2015年07月08日

CSI:15 科学捜査班 ザ・ファイナル #1

ついにCSIベガスがファイナルシーズンとなりました。
そろそろかなと思ったけど、やっぱりベガスが1番好きだったので寂しいな。
その時点では決まってなかったのだろうけど、ブラス警部を残してほしかった。

ラッセルとフィンが5年前にシアトルで解決したギグ・ハーバー事件を模倣した
女子大生殺人が発生する。

当時の被害者7人は女子大生で漁師のカギ竿で殺害され、被害者たちには
ブロンドで売春のアルバイトをしていた共通点があった。
最後の3人の被害者の遺体は運び去られて、現場は鑑識作業が行われて、
犯人はラッセルたちを挑発していた。

犯人はラッセルの娘マヤをストーカーして、挑発はエスカレートして、
ラッセルは犯人のボートに踏み込み、援護にきたフィンが彼を撃って、
ジャレッド・ブリスコを逮捕した。

最後の3人の被害者の遺体や証拠は発見されなかったが、自白が証拠となり、
ブリスコに死刑判決が下り、来週、刑が執行されるはずだった。

ベガスの事件も凶器は漁師のカギ竿で、大量の血痕があるが遺体はなく、
CSIが到着した時には鑑識作業を済んでいた。
被害者はシアトル大学のブロンドの女子大生エミリーと判明する。

フィンはシアトル時代の元同僚ダニエル・ショーと再会する。
彼もギグ・ハーバー事件の捜査メンバーで、今は同じ捜査メンバーだった
ケリー・トーレスと私立探偵をしていた。

ケリーはエミリーの両親から捜索を依頼されるが、ベガスで行方不明になり、
ダニエルはケリーを捜しにベガスにやって来た。
防犯カメラからケリーがエミリーの売春相手の客らしき男と会っていて、
テーブルに残された男の指紋を照合すると、収監中のブリスコの中指と一致。

ラッセルはワシントンからベガスへブリスコを移送させ、指紋の件を追及し、
ブリスコは刑務所のケンカで噛み切られたと、中指のない手を見せて、
俺だけがギグ・ハーバー・キラーだと宣言する。

ケリーの車が発見され、ノートに弁護士マーク・ターナーと書かれていて、
彼は不動産王のポール・ウィンスロップの依頼で、ブリスコと面会していて、
ウィンスロップはブリスコの生き別れの双子の兄弟だった。

ウィンスロップは事件の報道でブリスコの存在を知り、真犯人は別にいて、
ブリスコは自分がギグ・ハーバー・キラーと妄想に取りつかれてるだけと、
冤罪を晴らそうとしていた。

犯人が鑑識に使ったヒト組織から作った糸とマーカーのDNAがシアトルでの
最後の3人の被害者のものと一致し、エミリーの殺害現場とケリーの車に
残されてた飛沫血痕が双子座の配置と同じだった。

エミリーの殺害現場の倉庫が双子座の兄の名前と同じ建築資材会社のもので、
双子座の弟の名がついた石油会社の住所がケリーのノートに書いてあった。

石油会社の跡地に行くと、遺体を掘り起こした跡にモルグまで用意されて、
鑑識作業も済んでいた。
モルグにはシアトルの最後の被害者メリンダ、ニコール、グレイスの
白骨化遺体が横たわっていた。

ウィンスロップがブリスコの共犯か真犯人の可能性が浮上する。
フィンはウィンスロップを連行しようと車に乗り込むと、ドアがロックされ、
時限爆弾のタイマーが作動した。

現場に到着したラッセルに犯人から電話が入り、“俺は誰だ?”と質問し、
ラッセルに“ギグ・ハーバー・キラー”と言わせようとするが、言ってしまうと、
誤認逮捕を認めることになるが、タイマーがいきなり進んで残り20秒となり、
フィンは覚悟を決め、ラッセルは“お前はギグ・ハーバー・キラーだ”と答えた。
するとロックは解除され、時限爆弾も止まり、フィンは助かった。

そして、掘り起こされた被害者の爪から採取した皮膚片のDNAはブリスコ、
ウィンスロップとは一致しなかった。
ブリスコの死刑執行は止められ、事件解決は持ち越されてしまって残念。

CSI:科学捜査班 シーズン13 コンプリートDVD BOX-1 -

CSI:科学捜査班 シーズン13 BOX-1
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

CSI:14 科学捜査班 #22(終)

シーズンファイナルのタイトルは「警部の決断」ということで
ブラス警部がある決断を下したらしい。

エリス・スプリングスでテキサス在住のロジャー・マザーズの射殺体が発見。
ロジャーはここの出身で25年前の武装強盗事件に巻き込まれた少年のひとりで、
どうして町に戻って来て殺されたのかを捜査することに。

25年前の武装強盗犯のポールとベンの兄弟はマフィアのボスの自宅から
10万ドルと貴金属を盗み、撃たれたベンが線路沿いの小屋で休んでいると、
小屋を遊び場にしてたロジャー、スコッティ、タイソンがやって来た。

ロジャーたちは金品が入ったカバンを見つけ、ベンは亡くなってしまい、
そこへポールが戻って来て、スコッティを人質に逃走するが逮捕された時、
スコッティは一緒にいなくて、金品も持っていなかった。
翌日、ポールは留置場で死亡し、スコッティと金品の行方は不明のままだった。

ロジャーの車のそばから航空写真の切れ端が見つかった。
現場付近にはお宝が眠ってると宝探しする人がいて、ロジャーはビジネスの
経営に行き詰まり、金策に奔走していた。

タイソンに財宝探しに戻ってきたと言っていて、25年前に盗まれた中に
ライオンの石像があり、同じ石像がオークションで1千万ドルで売れていた。

スコッティの遺留品のメガネと航空写真の切れ端に当時の保安官補佐で
鑑識もしてたサム・ビショップの部分指紋が見つかった。
サムは保安官の強盗事件への関与を疑い、スコッティの遺体発見が目的で
航空写真を撮影したと関与を否定する。

航空写真のネガと今の技術を使って、座標を割り出し、スコッティの白骨死体と
ライオン像が埋められてた窪みを発見するが、ライオン像は持ち去られていた。
現場に残されたシャベルに特殊なローションが付着していたことから
サムの娘カレンが容疑者として浮上する。

カレンはロジャーに航空写真を渡して、一緒にライオン像を探してたが、
ライオン像は掘り出された後で、ロジャー殺害も否認する。
スコッティは頭部をライオン像で殴られたとわかり、サムにも手伝ってもらい、
犯行の再現実験をすると、犯人は150cm弱の左利きでタイソンが容疑者となる。

タイソンは25年前にベンが死んだので金品を盗もうとすると、スコッティが
警察に通報するべきと口論となってライオン像で殴ったが彼は生きていて、
そこへやって来たカレンが、ポールが車で戻って来たので、うめくスコッティを
黙らせるためにカレンが手で口と鼻をふさいで窒息死させていた。

ロジャーたちは石像とスコッティの遺体を埋めて、金はロジャーの家に隠すが、
自宅は祖母の寝たばこで全焼し、金は燃えてしまっていた。
カレンはロジャーとライオン像を発見したが、分け前のことで揉めたので、
ロジャーを射殺したが、カレンは証拠がないと開き直る。

スコッティ殺害の時、カレンは11歳でスコッティの死因は特定できないが、
サムはカレンが隠し場所に使っていたところからライオン像と凶器の銃を見つけ、
ラッセルに届け、どこで間違ったのだろうと悔やんでいた。

ブラス警部の娘エリーが自殺未遂で病院へと搬送された。
昏睡状態のエリーの側にブラスはずっと付き添って、語りかけていた。
目覚めたエリーにお前のことは諦めてないと告げて帰ろうとすると、
エリーは“ここにいて、パパ”と言い、4時間もいろいろ話し合ったらしい。

ブラス警部は互いが必要だとわかったと言ってたので、警部の決断は
たぶん辞職して父親として、エリーを支えることなんだろうと思う。

CSI:科学捜査班 シーズン13 コンプリートDVD BOX-2 -

CSI:科学捜査班 シーズン13
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

CSI:14 科学捜査班 #21

先日、アカデミー賞で助演女優賞を受賞したパトリシア・アークエットが
主演するCSIのスピンオフ「CSI:サイバー」のパイロット版として、
ベガスとの捜査が描かれました。

「アリー my Love」のギル・ベローズもゲスト出演してたけど、
すっかり人相が変わっておりました。

ホテルオーナーでカジノ王のリー・バーマンの妻オードリーが自宅で射殺された。
車に乗っていたバーマンを発見し、車内には銃があり、手から発射残差が検出され、
妻の殺害容疑で逮捕する。

バーマン邸自宅を捜索すると、犯人はセキュリティシステムを解除して侵入し、
夫婦は寝室を別々で、凶器と同じ銃口の銃を所持してたが、バーマンは犯行を否認。

FBIのサイバー犯罪担当のエイヴリー・ライアン(パトリシア・アークエット)が
バーマンがネットで知り合ってた娼婦のキティを追って、ベガスにやって来た。
キティは“ノード”と呼ばれる黒幕が作り出したCGチャットボットだった。

ライアンはフィンと共にバーマンのPCデータを復元すると、金持ちを誘惑した
キティが“ギフト”としてコンピューターウィルスを送っていて、それを開くと
双方向カメラが入り、恥ずかしい姿が録画されて脅迫のネタにされていた。

銃の線状痕からバーマンの銃は凶器でないとわかり、バーマンの車のGPSの
記録から犯行現場にいなかったとわかった。
バーマンはキティから動画をネタに200万ドルを要求され、したがわないと
家族を殺すと脅迫されたが、バーマンは金が欲しければ指示した場所に来いと
主導権を握ろうとして、犯人はオードリーを殺害したと推測する。

しかし、バーマンは金を支払うつもりはなく、キティを殺そうと銃を持って
待ってたが誰も現れず、自分のしたことで妻を殺害されたのを恥じたと供述し、
バーマンは釈放されることになるが、署内でキティを見つけた。

キティと思われた女性は海兵隊員の妻で2人娘がいる主婦のスーザンで、
テレビにバーマンと浮気相手として、自分の写真が出てたのでベガス署まで
苦情を言いにきた。
チャットボットのキティが顎を痛がる仕草をしてたので、ライアンはモデルの
女性がいると推測し、マスコミにキティの写真を流していた。

スーザンはアフガニスタンにいる夫とSNSでやり取りした写真を犯人が
利用したとわかり、スーザンのページに1日に15回もアクセスしてた
“ネビュラワン”が容疑者として浮上する。

犯人はバーマン邸が売りに出された時のバーチャルツアーで間取りを把握し、
現場で保護した犬は、犯人がゲートの警備員をかわすため動物専用の小道を
利用するのに使ったシェルターの犬で、引き取る時に免許証のコピーを
残してたことから犯人が借りたレンタカーを発見する。

車内には凶器の銃と200万ドル以上の価値があるダイヤが付いていた
オードリーの指輪の台座と使い捨て携帯電が残されていた。
携帯にはオードリーが殺害される映像があり、それを見たライアンは
犯人がヒットマンを雇い、べガスにいなかったと気付く。

ライアンは“ネビュラワン”が使用したプロフィール写真からセントルイスの
部屋を突き止め、SWATが突入するが誰もいなくて、罠に気付いたライアンの
おかげで隊員は無事だったが、爆発で証拠を失ってしまう。

ライアンはスーザンに記者会見で犯人を挑発させて、挑発に乗った犯人が
サンディエゴのスーザンの家に現れたが待ってたのはライアンだった。
ライアンは銃口やナイフを向けられても怯むことなく、犯人を自白させて、
突入したラッセルたちに逮捕させた。

ライアンは逮捕できたお礼にとスーザンと子供たちに帰国した夫に再会させる
粋な計らいをして、次の任務地へと向かった。
科学捜査がメインと違い、サイバー犯罪のスピンオフは面白いのかな?
次回のシーズンファイナルは大変なことが起こりそうな感じ。

CSI:科学捜査班 シーズン13 コンプリートDVD BOX-2 -

CSI:科学捜査班 シーズン13
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

CSI:14 科学捜査班 #14

今回はニックとロビンス先生がメキシコで捜査するエピで面白かった。

ロビンスの友人で資産家のガブリエルの18歳の娘アナの死体が
メキシコの国境のアルケロの荒野で発見された。
死因は薬物の過剰摂取と聞いたガブリエルはロビンスに再調査を依頼し、
ロビンスはニックと共にメキシコに向かった。

メキシコ連邦警察が護衛にシルバ捜査官をつけてくれ、検視官事務所に行くと、
検視官ブランコが1人ですべてを行っていて、よそ者を歓迎してくれない。

ロビンスはアナの遺体を調べると、たしかに薬物を摂取してたと思われたが、
服に付着してたトウモロコシの皮が、処刑された麻薬カルテルのメンバーにも
付着してたことで、同じ現場に遺棄されてたとわかった。

ブランコはカルテルのメンバーの遺体を収容した後で、匿名の通報によって、
アナの遺体があると連絡を受けて収容したが、面倒なことになると隠していた。

ニックはシルバと遺体発見現場に行くが、銃を持った護衛も同行して、
トラックのタイヤ痕と白い粉末を見つけたが、そこへカルテルのメンバーが
アナの死とは無関係だと言いに来て去ったが、何か起こるのかとハラハラした。

ベガスではサラとグレッグが自宅ガレージでコンクリートに埋もれた2人の
射殺体の捜査を行っていた。
被害者は33歳のクレアと彼女の夫ブレッドの弟ジェフで、コンクリートから
ブレッドの毛髪が見つかり、妻と弟の浮気を知って殺害したのではと疑う。

ホッジスはメキシコから送られたアナの血液サンプルを調べると、薬物摂取の
痕跡はないとわかり、それを聞いたロビンスはアナの毛髪を調べて、爪にあった
ミーズ線から重金属中毒が死因だと気付いた。

そして、白い粉はドラッグではなく、粉末プラスティックだとわかり、
ニックはプラスチック工場で運送記録を入手するが、縄張りを荒らしたと
地元警察がシルバをアナ殺害容疑で連行した。

ニックとロビンスもモルグで軟禁状態となるが、ニックはトラックの記録から
工場とベガスの会社を定期的に走ってるトラックを見つけた。
ベガスの会社は協力的で、フィンはそのトラックの運転手ガルシアがベガスに
向かっているとわかった。

ロビンスはデヴィッドとビデオ通話をして、暇つぶしにコンクリート事件の
検視のことを聞くと、クレアに銃創以外に肝臓と腎臓にかなりのダメージがあり、
毛髪に筋があったと聞いて、ロビンスは爪を調べろと指示するとミーズ線が
見つかったことで、アナとクレアとジェフの殺害が国境を越えてつながった。

トラック運転手のガルシアを署に連行して尋問すると、ベガスから運んだ
ドラム缶の1つに死体が入ってると気付き、家族に知らせてあげたくて、
カルテルの処刑現場にアナの遺体を遺棄したと供述。

クレアが友人に送ったメールから絵描きとデートしていて、添付写真から
撮影場所のアトリエが判明した。
アトリエにはアナとクレアの肖像画が見つかり、ワイングラスからタリウムの
痕跡が見つかり、アナからの別れの手紙も見つかった。

犯人はアナに毒を盛って弱らせて、繋ぎとめようとしたが死んでしまい、
クレアにアナの肖像画を見られ、自宅まで追って、口封じされたと推測。

ブレッドからクレアは画家志望だった頃の仲間にモデルを頼まれてたが
名前を知らず、クレアはアナの遺体が入ってたドラム缶の出所だった
パーテル製造の受付として、数日派遣されていた。

ガブリエルはパーテル製造の役員で、社員食堂の壁画を描いてた画家が
クレアの通ってた高校の美術教師キース・ガーナーで、15年前にクレアも
教え子だったことからガーナーが犯人だと判明。

その頃、ガブリエルはガーナーが犯人だと気付いて、暴行した末に
銃を向けたが、駆けつけたラッセルが説得して、ガブリエルは銃を捨てて、
ガーナーは逮捕された。

事件が解決し、シルバは釈放された。
ロビンスはブランコといい関係が築けて、自分の仕事道具を置いて行く。
シルバはなかなかイケメンで、今度はべガスに捜査で来てくれないかな。

CSI:科学捜査班 シーズン13 コンプリートDVD BOX-1 -
CSI:科学捜査班 シーズン13
posted by Jasmine at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

CSI:14 科学捜査班 300話記念エピソード

300話記念にキャサリンが再登場すると聞いて、一緒に捜査するのかと思ったら
回想シーンに登場しただけで、ニックも制作者と揉めて、お休み中だったので、
ちょっと肩すかしだったけど、「ビバヒル」のジェーソン・プリーストリーと
「One Tree Hill」のベサニー・ジョイ・レンツがゲスト出演は嬉しかった。

資産家ジャック・ウィッテンの家で18歳のグエンの死体が発見された。
14年前にも18歳のダーシー殺害の容疑者だったが、彼女の車から大量の血痕が
見つかるが、遺体は発見されずに証拠がなくて逮捕できなかった。

当時はグリッソムが留守でキャサリンが捜査を仕切るが、ウィッテン家から
圧力がかかり、あの頃は嫌なヤツだったエクリーは捜査を取りあげていた。
サラたちは今度こそ、ウィッテンを逮捕しようと捜査を開始する。

ウィッテンは試写室で居眠りをして、起きたら被害者が死んでたので通報したと。
ダーシーの車にあった血痕付きの繊維とジャックの寝室の絨毯の繊維が一致せず、
サラは毎年、ダーシーの命日に電話してくる父親に最善を尽くすと約束する。

グレッグは他の繊維が一致するかもとウィッテン家を調べていて、乾燥材と
コルクの破片を見つけ、家にはウィッテンが受け継いだ美術品コレクションはなく、
隠し扉にあった保管庫を開けると、グエンの友達エミリーが監禁されていた。

エミリーはウィッテンに監禁され、グエンが止めてと叫ぶ声が聞こえたと証言。
グエンの傷口に付着してたガラス片は懐中電灯のものと思われ、グエンと
エミリーは空き巣容疑で聴取されてたとわかり、2人は連れ込まれたのではなく、
強盗目的で入ったと推測。

保管庫から発見した凶器の懐中電灯からエミリーの指紋が検出されたが、
エミリーはフィルムを飲む込んでいて、銀摂取が原因で死亡した。
ウィッテンの家の近くでエミリーの車が発見され、ウィッテンの自宅の住所と
セキュリティコード、保管庫の暗証番号を書いた付箋紙が見つかった。

エミリーとグエンは強盗中にエミリーは自分の彼氏がグエンと寝てると知って、
嫉妬からグエンを殺害し、フィルムを見つけるが、ジャックが通報したので、
保管庫で監禁されてるフリをしていた。

ホッジスはフィルムを分析し、生前のダーシーが映っていて、フィルムのことを
知ってる人物が盗ませたと推測し、撮影したカメラマンのギアの自宅に行くと、
ギアは殺害されていた。

14年前にウィッテンはギアに75万ドルを支払っていて、ウィッテンにフィルムの
映像を見せたが見たことないと、ダーシーと麻薬常習者のセラピーで知り合い、
娘のように思ってたが、アルコールとドラッグを服用して、ダーシーとクラブから
一緒に戻り、翌朝、目覚めると隣でダーシーが死んでいて、約束してたギアが
やって来て、彼が遺体を始末したが、後から金を要求されたと、ウィッテンは
保管してた後始末の時にギアが撮ったダーシーの遺体の写真を差し出した。

ギアはカメラとフィルムを質に入れ、偶然、ウィッテンが購入したとわかり、
フィルムを修復すると、撮影されたのはダーシーが死んでから2カ月後で
殺人は狂言だったと判明。

ギアの携帯電話の履歴から、ダーシーがシカゴ在住のヴィヴィアン・シンクレアと
偽名を使っていて、べガスにいたヴィヴィアンを連行した。

ダーシーの所持品からギア殺害の銃が見つかり、正当防衛を主張し、14年前は
父親から性的虐待を受けていて、逃げるためにウィッテンをハメタと言うが、
父親のことはウソかもしれない。
ダーシーはウィッテンの人生を破滅させたことだけは間違いない。

証拠保管室でサラはグレッグにウンザリすることはないと尋ねると、
まだ始まったばかりと答えたグレッグが頼もしく見えた。

ラストは懐かし映像を流して、グリッソムや亡きウォリックの姿も見れた。
最後に証拠品袋にグリッソムとサラの元夫婦のサインで終わったのも
なかなかやるなって思った。

CSI:科学捜査班 シーズン12 コンプリートDVD BOX-2
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | CSIシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ