2008年05月15日

エイリアス シーズン5 #102

ナディアの葬儀が行われ、スローンを信じようとしたことを後悔するシドニー。
ルネの体内からヴォーンの本名が彫られたチップが発見される。
チップは暗号されていて、30年前に埋め込まれたもので、ルネのヴォーンの父親が
関係している可能性があると、シドニーはヴォーンにチップを届けるために
ネパールに向かうが、APOの通話はスローンの盗聴システムで盗聴されていた。

その頃、スローンはペイトンの監視の元でランバルディの最終計画を解読中。
ペイトンはスローンにシドニーになったアンナを会わせて、シドニーの情報を与える。

ネパールでは先にアンナが迎えに接触してしまいヴォーンが生きていることがバレる。
アンナの手下が迎えとなって、シドニーを出迎えるがマーシャルはスローンが
ネットワークに侵入して盗聴していたと気付いて、ジャックはすぐに迎えは
偽者だとシドニーに連絡を入れる。
シドニーは待ち伏せしていた敵と銃撃戦の末、車が横転してしまい、そこに現れた
自分にそっくりなアンナにチップを奪われて、車に火を点けられるが自力で脱出。

アンナはヴォーンに接触し、ルネはアンナに殺されたとチップを見せる。
ヴォーンの体にも傷があり、体内からチップを取り出すとルネの名前が刻まれていた。
チップの中身はドイツ語で書かれた冷戦時の政府継続の緊急避難の計画書で
ハンブルグの核シェルターが記されていて、2人はハンブルグへ向かう。

シドニーが到着した時は一足遅く、アンナとヴォーンがヘリで飛び立った後だった。
ジャックはAPOメンバーにヴォーンが生きていることと知らせて、ヴォーンたちを追跡し
ハンブルグ空港に到着した映像をキャッチする。

核シェルターは宝石店の地下にあり、侵入したヴォーンはシェルターの中から
プロフェット5の資料を発見するが、そこへ銃を持ったアンナが現れる。
ヴォーンはシドニーが偽物だと気付いていて、争っているとシドニーがアンナを射殺。
久々に再会したシドニーとヴォーンは熱いキスを交わす。
しかし、余韻に浸っている間もなく、アンナの携帯にペイトンが連絡。
シドニーはアンナのフリをして、ルネのチップを持ってペイトンと合流する。

スローンは暗号解読には14世紀の聖職者 ジョゼフ・ピアナの書いた本が必要と
ペイトンにスイスの古本屋に取りに行かせるが、店主は誰かに連絡していた。
誰と接触するのかと思ったら、サークだった。
アンナは消えたし、あとはサークも退治しないとドラマは終われないからね。
トムは怪しい動きをしているけど、彼は信用できるのかな?

エイリアス シーズン3 DVD COMPLETE BOX
posted by Jasmine at 21:54 | Comment(2) | TrackBack(1) | エイリアス(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
トムの追っているものとスローンが追っているものが一緒だったりして?

サークまたまた登場ですね。またまたフリーなサークと組んでスローンは独り占めを考えていますね。それもそれなりに面白いしどんどんサークに暴れてもらいましょう。イリーナが邪魔しそうですがね。
TBさせていただきました。
Posted by りり・か at 2008年05月16日 18:29
りり・か さんへ

たぶんトムの行き着くところは、シドニーと同じでしょうね。
サークが登場したので面白くなりそうですね。
でもイリーナが黙っていないでしょうね。
Posted by Jasmine at 2008年05月17日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

エイリアス5 #102「よみがえった男」/I See Dead People
Excerpt: Alias: Complete Seasons 1-5 (29pc)(2006/11/21)不明商品詳細を見る 棺の中の美しいナディア。悲しみと怒りが入り混じったシドちゃん。慰めるディクソン。...
Weblog: The Tea Break
Tracked: 2008-05-16 18:24
海外ドラマDiary TOPへ