2024年04月30日

シカゴ・メッド シーズン6 #2

ラニックがEDのチーフ代理を降りた。
ウィルはマギーからEDで1番長くいるので
後任だろうと言われ、その気になるが
選ばれたのはチョイだった。

ウィルは車の事故で搬送された患者を担当。
気脳症があり、事故前からの可能性がある
と原因追及のためにウィルは検査をする。
チョイは現場を把握したいとウィルの
治療に口出しやダメ出しをしてくる。
結局ウィルの診断が正しかったみたい。

ナタリーは郡刑務所から搬送された妊婦の
アイーシャを産科医のダグラスと担当する。
子癇でけいれんを起こし、すぐに分娩して
女の子を出産する。

テールランプの故障で仮釈放が取り消され
コロナで裁判の日が決まらなかった。
アイーシャから刑務所に戻ったら娘が
奪われると聞いたナタリーとダグラスが
グッドウィンと共に保釈のために動くが
ダメで自由人権協会が調査してくれるが
すぐに動いてくれるといいけど。

エイプリルはコロナICUでイェセニアを
担当するが肺が機能せず呼吸器に繋ぐが
状態は良くなくで、チョイに母親との面会を
特例で許可をもらうが母親と連絡が取れない。
母親もコロナに感染してICUに搬送された。

チャールズはアンナから母親スーザンが
体調不良と聞いて駆けつけると吐血した。
鎮痛剤の飲み過ぎで潰瘍が見つかった。
アンナから母親がアリゾナに引っ越すつもり
と聞いたチャールズが確認するとアンナも
連れて行くつもりだと言われた。

ウィルはグッドウィンにチーフに選ばれない
理由を聞くと、薬物依存症のハンナと付き合い
規則を何度も破ったことで候補にも入ってない
と言われてしまう。
ウィルは勝手なことをするし、チョイは融通が
利かないし、どっちもどっちと思うけど。

シカゴ・メッド シーズン2 バリューパック [DVD] - コリン・ドネル, トーリー・デヴィート, ニック・ゲルファス, レイチェル・ディピッロ, ブライアン・ティー, ヤヤ・ダコスタ, マーリーン・バレット, オリヴァー・プラット, S.エパサ・マーカーソン, マイケル・ワックスマン

posted by Jasmine at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シカゴ・メッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ