2012年07月02日

コバート・アフェア シーズン2 #11

アニーはベネチアで情報の受け渡し任務に失敗し、ジョーンは必要な情報は他から
入手したからと充電するように言われて、新しい住まいとなる隠れ家に引越すことに。
近所にあるレストランで食事をしてたアニーは、シェフのザビエルと仲良くなるが、
目覚めると彼の部屋にいて、鎮痛剤とお酒の服用で朦朧となって、部屋に運ばれていた。

出勤するとジョーンからスペインの諜報員が撮ったアニーとザビエルの写真を見せられ、
ザビエルはバスク独立派のETAの元構成員で、誘拐事件でザビエルは不起訴となり、
アメリカにやって来て、弟ゴルカは有罪となったが、3週間前に出所していた。
ザビエルはスペイン大使館近くに店をオープンさせたので、今週はバスク兵士の日が
行われるので、何か起こる可能性があると、アニーはザビエルを見張るように指示される。

アニーがザビエルとレストランにいるとゴルカがやって来たので、ひとまず退散。
翌日、ザビエルの部屋に泊まったゴルカが持ってたバックを置いたまま出かけたと知り、
ザビエルの部屋に入って、荷物を調べてるとゴルカが戻って来て、怪しまれるが、
管理人が戻ってきたことで助かった。

アニーが入手した写真からマドリードの元判事で、スペイン大使館の副領事が標的の
可能性が浮上し、アニーはジョーンにザビエルを情報提供者にしたいと訴えて、
ザビエルに弟に居場所を聞き出そうとするが、家族は売らないと激怒される。

オーギーからゴルカの仲間の隠れ家に爆弾の原料にシャンパンのボトルがあったと聞いて、
レストランに戻ると、ゴルカが持って来たシャンパンの箱を調べると、爆弾が見つかり、
アニーとザビエルが外に飛び出したところで爆発し、ザビエルが逃げてしまった。

爆発はガス漏れということで処理され、アニーは隠れ家に戻る途中で、ゴルカに拉致され、
車で連れ去られ、ゴルカはザビエルが自分を売ったと思って、レストランを爆破したと。
ザビエルが車で追突してきて、ゴルカの車は横転し、ザビエルはゴルカを引きずり出すと、
殴り始めたが、兄弟ゲンカみたいだった。

ジェイは情報漏洩の件で、情報特別委員会で証言しようとするが、国家情報長官から
呼び出されて、証言することができなかった。
そして、ジェイはフェニックスへの左遷のはずが、国家情報長官の直属の部下となって、
眺めがいいオフィスへと移動することに。
ジェイはアーサーから逃れるために、父親を利用するとは、本領を発揮したみたい。

アニーはダニエルから部屋を貸したいので、荷物を運び出して欲しいと言われ、
まだ謝ってなかったと謝罪し、必要なものを1つにまとめておいてくれるとは姉だよね。
ザビエルはレストランの片づけをしてたので、レストランを再開できたらいいいのにな。

コバート・アフェア DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

コバート・アフェア シーズン2 #10

アニーは中国の水力発電のエンジニアのシェン・ユーを亡命させることに。
ダニエルにCIAだと打ち明けようとしたが出来ずにいると、亡命作戦が前倒しになり、
ワシントンでの会議の晩餐会に、シェンの通訳として参加し、亡命させることに成功。

しかし、シェンが病院へ搬送され、晩餐会のスープに毒が盛られた可能性があると、
スープを飲んだアニーも病院へ行くと、放射性の毒と判明し、シェンと隔離させて、
アニーの家も調べることになり、ダニエルに自宅に戻らないように頼んだ。

検査結果でアニーは毒を盛られてないとわかったが、シェンは致死量に値する
ポロニウムを盛られていて、解毒剤を使っても助かる確率は20%で効かなければ、
命を縮める可能性があると医師から告げられた。

オーギーは一晩中、病院でアニーを待ってたなんて、感動的だった。
アニーは毒を持った犯人を突き止めようとするが、ジョーンは国務省のバーンから
捜査を打ち切るように言われたが、アニーは毒が盛られたスープ皿をオーギーの
友達の研究者に調べてもらうことに。

自宅に戻ったアニーはダニエルに2年前からCIAの諜報員だったと告白。
笑って証拠は?と聞いたダニエルに隠してた各国の紙幣にパスポートを見せると、
何も言わずに去ったが戻ってきたダニエルになぜ、その仕事を選んだのかと聞かれ、
私に向いてるからやりたいと正直な気持ちを伝えた。

アニーはシェンの友人のアジア文化協会のシー・ペンに会いに行くと、医師から渡された
線量計が鳴り出したので、シェンにシー・ペンのことを尋ねると、彼を信頼して
亡命のことを打ち明けていたとわかった。

オーギーは友人からポロニウムは中国の鉱山のウランから精製されたと聞かされるが、
友達は警察に通報したことで、オーギーは逮捕されてしまった。
ジョーンはオーギーを助けるために国務省と取引して、シェンも解毒剤が効かずに
亡くなってしまい、落ち込んで帰宅したアニーはダニエルからここにいたら
子供たちの安全を守れないと、家から出て行ってと荷造りされていたが仕方ないかも。

病院から届けられたシェンの荷物の中に、アニー宛てにIPアドレスとパスワードが
書かれた手紙があり、中国が兵器に使えるウランが採掘されてる情報だった。
そこはシェンが盛られた毒と同じ鉱山で、大株主はシー・ペンだった。

ジョーンはアーサーにグチをこぼしたことで、アーサーはバーンにシー・ペンが
濃縮ウランを国外に持ち出した証拠と中国政府も起訴して欲しいと言ってると告げ、
バーンになめるんじゃないとカッコいいところを見せた。
CIAはシー・ペンの確保に動き出すが、裏をかかれて逃亡してるところをアニーが発見し、
銃を突き付けられたが、格闘の末にやっつけた。

ジェイは自分が亡命の担当かと思ってたとジョーンに訴えると、アニーはチャットを
立ち上げて、3ヵ月でシェンのスカウトに成功したので当然だと言われた。
そして、ジェイはジョーンから不満がある人が私の部署にいるのは嫌だと、国内にできる
フェニックス支部に行くか、このまま残るかの選択を迫られ、誰かに電話した。

アニーは隔離されてる時、シェンが天安門で亡くなった弟が野球が好きだったので、
野球を見る時は弟と一緒だと思ってると聞いて、退院したら一緒に野球を見ようと約束。
その約束を果たすために、オーギーと野球を見に行くことに。

コバート・アフェア シーズン2 DVD BOX
posted by Jasmine at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

コバート・アフェア シーズン2 #9

今回はジェイのセクシーショット付きのエピソード。
CIAの諜報員でコードネーム・ムーンライトが殺害される事件が発生。
アニーはムーンライトは大学の恩師ラムゼー教授だったと知らされる。
ラムゼーはイスラム過激派のラシュカルトイバを調べていて、受取はずの情報に
組織のスパイの情報があると思われ、アニーが教授の自宅を訪ねて、妻サフィアに
教授がCIAだと打ち明けて、協力してもらうことに。

サフィアは夫がCIAだと聞かされ、ショックを受けたサフィアは自宅に戻り、
アニーも追いかけて自宅に入ると、自宅を荒らしてた侵入者に見つかって、
アニーたちは命を狙われるが、アニーが機転を利かして追い払うことに成功。

DPDは自宅の物をすべて調べるために運び出してると、貸金庫の鍵が見つかり、
アニーとサフィアが中身を確認に行くと、サフィアとの思い出の絵はがきに、
結婚の誓いの言葉を書いたメモが見つかった。

ラムゼーはマイクロドットに情報を隠してると思われ、自宅の物や貸金庫の
中身を何度もチェックするがマイクロドットは見つからず、誓いの言葉の紙が
ないことに気付いたアニーがサフィアに会いに行くと、姿を消していた。

アニーたちを襲った犯人の車は、パキスタン福祉機構が借りてたと判明し、
CEOの女性秘書にジェイが接近し、秘書を部屋に誘ったジェイは彼女の携帯から
データーを読めるように設定し、そのままお楽しみを続けるとは。

ジョーンはサフィアが過激派の仲間だと言い、違うと訴えるアニーに教授が
アニーをCIAに推薦し、アニーが応募する前から目を付けてたと打ち明けた。
オーギーから別館の暗証番号を教えてもらったアニーは教授の持ち物から
サフィアがCIAにも秘密にしてたメーン州の別荘にいると突き止めた。

混乱するサフィアに銃を向けられてしまうが、サフィアと話し合って、
結婚の誓いを見せてもらい、マイクロドットを発見した。
アニーがサフィアとワシントンに戻ろうと船に乗ると、そこにラムゼーの
教え子のトミーがいて、アニーたちは追っ手に狙われるが、アニーとサフィアが
協力して、追っ手をやっつけた。

DPDも過激派がトミーに接触し、トミーは多額の学資ローンを完済してたので、
情報を売ってたとラムゼーが掴んだことに気付いた。
マイクロドットから過激派の仲間に裏切り者7人が判明し、法で裁くことに。
そして、名誉の壁にラムゼーの星も刻まれた。

アニーの姉ダニエルは残業ばかりで忙しすぎるアニーに疑いを持ち始めて、
出勤するアニーを尾行するがまかれて、指導教授が亡くなったことを言わないし、
スミソニアンまでアニーの面会にやって来た。

連絡を受けたオーギーがダニエルに、予算削減に機密保持契約とスミソニアンで
働くことは大変だと教えた。
アニーはダニエルにCIAだと打ち明けるべきだと感じ始めていた。

コバート・アフェア DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

コバート・アフェア シーズン2 #8

アニーはセネカロックでスコットとロッククライミング中にDPDから呼び出しが。
メキシコ市の石油会社GG&Eに“地球アナーキスト”と名乗る環境テロリストが
会議中の重役役たちを人質にある事件が発生。
CIAの諜報員メーガンも人質となり、彼女からのメール“緊急87-X”から事件が発覚。

リーダーのベルガノの正体は不明で、GG&Eの会長にメキシコ当局には連絡せず、
海外口座に8350万ドルと小規模なケーブルTV局のクルーを要求していた。
ジョーンはメーガンとはファームの同期で、彼女のピンチに現場に復帰するが、
アーサーは妻のことが心配で、ベンを同行させたことで、アニーは思いがけず、
ベンと再会が、言い訳しようとするベンに全部、仕事でしょうとクールな対応。

ジェイは犯行グループがエコTVのアメリカ人スタッフを要求したので、GG&E役員の
父親に協力を頼むと、CIAに利用されてると言われたが、アーサーを非難してる
ライザがこっそり家を訪ねてるのを目撃。

アニーたちの任務は偵察で、特殊作戦部隊に情報を伝えることが目的だった。
リポーター役のアニーがメーガンにインタビューし、彼女のコメントから
オーギーは人質は7人で、敵は5人と解読。

しかし、ベルガノはアニーをTVで見たことがないと銃を突き付けるが、CIAは
ちゃんとアニーの偽リポートを用意してたので、アニーは助かった。
アニーは人質のトイレを頼み、メーガンはトイレでジョーンとアニーに犯人が
刑務所のタトゥを入れてたのでギャングだと、環境テロリストではないと告げた。

アニーはベルガノとのインタビューで、入金を確認したベルガノが席を立ったので、
わざと犯人の怒りを買って、目的はお金ねと言い、アニーたちも人質となるが、
アニーはベルガノが人質を皆殺しにすると、人質たちを守るためだった。

ベルガノは逃走するためにメーガンを連れて行こうとするが、SVPのジョージが
代わりに人質となると一緒に出て行った。
ジョーンもベルガノの態度が変だと、他に黒幕がいると推測。

ベンが持ち込んだ装置で防弾ガラスを割り、アニーとベンは命綱なしで高層階から
窓をよじ登って屋上に行き、ベルガノとジョージが乗ったエレベーターを止めた。
ジョーンとメーガンは駆けつけた見張り役を倒して、人質たちを脱出させると、
アニーとベンは窓からロープで地上まで降り、ベルガノを倒したが、ジョージが
落ちた銃でベンを撃とうとしたのをアニーが倒し、黒幕がジョージと判明。

スコットはアニーに荷物を届けに行き、ダニエルの娘たちとゲームを楽しむが、
ダニエルはスコットの博物館の仕事があんなに大変だとはの発言に不信感を持つ。
ライザに機密情報を漏えいしたのはジェイの父親だったが、ジェイは落ちる時は
お前も一緒、言うことを聞けと父親に言われたけど、どうするのかな?
ベンはアニーを旅行に誘ったが断られ、アニーは変わったと実感したみたいで、
アニーはスコットとロッククライミングに行って、順調みたいだね。

コバート・アフェア シーズン2 DVD BOX
posted by Jasmine at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

コバート・アフェア シーズン2 #7

今回はオーギーのメインエピソード!
オーギーは休暇で、イスタンブールの国際ジャズ・フェスティバルに行くことに。
飛行機で客室乗務員のフランカと知り合い、休暇を楽しんでたが、フェスで録音した
テープに、仲間を殺し、自分を失明させたテロリストのアフラン・フェラト・カニの
声を発見してしまう。

2007年、特殊部隊の大尉だったオーギーはイラクで、仲間と共に指名手配のテロリスト
“ダイヤのジャック”の隠れ家を制圧に行き、襲撃を受けながらもオーギーはカニを
射殺するが、爆弾によって仲間たちは亡くなり、オーギーも失明していた。

オーギーはアニーにアフラン・フェラト・カニが死亡してるか調べて欲しいと頼むと、
ファイルは削除されてたが、妹がボルティモアにいるとわかり、アニーが客のフリして
ネイリストの妹レイラに接触するが、FBIのオサビ捜査官に見つかってしまう。
オサビはレイラから兄の情報を提供してもらっていて、カニは生きてるとわかり、
特殊部隊もカニを追っていたと聞いたアニーは、オーギーだと確信。

オーギーはフランカに手伝ってもらい、アフラン・フェラト・カニと話をしてた男を発見。
土産物屋の男はベンツに乗っていて、何か副業をしてるとフランカの運転で男を尾行し、
男がレストランに入ったので、盗聴器を付けたフランカが客のフリして店に入った。

店内で男たちは飛行機の貨物機でリマからパナマ経由でワシントンで運ぶ取引をしていた。
アニーはオーギーがカニを追ってると知り、力になりたいと言うが、いつも電話を切る時、
さよならを言わないオーギーが“さよなら”と言ったので、ジョーンに助けを求めた。

アニーはジョーンからオーギーがカニを追ってる理由を聞いて、オサビにカニが飛行機から
ワシントンD.Cの滑走路に転げ落ちたら、FBIは起訴できるかと匿名情報の取引をして、
フランカの携帯にかけて、オーギーにFBIは準備万端で、飛行機はD.Cに直接来るように
手配したと説得するが、ごめん、遅すぎると切られてしまう。
貨物機に乗り込んだオーギーはカニを倒して、殺そうとナイフを取り出すが思い止まり、
FBIは滑走路に転げ落ちたカニを確保した。

オーギーのサービスショットもあり、カッコよかった!
フランカも客室乗務員だけに、機転が聞いてたし、また登場するのかな?
よくわからなかったのは、同じ部隊のナシールが爆弾を仕掛けたように見えたし、
土産物店の男と取引してたのも、貨物機に乗ってたのも彼に見えたのだけど…。
字幕版を見て、再検証してみるかな。

コバート・アフェア DVD-BOX
posted by Jasmine at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | コバート・アフェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマDiary TOPへ