2011年07月27日

笑ってトンへ #103〜106

トンへが作ったキムチを食べた会長は気に入って、作った料理人を呼んでほしいと言い出すが
セワもいたので、ユジンは忙しいと代わりに挨拶に行ったり、ボンイにも上手く言い逃れて
ユジンのおかげでトンへがいることがバレなかった。
ピルジェはドジンにケガをさせた件で1か月の停職処分となり、兄のキムチ事業への影響を考え
謝罪に行ったが、ドジン親子に拒絶されて、これをきっかけにドジン母は提携を破棄した。

会長夫人は大事な手帳を忘れたのに気づき、取りに戻った時に発作が起きて、発見したトンへが
車まで会長夫人を背負って車に運ぶが、女性秘書1人だけだと大変だろうと付き添うことになり
薬を飲ませてあげて、手をさすったり声をかけたりしたことで、会長夫人は落ち着いた。

会長夫人はトンへがピーナッツアレルギーで倒れてたアンナの息子と覚えてくれていて
助けてくれたお礼にと会長の名刺を渡された。
そして、車がカメリアホテルに到着したので、トンへは慌てて立ち去ろうとした時に
ホテルからボンイ父が追い出されるのを見てしまう。

ボンイ父は提携破棄の件でドジン母を訪ねたが、相手にされずに追い返されていたところで
トンへはユジンに頼んで探ってもらい、提携破棄のことを知って、ボンイに電話したいけど
携帯を変えてしまって、ボンイの番号がわからないんだよね。

料理大会前日、ボンイたち家族は提携破棄でキムチ工場の支払いが出来なくなっていたので
ユジンから優勝賞金は5000万ウォンなので出場すればと勧められ、優勝賞金をボンイたちに
渡したいトンへはシンPDに電話して、直前まで内緒にしてもらうことで出場を決めた。

決勝当日、ドジン母は会長からトンヘを探し出せと命じられてたが、見つからなかったと嘘をつき
会長はドジン母に放送局に謝罪に行くように命じられて、放送局に行くとトンヘがいたので
カメリアを辞めたから料理大会には出場させないと言い出すが、会長が現れて許可したので
トンヘは料理大会に出場することになった。

ドジン父は会長夫妻の娘 ドンベクを探すことになり、会長夫人は経過を聞こうとドジン父の
オフィスにいて、テレビに映ってるトンヘを発見する。
そこへ、会長とドジン母とドジンもやって来て、トンヘを出場させたくない理由を追及する。
ドジンはトンヘと父親を会わせないようにと、話があるとテレビを見させないようにする。

料理大会の決勝は、トンヘが“山”でユジンが“海”のテーマで料理を作ることになり
ユジンはすぐに取り掛かるが、トンヘは材料選びで悩んでしまって出遅れてしまった。
トンヘは自分とアンナを温かく包んでくれたボンイ父に今はつらいだろうが元気を出してと
次に会ったときに、この料理を作るとメッセージを送った。

アワビを使ったユジンに比べ、トンヘのサムゲタンは地味だと、セワは意地悪な司会も入るが
審査員はユジンのタコのスープは見た目が悪く、トンヘの家庭料理ぽい方が韓国料理を世界に
広めるにはいいと判断されて、トンヘが優勝した。

ボンイはトンヘが料理大会に出てると聞いて、料理長は計らいで放送局に向かったが
トンヘは足早に局を去ってしまって、すれ違いになってしまう。
トンヘが優勝したのに喜べないドジン母は会長にトンヘが夫の息子で、別居中だと打ち明けて
会長はドジン父に家に戻るように命令する。

ボンイ兄はセワ妹が3人目を妊娠したが中絶しようと考えてるので、両親に相談に行くが
ホテルから契約破棄されたと聞いて言い出せなくなり、キムチ工場を手伝うことを決心する。
ピルジェはアンナとトンヘが暮らす屋上部屋を突き止めて、2人が暮らしぶりに胸を痛めて
アンナから居場所を誰にも言わないでほしいと頼む。

しかし、ピルジェはアンナと連絡を取ってることをボンイにバレてしまい、ボンイと父親を
アンナたちの家に案内し、ホテルとの契約も破棄になったので、家に戻るように告げた。
ボンイ父はピルジェの兄だけあって、いい人だけど、ボンイ母は不満だろうな。

tonhe17.jpg
posted by Jasmine at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

笑ってトンへ #96〜102

トンヘを屋上に連れ出したドジンはトンヘからジェームスがドジン父だったと聞いて
怒りをトンヘにぶつけて殴ってるとボンイとユジンがやって来て、トンヘを連れ出した。
アザをメイクで隠して、料理大会に出場したトンイはユジンと決勝進出を決めて
セワからインタビューを受けるトンヘは父親捜しをやめるが、韓国は離れないと宣言する。

ドジン母は息子が真実を知ったとわかり、勝手に料理大会に出たトンヘを解雇しただけでなく
トンヘがドジン父の息子だと知ったボンイの両親にアンナとトンヘを追い出さないと
業務提携を白紙にすると脅しをかける。
それを知ったトンヘはボンイたちに迷惑をかけられないと、アンナと2人で暮らそうと決意。

セワはドジンは行方不明で、ドジン父は家出したのはトンヘのせいだとホテルに呼び出し
ドジン父がトンヘと話したいと連れ出すの目撃したドジンは後を追って、自分かトンヘか選べと
父親に迫ると、トンヘは自分には父親はいないと、ホテルを辞めるとドジンに告げて去った。
ドジンは父親が自分を振り切って、トンヘを追いかけたことにショックを受ける。

家を出る決意をしたトンヘはボンイとデートをすると、これからも幸せでいさせてくれる?
と聞かれて、答えられないトンヘはボンイにキスをした。
翌日、ボンイの家族がキムチ工場の初出荷で留守にしてる間に、トンヘとアンナは荷造りをして
トンヘはボンイ家族に食事の用意をして、家を出て行った。
ボンイはトンヘが何も言わずに出て行ったことに号泣し、トンヘが残して行った手紙には
必ず迎えに行くよと書かれてたけど、ボンイがかわいそうだった。

その頃、ドジン父はアンナにトンヘと3人でニューヨークに行こうと留守電を残して、空港で
待っている、トンヘからドジン父が空港にいると聞いたドジンが母親とやって来た。
20数年間も一緒に暮らした家族を簡単に捨てようとする父親にドジンは自分も父親を捨てると
ドジン母は会長夫妻が帰国するから、失望させるない方が身のためと言い残して去った。

カメリアホテルの会長夫妻が帰国するので、ドジン母は夫にも来るように連絡して、ドジンと
親子3人で空港で待っていると、会長夫妻と一緒にセワがうれしそうに到着したのでビックリ!
セワはドジンに離婚されそうなので休暇を取って、先手を取って会長夫妻を迎えに行っていた。

会長夫人はホテルに到着するなり、娘 ドンベクのことを尋ねるが、ドジン母は捜してもないのに
捜したけど見つからなかったと答えた。
娘を想うあまりに会長夫人は大人になったドンべク(アンナ)が幼い息子を連れてる夢を見た。
本当に気の毒で、アンナが娘だと教えてあげたいよ。

トンヘとアンナは韓国ドラマでお馴染みの屋上の部屋で暮らし、トンヘは新聞配達、アンナは
栗の皮むきのアルバイトをして暮らしていた。
トンヘは他のホテルに就職しようとしたが、ドジン母が手を回してたので雇ってもらえず
ユジンに見つかってしまい、会ったことは誰にも言わないでと頼んだが尾行されて家までバレて
居場所を内緒にする代わりに、ユジンの母親の店で働くことになった。

ピルジェも派出所にアンナの情報をメールしたことで、アンナを目撃した警官から連絡を受けて
すぐ近くまで捜しに来たが、トンヘの情報を入手して捜してるドジンと遭遇し、連絡を取ってたと
思い込んで激怒するドジンが殴りかかって来たのを押しのけると、ドジンはケガをしてしまった。

翌日、ドジン母はボンイの両親をホテルに呼び出し、ピルジェを告訴すると告げた。
ドジン母はボンイたちがトンヘと連絡を取ってないか調べて、業務提携の破棄しようと考えていて
キムチ工場でスパイさせたデサムに同じキムチを作るように指示する。

セワは会長夫妻のご機嫌取りに食事に連れて行くが、それはトンへが働くユジンの母親のお店で
ボンイもユジンがトンへと連絡を取ってるとプロデューサーに聞いたので、問いただしに来て
その様子をドジン母が雇った探偵が見ていた。

ドジン母はホテルを自分の物にしたいので、ドンベク探しをしてなかったが、ドジン父は会長夫人を
不憫に思って、ドンベクを探すことにしたけど、誰が最初にアンナがドンベクと気づくのかな?
セワの妹は夫のボンイ兄に定職はないのに、できちゃった結婚で双子を出産し、生活は大変なのに
また妊娠するとは計画性がないけど、計算しすぎてるセワは妊娠できないとは皮肉だよね。

tonhe16.jpg
posted by Jasmine at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

笑ってトンへ #92〜95

ついにジェームスがドジン父だと知ってしまったトンヘはショックを受けて、部屋を飛び出した。
ボンイはトンヘの父親がドジン父だと知って、トンヘの後を追いかけるが見失ってしまう。
トンヘに知られたとわかったドジン母はトンヘを社長室に呼び出して、ドジンに知られまいと
出張を命じて、その間に事態を収拾しようとする。

セワはドジン父が社長室に来たので、トンヘと会わせないために先に屋上に連れて行くと
ドジンが知れば大変なことになるとアメリカに帰って欲しいと頼むが、トンヘは何も言えない。
そして、トンヘはドジン母からもドジンのためにアメリカに帰って欲しいと頼まれるが
何も考えられないと答えるトンヘに、ドジン母考えてもらないと困ると迫った。

ドジン父は息子にトンヘのことを話すため駐車場に行こうとエレベーターを待ってると
ピルジェからの電話でトンヘに父親だと知られたとわかったところで、エレベーターのドアが開き
トンヘと鉢合わせするが、トンヘはすぐにドアを閉めて、タクシーでホテルを去って行った。

ドジン父はタクシーで後を追いかけて、信号待ちでトンヘに追いついて、カフェで話をすることに。
アンナを捜しにアメリカに戻ったが、引越した後で見つからなく、トンヘのことも知らなかったが
身辺整理をして、アンナとトンヘの元に行くとドジン父は言うが、ジェームスはいないと思って
生きて行くとトンヘは告げる。

そして、トンヘは電話をかけてきたアンナにジェームスを捜すなら縁を切ると告げたことで
ショックを受けたアンナは倒れてしまって、病院へと運ばれた。
アンナは処置が終わって帰宅する途中で、ボンイが薬をもらうのを忘れたので、アンナを待たせて
薬局に行ってる間にドジン母が現れて、アンナをカフェに連れて行った。

トンヘはボンイからアンナがいなくなったと連絡が入るが、その時、アンナとドジン母を発見し
カフェに入っていくと、アンナがトンヘは韓国に残して欲しいと土下座しているところだった。
トンヘはアンナの元に駆け寄り、ドジン母にどこで暮らすかは決める権限がないと言い放った。

ドジンは出張に行こうとしたが、両親の様子から何か変だと感じて、引き返してきた。
セワはドジン父がニューヨーク行きのチケット3枚を予約したと知って、自宅に戻ると舅の荷物が
消えていたので、彼女と息子とニューヨークにと独り言を言ってるのをドジンに聞かれてしまい
誤魔化したけど、ドジンは信じられずに自分で調べると宣言。

ドジン母はボンイの両親にアンナとトンヘを追い出さないと、業務提携を破棄すると脅して
ボンイ父のキムチ工場に厨房から出向してるデサムにキムチの秘法を盗めと命じて
料理大会も棄権すると、命令に従わないなら料理長とトンヘを解雇すると告げる。

ドジンは父親が泊ってるホテルを突き止め、出かける父親を見つけて尾行すると
アンナを助手席に乗せて走り去るのを目撃し、後を追おうとしたが見失ってしまったが
ドジンはトンヘが兄弟ではと思い始めた。

ピルジェはドジン母が兄夫婦に圧力をかけたと知って、ドジン母にアンナとトンヘを苦しめたら
ドジンにバラすと脅して、トンヘにも韓国を離れたり料理の道をあきらめるなと励ますが
トンヘは料理大会をあきらめて、カメリアホテルも辞めようと決心する。
しかし、料理番組のPDから明日の放送に来なければトンヘとホテルを訴えると言われてしまい
翌日、出場しようとテレビ局に来たトンヘの前にドジンが現れて、お前の父親は誰なんだと迫る。

tonhe15.jpg

posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

笑ってトンへ #88〜91

ドジン父はどうしてもアンナに会いたくて家まで行くと、アンナもジェームスが会いに来る
夢を見て、表に出るとジェームスがいた。
ジェームスはアンナに南山に一緒に行く約束を果たしたいと5時に待ち合わせすることに

旧正月にトンヘとボンイはホテルのボランティアに参加すると、取材に来たマスコミが
企画した自分ではなくトンヘに集まったことに腹を立てたドジンはアンナを侮辱して
トンヘと殴り合いになるのを止めに入ったピルジェが兄貴に何をすると言ってしまい
言い間違いだと誤魔化したけど、暴露して欲しかった。

ドジン父が出かけようとすると、セワが局のアナウンサーたちを自宅に招待したので
出かけられずに、アンナに電話するが携帯を置いたまま出かけてしまい、トンヘにかけると
ドジンはトンヘが落とした携帯が後部座席で鳴ってるのに気付くと、父親からだったので
電話に出ると、ドジン父はトンヘだと思って、お母さんに聞きたいことがあると言うと
ドジンだったので慌てて切ってしまう。

トンヘはドジンが携帯を持ってると知って取りに行くと、父親と何度も連絡を取ってたので
どうやって関心を引いたと詰め寄られたので、一緒にドジン父に会いに自宅に行くと
ドジン父はアンナの所在を訪ねて、出かけようとしたのを追ってきたドジン母がストレスで
倒れてしまって出かけられなくなる。

トンヘが帰宅するとアンナが携帯を置いたまま戻らないので、みんなで捜すことに。
ピルジェがもしかしてとドジン父に電話すると、アンナと南山で待ち合わせしてるとわかり
ドジン父もアンナが待ってると知って、出かけようとするが、妻に行けばみんな許さないと
告げているのをドアの向こうでドジンが聞いてたが、それでもドジン父は出かけてしまい
ドジンは母親を追及しても答えてくれないので、自分で真相を突き止めると決意する。

南山でピルジェが寒さに震えるアンナを発見し、トンヘとボンイも駆け付けて帰ろうとしたら
ドジン父がやって来たことにトンヘはどうして?と思ってると、ピルジェがトンヘたちを
先に行かせて、ドジン父に父親と名乗る資格はないと責めた。

トンヘはアンナを問い詰めても誰と待ち合わせしてたのか言わないし、ピルジェに居場所を
知ってたことも聞いても、何も答えてくれなかったが、ジェームスが関係してると疑い
ドジン母はアンナに電話してきたことや、セワが舅と口を滑らせたことで、ドジン父が
何か知ってるかもとオフィスを訪ねると、自分と同じアンナの手作りマフラーを発見して
そのイニシャルがK.J(キム・ジュン)だったので、ジェームス=ドジン父と気付いた。

その頃、ドジン父がアンナに会いに行くが、妻がアンナを連れ去った後で、ドジン母は
アンナにニューヨーク行きのチケットを渡して、韓国から去るように迫っていた。
帰宅したトンヘはアンナにドジン父がジェームスかと追及するが、アンナは答えないので
アンナの携帯履歴からジェームスに電話をかけると、ドジン父だったことで確信した。

ついにトンヘがジェームスがドジン父だと知ってしまった。
父親に家庭があることも予測してたけど、まさか社長の夫で、元恋人の舅だったとは
そうとうショックだろうな。

tonhe13.jpg
posted by Jasmine at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

笑ってトンへ #82〜87

ドジン母はトンヘが持ってたハーモニカは夫のかと確かめるために自宅に帰ると
夫の書斎を調べたが、机の引き出しに鍵がかけられてた。
ドジンに鍵屋を呼ばせて、引き出しを開けたがハーモニカは入ってなく、ドジンに
父親の側にいるように命令した。

そして、ドジン母はアンナの履歴書を見て、ニューヨーク出身だと書いてたので
夫が通ってたカフェの店員にアンナの写真を見せると、夫と一緒にいた女性と言われ
夫の友人に電話して、夫がアメリカでジェームスと名乗ってたことを知って
ついにアンナが夫の初恋の人だと確信した。

料理大会では、セワがトンヘに機内食にチヂミは脂っぽくないかと意地悪な質問をするが
トンヘはボンイ父から教わった梨キムチを用意していたので、セワの質問がかえって
好印象を与える結果になって、トンヘもユジンも準決勝に進出した。
トンヘはボンイやアンナと喜びを分かち合ってると、ドジン父が思わずトンヘを抱きしめた。

そこへドジン母がやって来て、突然、夫を平手打ちしたので、トンヘは意味がわからないが
察したアンナが帰ろうと言い出したら、ドジン母は“今度、2人で会いましょう”と怖いし。
そして、セワにもあなたがトンヘを韓国に呼ばなければ、こんな事にならなかったと告げ
ドジンに出張を命じて、自宅を留守にさせてる間にセワを追い出したが、セワはドジンの
出張先に行き、ドジンの心を取り戻すことに成功する。

ドジン父はアンナのことを話そうとするが、ドジン母はそれを拒否し、自分が自殺したので
仕方なくドジン父は結婚することになったが、それでも家庭を壊そうとする人は誰であっても
許さないと告げた。
しかし、ドジン母はキムチ事業の件でボンイ宅を訪ねる途中で、夫がアンナとカフェに
いるのを目撃するが、ピルジェも2人を発見して店内に入り、ドジン父を殴ろうとするが
アンナに止められたので、アンナを先に帰したピルジェはドジン父に話をする。

その頃、部屋に戻ったアンナは後をつけてきたドジン母にジェームスは私の夫だと
トンヘとアメリカに帰って暮らすように説得するが、アンナはトンヘが韓国で好きな人が
出来たから帰れないと、ジェームスには会わないと懇願するが聞いてもらえない。

ドジン母はテレビ局に料理大会の出場者の変更ができないなら棄権したいと連絡した。
トンヘは料理長からドジン父のお弁当を頼まれて、ドジン母に届けると、優しかった社長に
冷たくあしらわれてしまう。
ドジン母は料理長に作り直しさせた弁当を持って夫を訪ねると、待ってる人の元へ行くと
言われるが、置き去りにされた時にベストを尽くすと約束したので、約束は守るものと拒絶。

そして、ドジン母はトンヘがお金を貰った疑惑やライバルのユジンと会ってることを理由に
料理大会を棄権することにして、秘書にニューヨーク行きのチケットをアンナに届けさせた。
それを見たピルジェはドジン父の元へ怒鳴り込んだことで、ドジン父は妻が前から
知ってたことに気付き、家を出ると荷物をまとめ始めた。
ドジン母は土下座して止めてるところに、帰って来たドジンとセワも引きとめていると
棄権の理由を知りたいとトンヘが訪ねて来たが、追い帰られてしまう。

ボンイは母親にお見合いさせられるが、見合い相手に恋人がいると言って逃げ出した。
ボンイ母はボンイがトンヘを好きだと知って、ピルジェとアンナ、トンヘとユジンを
くっつければいいと、キムチ工場の開業式にユジンとボンイの見合い相手を呼ぶとわね。

ドジン父はドジンとトンヘに真実を打ち明けようと呼び出したが、ドジンを尾行してた
セワがドジン母に連絡したことで、ドジン母はトンヘを呼び出して阻止するとは
仲が悪い嫁姑にしては見事な連係プレーだったが、トンヘと一緒に夫と息子も付いてきた。

トンヘはドジン母から料理大会棄権を撤回すると告げられるが理由は説明してもらえない。
ドジン母はトンヘたちを退出させると、夫に耐えている私を怒らせたら、アンナとトンヘは
無事ではすまないと告げた。

ボンイ兄とセワ妹は些細なことから意地の張り合いとなり離婚すると言いだしたが
結局、元ヤサとなり、セワ妹はモデルの仕事を辞めるために違約金の支払いを要求され
母親の貯金を持ち出したが、最初は激怒してた母親はアンナとトンヘをボンイ宅から
追い出したら、お金は返さなくてもいいと提案。

トンヘとアンナはドジン母とセワ母の両方から追い出されそうになってかわいそう。
こうなったのはジェームスのせいなんだから、男らしいところを見せて欲しいし
最近はウザったかったピルジェがいい人に思えてきた。

tonhe12.jpg
posted by Jasmine at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする