーBOX2(初回生産限定版) [DVD]
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

24 シーズン7 #15〜17

10:00pm-1:00am

港でジャックとトニーは生物兵器のあるコンテナを探すために、警備員のガドセンを
人質にして調べようとするが、ガドセンはスタークウッドの傭兵を手引きするために
雇われていたことがわかり、彼に協力させて、生物兵器を確保しようとするが
傭兵がガドセンを始末するのをジャックが阻止したことで銃撃戦となり
ジャックは兵器を乗せたトラックを強奪するが、トニーが捕まってしまう。

テイラー大統領は、夫 ヘンリーが助かったので喜んでいると、メイヤーがジャックに
殺害された可能性があると、ケニンが辞任すると申し入れた。
それを知ったオリヴィアは、マスコミにストップさせていたケニンの情報を
放送するように指示するとは、やっぱりリークしてたのは彼女だった。

ラリーはメイヤー殺害の捜査をしていて、ジャックが無実の証拠を見つけ出し
ルネからの情報で、スタークウッドがテロ攻撃に関与していることを知る。
そして、ジャックから兵器を奪ったとの電話を受けて、ラリーはジャックの元へ向かうが
ジャックは生物兵器の容器が破損して漏れているのを止めようとして汚染させてしまう。

そして、追って来たスタークウッドの傭兵が、生物兵器をヘリで強奪していった。
ジャックは、CDC(疾病管理センター)によって調べられて、感染していることが判明し
伝染性はないので、FBIに連行されることに。

ラリーはテイラー大統領にジャックは無実で、スタークウッドがテロ攻撃の関与し
生物兵器を保有していることを報告するが、証拠がないので強制捜査が出来なかったが
人質になったトニーは、ホッジスの側近 シートンから免責を条件に生物兵器の場所を
教えると取引を持ちかけられて、シートンの手引きでFBIに連絡し、大統領から免責される。

FBIはスタークウッドに乗り込むが、シートンが言った場所には生物兵器はなく
ホッジスが生物兵器を使えるようにするための時間稼ぎだったことが判明し
ラリーたちはスタークウッドの兵士たちに取り囲まれて、撤退を要求される。

FBIで待機していたジャックはスタークウッド会長のノウルズがメイヤーに協力的だったので
FBIを撤退させる際にトニーだけ残して、ノウルズと合流して、兵器の場所を探らせる。
そして、兵器の場所が判明したので、テイラー大統領は空爆を命じた。

トニーを逃がすために捕まったノウルズは意見が合わないホッジスに突き落とされて死亡。
そしてホッジスは大統領に電話して、空爆を中止しないと国内にミサイルを発射すると
脅したことで、大統領は空爆を中止した。

オリヴィアは臨時の首席補佐官に任命されるが、ケニンの件をリークした記者 デラオが
生物兵器の情報を掴んで、報道しないことを条件に関係を迫られてしたがったが
オリヴィアも携帯でその様子を録画して、デラオの弱みを握るとは大した女だ。

生物兵器の浴びたジャックには症状が出始めて、肉親からの試験治療だけど
幹細胞移植なら助かる可能性もあるが、キムに頼ることを拒んだけど
ここはお願いするしかないのでは。

24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX [DVD]

posted by Jasmine at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

24 シーズン7 #12〜14

7:00pm-10:00pm

ルネからの連絡でFBIは倉庫に到着するが、ジュマは出発した後で標的もわからない。
船から飛び降りたルネは岸に辿り着き、警官に標的がホワイトハウスと伝えてと頼むが
デュバク息子に警官が射殺されて、ルネも捕まってしまうがラリーがデュバク息子を射殺し
やっと標的がホワイトハウスとわかるがジュマたちは侵入した後。

ブキャナンは大統領が付けている発信機を持って、敵をかく乱させている間に
ジャックは大統領を避難室に連れて行くが、ジュマはシークレットサービスに
大統領を拘束したとウソを付き、ホワイトハウスの占拠に成功。

ジュマはホッジスから聞いた解除コードで、避難室の開けようとするがジャックが
それに気付いて、システムを故障させたので、ジュマはホッジスに取引はなしにすると
脅しをかけて、大統領の娘 オリヴィアがホワイトハウスにいることを知る。
アーロンと共に隠れていたオリヴィアは捕まってしまい、大統領は娘を殺すと脅され
避難室からジャックと共に出てきた。

ジャックはブキャナンに、避難室で充満させているメタンガスで爆発を起こす間に
大統領の保護を頼むが、ブキャナンは外部にジュマの協力者がいるので陰謀を
阻止して欲しいと言い残して、避難室に飛び込んで爆発を起こした。

爆発が起こったので、ラリーは突入し、大統領を無事に保護。
ジャックはブキャナンの死体を見て、ショックを受けていたが、外部に協力者がいると
ラリーに訴えるが聞いてもらえず、ルネがケニンに話したことからFBIの監視下で
ジャックがバーネットを自白させることになるが、命令を無視したルネは停職処分に。

FBIの監視で、ジャックは病室にいるバーネットを尋問をするが、ホッジスが送った刺客が
監視モニターを切断し、天井裏から神経ガスを撒いてジャックの動きを封じこめる間に
バーネットを殺害、ジャックは刺客を追うが、ジャックは犯人として指名手配されてしまう。

ジャックは刺客の映像ルネに送ると、民間軍事会社のスタークウッドに所属する
元兵士 クインだと判明し、スタークウッドはメイヤー議員が違法行為を疑って
調べている会社だとわかり、メイヤー議員の自宅へ向かう。

ケニンはジャックがバーネットを殺害したと連絡を受けて、大統領に報告するが
大統領と和解して政権に迎えられたオリヴィアはケニンが邪魔なので彼の避難し
記者に情報をリークして、窮地に追い込もうとする。

ルネがジャックと連絡を取っていたことがわかるが、ファイルが暗号化されていて
ジャニスも解読できないので、拘束しているクロエに会いに来たモリスに
免責を与えると暗号解読してもらい、メイヤーの住所だと判明し、自宅へ向かう。

その頃、ジャックはメイヤー議員宅に侵入し、スタークウッドの資料を出させると
内部告発者がメイヤーにスタークウッドが生物兵器を入手すると情報を流した後に
事故死していて、その現場写真にクインが写っていたので口封じだと気付く。
ジュマにも生物兵器で実験したとの噂があり、スタークウッドと繋がっていると
メイヤーもジャックの話を信じるが、そこへやって来たクインに射殺されてしまう。

メイヤー宅から逃げ出したジャックは、追って来たクインを格闘の末に倒したが
クインは生物兵器が到着してると言い残し、携帯に“アレクサンドラ港”の文字があり
ジャックはトニーに連絡を取って、港で落ち合うことに。

ブキャナンが死んでしまうなんてショック。
今回のことで、大統領から信頼されていたので、また表舞台に復帰するかなと
期待していたのに、どうしてブキャナンが死ななきゃならないのよ。

24-TWENTY FOUR- シーズン6 ハンディBOX [DVD]
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 24 -TWENTY FOUR-(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ