2022年09月30日

FBI:インターナショナル #11

トランスニストリアに駐在するNY市警の
ダグラス刑事がバーで男を撃って
警察に拘束された。

未承認国家トランスニストリアには
FBIの窓口がなく、イェーガーは
ドイツの捜査官として同行する。

バーの店主フロリンはダグラスは
サビーナを捜しにバーに来たと言うが
ダグラスはサビーナに助けを求められ
人身売買組織を探っていたと主張する。

ダグラスは部屋に捜査記録があると言い
フォレスターとケレットが部屋に行くと
警官のセルバンが捜索した後でPCと
書類はなかったと言う。

ダグラスに撃たれた男が亡くなり
起訴されることに。ダグラスは9.11で
妻を亡くし、サビーナは妻に似てた。

NY支局のジュバルから組織がNYで女性に
売春を強要してるらしいがFBIも市警も
潜入捜査に成功してないのでそっちで
組織を潰してもらうしかないと言われる。

深夜にバーに侵入し、奥の部屋から
子守の履歴書に偽造パスポートに
NY行きの航空券を発見する。

フォレスターはルス警部補に組織を守る
警官がいると協力すれば国家承認に有利に
なると説得するが命が惜しいと言われる。

ダグラスが襲われたが命に別状はなかった。
フォレスターはセルバンからダグラスを
この国から送り出そうと提案されて
フォレスターは受けると彼の携帯番号を
教えてもらい、盗聴することに。

セルバンにフロリンから電話が入り
フォレスターが厄介なので何とかしろ
と言われていた。
フォレスターはルスに録音を聞かせて
検事局の友人を紹介してもらうが
帰りにセルバンに拉致された。

セルバンはダグラスのPCと書類を渡す
ので見逃せと言われ、フォレスターは
逆に家族と保護するので証言しろと言う。

セルバンの協力で女性たちを発見し
フロリンたちを逮捕する。フロリンに
アメリカに送られると終身刑になると
NYの組織の情報と売春を強要してる
証拠と引き換えに国に残すと提案するが
拒否するとルスがどうやったのか協力
させて、サビーナの居場所を聞き出す。

サビーナは組織に捕まってなくて
夫と子供と暮らしていた。
サビーナはバーでダグラスには守る
相手が必要で話を合わせただけと言う。

フォレスターはダグラスが気の毒に思い
サビーナをダグラスに面会させて
助けてくれてありがとうと演技させた。
NYでは組織を解体し、女性たちも
無事に救出された。

フォレスターのスマホにマルウェアが
仕込まれた子供の頃の画像が届く。
レインズは代わりのスマホを用意するが
フォレスターはブタペストに戻ってから
でいいと言ったのは誰かを待ってるの?
と思ったら、母親が現れた。
意外と早く母親が登場したね。
posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ