2007年12月12日

魔王 #20

「魔王」もついに最終回。
階段から転落してケガをしたヨンチョルにオスはすまないと謝るけど
跡を付けていたのは自分でスンギが誰に殺されたのか知っているのかと笑みを浮かべる。

スンハの正体を知ったオス父と会ったスンハは他人を不幸にしてると
オス父から痛いところをつかれてしまう。
そしてヨンチョルの怪我のことを知ったスンハは自宅を訪ねて、チケットを渡すが
オスの最後を見届けるまでは嫌だと言い張る。

オスに兄 ヒスにスンギ殺害の件を尋ねるが、ヒスは否定し証拠もないと
そんな兄に遠くに逃げて欲しいと刑事としては言ってはいけないことだけど
兄を逮捕したくないオスの気持ちもわかるな。
ミン・イボムが捕まり、オスは兄に逃げろと電話したかったけど出来なかった。
ミン・イボムがヒスの事を自供して、スンギ殺害容疑で逮捕されてしまう。
兄の逮捕で苦しむオスを見て、スンハも動揺してたけど、ヨンチョルは平然としていた。

やっぱりオスたちの写真を撮っていたのはヨンチョルだった。
また宅配がオスに届き、中にオスの写真が入っていて、これまでの写真と並べると
写りこんでいる指がだんだんと大きくなり、最後にはオスの首を絞めているようで
完全にぶっ飛んでるヨンチョル。

デピルは事情聴取中のヨンチョルの声を電話した男だと断定。
パン チーフは写真からレンズが割れたカメラで撮られたと気付き、ヨンチョルの
部屋から押収したカメラを調べるが、同じカメラだという証明出来ない。

へインはスンハにオスから貰った笛を渡す。
ある人の温かい気持ちがこもっているってオスのことだよね。
へインはスンハとオスがお互いを憎みながらお互いを哀れんでいて、お互いの苦しみを
誰よりも理解していると言うがスンハはそれを否定。

議員の息子でホテル社長のヒスが逮捕されて大騒ぎ、オス父はオスに許してくれと言い
心臓発作で亡くなり、オスは父親に謝れないままで、最期にも立ち会えなくてかわいそう。

スンハは母親の指輪が入ったオルゴールをへインに渡して欲しいとヘイン母に預ける。
オスは射撃訓練室から銃を借りて、スンハをテフンが死んだ場所に呼ぶ出すが
事務所を出たスンハを何者かに刺されてしまう。
スンハを刺したのはソラ母の裁判でスンハを睨んでいた男だろうね。

刺されて出血している事を隠してオスの元にやって来たスンハ。
オスはスンハを撃つことが出来なくて、スンハは殺せと迫って争っているうちに
オスが撃たれて息を引き取り、その横でスンハも息を引き取った。

歴史は繰り返すってことで、結局はオスもスンハも同じ運命を辿ったって感じ。
オスとスンハの結末はそうなるだろうと思っていたけど、残されたヘインがかわいそう。
それにヨンチョルはどうなったのかな?
ヨンチョルはナイフが自分のだったとスンハに言っていたら、展開が違ったかも。

それにしても登場人物は多いし、複雑な話なので記事にするのが大変だった。
「復活」の方が面白かったけど、韓国ドラマのグレードを上げる作品だったと思う。

魔王 MAKING FILM DVD プレミアムBOX

posted by Jasmine at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ