2008年04月09日

家族の誕生

青龍映画祭を観て、気になっていた映画でオム・テウンも出演しているので
“韓流シネマ・フェスティバル2008春”で上映されるとわかり鑑賞して来ました。

ミラ(ムン・ソリ)の元に、音信普通だった弟ヒョンチョル(オム・テウン)が
年の離れたおばさん ムシン(コ・ドゥシム)と結婚したと帰って来て
3人での生活が始まる…。

この3人の生活を描いた映画なのかと思っていたら、コン・ヒョジンがメインの
家族の話になり、ポン・テギュが演じる若いカップルの話とそれぞれの家族を
描いた作品で、途中で気づいてしまったけどオチもありと、なかなか良く出来た
ストーリーで最後も凝った演出の作品でした。

欲を言えば、ムン・ソリとオム・テウンのエピソードをもう少し見たかったのと
オム・テウンが救いのない役だったのが残念だったかな。
最後に出てきたムン・ソリとコ・ドゥシムの演技がすごく良かったな。
やっぱり演技派女優とベテラン女優だけのことはあるな。

家族の誕生
posted by Jasmine at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ