2008年03月21日

Law&Order:性犯罪特捜班 2 #11

2年連続最優秀女性シンガーに選ばれたリッキー・オースティンの息子 コービンが
誕生日パーティーの途中で、トイレから男を追って外に飛び出して交通事故で死亡。
リッキーはコービンを養子にした後に、妊娠して妹のアシュレーが生まれた。
SVUは上層部からVIPの捜査を命じられる。

コービンが追っていたのはコンピューターの先生だったデビッド・ルッソ。
彼はコービンに対して、過剰な接触をしたことで接近禁止令が出されていた。
ルッソは投資会社で経営情報システム部門の副社長を務めた人物で退職して
小学校で教えていて、人員削減で解雇されていた。

2回の接近禁止令状違反で逮捕令状を取って、自宅を捜索すると部屋に
コービンの写真を飾っていたが、ルッソを尋問すると彼はコービンの実父だと言い
DNAでも証明されて罪には問われなかった。

自宅までリッキーに事情聴取に行ったベンソンはアシュレーの手首や脚にアザを発見。
心配して名刺を渡したベンソンにアシュレーが病院から電話をかけてきた。
アシュレーは階段から落ちたと笑顔で答えたけど、虐待を疑ったベンソンは
シッターのサラから事情を聞こうとするが、秘密保持契約書があり黙秘。

しかし、強制送還で移民局に拘留されたサラはベンソンはアシュレーは
母親の留守が続くと躁状態になり、両親はドラックをしていたと告白。
クレイゲン警部はベンソンがアシュレーに関わるのを止めるが、頻繁に電話をしてくる
アシュレーをベンソンは助けようとして、リッキーから接近禁止令を出されてしまう。

ベンソンはキャボットに相談して、アシュレーを両親から引き離そうと訴えるが
両親は揃っていることを喜ぶアシュレーに、リッキーはツアーを中止してアシュレーと
過ごすと言ったことでアシュレーは自宅に戻るが、リッキーはツアーに出てしまう。
アシュレーは反応性アタッチメント障害らしいけど、こういう親は子供を失わないと
わからないのでしょうね。

アシュレー役はクレア@ヒーローズだったのですが、子役ながらすごく演技が上手で
やっぱり小さい時からかわいかったのね。

Law & Order: Special Victims Unit - Sixth Year

posted by Jasmine at 21:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>アシュレー役はクレア@ヒーローズ
Σ('◇'*)エェッ!?、そうなんですか。全く分からなかったです。(○ ̄ 〜  ̄○;)ウーン・・・、変われば変わるものだなあ。
ベンソンは感情移入しちゃいますね。もう、ほっとけと思っちゃいました。
コービンとその父デビッド・ルッソがかわいそうです。(ノ_・、)
Posted by tomo at 2008年03月21日 22:35
tomoさんへ

アシュレーはクレアでした。
どこかで観たことあると思いながらみていて
もしやと思ったらそうでした。

一般人ならどうにか出来たかもしれないけど
セレブの家庭問題は本人が自覚しないとどうすることも出来ないですね。
Posted by Jasmine at 2008年03月22日 22:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ