2014年09月10日

CSI:13 科学捜査班 #22(終)

シーズンファイナルは面白かった!
クリフで終わり、すっごい続きが気になるけど、来月からシーズン14の
放送開始なので助かった。

CSIは記者のジョン・マチストンの密着取材を受けることに。
ポルノスタジオで遺棄された女性のミイラ化遺体が発見され、新品の下着を着けて、
中がくり抜かれた聖書の中に木工細工があり、中からクモが出てきた。

ミイラ化遺体の顔が復元され、顔写真を公表すると、前にラッセルを助けてくれた
娼婦のキティが足を洗って、今は本名のアンジェラとして、ブラザー・ラーソンの
“堕天使の会”で更生を支援し、被害者が集会に来てたメーガンだと知らせてくれた。

メーガンたち7人の女性が2か月前に姿を消したとファイルを届けてくれたが、
ブラスはその中に娘のエリーを見つけて、すぐに元妻ナンシーに連絡をする。

7人の行方不明者の写真が公表されると、医師から昏睡状態で入院中の女性だと
通報が入り、被害者のテレサはモーテルの裏通りで首を絞められ放置されていた。
所持品の金のハートのブレスレットが、メーガンの胸腔から見つかった
金のハートのチャームと同じだったことから同一犯の可能性が浮上。

そして、行方不明のポルノ女優クロエが恋人リーと共に死体で発見された。
クロエは喉にバッタのチョコレートを詰まらせて、リーは射殺されて、
冷凍庫の中に遺棄されていた。
クロエのそばにメーガンと同じように聖書の中に木工細工があり、その中から
金のハートのチャームが見つかり、連続殺人となった。

被害者たちの共通点は“堕天使の会”なので、ニックとグレッグが教会に行くが、
ラーソンは聖域なので、参加者の名前は聞かないと言うが、ニックはくり抜かれた
聖書の中に木製の十字架を見つけて、押収した。

聖書の指紋からラーソンに売春斡旋の前科に当時、38口径の銃を所持していて、
リーが射殺された凶器と同じなので、連行しようと教会に向かった。
女性の悲鳴が聞こえたので駆けつけると、アンジェラが女性を拘束していて、
禁断症状の離脱を手伝ってたと主張する。

その時、外で待っていた記者のジョンは怪しい人影を発見し、捨てられた吸い殻を
拾おうとして殴られてしまった。
ジョンは犯行現場が演出されてると指摘したことで、ラッセルはダンテの
“神曲・地獄篇”に描かれてる地獄の9つの円をモチーフにしてると気付いて、
犯人はまだ犯行を続けると判明する。

リーから摘出した弾がラーソンの銃と一致し、“堕天使の会”のPCからリーの
WEBカメラが遠隔操作されてたことで、ラーソンを逮捕したが、犯行を否認。
しかし、売春斡旋は続けていて、匿名の客が指名した女性を運転手が迎えにくると
自供するが、エリーの居場所と引き替えに取引を要求する。

ラーソンのPCに匿名の男からメールが届いていて、今夜、女性を求めていたので、
モーガンはおとりになるとエクリーを説得し、おとり捜査をすることに。

モーガンはカメラとマイクを仕込んだペンダントを着けて、ニックとグレッグが
迎えの車を追跡し、客のオリヴァー・テイトの元に送り届けられた。
テイトはモーガンに5番目の円の版画をプレゼントしたので犯人かと思ったら、
ペンダントを壊されたモーガンは突然、帰るように言われ、迎えの車に乗った。

ベガスに来たブラスの元妻ナンシーのホテルの部屋の前に木工細工が入った
聖書が置かれていて、木工細工の中にあったUSBに拷問されてるエリーが
“私たちは罪を犯したので罰を受けます”と言わされた映像が入っていた。

ラッセルはモーガンが危険だと気付き、モーガンの乗った車を止めさせるが、
車内はモーガンの姿はなかった!
ブラスの娘エリーとエクリーの娘モーガンが犯人に拉致されてしまうとは、
2人とも無事に救出されるといいけど。

CSI:科学捜査班 シーズン12 コンプリートDVD BOX-1
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

スパドラさん、どうしちゃったの?

昨日の「One Tree Hill」は最悪でした。
ドラマの内容ではなくて、途中で画面がフリーズしたかと思えば、
古い海外の風景と共に“しばらくお待ちください”ってテロップが流れるし。

ちょっと飛んで再開したけど、また一瞬、風景映像が流れたりして。
「メンタリスト」は大丈夫だったのが救いだわ。

今回はブルック役のソフィア・ブッシュが監督のハロウィン エピなので
楽しみにしてのに。
録画し直さないとダメなと思ったら、今月は木曜、金曜の再放送がないので、
土曜日まで見られないし、ついてないときはそんなもんだよね。

この件に関してのお詫びツイートがさっきあったが、対応が遅いと思うけど。


posted by Jasmine at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

(終)CSI:ニューヨーク9 #17

「CSI:ニューヨーク」がグランドフィナーレを迎えました。
製作された時には放送終了が決まってなかったので、終わってもいい感じには
描けてたけど、ちょっとスッキリしない気がした。

2人組の宝石強盗犯を追跡するホプキンス巡査とジェンセン巡査は路地裏で二手に
分かれて犯人を追跡するが、ジェンセンが追ってた犯人はフェンスを乗り越えて逃走。
ホプキンスは犯人に発砲され、ポケットに手の入れて振りかえったので射殺した。

しかし、ホプキンスが射殺した大学生のティモシー・ブラウンは銃を持ってなく、
警官が1週間に2人も銃を持ってない相手を射殺したことで、署を群衆が取り囲み
抗議デモが行われ、ついには署内まで群衆がなだれ込み、乱闘になってしまう。

現場では銃は見つからなかったが、貴金属に指輪が残されていた。
シドの検視でティモシーから薬物は検出されず、発射残渣も検出されなかった。

マックはホプキンスを追及するが、発砲されたと現場に行けばわかると主張するが、
外は危険で無理なので、ホークスとアダムがカメラを持って現場に行くと、
ホプキンスが言った場所で弾丸の跡と薬きょうが見つかった。

ホプキンスとジェンセンを救急車に乗せて、署から脱出させようとしたが、
群衆が救急車を取り囲み、ホプキンスが外に連れ出されて、暴行を受けてが、
マックたちがなんとかホプキンスを救い出した。

薬きょうはブルックリンのアベニューQで発生した2件の発砲事件で使われた銃で、
フェンスを越えた犯人の遺留品の上着から召喚状が見つかり、犯人はアベニューQが
地元の人間だと推測し、ジョーたちはジェンセンを車に乗せて、アベニューQを
まわっていると、宝石強盗の2人を発見した。

犯人のレイはすぐに捕まえたが、キースは逃走し、ビルに逃げ込み、郵便受けから
銃を取り出そうとして、ジョーに射殺された。
郵便受けの銃はみんなの銃で、図書館で本を借りるように自主管理してたと供述。

アダムはティモシーが持ってた貴金属が偽物だと気付き、彼が付近で質に入れて、
犯行時刻に別の宝石店で恋人トーリーにプロポーズしようと婚約指輪を買ってた
と突き止めた。

レイはホプキンスに発砲すると、使われてない劇場に入ったが、そこに同じ服装の
ティモシーが通りかかり、ホプキンスはティモシーが犯人だと間違って射殺した。
真実を知ったホプキンスは自分を責めて、フラックは悪いのは犯人の2人だと慰める。

その様子をマックはティモシーの恋人トーリーに見せて、事件の真相を説明し、
ティモシーが渡そうとしてた婚約指輪を渡すが、辛くなるだけと受け取らなかった。
トーリーはマスコミと群衆にこんなことはもうやめてと、いつかホプキンスのことは
いつか許せるかもしれないが、犯人のことは許さないと訴えた。

事件が解決し、署のテラスにジョー、ダニー、リンジー、ホークス、アダム、
シド、フラック、ジェイミーがビールを飲みながら楽しく過ごしていた。
その頃、マックは帰って来たクリスティーンにプロポーズした。

ハッピーエンドで終わったけど、事件的にはちょっと物足りない感じがした。
病気と闘ってるシドがすごく気になるんだけど、別れを見るよりは良かったかも。
これでもう終わりだなんて寂しいな。

CSI:NY コンパクト DVD-BOX シーズン8
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

CSI:13×CSI:NY9合同捜査スペシャル

CSI:ベガスとNYのクロスオーバー・エピソード。
ベガスでは別の事件も起こってたけど、マックの絡む事件だけを書いてます。

マックはベガスでの業界イベントに出席してるクリスティーンを驚かせようと、
休暇を取って、ベガスにやって来た。
ラッセルはマックとは学会で知り合いだったらしく、マックのサプライズのため、
セリーヌ・ディオンのチケットを取っていた。

マックはクリスティーンに電話するが、イベント中で出られないのだろうと、
ラッセルとクリスティーンのホテルに行くと、ドアノブに血痕があり、部屋の中は
争った形跡があった。

フィンとニックが部屋を調べると、ベッド下から血が付着した男物のシャツを発見し、
部屋から採取したガラステーブルの破片の中にダイヤが見つかった。
ダイヤの製造番号からサダト宝石店に向かうと、店主のサダトの射殺体に
クリスティーンの携帯電話を発見した。

犯人は店主に撃たれ、その血痕がホテルの部屋と血痕と一致した。
宝石店の金庫からジミー・ボイドの指紋が見つかり、彼はクリスティーンの店の
支配人で、ギャンブルの問題があり、クリスティーンは解雇しようとしていた。

クリスティーンの携帯履歴からボイドとサダトと頻繁にメールして、サダトの出資で
ベガスにレストランをオープンする予定で、マックはそんな話は聞いてないし、
クリスティーンではないと否定する。

ボイドはサダトの車で逃走し、見つかった車のトランクからNY在住で前科ありの
キムの死体が見つかり、ホテルと宝石店の血痕と一致し、ボイドの相棒と判明。
サダトの車に付着した塗膜片から盗難車で逃走したボイドを捕まえる。

ヤミ金の取立てに困ったボイドはサダトがベガスで出資したいとの申し入れを利用し、
キムをクリスティーンに仕立てて、弟にクリスティーンを監禁させた。
しかし、ヤミ金がボイドの弟とクリスティーンをさらって、ダイヤと引き換えだと
脅迫されていて、クリスティーンはニューヨークにいるとわかった。

マックはクリスティーンを救出するために、ボイドをNYに連れて行くと言い出し、
ラッセルも協力するために一緒にNYに行くことに。

ニューヨークに戻ったマックはラッセルたちとボイドがヤミ金のゼインとの
取引現場に張り込むが気付かれて、ゼインは逮捕したが、手下は射殺された。
マックはゼインからクリスティーンの居場所を聞き出そうと、負傷した腕を掴むが、
ゼインは口を割らなかった。

シドは手下の検視を行い、歯の治療とタトゥーからエジプトのギャングと推測。
リンジーは手下のポケットからクリーニングの控えを見つけ、店主のナイラから
手下のファラジが店から用心棒代を集金してたと聞き出す。

ゼインはエジプトでの殺人容疑でインターポールが指名手配していた。
マックに“午後3時に電話する”のメッセージと切られた人間の舌が届いた。
そして、マックは午後3時より前にかかって来た電話に出て、ラボから抜け出すが、
ラッセルはそれを見逃さずに尾行する。

午後3時にCSIに電話が入り、ジョーたちは発信源に向かうが、使い捨て携帯が
捨てられていて、指示された場所にも封筒はなかった。

マックは指示された場所で舌を切られたボイドの弟の死体を発見する。
そして、犯人はクリスティーンに電話をかけさせ、マックに“ゼインと引き替えに
クリスティーンを返す”と告げた。

連邦保安局がゼインを引き取りに来たが、フラックとラッセルが協力して、
マックはゼインを署から連れ出した。

ファラジが持ってたアラビア文字のメモは集金リストとわかり、そこにはナイラの
クリーニング店が入ってなく、ゼインとナイラは兄妹と判明し、クリスティーンが
ボイドの弟の死体に血で描いたマークがナイラの店の向かいの店のマークだった。

ジョーたちはクリーニング店を調べると、クリスティーンたちが監禁されていた
痕跡が残っていて、ナイラは組織の黒幕だった。

マックは取引場所に行くが、クリスティーンはいなくて、マックは男の1人を撃ち、
もう1人にロシアンルーレットで脅して、クリスティーンの監禁場所に案内させた。
そして、マックはクリスティーンを救出した。
これでマックはクリスティーンのことをもっと大切に思うだろうね。

CSI:NY シーズン8 コンプリートDVD BOX-1
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

CSI:科学捜査班 シーズン13 #1

シーズン13がスタート。
ウォリック殺害で終身刑となった元副保安官のマッキーンは今も刑務所から指示を出し、
署内にも内通者がいるとわかり、容疑者のキンブルを追っていたエクリーは
マッキーンの息子を射殺したことで銃撃され、ラッセルの孫娘ケイティも誘拐された。

サラは何度もニックに連絡するが捕まらず、ラッセルの自宅で鑑識を始めた。
現場で警官の懐中電灯を発見し、ケイティを誘拐したのは警官だとわかる。
ラッセルはブラスに信頼できる警官だけ捜査させるように指示し、ブラスは留置場の
マッキーンの監視の警官に交代させ、ケイティに危害を加えるなとマッキーンを脅す。

フィンはモレノの相棒クレンショーとバーにいたが、ラッセルからエクリーとケイティの
事件を聞いて、クレンショーも仲間だと、モレノにメールして、クレンショーの
誘いでバーに行くと、キンブルとケイティがいて、フィンも捕まった。

ニックは泥酔し、警官に反抗して留置場に入れられ、サラがニックを引き取りに行き、
捜査に戻した。
クレンショーはラッセルに無線で連絡が入り、フィンにケイティも一緒にいて、
死なせたくないならマッキーンと話すように言わせた。

エクリーは一命を取り留め、摘出した弾丸を病院に取りに来たホッジスにモーガンが
父親との関係を悔んで話したと思ったら、ホッジスにキスしたのにはビックリした。

ラッセルは留置場のマッキーンに会うと、ギルモアが妻ヴェロニカをプライスに接近させ、
麻薬の売り上げを盗んだと、12時間以内にギルモアから200万ドル回収しろと言われるが、
ギルモアは姿を消していた。

ラッセルの家で採取した白い破片は牛の毛が付いた漆喰で、“KARMA”と書かれた
切り張りした文字からキンブルの指紋が検出され、この紙をべガスで使ってたのは
廃業した印刷会社で、その後にクラブは入ってると判明。

フィンはケイティを換気口から逃がすが、クレンショーに見つかり、殺されそうになり、
駆けつけたモレノがクレンショーを射殺したが、ケイティはキンブルに捕まってしまい、
再び、行方不明になってしまう。

クレンショーの車からも牛の毛が付いた漆喰が見つかり、クレンショーの肺からカビの
成分が見つかったことで、アジトが砂漠のどこかの牧場とわかるが絞り込めない。

ニックはギルモアの通話記録の令状が有効だったので、通話記録から居場所を特定し、
ラッセルと共にギルモアを捕まえるが、200万ドルは弁護士を通じて、マッキーンに
返したと答えると、何者かに狙撃されて死んでしまった。

ラッセルはブラスがギルモアの居場所を知ってたと気付いて、ブラスを責めると、
ギルモアは警察汚職の重要証人で、マッキーンが口封じに始末したくて、ラッセルに
捜させたと言われ、ケイティのことで判断を鈍らせたと落ち込む。

ラッセルはキンブルがケイティを殺さないのは、同じ年の娘がいるからで、
街を出ないのは200万ドルをマッキーンの家族に届けるためと推測する。

砂漠地帯にある漆喰が使われた家屋の中にマッキーンの繋がる元警官ウィトソンの
家を見つけ、ギルモア射殺の薬きょうから採取した指紋がウィトソンと一致し、
通話記録からエクリーが狙撃された時も側にいたと判明。

ウィトソンの家に行くと、彼とキンブルの部下の射殺体があり、キンブルが口封じし、
裏から逃走しようとしたが包囲されて、銃で自殺を図ろうとするがブラスが
肩を撃って阻止した。
そして、ラッセルは家の中で隠れていたケイティを発見し、無事に家に連れて帰った。

キンブルは検察に協力し、マッキーンの手下の汚職警官は逮捕された。
マッキーンはインディアナの連邦刑務所で独房で過ごすことになり、200万ドルは
ラッセルがマッキーン家の名前でCSIに寄付した。

ニックはサラに辞めるって言ったなら辞めなきゃと言われ、サラだって出戻りだと
口げんかになり、グレッグは僕らはチームだから、何があっても助け合わなきゃと
ニックは残ることになった。
家族を愛し、温厚そうなラッセルが孫娘が誘拐され、意外な一面を見せていた。

CSI:科学捜査班 シーズン12 コンプリートDVD BOX-2
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ