2022年08月29日

Law&Order:性犯罪特捜班 シーズン23 #11

ベンソンはアニーの家にノアを迎えに行き
何かあったと感じて帰り道にノアに聞くと
アニーの兄ハドソンに首輪をされて
ゲージに入れられ、エサを食べろと言われ
嫌だと言ったとこの話は終わりと言われた。

教師のデルガドが焼死体で発見された
ニュースを見たカルロスは8歳の甥ティノ
を残して、恋人マヤの家に行く。

ティノはゲームのチャット友達に連絡し
彼の父親が車で迎えに来て家に行くが
何か変だと帰ろうとすると男は豹変した。

父親は仕事から帰宅するとティノがいない
とSVUも捜索に参加することに。
ティノはカルロスのPCを持って出たので
PCの信号から監禁されたティノを保護する
がティノは性的被害を受けていた。

貸し部屋の契約者からマートウを突き止め
家に行くと股間などを刺された状態で発見。
ティノの家族の復讐と思われて捜査すると
カルロスが犯人と判明する。ティノが
マートウの車にあったレシートを持ってた
ことでカルロスは犯人の家を突き止めた。

罪状認否で取引したマートウは破棄して
無罪を主張した。カルロスを英雄扱いする
市民たちが裁判所前に集まっていた。

マートウは裁判すると言うがティノ父は
息子に証言させないと言うのでティノ
から話を聞いてたカルロスに証言を頼む
と彼は盗んだマートウの携帯を渡し
証拠の動画で児童ポルノ法違反となり
マートウは終身刑になる。

エルビスはマートウは協力したのに
取引できなかったとメディアに訴える。
そこに幼い息子アンドレを連れたマヤが
SVUに息子がカルロスに昨日触られたと
やって来た。

エルビスからカルロスが投身しようと
してるとメールが入る。ベンソンが
生きる資格がないと言うカルロスを
説得してると彼も被害者だったとわかる。

保護したカルロスは加害者の教師が
焼死体で発見されたニュースを見て
封印してた記憶がよみがえったと。

カルロスは情状酌量され、軽罪の第2級
性的虐待で性犯罪者登録されることに。
虐待の連鎖の深刻さを描いたエピだった。

ベンソンはノアにアニーの母親に次は
うちで遊ぶように言ったと話すとノアは
ハドソンはみんなに嫌われていて
最初の標的のコーリーをゲイと呼んで
ノアはバイと告白したので狙われたが
恥だと思ってない。誰と付き合うかは
問題じゃなく、誰も仲間外れにしたくない
と幼いのにしっかりしてる。

Law and Order - Special Victims Unit: Season 12 [Region 2]
posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Law&Order:SVU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ