2008年05月30日

Dr.HOUSE シーズン3 #1

CMで走るハウス♪と流れてたので、杖なしで歩けるだけでなく走れるようになったのね。
なんて思っていたら、たった2か月で13qのジョギングにスケボーをするまで回復。
そんなに無理して大丈夫?と思ったら、やっぱり脚の痛みが出てきてるし。

ハウスが復帰するので、カディとウィルソンはハウス向きの患者探し。
そしてハウスが選んだのは、ヨガの途中で突然、首から下が麻痺したヨガの先生と
脳腫瘍で8年間車椅子生活を送るマクニールと1度に2人の患者の治療に取り掛かる。

ヨガの先生は仮病だろうと疑っていたハウスでしたが、足の爪が変色していると気付き
壊血病だと判明して無事に退院。
マクニールは体が不自由で会話も出来ず、車椅子ごとプールに転落したので
自殺かと思われたが、ハウスうめき声を聞いて、彼が話していると思う。

内視鏡検査をして、チューブが抜けなくなり気管切開することになったのに
まだ危険な検査をしようとするハウスにキャメロンは自分で説得しろと言う。
ハウスはマクニール夫人に言葉が理解できれば、家族と意思疎通が出来るかもと
説得するが検査で耳から出血してしまう。
カディはハウスに興味本位にやっているので、明朝に退院させると告げる。

深夜にジョギングして噴水で水浴びしている時に思いついたハウスはカディ宅へ。
体温調節機能に異常が起こり、体温が異常に上昇したからマクニールはプールに飛び込んだ。
アジソン病なので副腎ホルモンを打てば体が動くようになると説得するが、カディに
確かな証拠がないと反対される。

しかし、カディは退院しようとしたマクニールに副腎ホルモンを注射すると
自分で車椅子から立とうとして、妻・息子と抱き合う彼の顔には笑顔が戻った。
ハウスに報告しようとするカディをウィルソンは運が良かっただけで誰かが“NO”と言わないと
いつか彼は患者を殺してしまうと引き止めた。
たしかにハウスの暴走を止めないとそうなってしまうかもね。

Dr. House シーズン1 DVD-BOX1 

posted by Jasmine at 22:00 | Comment(5) | TrackBack(1) | HOUSE(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始まりましたね!シーズン3!

走り回るハウスはまだ変な感じです(笑)。
でもまだ癒えてないみたいで、シーズン3も痛みとの付き合いが続くのかな・・・。

カディはハウスにだいぶ振り回されてる感じですが、ウィルソンがなんとかしてくれそうですね!。
Posted by いち at 2008年05月31日 16:29
ハウスは軽快に動いてましたね。まだ違和感ありますが、元気なハウスも好きです。ちょっと善人過ぎるのでひねくれた所も見たいのですが、足が悪くなるのもかわいそうなので足はこのままがいいです。
Posted by 道産子 at 2008年06月01日 19:26
いち さんへ

走れるようになったけど、無理しすぎのようですね。
カディはハウスに甘くなってしまうので
ウィルソンが歯止めになってもらわないとダメですね。


道産子さんへ

復帰したハウスはいつものように嫌味は言わないし
患者の家族と会話したりと良い人でしたが
やっぱりいつものハウスの方が違和感なくていいです。
Posted by Jasmine at 2008年06月01日 23:26
いよいよ始まりましたね。
杖のないハウスには少々違和感も。
本来のハウス節が戻ることを願ってます。(^^)
Posted by tomo at 2008年06月05日 15:08
tomoさんへ

お久しぶりです。
HOUSEが始まりましたね。
ちょっと優しくなって嫌味も言わないハウスは
なんかだ物足りなく感じます。
Posted by Jasmine at 2008年06月06日 14:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Dr.House:シーズン3 第1話 「生まれ変わったハウス」
Excerpt: 銃撃後の手術で足の痛みがなくなり歩けるようになったハウス。というか、思いっきり走ってます。 元気一杯で原因不明の麻痺に襲われた女性と植物状態の男性の2名の治療を一気に引き受けます。 やたらと精力的..
Weblog: 道産子投資道(インデックス投資&海外ドラマの日々)
Tracked: 2008-06-01 19:27
海外ドラマDiary TOPへ