2013年11月25日

Dr.HOUSE シーズン8 #12

チェイスは退院しても、チームに戻らずにリハビリを続けてたが、フォアマンの
命令で外来診察を命じられ、修道女志願者のモイラを診察することに。
左肩が痛むと言い、リンパ節が腫れてたので、触診して小さなしこりを見つけるが、
ウィルソンに良性の脂肪腫で問題がないと診断してもらってると、ハウスが
チームと共にやって来て、真菌感染だと告げた。

投薬すると患者が吐いたので真菌感染ではなく、足が虚血したので、チェイスは
ハウスたちに相談し、血管けいれんだと投薬して、回復したので退院することに。
モイラは信仰心はあるが、神の声を聞いてないので、まだ迷いが残っていたので、
チェイスは電話帳に載ってるが会わないよねと告げると、モイラは6年前に
ホノルルで2歳の男の子の子守をしてたが、目を話した隙に男の子は道に飛び出し、
車に撥ねられたことで、神に仕えようとしていた。

自宅に戻ると、ドアの前にモイラがいて、逃げてきたと言うので、キスしながら
部屋に入り、一夜を過ごすが、翌朝、モイラは吐血したので病院に運んだ。
頸動脈解離で首に拍動性腫瘤と失語症があり、タウブとアダムズは患者と寝た
チェイスがオペすることに反対するが、ハウスは腕がいいからと許可する。

チェイスのオペでモイラは一命を取り留めたが、血管に結節があったので、
ハウスに相談すると、プラークと結節は間違えやすいと梅毒の疑いが出た。
アダムズがフォアマンにチェイスが患者と寝たと報告したことで担当を外された。

モイラは肝不全を起こし、新たな症状と見て、T細胞リンパ腫だと推測するが、
あごに運動障害が出たことで、巨細胞性動脈炎でステロイドで回復した。

チェイスはメキシコに波乗りに行こうと誘ったが、モイラはオペ中に子守で
亡くなった子が近づいてきて、私を許したみたいに手を握ったことが、
神のお告げだと修道院に戻ると決意した。

チェイスはモイラを止めようとするので、ハウスは本人は幸せなのに奪うのかと、
君らの関係は壊れるだろうし、続いたとしても責められると引き止めると、
チェイスはハウスは孤独だからって皆を巻き込んでると言うと、巻き込みたきゃ、
このままバカな決断をさせて、寂しい人生を送らせると告げた。
モイラを行かせることにしたチェイスはチームに戻ってきた。

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン6 DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

Dr.HOUSE シーズン8 #11

病室で起きた事故について、ハウスのチームは懲罰審問を受けることに。
審問の担当者はフォアマンの恩師でマーシー病院の神経科長コフィールドで、
ハウスは停職処分になれば仮釈放が取り消されるので話すことに。

患者は32歳の高校の化学教師でジョギング中に倒れて、四肢麻痺を起したが
脳卒中にはなく、原因不明でチームで診断することに。
タウブは肝疾患を疑い、パクは正常圧水頭症を疑うがハウスはバカな考えだと
低カリウム性四肢麻痺の治療を指示する。

コフィールドはカルテについたオレンジ色のことを聞くと、シャンプーに
カラー剤を入れて、チェイスの髪をオレンジ色にしたと、緊張をほぐすための
いたずらだとほのめかすが、アダムズはハウスは調和より混乱を好み、意見の
不一致がいい考えを生むと思ってるが間違ってないと。

投薬後に患者は意識を回復すると、見舞いに来た生徒たちが爆発のせい?
と聞いたことで化学実験に失敗したとわかった。
そして、患者は吐血して、メンバーは議論をしてるとハウスがガスマスク姿で
チェイスが仕返しに仕掛けた悪臭弾を持って現れた。

肺の化学熱傷に羊に使われる実験段階の薬の投与を指示すると、パクは反対して、
フォアマンに報告するが、ハウスを支持する。
アダムズは患者の体に発疹を見つけて観察してると、患者はパニックになり、
強毒性連鎖球菌と思いが、パクはステロイドが精神障害を誘発したと思い、
タウブは神経症状と発疹は原疾患の症状でウェグナー肉芽腫だと思ったので、
ハウスはステロイドを投与して、その反応で診断を下そうとする。

しかし、チェイスは連鎖球菌だとアダムズと生検しようとすると、患者は暴れ出し、
止めようとしたチェイスは病室に持ち込んだメスで刺されてしまった。
チェイスの処置をしてるのに、ハウスは患者の症状が気になっていた。

チェイスは一命を取り留めたが意識がまだ戻らないのに、ハウスはチームに
RR間隔変動の症状が加わったと診断させようとして、目覚めたチェイスは
脚の感覚を失っていた。

ハウスは脊髄動脈の血栓が血流を遮断してると、塞栓除去術で血栓を取り除けと
指示して、メンバーが処置してると、ハウスは患者に血尿が出たと、患者が
転院されてしまう前に診断させようとするが、チェイスはそれは自分の様子を
見に来る口実だと理解していて、チェイスの脚の感覚が戻った。

ハウスはコフィールドとの最後の審問中に、患者の実験で爆発が2回だと気付くが、
患者は救急車で別の病院に搬送されてしまったので、患者の妻に夫はリンパ節に
腫瘍があり、爆発でガン細胞が崩壊して腫瘍崩壊症候群になり、症状が出たと、
精神障害は俺たちが引き起こしたと、放射線治療と血漿交換が必要だと告げた。

コフィールドが審問結果をみんなに伝えてると、患者の妻がやって来て、
ハウスの診断通りに腫瘍が見つかって、夫を助けてくれたと告げた。
コフィールドはハウスのやり方を変えるような決定を下せば、病院に損害を
与えることになると、誰にも非がないと結論を出した。

それなのハウスは素直に喜べなくて、コフィールドに悪態を付くとわね。
でもチェイスに誰にも非がないと審問の結果が出たが、それは間違いで
俺が悪かったと謝罪したのは良かったけど、チェイスは許せるのかな?

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン5 バリューパック [DVD]
posted by Jasmine at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

Dr.HOUSE シーズン8 #10

ハウスは外来診察に来た父娘を吸入器欲しさのホームレスの偽親子と見破り、
少女が耳から出血してたので入院させて原因を突き止めることに。
監視装置が外れたハウスは病院から離れたダイナーにチームを集めると、
フォアマンが浮気相手とやって来て、ハウスはちゃっかり写真を撮ってるし。

アダムズは少女は未成年なので社会福祉士に連絡するべきと、自分も家出した
話をするが親に反抗して家出して飽きたので帰ったと見透かされ、ホームレスは
今だけと患者はちゃんと高校に通っていた。

患者は耳の出血と呼吸障害の症状があり、肺炎球菌を疑うが学校で予防接種を
受けてたので住んでる空き家でカビを見つけたので、真菌感染を疑ったが、
患者は脚の感覚を失ってしまう。

アダムズはハウスとクレー射撃で賭けをして勝ち、社会福祉士を呼んだ。
しかし、やって来たのはハウスがすり替えた娼婦だったが、アダムズは気付いて、
フォアマンは福祉士に連絡し、警察に母親を探してもらった。
母親が現れて激怒する患者は吐血してしまった。

患者は母親が働かずに薬に手を出すので、自分が働いて、過剰摂取のたびに
母親を世話する生活が嫌になり、1人で暮らした方がマシと家出したのだった。
アダムズは母親は後悔してるというが、そう簡単に薬はやめられないだろう。

外来に南軍兵士の軍服を着た兄弟がやって来た。
将軍と呼ばれてる兄は下痢を訴えたので薬を渡して帰すと、今度は射撃練習中に
弟が手がしびれて、空砲を脚に撃ったと外来にやって来た。

兄弟は仲たがいしたが南北戦争ごっこで仲直りできたらしく、今度は兄弟で
嘔吐してたので、ハウスは重金属加工された安いポリエステル製の軍服を毎日、
朝から晩まで着て、アンチモン中毒で下痢や手のしびれを引く起こすと診断した。

チェイスはハウスの携帯からフォアマンの不倫写真を削除するが、ハウスは
それ以外のデート写真を用意していて、外来を減らすことを要求する。
フォアマンはアニタにハウスがバラすと脅したので別れを告げると、彼女は
夫に話したので別れる必要はないと。

フォアマンは夫に別れたと告げて、隠れて会うことを提案するが、アニタは
去ってしまい、フォアマンの不倫が終わって良かった。

患者は内視鏡で潰瘍が見つかり、出血を止めて、脳血管造影で動脈瘤を探して
手術を指示するが、アダムズがアルコール依存を疑って母親は同意しなかった。
ハウスは母親にあんたがいない方が娘は幸せだから消えてやれと手術すると告げ、
薬を置いたが、母親は娘のことは私が決めると薬を返し、依存症の治療を希望。

母親はフロリダ旅行の思い出のマフィンを差し入れ、ひとくち食べたが急変し、
血管造影するが動脈瘤は見つからず、ハウスは2年前にフロリダに行ったと聞き、
母親に運河で泳いだと確認すると、動物の糞にいる回虫の卵が泳いでる時に
腸に入った回虫症だと診断した。

回復した患者は母親に置き手紙をして病院を去っていた。
やっぱり母親が薬に手を出すのも時間の問題だろうし、彼女はしっかりしてるし、
自分で未来を開けるだろうと思う。

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 バリューパック [DVD]
posted by Jasmine at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

Dr.HOUSE シーズン8 #9

若年性アルツハイマーのアンドレスが激しい嘔吐をして、診断を受けることに。
タウブは娘が病気で休みなので、フォアマンが診断に参加することになった。
アンドレスは献身的な妻に支えられてたが、妻にはジョセフという恋人がいた。

検査で食道直下の裂傷が見つかるが、激しい嘔吐の原因ではなく、フォアマンは
脂肪性肝炎を疑い、超音波検査を指示するが、患者はまた嘔吐して、妻を殴り、
抑えつけようとして血尿を発見した。

TTPを疑い、血漿交換してる間にチェイスは妻に帰って休むように勧めた。
翌朝、患者は雪が降る中、病院を抜け出し、ハウスは目覚めた患者が混乱して、
昔の習慣に戻ったと、病室にあったサッカーのトロフィーが消えてたので、
サッカー場に行き、心肺停止の患者を発見した。

目覚めた患者はブラジル人でポルトガル語を話すが、妻には理解できなかった。
体温が上昇し、ハウスは暴力や言語喪失はアルツハイマーだからと言うが、
フォアマンは症状と見なすべきだと、播種性ウイルス感染症と脳炎の合併症だと、
ハウスは治療を許可した。

治療で改善する可能性もあるが、寒さによる脳損傷も否定できず、回復しても
将来的にまたこうなると聞いた妻はもう看病できないと言い出した。
出会って半年後に結婚し、1年後に物忘れが始まって、看病してる方が長くて、
妻はもう耐えられないと。

ハウスは患者が過去に外を徘徊した時に毒にさらされたと、妻の生花店を
調べるように指示すると、フォアマンはまずは髄液検査しろと指示した。
ハウスが妻に店に毒物がないか確認してると、ハウスはポルトガル語がわかり、
夫が“青い小屋”と繰り返し行ってると気付き、そこは初デートした場所で、
思い出を語ってたので妻は喜ぶが、最後に君は何者と言われてしまう。

ウィルソンは女性患者が夫と共にセックスに興味がないと無性愛者だと言われ、
ハウスは医学的な理由があるはずと、血液サンプルを分析した。
そして、夫をインフルエンザの予防接種だと病院に呼び出して検査した。

下垂体付近の腫瘍が10代で増殖したのが原因だと薬を飲めば改善するとわかった。
ウィルソンは夫婦に腫瘍のことを告げ、治療をするとセックスがしたくなると
知った夫は治療を拒否するが、妻は無性愛者ではなく、夫に合わせてただけだった。

チェイスはアダムズに父親が酒浸りの母親と妹を残して出て行き、10代は2人の
世話におわれ、数年後に母親は亡くなり、母親のことを憎んでるが、妹も酒に
おぼれて、自分のことを恨んでいて、独りだと話した。
チェイスは久々に妹に電話したけど、寂しくなったのかな?

フォアマンは部屋の花が長持ちしてることに気付き、妻は花を長持ちさせるため
アスピリンを使っていて、患者はのどが痛いからアスピリンを何度も飲んで、
ライ症候群だと気付いた。

ハウスは監視装置を外すためにフォアマンの診断が当たるように仕向けていて、
それに気付かれたけど、最終的に監視装置を外してもらえた。

Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン3 バリューパック [DVD]
posted by Jasmine at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

Dr.HOUSE シーズン8 #8

法廷で検察官が心臓発作を訴えて倒れた。
検査で心臓発作ではないとわかり、フォアマンが不安障害ではと嘘をついたが、
原因不明なのでハウスたちが診断することに。

ハウスは妻が毒を盛ったと疑い、チェイスに患者と妻、アダムズに自宅を
調べるように指示し、残り2人の好きな方を選べと言うと、2人ともタウブを選ぶが、
気を使ったアダムズがタウブでもパクでもいいと言ったことで、パクと組むことに。

患者は初めて働いた保健所で不衛生なのを見たので、家で作ったものしか口にせず、
夫婦仲も問題なかったが、パクは自宅の隠し扉を見つけ、中で大量の銃を発見した。
患者は妻に内緒で隠し部屋を作り、社会の崩壊が心配で銃を隠し持ってたので、
アダムズは妄想症を疑い、パクはそれに反対して意見が対立する。

高熱に脚からの出血もあり、薬を投与すると、幻覚の中でクマに襲われて暴れ出し、
アダムズは抗GAD陽性、パクは野兎病だと主張し、ハウスはGADの治療を指示する。
しかし、患者は高熱を出し、ハウスはステロイドを増やせとアダムスを支持するが、
パクが感染症ならまだ治療はできると反論し、ハウスはDNA検査で何の感染症か
手当たり次第に調べろとパクを支持した。

患者はアナフィラキシーを起こし、GADと感染症では気管浮腫は説明できないし、
入院後のアレルギー悪化も考えられず、扁平上皮ガンを疑うが、

ウィルソンはハウスも銃を持ってるはずと言うが、否定されたので自宅に侵入し、
ハウスの仕掛けた罠にひっかかったので、仕返しに罠を仕掛けるが失敗したと
思ったら、それはおとりでハウスがバスルームに入るとドアノブが外れて、
閉じ込められるとはお見事。

しかし、ハウスの部屋から銃は見つからず、オフィスから銃を見つけたが、
ハウスは銃ではなく、マジックショーの小道具だと認めず、鉛筆を銃口に入れて、
空砲だから撃てとウィルソンを納得させた。

そのやり取りでハウスは気管は偽膜ができてふさがり、細菌の毒素が胸痛、
呼吸困難、皮膚潰瘍を引き起こし、偽膜が気道をふさいぎ、極めてまれだが
幻覚を引き起こすと、患者はジフテリアだと診断した。

チェイスとタウブはフォアマンが患者に嘘をついたので、刺激を求めずに済みよう
恋人をつくれとアドバイスして、フォアマンの恋人募集までした。
フォアマンはジムで知り合ったアニタの部屋に行くと、早く夫が帰宅していて、
慌てた彼女に部屋から追い出された。

パクは思いきってチェイスに2人きりで飲みに行こうと誘い、戸惑いながらも
行くことにしたけど、パクと少しは仲良くなれるかな。
フォアマンはアニタと飲みに行ったけど、不倫に陥らないといいけど。

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン2 バリューパック [DVD]
posted by Jasmine at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ