2016年01月11日

第73回 ゴールデン・グローブ賞 結果発表

BSスカパーのゴールデン・グローブ賞 生中継を見ました。
「Empire 成功の代償」は作品賞はダメだったけど、タラジ・P・ヘンソンが
女優賞を受賞し、クッキーを配りながらステージに上がり、ハイテンションでの
スピーチも面白かったです。

作品賞と助演男優は「Mr. Robot/ミスター・ロボット」が受賞しました。
ストーリーは私好みのようでで、いつか見れるといいな。
クリスチャン・スレーターは打ち切り続きから、やっと代表作ができた感じ。

レディー・ガガは受賞できると思ってなかったのか泣いてましたね。
アメホラ:怪奇劇場はイマイチだったので、ホテルに期待したいな。
モーラ・ティアニーが助演女優を受賞し、アフェアのシーズン2も楽しみ。


ドラマシリーズ部門
●作品賞
「Mr. Robot/ミスター・ロボット」

●女優賞
 タラジ・P・ヘンソン「Empire 成功の代償」

●男優賞
 ジョン・ハム「MAD MEN」


コメディーシリーズ部門
●作品賞
「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」

●女優賞
 レイチェル・ブルーム「Crazy Ex Girlfriend」

●男優賞
 ガエル・ガルシア・ベルナル「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」


テレビ映画・ミニシリーズ
●作品賞
「ウルフ・ホール」

●女優賞
 レディー・ガガ「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」

●男優賞
 オスカー・アイザック「Show Me a Hero」

●助演女優賞
 モーラ・ティアニー「アフェア 情事の行方」

●助演男優賞
  クリスチャン・スレイター「Mr. Robot/ミスター・ロボット」
posted by Jasmine at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2015年のドラマ感想と新年の抱負

明けましておめでとうございます。
いつもブログを見に来て頂き、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2015年は「CSI」「フリンジ」「One Tree Hill」「リベンジ」「ダメージ」
「ブレイキング・バッド」などのお気に入りドラマが終了しましたが、
「CSI:科学捜査班 -最終章‐ 終わらない街ラスベガス」は最高でした。

「スコーピオン」「ナイトシフト」なども面白い新ドラマも始まりましたが、
「殺人を無罪にする方法」と「アフェア」は期待通りの面白さでした。

「殺人を無罪にする方法」はスピーディで予想できない展開が面白いし、
逆に「アフェア」は淡々と展開していくドラマで英国ドラマ風でもあり、
どちらもある殺人事件が絡んだストーリーというのが共通点。

ブログでは書いたことないけど、「シェイムレス シーズン5」も面白かった。
あまり好きじゃなかったミッキーが病んでしまったイアンを見捨てない
一途な思いに打たれてしまった。

年末でドラマも何本か終わり、ブログ的には少し暇になりそうですが、
前々から考えてたペースダウンができそうなので、少し余裕を持って、
2016年は過ごしたいと思ってます。

皆様に幸多き年でありますように。
posted by Jasmine at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

第73回 ゴールデン・グローブ賞 ノミネート発表

第73回 ゴールデン・グローブ賞 ノミネートが発表されました。
ノミネートを見ると、ネット配信の作品が多いなと思いました。
テレビ映画・ミニシリーズの作品賞は激戦になりそう。

昨年、作品賞と主演女優賞を受賞した「アフェア 情事の行方」が入ってなく、
移り変わりが激しいですね。
コメディードラマは見てないので省略させて頂きます。

ドラマシリーズ部門
●作品賞
「アウトランダー」
「Mr. Robot」
「ナルコス」
「Empire 成功の代償」
「ゲーム・オブ・スローンズ」

●女優賞
 カトリーナ・バルフ「アウトランダー」
 ヴィオラ・デイヴィス「殺人を無罪にする方法」
 エヴァ・グリーン「ナイトメア 血塗られた秘密」
 タラジ・P・ヘンソン「Empire 成功の代償」
 ロビン・ライト「ハウス・オブ・カード」

●男優賞
 ジョン・ハム「MAD MEN」
 リーヴ・シュレイバー「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」
 ラミ・マレック「Mr. Robot」
 ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」
 ワグネル・モウラ「ナルコス」

テレビ映画・ミニシリーズ
●作品賞
「FARGO/ファーゴ」
「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」
「ウルフ・ホール」
「Flesh and Bone」
「アメリカン・クライム」

●女優賞
 キルステン・ダンスト「FARGO/ファーゴ」
 サラ・ヘイ「Flesh and Bone」
 レディー・ガガ「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」
 フェリシティ・ハフマン「アメリカン・クライム」
 クイーン・ラティファ「BESSIE/ブルースの女王」

●男優賞
 イドリス・エルバ「刑事ジョン・ルーサー」
 オスカー・アイザック「Show Me a Hero」
 デヴィッド・オイェロウォ「ナイチンゲール」
 マーク・ライランス「ウルフ・ホール」
 パトリック・ウィルソン「FARGO/ファーゴ」

●助演女優賞
 ウゾ・アデゥバ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」
 ジョアンヌ・フロガット「ダウントン・アビー」
 モーラ・ティアニー「アフェア 情事の行方」
 レジーナ・キング「アメリカン・クライム」
 ジュディス・ライト「トランスペアレント」

●助演男優賞
 ダミアン・ルイス「ウルフ・ホール」
 アラン・カミング「グッド・ワイフ」
 ベン・メンデルソン「ブラッドライン」
 トビアス・メンジーズ「アウトランダー」
 クリスチャン・スレイター「Mr. Robot」

posted by Jasmine at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

祝10周年

いつもブログに遊びに来て頂き、ありがとうございます。
気がつけば、ブログ開設から10年が経ちました。

最初は記憶力の悪い自分のために覚書のように書き始めたのですが、
よく10年も続けられたなと思います。

正直、ブログに縛られてるような気がしたり、体調が悪かったりで、
もう辞めようかなと思うことも何度もあったりしたのですが、
ブログを見に来て下さる方に励まされ、今は気楽に書いてます。

海外ドラマ環境もかなり進化して、多チャンネル時代となって、
Netflixなどの配信でドラマを見られるようになるとは。

観たいドラマはいっぱいあるけど、なかなか見る時間が取れず、
HDがいっぱいになったので整理してたら、録画したことも忘れてた
ドラマや映画がいっぱいでした。

Netflixは観たいドラマがいろいろあるけど、やっぱりこれまで通りに
お金をかけずに海外ドラマを楽しもうと思います。

自分の好きな海外ドラマを中心にマイペースに運営するつもりです。
これからもよろしくお願いします。
posted by Jasmine at 14:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

第67回エミー賞 結果発表 ドラマ部門

今回は主演男優女優ともにやっと受賞できたの一言です。
ジョン・ハムは8度目のノミネートでやっと主演男優賞を初受賞できて良かった。
観客もスタンディングオベーションしてました。

ヴィオラ・デイヴィスの主演女優賞受賞は嬉しかった。
ドラマのファンでもあるけど、アフリカ系女優の初受賞もやっとかと思ったし、
ヴィオラのスピーチは素晴らしかった。

一緒にノミネートされたタラジ・P・ヘンソンも感激してたし、過去にノミネートされ
受賞できなかったケリー・ワシントンは涙ぐんでました。

作品賞はやっぱり「ゲーム・オブ・スローンズ」でしたね。
未視聴なので面白いかはわからないけど、ハマってる人が多いですね。

ドラマ・シリーズ部門

●作品賞
 「ゲーム・オブ・スローンズ」

●主演男優賞
 ジョン・ハム「MAD MEN」

●主演女優賞
 ヴィオラ・デイヴィス「殺人を無罪にする方法」

●助演男優賞
 ピーター・ディンクレイジ「ゲーム・オブ・スローンズ」

●助演女優賞
 ウゾ・アドゥバ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」
posted by Jasmine at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ