2022年09月20日

グッド・ファイト シーズン3 #4

薬物所持で逮捕されたマイアは事務所の
懲戒委員会にかけられる。エイドリアンと
ダイアンはマイアをかばうが、同じ容疑で
逮捕された者は解雇された前例があるので
パートナーたちの意見が分かれ、4日後に
投票を行うことになる。

マイアは薬物検査を受けることになり
ドラッグキャンディを使用してたので
ルッカに何日後まで検査にでるのか聞くと
1週間と言われ、マリッサの尿を提出した。

息子と公園にいたルッカはマイアからの
電話に出たがドラッグの話をしてたので
近くにいた女性がルッカを子守だと思い
話しかけてきたのでウンザリしたルッカは
この子はスーパーのピーナツ売り場にいた
と冗談を言うが通じず警察に通報された。

ルッカは私の息子だと女性と言い争う
動画をアップされて、ルッカに嫌がらせの
メールや電話が入る。事務所は心配して
ジェイにルッカの送り迎えを頼む。

ジェイに送ってもらったルッカは新しい
アソシエイトに白人が多いと言うと
ジェイは人種問題は常にあり、給料は
白人の方が高いと言われ、ジェイに
事務所の給与データの入手を頼む。

給与データから新しいアソシエイトは
ほとんど白人で給与が高く、ジュニア・
アソシエイトはほとんど黒人で給与は低く
マリッサが給与アップしてジェイと同じで
評価はジェイより高いとわかる。

それを知ったジェイはエイドリアンと
リズに理由を聞き、彼女が白人だからと
言って、エイドリアンを怒らせた。
実際は白人アソシエイトはマリッサに
仕事を頼むのでマリッサの方が仕事が多く
ジュリアスが給与をアップさせたらしい。

ダイアンはリズをレジスタンスに誘った。
トランプから票を奪うために事務所の
クライアントのカントリー歌手サブリナ
が必要と仲間に言われる。

すると予定外にサブリナがネットで
ネオナチにされてると相談にやってくる。
追い込まれたサブリナは声明を出すことに。
ダイアンは手を切った方がいいと思う。

ジュリアスはマリッサの協力で連保判事の
有力候補になったが、歴史法律協会から
イーライの娘マリッサを切るように言われ
マリッサもイーライに頼まれた民主党の
ランドーから歴史法律協会の仕事をしたと
怒られ、友人のコンサルをしただけと反論。

それを聞いたジュリアスは歴史法律協会に
マリッサを切るなら私も一緒にと言うと
ジュリアスは切られてしまった。

納得できないジェイは給与データを
事務所全員に送信したことで事務所は
人種問題に発展し、大揉めになる。

マイアの処分に影響し、投票でマイアは
解雇になり、ダイアンが伝えることに。
マイアは親の事件に巻き込まれ、今度は
罠にハメられて事務所解雇と気の毒だね。

The Good Fight: Season Four [DVD] - Christine Baranski, Michael Boatman, Delroy Lindo

posted by Jasmine at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グッド・ファイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ