2008年02月19日

ザ・プラクティス #4

検察はマーティンに首を絞められた元カノのモリスに証言させようとするが
判事は彼女が口止め料として30万ドルを貰っていて証言に不安があり
陪審員に偏見を与えることになると却下する。

そしてマーティンに無罪判決が下ると、殺されたドナの父親 ジェラルドが
法廷で元カノを殺そうとしたことを判事が陪審員に教えなかったと暴露して
死んで罪を償えと暴言をはき、その夜、マーティンを射殺してしまう。

テレビ局からジェラルドの事件の件で出演依頼が来るが、ボビーはタバコ裁判で
忙しいのでジミーがラビと出演するが、マーティンの弁護士と神父との討論で
興奮してしまったラビは復讐に反対しなかったことで逮捕されてしまう。

タバコ裁判はリンジーは初めての冒頭陳述で緊張しているのを利用して
上手く述べたことで、たばこ会社から40万ドルの和解金を提示されるが
ボビーは断ってしまう。

しかし、ピアソンが1人で事務所を訪れて、最終提示として170万ドルの
小切手を持参したことで、和解に応じることになる。
みんなにダメ出しされながら頑張ったリンジーが会議用のテーブル買える?
と言っていたのに和まされた。
これで事務所は安泰だけど、次はラビを助けないと。

ザ・プラクティス DVDコレクターズBOX

posted by Jasmine at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・プラクティス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ