2022年09月23日

FBI:インターナショナル #10

7話のプラハの事件でエラのために
証拠隠滅したケレットは司法業務査察室
から聴取を受けるがシラを切る。

北アイルランドで交通違反の取り締まり中
に警官を射殺したダニーは現場で射殺され
同乗者のリアムが共犯として逮捕された。
リアムはケレットの情報源でケレットを
呼ぶように要求する。

イギリスはEU離脱したのでインターポール
は関与できないとイェーガーは同行せず
ダニーの銃がアメリカ軍から盗まれた銃で
ケレットはリアムと銃の回収と一味の
逮捕に協力することで取引する。

銃の在りかを聞き出して現場に向かうと
建物が燃やされて、情報漏れが疑われた。
リアムは銃はIRAが集まるダニーの義父が
働くパブにあると言い、潜入させることに。

リアムの元妻と娘に会って探りを入れると
逃げる準備をしていて、リアムは武器取引
で稼いで逃げると思われ、リアムに情報を
流した疑いが出た。

相棒を亡くしたヘンリーはリアムに何かと
絡むので銃撃戦を調べると監視カメラに
銃を見たヘンリーがひるんで逃げた姿が
映ってた。ヘンリーはリアムからの情報を
流したとわかる。

リアムがパブに潜入し、ケレットが倉庫
を探るが見つかり、リアムの機転で脱出。
リアムはここから1時間の所にある農場に
銃があると警察に言えばバレるので
2人だけで行こうと言い出す。

警察はFBIの携帯を傍受してたのでそれを
利用してケレットとリアムの会話を傍受。
ケレットがリアムに黒幕はあなただと
ダニーの義父にFBI捜査官を連れて行く
から始末しろって指示したと突き付けた。

そこにリアムの妻子が車に乗り込む。
ケレットはリアムに家族を選ばせて
待ち伏せしてた仲間たちを逮捕する。

ブタペストに戻ったケレットは再度聴取を
受けることになり、橋からエラの凶器を
捨てる映像を見せられる。ケレットだと
はっきりわからないのでフォレスターは
その時刻に一緒にいたと嘘をついた。

ケレットはフォレスターに目をつけられ
たくないと距離を置くべきと告げた。
タンクは現場復帰は無理だけどオフィスに
出勤できるまで回復できて良かった。

posted by Jasmine at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ