2022年05月18日

FBI3:特別捜査班 #7

自宅にレンガを投げ込まれた下院議員の
リードが玄関ドアを開けると射殺された。

議員は人種間の平等を訴えていたが
検察官時代に多くの黒人を刑務所送りに
していたことで、先週黒人の抗議団体が
レンガを家に投げ込み、団体を率いる
トーマスは銃を所持してたとわかる。

スコーラとティファニーが連行するが
黒人のティファニーはトーマスの娘に
裏切り者みたいに言われてしまう。

トーマスは暴力は反対だと犯行を否認し
レンガを投げ込んだ男から取り上げた銃で
銃は警察に買い戻してもらったと供述する。
同じ日に同様の手口で黒人のマーカスが
殺害されてたが共通点が見つからない。

マーカスの母親は警官が息子を暴行したと
主張するが監視カメラから暴行したのは
前科者のコディと判明する。

DHSはトーマスが監視リストに入れていて
白人のコディは入れないことででDHSと
ティファニーはバチバチの状況に。

コディはリード議員をネット上で脅迫し
凶器と同じ口径の銃を所持していた。
コディが仲間と入り浸ってる母親のバーに
現れたが逃げられてしまう。

コディの弟ジャックは抗議デモでマーカスに
暴行して刑務所に入っていた。リード議員は
ジャックの暴行写真を選挙戦で使っていて
刑務所でジャックは暴行されて昏睡状態で
その報復をしてると推測する。

元妻の家から出てきたコディを逮捕した。
マーカスが母親の店にレンガを投げ込んで
捕まえたジャックの写真を差別主義者として
使われたと主張する。

コディの取調べ中にトーマスがレンガを
投げ込まれて射殺される事件が発生する。
トーマス殺害犯がコディの車を使用していて
保管庫から銃が盗まれ、母親ジャニーンが
容疑者として浮上する。

コディに遺書が残され、PCからトーマスの
追悼集会の案内を見てたとわかる。
マギーたちが手分けしてジャニーンを探す。

捜査のためにティファニーは現地で監視する
DHSに映像を支局に送ってほしいと頼む。
その映像からジャニーンの動きがわかり
トーマスの娘を狙ってるジャニーンを逮捕。

ティファニーにはつらい捜査だったけど
スコーラが彼女に寄り添い理解しようと
良いコンビになってきたね。

posted by Jasmine at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FBI:特別捜査班 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
海外ドラマDiary TOPへ