2022年08月19日

FBI:インターナショナル #5

ポーランドのクラクフの路上でアメリカ人
ジャーナリストのブレイクが毒殺された。
人が集まる中、男がブレイクのカバンから
USBを盗み出した。

ロシアが絡む毒殺事件と推測する。
ブレイクが最後に話したポーランド人記者
アリーナに話を聞くとブレイクは情報源に
会いに来たが内容は知らないと言う。

滞在先のホテルのレストランで予約は
2名なのにずっと1人で部屋から放射性
物質が検出され、仕込まれたと判明する。

放射能反応が出た他の部屋にロシア人の
男2人が泊ってたとわかる。
フォレスターとレインズは尾行してきた
男を捕まえるとCIA捜査官のラファティで
ブレイクから回収したUSBを渡されるが
捜査内容は明かさない。

USBからロシアの新ミサイル技術の証拠
が見つかり、ブレイクは情報源と会い
確証を得ようとしたと推測する。

ブレイクの妻からポーランド人の女性
記者から持ち込まれたネタと聞いて
アリーナを訪ねると自分も殺されると
話してるとタンクが近づく暗殺者に
気付いて、アリーナをバスタブに隠した。

フォレスターとヴォーが応戦してると
窓から入った男がバスタブのドアを
開けるとタンクが襲い掛かった。

アリーナによるとブレイクの情報源は
ロシア国防省の高官でコードネームは
“ダーシャ”でCIAの狙いは彼だった。

アリーナをダーシャに接触させようと
するが怯える彼女には無理と判断して
ケレットがなりすますことに。

ロシア側もその情報をキャッチして
ケレットを消そうと毒針を持って
襲い掛かるが反撃されて毒殺された。
騒ぎを見たダーシャに逃げられたが
謎解きのメールが届き、ダーシャから
USBを入手できた。

この証拠からロシアと取引して
外国人ジャーナリストの身の安全を
保証させたが信用できるの?

フォレスターはラファティから情報の
お返しに2週間前にモスクワで撮られた
母親の写真を渡される。
そのうち母親が登場しそうだね。

posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:インターナショナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ