2008年04月24日

エイリアス シーズン5 #99

プロフェット5のメンバーだったCIA本部のダヴェンポートが移送中に
イリーナによって始末される。
ダヴェンポートが自供でジャックは釈放になるが、プロフェット5の捜査中止が条件で
CIA本部はAPOから護送経路が漏れたと疑っていて、敵の目的がアライアンスの
組織図にあった暗号だとわかり、元アライアンスのメンバーで極秘に捜査開始。

暗号は99年に実行したフランスでの特定の作戦のことで、ディクソンパリで
ルネと合流して、作戦実行者のジャン・ベルドランからバンクーバーの銀行に
ホライズンを隠すことだったと白状させる。

シドニーが嘘の暗号を教えたので、イリーナはシドニーに会いに来たのに
久々の再会を喜び、イリーナはシドニーがプロフェット5に誘拐されたことも
追っているのはホライズンだということも知ってた時点で怪しいと思わず
ジャックまで呼んでしまう。
ジャックもイリーナに何度もメッセージを送ったらしいので怪しいと思わないみたい。

その流れからシドニー、ジャック、イリーナの親子3人でバンクーバーの銀行から
ホライズン回収に向かうが、金庫から出した所でイリーナがジャックにナイフを向ける。
イリーナからの情報でやって来たペイトンのことを知らせに来たシドニーが現れて
シドニーは船にイリーナがいたことを思い出す。

シドニーの陣痛が始まったことから、イリーナが用意したヘリで屋上から逃げようとするが
ヘリがペイトンによって狙撃されて逃げ場を失う。
ジャックが1人で戦っている間、イリーナはKGBの命令で仕方なくシドニーを産んだけど
生まれたシドニーを抱いた時に愛情を持ったけど、スパイと母親は両立できないと
スパイを選んだので、シドニーもそうなるとイリーナらしいアドバイスをしていた。

ペイトンを倒して戻ってきたジャックに励まされて、シドニーは女の子を出産。
孫をシドニーに手渡したイリーナはホライズンを持って消えるが、マーシャルに
救助の連絡を入れるだけ、まだマシか。

目はヴォーン似ねと言ったシドニーが目で何かを訴えて、ジャックが連絡するってもしや!?
ブータンの草原の中の小屋で娘が生まれたと報告を受けたのはヴォーン!
やっぱり生きてたのね。早く親子3人で暮らせる日が来るといいのにな。

Alias [Original Television Soundtrack]

posted by Jasmine at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | エイリアス(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ