2008年03月15日

犬とオオカミの時間 #1〜4

WOWOWで2007年に韓国で放送されたイ・ジュンギ主演のドラマがスタート。
冒頭からカーチェイスで誰かに追われていたと思ったらフラッシュバック。
小学生のイ・スヒョンは検事である母親 ギョンファとタイで暮らしていた。
スヒョンはアリと出会って仲良くなるが、アリは両親の離婚で母親と
タイを離れることになり再会を誓い合って別れる。

ギョンファは韓国諜報員 カン・ジュンホと国際犯罪組織 青幇(チンパン)の
麻薬取引の現場に踏み込むが、そのことでスヒョンの目の前で殺害される。
覆面をしていたのでスヒョンは手のタトゥーを見たけど、顔を見ていなかったが
犯人はアリの父親だった。

身寄りがいないスヒョンはジュンホに引き取られてソウルで暮らす。
ジュンホの息子 ミンギはスヒョンと同じ年で兄弟のように育った2人は
ジュンホと同じ国家情報院で働き始める。

ミンギ(チョン・ギョンホ)は空港で出会ったソ・ジウ(ナム・サンミ)に一目惚れ。
ミンギは口実を作って、ジウと会う約束をするが都合が悪くなり
スヒョン(イ・ジュンギ)が代わりに会いに行くとジウは幼い時に別れたアリだった。

その頃、青幇(チンパン)の重要人物・マオが入国してきていた。
海外第1チームに配属になったスヒョンはマオたちと韓国組織の接触現場に潜入するが
そこでスヒョンは母親を殺した犯人と同じタトゥーを見つけてしまい暴走してしまう。

スヒョンは任務より母親の敵討ちを優先させたことで国家情報院をクビになる。
マオを追ってバンコクに向かうスヒョンを心配して、事情を知らないアリが付いてくる。
スヒョンは1人で青幇メンバーのトニーに接触しようとするが捕まってしまう。

スヒョンが行方不明になり、ジウはミンギに助けを求め、ミンギは元諜報員 ピョンと
バンコクに向かい、ジウも実父 マオを訪ねて、スヒョンを探して欲しいと頼む。
スヒョンはミンギたちによって救出される。

スヒョン、ジウ、ミンギの三角関係に、愛する人が親の敵の娘ということらしい。
バンコクで1ヶ月もロケして、制作費が7億円のスケールの大きいドラマらしいので
これから面白くなることを期待したい。

オリジナル・サウンドトラック「犬とオオカミの時間」

posted by Jasmine at 11:00 | Comment(4) | TrackBack(2) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、ご無沙汰しております。
このドラマ私も見てます。
今後、潜伏したスヒョンがどう動くか?
ジウとの三角関係あたりが楽しみなとこです。
Posted by 更紗♪ at 2008年03月17日 20:54
更紗♪さんへ

こちらこそ、ご無沙汰してます。
最初はどうなんだろうと思ってましたが
やっと面白くなってきたので脱落せずに
最後まで観れそうです。

Posted by Jasmine at 2008年03月18日 11:25
こんばんは♪私もすっかりご無沙汰しております〜(*^_^*)
初回では、鑑賞継続が少々不安だったものの、なんとか頑張って観ています。
まぁさほど長編じゃないってことが救いでしょうか〜(爆)
でも、ヨンさんのも合わせて、珍しく韓流を二つも観てるってのに、自分でもビックリ(笑)。
ジウをめぐってのスヒョンとミンギの攻防(?)や、マオとの因縁がなかなか面白いデスよね。
TBしました♪
Posted by BIBI at 2008年03月18日 23:18
BIBIさんへ

こちらこそ、ご無沙汰してます。
私も最初はいつものパターンかとテンション上がらなかったけど
だんだんと面白くなってきたので
最終回まで頑張って観ようと思ってます。
Posted by Jasmine at 2008年03月19日 15:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

犬とオオカミの時間<1~3>
Excerpt: オリジナル・サウンドトラック「犬とオオカミの時間」TVサントラ ジェネオン エンタテインメント 2008-03-26売り上げランキング : 6507Amazonで詳しく見る by G-Tools ..
Weblog: 綴り箱のかたすみに
Tracked: 2008-03-17 20:51

犬とオオカミの時間 第4話 因縁の対決
Excerpt: バンコクに到着したスヒョン。有無を言わさずついて来たジウ。 邪魔はしないと言ったものの、さっそくどこかに出かけたスヒョンの後を尾行す...
Weblog: Drama Blog
Tracked: 2008-03-18 23:12
海外ドラマDiary TOPへ