2008年04月25日

ダメージ #4

2002年、フロリダ・パームビーチでケイティはグレッグと出会い意気投合。
アルコールとドラッグでハイになっていた2人は駐車場でフロビシャーが
男といるのを目撃するが、ケイティは男の顔を覚えていなかった。

グレッグはケイティから証言を頼まれるが、不倫関係がバレると困ると断ったのに
その男がテレビで見たルーク・リチャーズだと言い出す。
そしてケイティはフロビシャーの関係者の写真の中にあったリチャーズが
その時の男だったと証言する。

トムは探偵みたいな調査の仕事ばかりで、パティに娘の進学の口添えを頼むが
世間的には解雇になってると断られた所に、カトラー弁護士からデッドハンディング。
カトラーは娘を進学させたい学校の保護者会の会長で、世間的に無職のトムでは
進学させられないと言われてしまう。
ここはパティを裏切った方がいいと思うけど、そんなことをしたら後が怖い。

パティはケイティに模擬尋問を受けさせるが、薬物依存症で入院していたことや
中絶のことなどを暴かれて、証言の信憑性を疑われてケイティは逆ギレ。
宣誓証言の本番で、ケイティは冷静に証言をするが、リチャーズはその時間に
ニュージャージ州のATMにいる所を監視カメラに撮られていた。
でもケイティの証言がダメになり、フロビシャー側が和解の申し入れを取り下げて
訴訟を続けることでパティには有利な状況に。

ケイティはグレッグに乗せられて偽証した上に、結婚してると騙されていた。
エレンに八つ当たりして、ケイティはすべてを捨てて去ってしまったけど
だいたい見てもいないことは話すのが悪いと思うけど。

2002年、ケイティがラリッて眠っているところに現れた男がグレッグを使って
ケイティに偽証させた目的はなんだろう?
グレッグはフロビシャー株を売買して儲けていたってことは関係者?
お互いに忙しくてエレンと過ごせないデービッドに患者の孫 ライラが近づく。
何でも疑わしく思えるので、これも誰かの作戦かな?

現在、ケイティはデービッドが殺害されて、容疑者がエレンだと知らされる。
ケイティは偽証の件でケンカ別れしてままで、婚約解消を知らなかった。
1週間後に結婚を控えていたはずのエレンとデービッドが別れた理由は
ケイティの偽証の件でエレンとデービッドに亀裂が入って、ライラと浮気?
それは単純過ぎるかな?
パティは“人間は信用できない”と言ったけど、それはパティは信用できないだろう。(笑)

ダメージ シーズン1 ブルーレイ BOX (4枚組)(全13話)
posted by Jasmine at 20:27 | Comment(2) | TrackBack(1) | ダメージ(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
グレッグを操っていた男が誰なのか、気になりますよねぇ。
いきなりデービッドに接近してきた若い子も絶対怪しいに違いない〜っと思えるし。
だって、”人間は信用できない”ですもんね(笑)
ホント、パティがその筆頭ですよね(爆)
TBしました♪
Posted by BIBI at 2008年04月26日 10:59
BIBIさんへ

このドラマに登場する人間は誰も信用出来ないですね。
みんな怪しく見えてしまいます。
パティはこの訴訟の全貌を把握しているのかな?
Posted by Jasmine at 2008年04月26日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ダメージ 第4話 証人の資格 
Excerpt: 例のケイティがフロビシャーの証人となる2002年フロリダはパームビーチの夜。 ケイティ、かなりハメを外しているようで、酒に薬に知り合った...
Weblog: Drama Blog
Tracked: 2008-04-26 10:42
海外ドラマDiary TOPへ