2007年12月09日

クローザー 2 #23

ポープは離婚による子供の親権争いの証言をブレンダに依頼したけど
妻は前妻と結婚中に不倫関係にあったブレンダがホープに送った手紙を
持ち出して愛人だと言われた所に殺人事件の知らせで救われる。

郵便配達員 デレク・ドレイバーの通報で自宅で頭を撃たれた女性の遺体が発見。
家の鍵は掛かっていて、凶器の銃は現場にあり、部屋には覚せい剤が。
被害者はこの家に住む ジェニファー・ローリーと思われたが、ジェニファーの
カードを使用したナイフを振り回す女性を捕まえるとジェニファー本人だった。

ジェニファーは殺されると錯乱状態でドラッグで何度も逮捕されているのに
刑務所に入っていないのは麻薬課が彼女を情報屋として利用していたから。
そして現場周辺ではID窃盗事件が起きていて、被害者はジェニファーと
間違って殺されたID窃盗犯の可能性がありFBIからフリッツがやって来た。

ジェニファーの兄 サミーが彼女の郵便を止めていたことから、ブレンダは
デレクを追及すると、彼は郵便物からカードや口座番号を盗んでいて
死んだ女性はデレクの妻で2人がID窃盗犯だった。

サミーの携帯電波から犯行時刻にジェニファー宅の前で通話が終わっていた。
ジェニファーがリハビリ施設から戻ると自宅に誰かがいて、サミーに電話。
駆けつけたサミーは自宅でドラッグを使用していたマリアンをジェニファーと思い
またドラッグをしていると思って殺してしまった。
サミーの言ってたようにジェニファーを刑務所に入れていたら違ってたかも。
ジェニファーが情報屋として利用する価値があったとは思えないけど。

ブレンダの愛人問題はポープが雇った敏腕弁護士で無事解決。
ポープから贈られた誕生日プレゼントは中身がわからないままで気になる〜

クローザー <セカンド・シーズン> コレクターズ・ボックス
posted by Jasmine at 17:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | クローザー(終) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出だしは夢の中の話かと思ってしまった。
怪人トム・ブランチャード、また出てきました。でも、こういうときは頼りになりますね。ブレンダとの絡み、けっこう面白かったです。こういうのならまた見てみたい。
Posted by tomo at 2007年12月10日 21:37
tomoさんへ

あの弁護士とブレンダの絡みは面白かったです。
また出てくる可能性もありそうですね。
ブレンダはストレスからクッキーをバカ食いしてましたね。(笑)
Posted by Jasmine at 2007年12月11日 14:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ