2008年10月24日

The OC シーズン3 #72

ライアンはキルスティンから卒業式に母親 ドーンを招待したらと提案される。
乗り気ではなかったけど、キルスティンで説得されて、ライアンはアルバカーキへ。

ドーンが働くダイナーにやって来たライアンは、恋人といちゃついてるのを見て
声をかけずに立ち去ってしまい、ドーンの同僚のクロエとお酒飲んで、ベッドイン。
成り行きでドーンを卒業式に招待するとすごく喜んで、新しい服まで買ったのに
卒業式には出ない事にしたとライアンはバレバレのウソをつく。

でもクロエのおかげで、ドーンはライアンのことを愛していて、立ち直ろうと
していると知って、改めて招待することに。
クロエはきれいでずる賢い人かと思ったら、すごくいい人だった。

サマーはセスに別れるのは中止にして、一緒に行かない理由と悩みを話してくれたら
元通りと何事もなかったかのように振る舞うが、セスは理由を言わずに別れると告げる。
サマーが一生懸命なのに もう愛してないって言うなんて、ひどいよセス!

ショックを受けるサマーを慰めるのはマリッサでなく、テイラーの役目になったみたい。
セスは帰ってきたライアンと、サマーを取り戻すための作戦会議なんて今さら遅いって!
後悔するなら、最初から言わないことだよ。

サンディはマットが証拠ファイルと交換にグリフィンからお金を要求するのを知り
助けに行ったのはいいけど、ほったらかしにされたキルスティンはお酒に手が。
会社が大変なのはわかるけど、ちょっと家庭をほったらかしにし過ぎかも。

ヴォルチェックが勝手にマリッサの部屋に入って来て、ジュリーと鉢合わせ。
ジュリーがヴォルチェックを侮辱したので、マリッサは彼の部屋に入り浸り。
ヴォルチェックの部屋でパーティが行われて、そこに来ていた女の子が薬を飲まされて
車に連れ込まれたのをマリッサが救出。
住んでる世界が違うとわかったのか、マリッサが帰宅するとジュリーが待っていた。

The O.C. Mix 2


posted by Jasmine at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE OC(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

The OC シーズン3 #71

大学の合格通知が届き、マリッサとライアンはバークレー大学に合格。
合格通知を見たマリッサはホッとしたかと思ったら合格通知をゴミ箱へ。
サマーもブラウン大学に合格して、ライアンと喜びあっているのを見て
セスは落ちたとは言えなくなってしまう。

セイディはライアンがいるからニューポートに残ることにしたのに
これからどうしようってことになり、一緒にバークレーに行こうと。
それを聞かれたサンディとキルスティンは喜ぶことが出来ずに沈黙。

サンディはライアンが寮に入れるようにと考えてくれていて、現実問題を
突きつけられたライアンはセイディに言い出せず、セイディはそれを察して
身を引く事に。お似合いだったのに、こんなことで別れるなんて残念だな。

マリッサはジュリーの自分を諦めないでの一言が効いたのか、サマーと仲直りして
ヴォルチェックからのバハ行きを断って、スウェットパーティーに参加。
これで元のマリッサに戻ってくれるのかな?

サンディはマットが襲われた件が、グリフィンの仕業だろうと辞職を迫るが
逆にグリフィンに脅されることに。
マットはキルスティンに手を引くようにと言った事で、キルスティンも察して
サンディを止めるが。

セスと一緒なのがサマーにとっては重要なのに、セスは落ちたとは言い出せず
サマーにはブラウン大学へ行くべきだけど、自分は別の大学に行くと告げる。
セスはサマーのためを想って言ったのだろうけど、サマーがかわいそうだった。
ところでテイラーはソルボンヌ大学に行くのかな?

The Music from The O.C.: Mix 1

posted by Jasmine at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE OC(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

The OC シーズン3 #69・70

トレイとラスベガスに行ったジェスがやって来て、トレイからの誕生日プレゼントの
カマロのミニカーを渡されたライアン。
そのカマロには特別な意味があったのだけど、ライアンはまだトレイを許せないみたい。

セイディはライアンと一緒にいてもいいのか、核心が持てないとセスに打ち明けるが
セスからライアンにはいろいろあったことを聞いて、ちょっと安心した様子。
でもライアンとの初デート中、ジェスが元カレとトラブってると連絡が入ってしまい
ちゃんと解決してから会いに来てと立ち去る。

セスのブラウン大の面接が上手くいったので、お祝いしようとしていたサマーは
テイラーから2人の間に何もないことを指摘されて、セスに迫ってみるがダメ。
仲直りしたライアンとセイディ、やっと目覚めたセスとサマーはベッドイン。

マリッサはヴォルチェックが周りをうろつくで、避難場所を求めたのはマットだった。
そこまでは良かったのだけど、ヴォルチェックがライアンを助けるためにあげた時計を
まだ持っていて、寂しいからって、ヴォルチェックと寝るのはどうなんだろう?

マリッサとヴォルチェックの関係はすぐにサマーとセスに知られてしまう。
セスはプールハウスでセイディとお楽しみ中のライアンに知らせるとは察しろよ。

ライアンはまたマリッサに関わるのかと思ったら、ヴォルチェックにもう干渉しない
いい人生を送れるようにと頼んだけど、ヴォルチェックはマリッサにお酒だけでなく
ドラッグまで勧めてるし。

サンディはグリフィンに言われてマットをクビにする。
マットも黙って従う訳にはいかないと、グリフィンの弱みを握る資料を持って出て行くが
何者かに自宅に押し入られて、資料を持って行かれた後に、サンディがやってくる。

ジュリーとニールが旅行から帰って来て、婚約したとサマーとマリッサに伝えるが
祝福するサマーに対して、マリッサはひどい態度を取り、家族ディナーにも来ないので
ニールはお互いの家族の相性が悪いなら結婚はすべきじゃないとジュリーに告げる。

セイディはジョニーの家が売れたので、ここにいる理由がないとオレゴンに帰ることに。
ライアンは偶然出会ったマリッサにセイディが帰ったと言っても興味なさそうだったけど
マリッサはライアンのために、セイディを引き止めに行ったことでライアンの元へ。
でもマリッサはついにドラッグに手を出してしまった。

The OC コンプリート・シリーズ [DVD]
posted by Jasmine at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE OC(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

The OC シーズン3 #68

日曜日がライアンの18歳の誕生日だということでセスが幹事でパーティを開くことに。
いつも母親が酔っ払っていて、誕生日を祝ってもらったのは9歳の時以来と聞いて
キルスティンはライアンの母親 ドーンを呼びたいとサンディに相談。

サンディはドーンが刑務所にいるとわかり、アルバカーキーへ向かう。
不渡り小切手の詐欺で収監されていたドーンを、サンディがお金を返済して検事と取引し
保釈してもらえたが、やっぱりライアンに会わせる顔がないのか手紙を残して姿を消す。

サマーはニールがクルーズの予約をしていると知り、プロポーズするつもりだと。
それをサマーから聞いて、ジュリーは大喜びでマリッサにニールとの関係を打ち明ける。
クルーズと指輪はニールが前妻を繋ぎ止めるために用意したものだったが
これはサインだとニールはジュリーとクルーズに行ってしまう。

セスはマリッサを呼ぶか呼ばないか自分で決めろと、ライアンに招待状を渡す。
ライアンはセイディに招待状を渡すが、彼女はカレと話し合うためにロスへ行くと。
マリッサもライアンへのプレゼントするCDを用意するが、呼ばれてないのに
パーティに行くわけにも行かず。

ヴォルチェックにつきまとわれてたマリッサは彼もジョニーの死でショックを受けていると
仕事場に会いに行くが、そこはライアンとルークが火事を起こしてしまったモデルハウス。
その時の思い出が頭を駆け巡り、マリッサはめまいを起こして階段から転落してしまう。

怪我もなく自宅に戻ったマリッサは、ライアンが置いて行った招待状を見つけて
ベイトショップへ向かうが、ライアンの姿を見つけて帰って行ってしまう。
そして、ロス行きを止めたセイディがやって来て、ライアンはコーエン夫妻に紹介する。

セイディはロスのカレでなくライアンを選んだってことだろうけど
ライアンもそれを受け入れるってことかな。
マリッサはヴォルチェックと一緒にいたらトレイのように誤解させるだけだと思うけど。

The OC 〈フォース・シーズン〉 コンプリート・ボックス(8枚組) [DVD]

posted by Jasmine at 12:26 | Comment(2) | TrackBack(1) | THE OC(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

The OC シーズン3 #67

マリッサは落ち込んでいるのかと思ったら、セスとサマと楽しくジャクジー。
その頃、ライアンはマリッサたちの約束をすっぽかしセイディと水道修理。
そこへ警官がジョニーの件は事故ではないかもと事情聴取にやって来た。

警察がまだ事故として処理しないので、保険会社からの保険金が下りずに
銀行のローンが払えなくて、ジョニーの家が差し押さえられそうになっていた。
セイディがヴォルチェックと養育費を払わないジョニーの父親探しに行くと知り
ライアンが一緒に行くことになるが、ヴォルチェックはお前の女はひとりぼっちかと
気になる一言を言い残して去っていく。

ジュリーとニールは一目を気にして車でお楽しみのよう。
何も知らないサマーは父親が仕事ばかりしていると思っていたが、ジュリーと
付き合っていることを知ってしまう。
マットはマヤと順調だったけど、サンディが病院の仕事を受注するために
マヤを利用しようとしたことで、マットはかわいそうだった。

警察はジョニーが焚き火に捨てたマリッサからの手紙を見つけたことでマリッサは
事情聴取されることになり、ライアンに心配かけまいとサンディに付き添ってもらう。
結局は、事件性なしとして事故として処理されるみたい。

また落ち込んでいたマリッサの元にヴォルチェックがうろつくのは
ライアンに対抗してのことかな?
セイディとジョニー父を探していたライアンはマリッサからの電話を無視。
そして帰宅したライアンはついに決断を下してしまった。
セイディと一緒にいるライアンはなんだか楽しそうだったからな。

The OC <サード・シーズン> コレクターズ・ボックス2

posted by Jasmine at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE OC(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ