2022年10月29日

FBI:インターナショナル #15

レインズの妹ジョーダンは恋人イーサンと
友達グレイスとベオグラードに行くはずが
イーサンがコソボにいる友人レオンに会う
と駅前で待ってると突然男たちに襲われ
ジョーダンとグレイスが拉致された。

レインズの携帯電話に妹ジョーダンから
留守電が残されたが通りの音のみで
伝言が入ってないので不審に思って
位置情報を調べるとコソボにいた。

そんな時に司法業務査察室のポーターが
また支局へ調査にやって来た。
ユーロポールはコソボと協定を結んだ
ところでイェーガーが現地の同僚に
連絡を取るまで待つように言われたが
レインズは単独でコソボに向かった。

コソボでイーサンからドラッグを買う
ためレオンに会いに来たと話を聞いてた
レインズは地元警察に連行された。

身元確認が取れてレインズは釈放となり
刑事のトルカがレインズにメモを渡した。
そのメモからレオンの住所を突き止めて
会いに行くとイーサンがいた。

レオンが探偵のアルコットと戻ってきて
別の男にレインズは襲われて争いになり
窓を破って外に出るとトルカが現れて
彼の車に乗り込んで逃げた。

イーサンの遺体が発見された。
レオンの兄といとこが誘拐の実行犯で
アルコットも誘拐ビジネスの仲間だと
レインズたちが追求し、ジョーダンは
郊外の工場にいるとわかる。

レインズとトルカが侵入するとレオンが
グレイスを連れ出したのでレインズが
捕まえてグレイスを助けた。レインズは
レオンにイーサンもグルだったのか
尋ねると、彼を騙したと言う。

トルカが射殺され、彼が呼んだ警察が
到着し、犯人たちは捕まったが
レインズはジョーダンを救出に行くと
突入した警官に連行された。

地元警察はレインズを犯人扱いするが
トルカの相棒に彼の助けで妹を救えた
命の恩人だと言うと、トルカの妻子は
NYに移住したので一緒に暮らすために
ビザが必要で協力したのだろうと言う。

そこにイェーガーが乗り込んできて
レインズと妹たちは釈放された。
グレイスの親はプライベートジェット
で迎えに来たので、彼女の親から
身代金を得るのが目的だったらしい。

ポーターはフォレスターがケレットと
付合ってることや母親のことを追求する。
ケレットはポーターを尾行すると
売春婦に会う口実に調査に来てたと
わかって追い払うことに成功した。
posted by Jasmine at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ