2008年05月16日

ダメージ #6

3ヶ月半前、エレンはパティの指示でグレッグに接触して ボスの名前を教えれば
罪に問わないけど、24時間以内に回答がなければ、召還すると告げる。
グレッグはそのことをジョージに伝えるが、ジョージはフロビシャーと繋がっていた。

フロビシャーは息子のバスケの試合を観戦中に後ろからツバを掛けられたことで
自分のイメージダウンの回復に自叙伝を出すと言い出すが、ゴーストライターを
殴ったことで警察沙汰になってしまう。

エレンとデービッドはパティの宅のディナーに招待されるが、ケイティの名前が出て
デービッドは無愛想な態度したので帰宅後にエレンとケンカになってしまう。
エレンはパティにデービッドとは合わないと言われてしまう。

グレッグはエレンに電話を掛けてきて、会うことになるけど怯えるグレッグは
問題はブローカーでないとだけ言って立ち去る。
酔っ払ったグレッグにバーで会った女が近付いてくるが女が後ろから誰かに撃たれて
怖くなったグレッグはフィクスの家に駆け込む。
本当は女がグレッグを殺そうとしたので、パティの命令で監視していた男が助けたのに。

ライラが祖父が亡くなったので、使っていた医療機器を売却したいので見て欲しいと
デービッドを家に誘い込んで、彼の自宅のカギを盗むし、祖父は生きていた。
自宅に戻ったデービッドはエレンと一緒にバスタブにいるのをライラが見ていた。(怖)

現在、ライラは事件前日にデービッドに6回も電話していたことが判明する。
警察に4ヶ月前からエレンに内緒で付き合っていて、私の婚約者に近づくなと
エレンがかけた脅しの留守電を聞かせる。
デービッドと一緒にあのアパートで暮らす約束をしていたと合鍵を見せるけど
あのアパートはパティーがエレンに用意したものだから、出て行くのはデービッドだろう。

ライラはフロビシャーの回しものか、パティの回しものか、それともただのストーカー?
フィスクは不眠症で歯が抜ける夢やカウンセリングを受ける夢をみたりと
精神的に追い込まれてる感じ。
エレンは訴訟絡みでホルトに話せないこともあり、訴訟は終わっていないてことかな。

ダメージ シーズン2 DVD-BOX (6枚組)
posted by Jasmine at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
>あのアパートはパティーがエレンに用意したものだから、出て行くのはデービッドだろう。
きっとライラはそこまで知らずにあんな嘘をついたのでしょうね。
そう考えるとフロビシャー側の回し者なんでしょうかね?
訴訟はいつ終わるのでしょうかね。(笑)
TBさせていただきました。
Posted by りり・か at 2008年05月18日 21:24
りり・か さんへ

ライラはパティ側かと思ったけど、すべてがパティの仕業とは思えないし
デービッドに執着していることだけは間違いないかな。
訴訟の方は2か月以上たったのに、進展してなさそうですね。
Posted by Jasmine at 2008年05月19日 13:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ダメージ DAMAGES 第6話「忍び寄る恐怖」/ She Spat at Me
Excerpt: Damages: Complete First Season (Ws Sub Ac3 Dol)(2008/01/29)不明商品詳細を見る フロビシャーって楽天的なのに弁護士のフィクスって相当悩ん..
Weblog: The Tea Break
Tracked: 2008-05-18 21:12
海外ドラマDiary TOPへ