2022年10月01日

グレイズ・アナトミー シーズン18 #19

医学教育評価機構による再審査の日に
メレディスたちのパーキンソン病の治療に
関する論文も公表される。

病院では血液不足は深刻になったことで
ベイリーは院内に献血センターを設置し
職員に献血を呼び掛けるがシュミットは
3か月以内に男性と関係を持ったので
献血できないことに不満を持っていた。

サイモンの容体が急変し、リンクは挿管し
検査すると肺に新たな転移が見つかり
妻の出産までエクモで時間稼ぎをする。

メレディスはおばを残しては死ねないと
言う膵がんの女性コーラに臓器を摘出して
腫瘍を切除して体内に戻す難しいオペを
リチャードに反対されたのに行う。

メレディスのオペを医学教育評価機構の
審査員が見学してたが、メレディスが
病院を辞めると研修医が話してしまい
評価に影響しそう。

ジョーはトッドとベッドの相性が悪くて
彼にそのことを言ってしまう。
良い人なのにこれで終わりかな?

オーウェンに元軍人の妻を安楽死させたい
とジョンが訪ねてくる。オーウェンと
テディは断ると通報すると言われた。
今すぐ逃げるとテディが言い出した。

ジョンはベイリーに告発したことで
ベイリーにバレてしまった。
警察に出頭するか逃げるしか手はない?

そこにベンから血液バンクの車両が
事故に遭い、病院に搬送中の血液が
ダメになったと知らせが入る。

メレディスはコーラのオペ中に血液が
足りなくなり、オペを止めた。
緊急でもないのにコーラのオペを独断で
行ったのが間違いだと思う。
シーズンフィナーレ前に問題ばかりが
発生し、ベイリーが大変そうだな。

グレイズ・アナトミー シーズン15 コンパクト BOX [DVD] - エレン・ポンピオ, ケリー・マクレアリー, ジェームズ・ピッケンズJr., カテリーナ・スコーソン, ケヴィン・マクキッド

posted by Jasmine at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | グレイズ・アナトミー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ