2022年11月04日

FBI:インターナショナル #16

ヴォーは見学に行ったジムで幼馴染の
ソープと再会し、飲みに行くが急用が
できたとソープを店を出て、彼を追って
店を出た男が射殺された。

被害者は賭博取締官トゥルクと判明する。
ソープはヴォーにFBIを辞めたと話したが
宣誓供述書を偽造して解雇されていた。
第一発見者のヴォーはソープが容疑者
となり、自宅待機を命じられる。

ヴォーが家に戻るとソープがいて
トゥルクを殺してないとベガスのカジノ
で働いていて、トゥルクがボスから
金を盗んで命を狙われてたと言う。

ボスのコヴァッチュがベガスでカジノを
作るためにロシアマフィアから金を借り
ブダペストのカジノで金を洗浄すると
話してるとケレットが訪ねてきて
ソープは逃げたがヴォーに電話が入り
保護と免責を条件に彼を捕まえた。

ソープはコヴァッチュの用心棒の
ベンコがトゥルクを殺害したと言う。
ソープがヴォーを資金洗浄したい客と
コヴァッチュに紹介しておとり捜査を
するが金の受け渡しで、コヴァッチュは
ロシアマフィアの金の穴埋めのため
ヴォーたちを殺して金を奪おうとする。

現場を離れたコヴァッチュは逮捕され
ヴォーたちは抵抗し、ベンコと銃撃戦に
なるが監視してた仲間が射殺した。
ソープはコヴァッチュの計画は知らな
かったと言う。ベンコの銃がトゥルク
殺害の凶器と判明した。

カジノに荷物を取りに行くソープを
ヴォーが送るとフォレスターから
ソープをすぐ連れ戻せと電話が入る。
その隙にソープはエレベーターに乗り
姿を消してしまう。

カジノから金を盗んでたのはソープで
ヴォーは騙されていたと判明。
ソープに逃げられたと思ったがヴォーは
彼が偽造パスポートを使うと思いつき
レインズがマラケシュ行きの便を予約
してると突き止め、ソープを逮捕した。

幼なじみに裏切られるなんてヴォーは
辛いよな。フォレスターはソープとの
関係を疑ってたが、ヴォーは同僚とは
付き合わないと言い切ったのは良かった。
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ