2007年08月18日

19の純情 #1〜5

ヤン・グッカ(ク・へソン)は結婚するために、中国から韓国にやって来た。
婚約者 ホン・スングの甥 ウギョン(イ・ミヌ)が迎えに来てホン家に着くと
スングががひき逃げ事故で亡くなりお葬式中だった。
グッカは葬儀に訪れたウギョンの親友で上司でもあるパク・ユヌ(ソ・ジソク)と
ちょっとしたことで口論になる。

スングの家族は洋裁店を営む祖父、売れない歌手の次男 プング、駅長の長男と
専業主婦の妻 オックム、そして長男の息子 ウギョンと娘の三世代同居の家族。
ホン家の家族はグッカのことを気に入ったけど、まだ19歳のグッカを行く末を考えて
中国に帰ることを勧めて、オックムはグッカのスーツケースにそっとお金を入れて
ウギョンが空港まで見送る。

でもグッカは両親が亡くなり、叔父夫婦と暮らしていたが、叔父が事業に失敗し
叔母の実家で居候の身なので、韓国に嫁いだグッカの仕送りを頼りにしているので
グッカはソウルで頑張ろうと決意する。

仕事を求めて紹介所に行くが、とりあえず掃除をすることで寝泊りをさせてもらい
鶏の帽子をかぶってゆで卵を売り始めるとなかなかの好調な売れ行き。
ある日、突然の雨でまだ卵もたくさん売れ残っていて困っているところに
車が故障して立ち往生のユヌが再会するが…。

ユヌの家族は大企業の会長である父と料理学校を経営する母、見合いで玉の輿を狙う
妹 ユンジョン(イ・ユンジ)、そして駆け落ち結婚した姉がいる。
ユヌは父親の会社で企画室長をしていて、両親は幼馴染で同僚のシニョンとの
結婚を願っているみたい。

グッカとユヌが偶然に最悪な状況で何度も出会うけど、この2人が恋に落ちると
いうことになるようだけど、中国からやって来た苦労人のグッカと一流企業の
御曹司 ユヌだと紆余曲折がありそう。

19歳の純情 DVD-BOX1
posted by Jasmine at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ